car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ新型N-VAN発売、ビジネスだけでなく趣味にも使いやすい

新型N-VANはアクティバン、バモスシリーズを後継、4ナンバー軽

ホンダはビジネス向け軽自動車、N-VANを7月13日に発売した。

(写真は新型N-VAN +スタイル ファン)
N-VAN +STYLE FAN

新型N-VANは軽貨物車4ナンバーの本気仕様の商用車。従来のアクティバン、バモスを後継するモデルがNシリーズから出された。N-BOXベースのFFプラットフォーム、助手席側センターピラーレス構造、フルフラットに収納できる座席シートが特徴となる。

N-VAN シートアレンジ センターピラーレス

N-VANの車両価格は119万7720円から、NAエンジン車は6MTモデルあり

消費税込み車両価格は、G・Honda SENSINGが126万7920円~137万7000円、L・Honda SENSINGが134万1360円~145万0440円となる。いずれもハイルーフ車。

N-VAN G

上級モデル、ハイルーフの+STYLE FUN・Honda SENSINGと、ロールーフの+STYLE COOL・Honda SENSINGは同価格設定となり、156万0600円~169万1280円。同ターボエンジン搭載車は166万8600円~179万9280円となった。

(写真は新型N-VAN +スタイル クール)
N-VAN +スタイル クール

以上はすべてホンダセンシングを標準装備するモデル。非装備車も7万0200円安で用意され、119万7720円がN-VANシリーズのスタート価格となる。

駆動方式はいずれもFFと4WDを用意。トランスミッションはCVTと6MTが同価格で設定された。

N-VAN インテリア
4ナンバー軽自動車は、車検サイクルが初回を含めて2年毎となる。5ナンバー軽自動車は初回3年で以降2年毎であるから、4ナンバーであることの負担増は気になるほどではない。週末に楽しむ趣味の道具なんかを常備しながら、ウィークデーは職場までの通勤車としても使いやすく、ビジネスユースだけでなく一般ユーザーからの引き合いも多くなりそう。

N-VAN フロア長 N-VAN 荷室サイズ

そして、万が一、志向やライフスタイルに合わない(飽きた)となれば、下取りに出して乗り換えればいい。前身となるバモスもそうであったが、軽バンはリセールバリューが高い傾向にあり、次の乗り換えコストが低く抑えられるというメリットがある。

#1 匿名さん2018/07/17(Tue)15:11:16ID:Y2MjIzNDWN
N-VANで特に大きなトラブルがなければ
3代目のN-BOXでもセンターピラーレスを採用するんだろうかね
#2 匿名さん2018/07/17(Tue)17:24:50ID:EwYzc1NDDY
高速道路を走ったら、簡単に逝けるね
#3 usi2018/07/17(Tue)19:11:44ID:NjMDA5YzzN
残念ながら農業には不向き。
アウトドア派には喜ばれそう。
#4 匿名さん2018/07/17(Tue)20:56:20ID:NiYjUwMWzO
残念ながらシートは収納優先でスライドすらしない機構だとか…。ドライブを楽しむならN-boxがお勧めなんだと。
まぁ、貨物車両だし仕方無しか。
#5 匿名さん2018/07/17(Tue)21:01:23ID:dkZmMxOTGY
紹介記事を見るとビジネス需要は半分あきらめてて
趣味車としての需要に期待してるのかなぁという感じがする
#6 匿名さん2018/07/18(Wed)02:13:56ID:I2MWRlNjDM
よくよく考えてみたら、ホンダにはアルトバンに相当する商用車が無いんだよね。だからなのか軽全体では、アルトバンより広くエブリィより乗用車的、という新たなカテゴリと言えなくもない。今後トラックをどうするつもりなのかは分からないが。
#7 匿名さん2018/07/20(Fri)11:13:31ID:FkODYyMTzY
大きいドアは風に煽らて急に開いて危ないよな。ヒンジに設定された引っかかり角度を30 45 60 90と細かく設定して欲しいな。
#8 匿名さん2018/08/12(Sun)21:42:34ID:YyOTNkNDzN
#3
農業やる人は軽トラ乗るでしょ。
田舎行くと軽トラだらけなのが何よりもの証拠。

名前(任意)
コメント