フェアレディZが6月にビッグマイナーチェンジ(Nissan 370Z)

フェアレディZのフロントデザインが変更

先月2012年2月に開催されたシカゴモーターショーにて、新型フェアレディZ(Nissan 370Z)が公開された。
今回の改変はビッグマイナーチェンジとして位置づけられ、フロント回りに新型デザインを採用することで、イメージは一新される。
この6代目フェアレディZは、2010年にZ34型として発売以来、年次改良が行われてきたものの、これまでは目立たない小変更に留まっていた。
今回は久々に、デザインの改変が含まれただけに、シカゴショーでも注目を集めた。

ビッグマイナーチェンジ後のフェアレディZは、まずは2012年6月にアメリカで市販化。
日本では、7月~8月頃にかけてデビューする予定だ。

フェアレディZのフロントグリルがシンプルに

フェアレディZ 370Z
ビッグマイナーチェンジを受けたフェアレディZ、目に付く変更点はフロントグリルのデザイン。
グリル内のエアインテークの造形がシンプルなものになり、グリルサイドには縦型のLEDライトが設置された。
ヘッドライトにも変更が加えられ、見た目の形状こそほとんど変わらないが、昼でも点灯するLEDライトが装備される。
アルミホイールのデザインも現行のものより、太く力強いスポークを持つデザインに変更される。

また、スポーツグレードのバージョンSではユーロチューンドショックが装備され、高速巡航時の安定性が向上するという。
この他、バージョンNISMOではブレーキ回りの一部パーツに、GT-Rと同グレードのものが装備されるようになる。
ただし、エンジン、トランスミッション、シャシーなどの、主要ユニットはこれまでと変わらない。
そのため、ベースモデルの価格は現行モデルと同水準を維持。
バージョンS、バージョンNISMOに関しては、前述のグレードアップが加わるため現行モデルより少し値上がりするという。

関連するレポート

[ 2012/03/02 ]
#1 この記事のこと2017/05/13(Sat)21:57:14
まず、現行フェアレディが発売されたのは2010年ではなく2008年終盤のことだ。
あの時は、リーマンショックがあっていろんな企業に悪い影響を与えたのは確かだ。
だから現行フェアレディは売れなかったと言う事になる。
それでも、3.7L VVELと7ATの組み合わせとホイールベース短縮&軽量化、
より洗練された足回りなど、現行フェアレディしか味わえない魅力に包まれている。
その後、オープンモデルやニスモも設定されて現行フェアレディはもう
熟成の域になったと言えよう。
次期フェアレディは、まず、21世紀の初代フェアレディZを目指してるだろう。
3L V6ターボで発売して、価格はやはり初期のZ33並みにしてほしい!
そうしたら、きっとフェアレディブームがまた始まるだろう。
期待してるぞ!!
書き忘れたが、オープンモデルは最初から設定して、ニスモは遅れて発売した方がよいだろう。
#2 匿名さん2017/05/14(Sun)12:46:48
シンプルなフロントグリル良いね!
シンプルイズベストだよ。

近年は奇抜でカッコ悪いフロントグリルの車が多いからね・・・。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.