ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・ジェイドの販売テコ入れは、3列シートを外してステーションワゴン化

ホンダのジェイドに2列シート5人乗り仕様が追加される見込みとなっている。

(写真は現行ジェイド)
ジェイドRS

ジェイドはホンダのコンパクトミニバンで、3列シート6人乗り設定のモデルであった。特徴的なのが2列目シートで、前後スライドが斜め方向に移動するようになっており、前方配置では足元が狭くなる分、左右に余裕が生まれる。後方配置では足元は広くなるがタイヤスペースの関係で左右はタイトとなる。こういったキャビンスペースを最大限に活かしたホンダならではとも言えるパッケージングが売りであったが、トリッキーな構造のわりには、さほどユーザーから高評価を得ているわけでもなく、販売台数に結びついていない。

2列目シート V字スライド 3列目シート ジェイド

そんなジェイドの販売のテコ入れとなる2017年のマイナーモデルチェンジでは、あえてこのトリッキーな2列目キャプテンシートを廃止してオーソドックスな3人掛けとし、さらに3列目シートを取り除いてラゲッジスペースとした、5人乗り仕様がラインアップに追加される予定となっている。

ジェイドのようなロールーフミニバンは人気薄、VTEC-TURBOも日本市場に馴染めない

ジェイドはそもそも中国市場に特化されたモデルで、日本仕様はついでに販売された感が強い。オデッセイがハイルーフ化したように、日本市場ではロールーフミニバンが売りにくい状況にあり、やはりジェイドも日本での販売台数は芳しくなかった。

ジェイドRS インテリア

本場の中国市場では、ジェイドの2列目シート5人乗り仕様は販売初期から設定されていた。これをほぼそのままの形で日本導入すれば、新たなステーションワゴン車として容易にラインアップに加えることができ、メーカー&ユーザーともにメリットがある。ジェイドはあくまで国内市場において地味なモデルであり続けることは変わりないだろうが、販売台数としてプラスとなるだろう。

関連するレポート

[ 2016/07/29 ]
#1 匿名さん2016/07/30(Sat)00:42:25
シャトルとの差別化を考えないとね。ストリームの後釜に合うように200万円以下から選べると当たるかもね。
#2 匿名さん2016/07/30(Sat)08:50:37
中国市場のついで
日本は二の次さ
こんなもんの出来
#3 匿名さん2016/07/30(Sat)10:59:12
ストリームよりも、諸々の造りやサイズが立派だから
200万以下なんて有り得ないです。

ホンダに対してはやたら辛口な方が多いですね
#4 匿名さん2016/07/31(Sun)03:01:25
5人乗りのワゴンになるのは良いとして、1.5ターボが設定されるのかね
シャトルとの差別化ならターボは重要だと思うけど
シートの変更のみじゃ劇的に安価になる事は無いだろうな
#5 匿名さん2016/08/02(Tue)15:56:58
オデッセイですら全高が低いって不評なのにね。
ましてやロールーフミニバンなんてトヨタですらウィッシュ、アイシスを廃して
見切りをつけた市場だっつうに。
そもそも中国市場向けに作られた車なんだから日本で売れる可能性の方が低いわな。
#6 匿名さん2016/08/03(Wed)00:16:05
遅いよ・・・遅すぎる!!
1年間ずーっと待ってたよ
とっとと5人乗り出して( `・ω・´)キッ
#7 匿名さん2016/08/03(Wed)21:57:18
5人仕様ならマトモなワゴンとして使えるかもね
#8 匿名さん2016/10/31(Mon)01:04:10
2年後の買い換えのためにいろいろ検討しているところ。
今のところの候補は、トヨタ・アベンシス、スバル・レヴォーグ、VW・ゴルフヴァリアント、ベンツ・Bクラス。
ジェイドは試乗をして、内外装のデザインや装備や走りにはあまり不満はなかったのだが、後部座席の使い勝手の悪さに候補から落とした。
しかし5人乗り仕様が出れば候補に復活させる。
#9 匿名さん2017/04/01(Sat)00:47:50
スバル・レヴォーグ と スバル・インプレッサ は人気も有る

ホンダ・ジェイド と ホンダ・シャトル はどうなるのか?
#10 名無し2017/07/11(Tue)01:47:41
5人乗り出してもいいが、6人乗りタイプも継続してほしい
そして2列目シートの座面をも少し大きくしてくれたら即買いなんだけどなぁ
#11 匿名さん2017/07/11(Tue)21:22:38
近所でジェイド停まってるけど、わりと立派なんだよね
大げさだけど、オデッセイタイプRみたいな雰囲気
でも、まあ売れないかぁ

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.