car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ジェイド2018年マイナーモデルチェンジ予定、オートサロンでRSコンセプト出品

ホンダがジェイド RS カスタムコンセプトのティザー画像を公開

ホンダ・ジェイドのマイナーモデルチェンジが2017年に実施されると以前のレポートで書いたが、現在は2018年にスケジュールされている。来月開催される東京オートサロン2018では、ジェイド RS カスタムコンセプトが出品される予定となっている。

(写真はジェイド RS カスタムコンセプト、ティザー画像)
JADE RS カスタムコンセプト

ジェイドは中国市場をメインとして開発されたモデルで、ゆったりとした二列目2座とおまけの三列目シートが備わった6人乗りのロールーフミニバンである。2015年には狭山工場で生産モデルの日本販売が開始された。

販売不振のジェイドにオートサロン出品の意味はあるのか、5人乗り仕様の導入を期待したい

(写真は現行ジェイドRS)
ジェイドRS

ロールーフミニバンの3列目シートの実用性が極端に低いことは、前身モデルであるストリームなどで消費者は既に学習済みである。最近ではジェイドの国内販売台数は月販200台に満たない状況が続いている。

ついでに言えば狭山工場は2021年の閉鎖が決まっており、ジェイドは遅くともこのタイミングでの生産中止が予想される。こういった状況下にあるジェイドのオートサロン出品がどれだけのファンの期待に応えられるのか、ちょっと疑問ではある。

ジェイドのマイナーモデルチェンジでは、中国仕様に設定されてきた2列シート5人乗り仕様の日本発売が以前から噂されており、個人的にはこちらに期待したい。アコードワゴンが消滅したホンダのラインアップの中でも重宝されそうである。

(写真はCR-V カスタム コンセプト)
CR-V カスタム コンセプト

東京オートサロンではこのほかに、2018年春に日本発売される見込みの新型CR-Vのカスタムモデルなどが出品される予定となっている。

#1 匿名さん2017/12/24(Sun)21:59:21
ジェイドは先代の底床オデッセイを彷彿させてくれるな。重心が安定しいてヴェゼルよりスポーツテイストが強くて格好良かったのに!
思い切ってハイブリッドターボやEVとして開き直った方が、中国や北欧での受けが良いかもな。
勝手なコメントですみません。
#2 匿名2017/12/24(Sun)23:00:51
このような車種は、なくてはならない。5人乗りがあれば、購入する。今のストリームもう限界。
#3 匿名さん2017/12/25(Mon)00:38:28
記事にある「狭山工場」の閉鎖と「現行モデル廃止」を関連付けるのは、いささか早計だろう
近隣の「寄居工場」に生産を移管すれば済む話なのだから

まあ、♯2のようなユーザーが、日本にどれだけ存在するのか、ホンダも慎重に調査しているのだろうが、次期モデル存続は厳しいか?
#4 匿名さん2017/12/25(Mon)09:15:37
5人乗りでシャトル並みのラゲッジ、渋滞追従対応、RSはシビックと同性能のターボへ、ハイブリッドはi-MMD。
ここまでやってくれたら最高だし理想の車なんだけど…まぁ無いだろうなぁ。
#5 匿名さん2017/12/25(Mon)16:33:28
ただのワゴン車じゃ売れないから、ちょっと変わった座席やってみました。ホンダはこういうのよくやるね。エディックスなんかもそうだった。
ストリームも実はそうだな。
#6 匿名さん2017/12/25(Mon)21:27:51
弟分?のシャトルの出来が良過ぎたからな。安定感、ロードノイズ、足まわりで優れていても、コスパで勝ったからな。
なかなか選ばれないのかな。
#7 匿名さん2017/12/25(Mon)22:14:53
中国市場がメインのクルマを、日本でも売れると思ったのが、そもそもの間違い
マイチェンしても販売が回復することはまず有り得ないが、3年足らずで販売終了するわけにもいかず、踏んだり蹴ったりの状況だな
#8 匿名さん2017/12/26(Tue)00:13:07
ホンダの提案型商品は商業的に成功せず、短命に終わるのが常。
ホンダは時代を先取りし過ぎて、ユーザー側がついて来れないのかも。
ジェイドも同じ運命を辿っている。

S-MX(1996-2002年)※この一覧中、最も売れたかも
HR-V (1998-2006年)※現行ヴェゼルの欧米向けネーミング
アヴァンシア(1999年-2003年)※2016年中国向けに車名復活
エディックス(2004-2009年)※欧州市場では好評だった
クロスロード (2007-2010年)※初代はディスカバリーのOEM車
#9 匿名さん2017/12/26(Tue)02:17:02
♯4
>5人乗りでシャトル並みのラゲッジ
 →次回MCで5人乗り追加。
>渋滞追従対応、
 →次回MCでACCに「渋滞追従機能」が付加される。
>RSはシビックと同性能のターボへ、
 →気持ちはわかるが、オーバーパワー。現行の150psでも十分。
>ハイブリッドはi-MMD。
 →気持ちはわかるが、オーバーパワーだしあまりにも高価。
#10 匿名さん2017/12/26(Tue)17:20:05
ターボの性能向上はないな。燃費落ちて、減税の対象にならなくなる。ただ、5人仕様になれば間違いなく軽くなるから、車重減による加速感と燃費の向上はあるだろう。

既購入者向けにホンダアクセスから、5シーターセットでないかなと思ってるけど、重量税が変わってしまうからないよな…
#11 匿名さん2017/12/26(Tue)18:31:45
ジェイドは売れてないとはいえ、現行の中では一番、HONDAらしい車だ。シビックよりもとすら言える
HONDAらしいエンジンと足回り。二列目キャプテンシートなどHONDAらしい変態さだが、二列目三列目はお世辞にも乗り心地は良くないのもまた、らしい
ミニバン風とは名ばかりの、完全に運転手の為の車だ。好きな人にはどうにも好きで堪らない、BMWのような存在だ

こういうコアな車、HONDAは本当に作らなくなってしまった。しかしまだギリギリジェイドで生き残ってる
これを潰すか長らえさせるかは、HONDAじゃない、消費者が決めるんだ。買うか買わないかで
シビックだけ残してもHONDAらしさは消え去るぞ。買わない応援をしないなら、後になって文句など、決して言うな
#12 匿名さん2018/01/07(Sun)10:17:02
渋滞追従は ハイブリッドのみらしいよ

名前(任意)
コメント

ジェイド2018年マイナーモデルチェンジ予定、オートサロンでRSコンセプト出品

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

JADE RSが5月21日発表、1.5L VTEC-TURBO搭載でサスペンションは専用チューン

ジェイドRSが1.5L VTEC-TURBO搭載で5月28日発売、車両価格は253万円から

ジェイドに割安な小排気量ターボエンジン搭載モデルが5月末に追加発売

ホンダ・ジェイドターボが6月に追加発売、新開発1.5L VTEC-TURBOを搭載

ホンダ・ジェイドが発売される、ストリーム後継の低全高3列シートミニバン

ホンダ・ジェイドは税込み272万円から、ストリーム後継としては高過ぎる価格

ホンダが新型ジェイドのカスタマイズモデルを先行発表、東京オートサロン

ホンダ・ジェイドが来月発売予定、ストリーム後継の3列目シートミニバン

ホンダがストリーム後継車としてジェイドを日本導入、1.5Lハイブリッド搭載