car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・ジェイド 2列シート5人乗り仕様が5月17日に追加ラインアップ

ジェイドがマイナーモデルチェンジ、3列目シートを廃止したワゴンタイプ追加

ホンダ・ジェイドに新たに2列シート5人乗り仕様が追加されて、2018年5月17日に発表、翌18日に発売日となる見込み。3列シート6人乗り仕様も一部で継続されるが、2列シート5人乗り仕様をメインとした新たなグレード構成と車両価格でラインアップが再編される。ターボだけでなくハイブリッドにもRSが設定される。

(写真はジェイドRS カスタム コンセプト ショーモデル)
ジェイドRS カスタム コンセプト

新型ジェイド5人乗り仕様のスタート価格は約244万から

ジェイドの2列シート仕様は以前から出る出ると言われていたが、ようやく発売日を迎えることになる。

ジェイドRS カスタム コンセプト リアコンビネーションランプ

左右セパレート型のトリッキーな2列目シートがジェイドの特徴の一つであったが、新たに追加される2列シート5人乗り仕様では、ここが一般的な3人掛けのベンチシートとなる。そして、狭くて実用性の低かった3列シートは、取り除かれてラゲッジスペースとなる。シート部分だけに限れば、2列シート5人乗り仕様はコストダウン効果があり、これは車両価格にも反映される。

ジェイドRS カスタム コンセプト 2017

1.5L VTEC-TURBO搭載車は2列シート5人乗り仕様としてRSが260万1720円、Gが244万1880円の2グレードが用意される。3列シート6人乗り仕様も残され、Xが274万8600円。
1.5L Sport Hybrid i-DCD搭載車は、新設グレードとなるRSが2列シート5人乗りで294万1920円、3列シート6人乗りのXが308万8800円とそれぞれ車両価格が設定される見込み。

標準装備となるホンダセンシングでは、歩行者事故低減ステアリング機能が追加される。歩行者と衝突する恐れのある場合、ドライバーへの警告と自動ステアリング操作によりこれを回避する。

#1 匿名さん2018/04/28(Sat)13:29:14ID:IzMWM0ZTDM
以前のオデッセイのようにスライドドアにしてくれたら扱いやすいんだがな。結局シャトルと比較して微妙な内装で誰も買わん奴
#2 匿名さん2018/04/28(Sat)14:54:12ID:E5MWIxOTTM
3列目はストリームとどっちが広い
#3 匿名さん2018/04/28(Sat)18:07:31ID:YzM2Y5OWWM
スライドドアは生活臭・貧乏くさい!
#4 匿名さん2018/04/28(Sat)18:34:48ID:EwMWExMjTY
高過ぎる。
#5 匿名さん2018/04/28(Sat)21:05:19ID:lkNjQ3OT2N
以前のオデッセイとは?
ラグレイトの事か?
#6 匿名さん2018/04/28(Sat)21:38:13ID:I1ZDM1OWjO
オデッセイは今のモデルになるまでスライドドアじゃないが?
#7 匿名さん2018/04/28(Sat)22:44:30ID:M4OTI1YmzN
おそらく次期モデルは無いかもしれない。
#8 匿名さん2018/04/28(Sat)22:45:36ID:ZhMjI0MzTN
立体駐車場に入るというメリットはあるし、低床オデッセイを彷彿させる走行安定性は魅力。
1.5L I-mmdモデルがでたら、選択肢に入れられるのに。
#9 匿名さん2018/04/28(Sat)23:37:36ID:UzNDg2MDmN
ジェイドは中国で先に販売して、2年後日本でも製造販売したものよ。
つまり主目的は中国。
日本向けに手直ししてくれているだけでもありがたく思え。
日本人が文句を言う筋合いはない。
文句ばっかり言ってると、日本向けはNボのみになるぞ。
#10 匿名さん2018/04/29(Sun)01:16:56ID:RmNjYwNzjM
ホンダ国内が軽とフィット(と東南アジア小型車の輸入)だけになっても、もしホンダの販社がそれで良いと言うのなら支持しますよ。
ホンダに限らず、もし日の丸メーカーの減益の原因が日本マーケットの税制や道路事情や志向に合せるコストだとしたら、そんな要求になんかコスト掛けてないで、多く買ってくれる海外ユーザーの要求にコスト掛けた方が、巡り巡って日本人には利するところが大きいでしょう。
#11 匿名さん2018/04/29(Sun)08:14:47ID:RkOGZmN2zN
現行RS乗りです。値段自体は上がってますね~
3列シート253万がホンダセンシング標準装備とは言え274万まであがるのか
まあステーションワゴンに乗りたい人で、ターボかつ安全装備搭載のスポーツグレードに260万で乗れるとしたら、かなり安いか。
AWDレヴォーグGT-Sに対して30万以上安くなるのは大きいですね。
#12 匿名さん2018/04/29(Sun)08:15:43ID:IzNGQyNDDN
実際には手軽に選べる車が減るのは悲しい。
理屈書いてるが、机上の空論的な考え方だなそれは。
実情を知りなされ。
#13 匿名さん2018/04/29(Sun)11:22:58ID:E2NWU3NzGM
なお荷室広さはシャトルと互角かそれ未満
#14 匿名さん2018/04/29(Sun)20:39:53ID:YyNzc2YjTM
市場の動向が1BOX型ミニバンに大きく移行した現状なので、これからもジェイドの需要は多くないだろう
#15 匿名さん2018/04/30(Mon)20:04:16ID:VmNTJiMjzN
真っ当なステーションワゴンを好むユーザーは
マツダ、スバル、輸入車しか選択肢がない、という
#16 匿名さん2018/04/30(Mon)20:32:38ID:U3YzkxNDTZ
ぷっ、真っ当なだって。
#17 匿名さん2018/04/30(Mon)20:36:12ID:VmNTJiMjzN
相手がゴミなら絡まれても気にならない
#18 匿名さん2018/05/01(Tue)12:44:04ID:U5YWI5MzzY
ホンダセンシングにこの改良で渋滞追従つかなきゃ、シャトル並みのADASでお値段だけ高いゴミの完成じゃないか。内装もシャトルと同レベルなのに日本じゃあ売れないだろコレ
#19 匿名さん2018/05/03(Thu)03:31:38ID:BiOWFlNzzZ
5ナンバーで車高155cm未満の3列シートのロールーフミニバン、

つまりストリームの3代目を早く出せよ!
#20 匿名さん2018/05/03(Thu)05:47:01ID:c2MzNiNDTM
その需要はもう無い。次期モデルがあるのかも怪しい。
#21 匿名さん2018/05/03(Thu)13:23:50ID:RhZjllNjWZ
オデッセイ同様、ストリームも市場の変化について行けなかった。
#22 匿名さん2018/05/04(Fri)21:27:03ID:U4ZjJjNDjY
フツーはシャトルを選ぶだろ
#23 匿名さん2018/05/04(Fri)22:00:39ID:IzM2VjYWWO
200万円台でターボのスポーツツアラーなんてジェイドかレヴォーグしかない
売れなかろうがニッチ層狙いの車があることに意味があるんだよたぶん
そこら辺を買う人が日本にいないから、軽とミニバンだけとかいわれるようになったのかなと思う
#24 匿名さん2019/01/30(Wed)21:04:10ID:M1NzlhNzDN
やっぱり無駄にデカイと思う

名前(任意)
コメント

車名

ジェイド

ジェイド

代表グレード

G ホンダセンシング

RS ホンダセンシング

発売日

2018年5月

2018年5月

型式

DBA-FR5

DBA-FR5

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4660

4660

全幅(mm)

1775

1775

全高(mm)

1530

1540

ホイールベース(mm)

2760

2760

トレッド 前(mm)/後(mm)

1545/1540

1535/1530

室内長(mm)

2200

2200

室内幅(mm)

1505

1505

室内高(mm)

1230

1230

車両重量(kg)

1430

1450

エンジン型式

L15B

L15B

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×89.4

73.0×89.4

最高出力

150ps(110kW)/5500rpm

150ps(110kW)/5500rpm

最大トルク

20.7kg・m(203N・m)/1600〜5000rpm

20.7kg・m(203N・m)/1600〜5000rpm

圧縮比

10.6

10.6

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

47

47

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

18.0

17.6

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

ダブルウィッシュボーン式

ダブルウィッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

205/60R16 92H

225/45R18 91W

タイヤサイズ(リア)

205/60R16 92H

225/45R18 91W

最小回転半径(m)

5.5

5.7

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,398,680円

2,558,520円

車名

ジェイド

ジェイド

代表グレード

X ホンダセンシング

ハイブリッドRS ホンダセンシング

発売日

2018年5月

2018年5月

型式

DBA-FR5

DAA-FR4

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

6名

5名

全長(mm)

4660

4660

全幅(mm)

1775

1775

全高(mm)

1530

1540

ホイールベース(mm)

2760

2760

トレッド 前(mm)/後(mm)

1535/1530

1535/1530

室内長(mm)

2850

2200

室内幅(mm)

1505

1505

室内高(mm)

1230

1230

車両重量(kg)

1510

1450

エンジン型式

L15B

LEB

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×89.4

73.0×89.4

最高出力

150ps(110kW)/5500rpm

131ps(96kW)/6600rpm

最大トルク

20.7kg・m(203N・m)/1600〜5000rpm

15.8kg・m(155N・m)/4600rpm

圧縮比

10.6

11.5

過給機

ターボ

NA

燃料タンク容量(L)

47

40

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

18.0

24.2

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

ダブルウィッシュボーン式

ダブルウィッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/50R17 91V

225/45R18 91W

タイヤサイズ(リア)

215/50R17 91V

225/45R18 91W

最小回転半径(m)

5.5

5.7

トランスミッション

CVT

7AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,748,600円

2,898,720円

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先