car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フェアレディZ後継か?ジュークとは別の新型クロスオーバーのコンセプト発表

フェアレディZ後継、スポーツ+クロスオーバーSUVのコンセプトをフランクフルト発表

日産は、開催が迫ったフランクフルトモーターショー2015で、新型クロスオーバーのコンセプトカーを発表する。

(写真は新型クロスオーバーのティザー画像)
フェアレディZコンセプト

今回発表されるコンセプトカーは、フェアレディZ後継と噂されるモデルである可能性が高い。

(写真はフェアレディZ NISMO)
フェアレディZ NISMO フェアレディZ ニスモ

フェアレディZ後継は大きく路線変更で若返り、ジュークはラインアップに残る

フェアレディZは日産を代表するスポーツクーペとして長く車名が使われてきたモデル。世代交代を経るごとにパフォーマンスアップとラグジュアリー化が進められ車両価格も上昇してきた。しかし、次期モデルについては大きく路線変更され、スポーツクーペ+SUV+コンパクト+低価格といった要素をテーマに開発が進められているという。市販化は2017年見込みということであった。

公開されたティザー画像からは、フロントはしっかりと日産のSUV顔であるが、低く抑えられた全高によりジュークほどSUVしておらず、スポーティーなフォルムであることが想像できる。それでも従来のフェアレディZのボディスタイルからはかけ離れており、もはやスポーツカーではなくスポーツSUVと言ったほうがイメージに合う。

(写真はジューク)
新型ジューク ジュネーブ2014

プラットフォームは、ルノー日産のCMF Bプラットフォームが採用される。ボディサイズ的にはジュークと重なることが予想されるが、コンセプトの近いモデルを2車種ラインアップさせることができるのもコモンモジュールファミリー導入によるコストダウンのおかげと考える。

ジューク

ジュークは第二世代と称するモデルの生産が英国サンダーランド工場でスタートしたと発表があった。やはりジュークはまだしばらくラインアップに残り続けることになりそうだ。

#1 直列12気筒2019/08/16(Fri)23:19:45ID:k0YTQwMTmN
Zの行く末が本当に不透明。
日産を象徴するクルマだけに簡単に無くせないし、北米を中心に世界にファンがいる。
個人的にはVRエンジンを搭載した新型を期待したい。
#2 匿名さん2019/11/01(Fri)21:17:53ID:U4YWQ3MjGO
次期モデルのプロトタイプがニュルに出現。Zは死んでいない。
#3 匿名さん2019/11/01(Fri)21:47:27ID:NjNDU0MTTY
アンチ欧州車の輩をダマらせる魔法の言葉、「ニュルブルクリンク」。
日本車は高い遠征費をかけて今日もニュルを走り込む。

しかし、走っても走っても、欧州車はさらにその先を行く。
永遠に追いつかない、その周回差。

だが、差は確実に縮まっている。
スライドドアwの技術など、欧州車を上回る分野はあるw
信じるんだ。日本の技術を。

名前(任意)
コメント

過去記事(2014/07/28)

フェアレディZ NISMOがマイナーモデルチェンジ、ロードスターは販売終了

フェアレディZ NISMOがマイチェンでダウンフォースバランスの見直し

2014年7月25日、日産のフェアレディZ NISMOがマイナーモデルチェンジを受けた。

(写真は新型フェアレディZ NISMO)
フェアレディZ NISMO

新しくなったフェアレディZ NISMOは空力特性が見直され、高速時のハンドリング性能が向上。エクステリアデザインも一新された。またインテリアでは専用のNISMOチューニングによるレカロ スポーツシートが採用されている。車両価格は562万6800円から。

フェアレディZ ニスモ フェアレディZ ニスモ リアスポイラー

フェアレディZ 標準モデルも一部改良を受ける。
ただし、オープンカーのフェアレディZロードスターに関しては、一足早く日本市場での販売を終わらせることが決まっており、2014年9月にも受注を締め切ることになる。

Z35次期フェアレディZはメルセデスのV6 3.0Lターボエンジンを搭載か

現行Z34型フェアレディZは2008年より販売がスタートした。2014年頃にも次期型へフルモデルチェンジされる予測もあったが、Z35型の登場はもう少し先になりそうだ。

日産 フェアレディZ NISMO フェアレディZ ニスモ マフラー

日産はダイムラーとの提携により、いくらかのエンジンを手に入れることになった。なかでもZ35型フェアレディZへの搭載が噂されているのが、V6 3.0Lのターボエンジンである。メルセデスベンツSL400に搭載されるそのエンジンの最高出力は333ps、最大トルク48.9kgmとなっている。V6 3.7Lエンジンを搭載する現行フェアレディZと比較すればダウンサイジングということになり最高出力はほぼ互角。しかしながら最大トルクは現行の37.2kgmを大幅に上回ることになる。

過去記事(2012/11/05)

次期Z35フェアレディZはダウンサイジングV6 3.0L ターボエンジン搭載

Z35フェアレディZ、排気量ダウンでも現行の出力レベルを維持

フェアレディZの次期モデル、Z35型に搭載されるエンジンについての情報が入ってきた。
Z35フェアレディZもV6エンジンであることはこれまでと同じ。排気量は、現行VQ37VHR型の3.7Lから3.0Lへ大幅ダウンすることになる。これをターボ過給によって補うことで、最高出力としては現行モデルに近い330~350psレベルを維持するということだ。
V6 3.0Lターボと言えば、Z32フェアレディZに搭載されたVG30DETT型のツインターボエンジンを彷彿とさせる。当時の出力スペックは280psということであったが、これと比較すれば同排気量のターボエンジンとして大きな進化を遂げることになる。(その後、Z33ではV6 3.5L NAが採用され排気量は500ccのアップ、現行のZ34では更に200cc上積みされた。)

次期Z35フェアレディZに搭載されるエンジンは、このV6 3.0Lターボの他に、V6 3.0L NAもラインアップされる。さらに以下は噂の域を超えないのだが、V6 3.5Lハイブリッドやエントリグレードとして直4 2.5Lという話も存在する。

下の写真はフェアレディZより一つ下のサイズのEVスポーツコンセプトカー、インフィニティ・エマージ。このボディに見られる曲線の幾らかは次期フェアレディZにも取り入れられると予測する。
インフィニティ エマージ
日産 EMERG-E スポーツクーペ

Z35フェアレディZに搭載されるダウンサイジングターボエンジン、環境性能にも期待

環境対応車としてハイブリッド車が席巻する日本市場であるが、日産はダウンサイジングターボエンジンの開発に早くから取り組んできた。その市販化第一号となったのが今年2012年9月に発売した新型ノートである。今後、日産は小排気量ターボエンジンの採用拡大で環境性能を高めてくることになる。
次期Z35フェアレディZは、燃費性能も期待できるものになりそうだ。
(写真は現行フェアレディZ)
フェアレディZ 2012
次期フェアレディZの発売時期は2014年頃となる見込みである。

過去記事(2012/07/10)

フェアレディZがマイナーチェンジを受けて新型エクステリアへ

フェアレディZのクーペ&ロードスターが同時マイナーチェンジ

日産のフェアレディZが2012年7月10日マイナーチェンジを受けた。現行Z34型フェアレディZは、2008年12月にクーペが、2009年10月にロードスターがそれぞれデビューしたが、今回はクーペ&ロードスターの同時改変となる。これはフロントノーズのデザイン変更が含まれるビッグマイナーチェンジに相当するものだ。
フェアレディZ 2012

フェアレディZがビッグマイナーチェンジでフロントデザイン一新

Z34型フェアレディZの初期モデルは、複雑なエアインテークデザインを持ったグリルが特徴の一つであったが、新型ではスッキリと改められ、先代Z33系フェアレディZを彷彿させる形状に戻された。フロント左右には縦型のLEDハイパーデイライトを設置するなど、流行を取り入れたデザインも採用された。
この他、ダーククローム色の新デザイン19インチアルミホイールの追加、ボディ塗装色としてプレミアムサンフレアオレンジとダークブルーの追加がされた。
インテリアの変更点は少ないが、全車のメーターパネル色がダークメタリックグレーの設定となった。
フェアレディZ white
新型フェアレディZのバージョンSとバージョンSTには、サスペンションとブレーキの改良が盛り込まれる。ユーロチューンドサスペンションが装備され、ダンパーの伸び側の減衰力がフロントで15%、リアで50%高めらた。これまで以上の走行安定性と高いハンドリングフィールが生み出されることになる。さらに、2009年のフェアレディZ 40thアニバーサリーモデルで搭載されていた赤のブレーキキャリパーが装備される。スポーティーな見た目だけでなく、耐フェード性能は75%向上している。
フェアレディZ red
今回のマイナーチェンジでは、エンジンチューンが含まれていないのが少し物足りない所か。燃費はJC08モード表記に改められ、クーペモデルは7ATが9.2km/L、6MTが9.1km/L。ロードスターは7ATが9.1km/L、6MTが9.0km/Lとなった。

過去記事(2012/03/02)

フェアレディZが6月にビッグマイナーチェンジ(Nissan 370Z)

フェアレディZのフロントデザインが変更

先月2012年2月に開催されたシカゴモーターショーにて、新型フェアレディZ(Nissan 370Z)が公開された。
今回の改変はビッグマイナーチェンジとして位置づけられ、フロント回りに新型デザインを採用することで、イメージは一新される。
この6代目フェアレディZは、2010年にZ34型として発売以来、年次改良が行われてきたものの、これまでは目立たない小変更に留まっていた。
今回は久々に、デザインの改変が含まれただけに、シカゴショーでも注目を集めた。

ビッグマイナーチェンジ後のフェアレディZは、まずは2012年6月にアメリカで市販化。
日本では、7月~8月頃にかけてデビューする予定だ。

フェアレディZのフロントグリルがシンプルに

フェアレディZ 370Z
ビッグマイナーチェンジを受けたフェアレディZ、目に付く変更点はフロントグリルのデザイン。
グリル内のエアインテークの造形がシンプルなものになり、グリルサイドには縦型のLEDライトが設置された。
ヘッドライトにも変更が加えられ、見た目の形状こそほとんど変わらないが、昼でも点灯するLEDライトが装備される。
アルミホイールのデザインも現行のものより、太く力強いスポークを持つデザインに変更される。

また、スポーツグレードのバージョンSではユーロチューンドショックが装備され、高速巡航時の安定性が向上するという。
この他、バージョンNISMOではブレーキ回りの一部パーツに、GT-Rと同グレードのものが装備されるようになる。
ただし、エンジン、トランスミッション、シャシーなどの、主要ユニットはこれまでと変わらない。
そのため、ベースモデルの価格は現行モデルと同水準を維持。
バージョンS、バージョンNISMOに関しては、前述のグレードアップが加わるため現行モデルより少し値上がりするという。