ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・ジェイドの販売テコ入れは、3列シートを外してステーションワゴン化

ホンダのジェイドに2列シート5人乗り仕様が追加される見込みとなっている。

(写真は現行ジェイド)
ジェイドRS

ジェイドはホンダのコンパクトミニバンで、3列シート6人乗り設定のモデルであった。特徴的なのが2列目シートで、前後スライドが斜め方向に移動するようになっており、前方配置では足元が狭くなる分、左右に余裕が生まれる。後方配置では足元は広くなるがタイヤスペースの関係で左右はタイトとなる。こういったキャビンスペースを最大限に活かしたホンダならではとも言えるパッケージングが売りであったが、トリッキーな構造のわりには、さほどユーザーから高評価を得ているわけでもなく、販売台数に結びついていない。

2列目シート V字スライド 3列目シート ジェイド

そんなジェイドの販売のテコ入れとなる2017年のマイナーモデルチェンジでは、あえてこのトリッキーな2列目キャプテンシートを廃止してオーソドックスな3人掛けとし、さらに3列目シートを取り除いてラゲッジスペースとした、5人乗り仕様がラインアップに追加される予定となっている。

ジェイドのようなロールーフミニバンは人気薄、VTEC-TURBOも日本市場に馴染めない

ジェイドはそもそも中国市場に特化されたモデルで、日本仕様はついでに販売された感が強い。オデッセイがハイルーフ化したように、日本市場ではロールーフミニバンが売りにくい状況にあり、やはりジェイドも日本での販売台数は芳しくなかった。

ジェイドRS インテリア

本場の中国市場では、ジェイドの2列目シート5人乗り仕様は販売初期から設定されていた。これをほぼそのままの形で日本導入すれば、新たなステーションワゴン車として容易にラインアップに加えることができ、メーカー&ユーザーともにメリットがある。ジェイドはあくまで国内市場において地味なモデルであり続けることは変わりないだろうが、販売台数としてプラスとなるだろう。

関連するレポート

[ 2016/07/29 ]
#1 匿名さん2016/07/30(Sat)00:42:25
シャトルとの差別化を考えないとね。ストリームの後釜に合うように200万円以下から選べると当たるかもね。
#2 匿名さん2016/07/30(Sat)08:50:37
中国市場のついで
日本は二の次さ
こんなもんの出来
#3 匿名さん2016/07/30(Sat)10:59:12
ストリームよりも、諸々の造りやサイズが立派だから
200万以下なんて有り得ないです。

ホンダに対してはやたら辛口な方が多いですね
#4 匿名さん2016/07/31(Sun)03:01:25
5人乗りのワゴンになるのは良いとして、1.5ターボが設定されるのかね
シャトルとの差別化ならターボは重要だと思うけど
シートの変更のみじゃ劇的に安価になる事は無いだろうな
#5 匿名さん2016/08/02(Tue)15:56:58
オデッセイですら全高が低いって不評なのにね。
ましてやロールーフミニバンなんてトヨタですらウィッシュ、アイシスを廃して
見切りをつけた市場だっつうに。
そもそも中国市場向けに作られた車なんだから日本で売れる可能性の方が低いわな。
#6 匿名さん2016/08/03(Wed)00:16:05
遅いよ・・・遅すぎる!!
1年間ずーっと待ってたよ
とっとと5人乗り出して( `・ω・´)キッ
#7 匿名さん2016/08/03(Wed)21:57:18
5人仕様ならマトモなワゴンとして使えるかもね
#8 匿名さん2016/10/31(Mon)01:04:10
2年後の買い換えのためにいろいろ検討しているところ。
今のところの候補は、トヨタ・アベンシス、スバル・レヴォーグ、VW・ゴルフヴァリアント、ベンツ・Bクラス。
ジェイドは試乗をして、内外装のデザインや装備や走りにはあまり不満はなかったのだが、後部座席の使い勝手の悪さに候補から落とした。
しかし5人乗り仕様が出れば候補に復活させる。
#9 匿名さん2017/04/01(Sat)00:47:50
スバル・レヴォーグ と スバル・インプレッサ は人気も有る

ホンダ・ジェイド と ホンダ・シャトル はどうなるのか?
#10 名無し2017/07/11(Tue)01:47:41
5人乗り出してもいいが、6人乗りタイプも継続してほしい
そして2列目シートの座面をも少し大きくしてくれたら即買いなんだけどなぁ
#11 匿名さん2017/07/11(Tue)21:22:38
近所でジェイド停まってるけど、わりと立派なんだよね
大げさだけど、オデッセイタイプRみたいな雰囲気
でも、まあ売れないかぁ

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.