car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フェアレディZ

フェアレディZが6月にビッグマイナーチェンジ(Nissan 370Z)

投稿日:

フェアレディZのフロントデザインが変更

先月2012年2月に開催されたシカゴモーターショーにて、新型フェアレディZ(Nissan 370Z)が公開された。
今回の改変はビッグマイナーチェンジとして位置づけられ、フロント回りに新型デザインを採用することで、イメージは一新される。
この6代目フェアレディZは、2010年にZ34型として発売以来、年次改良が行われてきたものの、これまでは目立たない小変更に留まっていた。
今回は久々に、デザインの改変が含まれただけに、シカゴショーでも注目を集めた。

ビッグマイナーチェンジ後のフェアレディZは、まずは2012年6月にアメリカで市販化。
日本では、7月~8月頃にかけてデビューする予定だ。

フェアレディZのフロントグリルがシンプルに

フェアレディZ 370Z
ビッグマイナーチェンジを受けたフェアレディZ、目に付く変更点はフロントグリルのデザイン。
グリル内のエアインテークの造形がシンプルなものになり、グリルサイドには縦型のLEDライトが設置された。
ヘッドライトにも変更が加えられ、見た目の形状こそほとんど変わらないが、昼でも点灯するLEDライトが装備される。
アルミホイールのデザインも現行のものより、太く力強いスポークを持つデザインに変更される。

また、スポーツグレードのバージョンSではユーロチューンドショックが装備され、高速巡航時の安定性が向上するという。
この他、バージョンNISMOではブレーキ回りの一部パーツに、GT-Rと同グレードのものが装備されるようになる。
ただし、エンジン、トランスミッション、シャシーなどの、主要ユニットはこれまでと変わらない。
そのため、ベースモデルの価格は現行モデルと同水準を維持。
バージョンS、バージョンNISMOに関しては、前述のグレードアップが加わるため現行モデルより少し値上がりするという。

#1 この記事のこと2017/05/13(Sat)21:57:14
まず、現行フェアレディが発売されたのは2010年ではなく2008年終盤のことだ。
あの時は、リーマンショックがあっていろんな企業に悪い影響を与えたのは確かだ。
だから現行フェアレディは売れなかったと言う事になる。
それでも、3.7L VVELと7ATの組み合わせとホイールベース短縮&軽量化、
より洗練された足回りなど、現行フェアレディしか味わえない魅力に包まれている。
その後、オープンモデルやニスモも設定されて現行フェアレディはもう
熟成の域になったと言えよう。
次期フェアレディは、まず、21世紀の初代フェアレディZを目指してるだろう。
3L V6ターボで発売して、価格はやはり初期のZ33並みにしてほしい!
そうしたら、きっとフェアレディブームがまた始まるだろう。
期待してるぞ!!
書き忘れたが、オープンモデルは最初から設定して、ニスモは遅れて発売した方がよいだろう。
#2 匿名さん2017/05/14(Sun)12:46:48
シンプルなフロントグリル良いね!
シンプルイズベストだよ。

近年は奇抜でカッコ悪いフロントグリルの車が多いからね・・・。

名前(任意)
コメント