car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

投稿日:2017/08/05 更新日:

スズキ・エスクードに1.4 ターボ追加、258万6600円から

スズキのクロスオーバーSUV、エスクードに1.4Lターボモデルが2017年7月26日に追加発売された。

(写真は新型エスクード 1.4 ターボ)
エスクード 1.4ターボ

現行の4代目エスクードは2015年10月に日本発売されたモデルであった。初期導入された1.6L NA エンジンモデルに続いての追加ラインアップとなる。

エスクード1.4ターボ シート エスクード 1.4 ターボ インテリア

エスクード 1.4 ターボ、ハイパフォーマンスエンジンと装備の標準化で商品力アップ

エスクードは、ハンガリーのマジャールスズキ生産のものが日本に輸入されている。主力の欧州市場ではビターラの車名でラインアップされており、1.4Lターボ搭載のビターラ Sについても既に導入済みであった。

(写真は欧州ビターラ S、フランクフルトモーターショー2015)
ビターラ S 1.4Lターボエンジン エスクード ビターラ S リアコンビネーションランプ

従来型1.6L NAエンジン搭載車のスペックは最高出力117ps/最大トルク15.4kgfm、JC08モード燃費17.4km/L、消費税込み車両価格は234万3600円であった。新型1.4Lターボ搭載車は、それぞれ136ps/21.4kgfm、16.8km/L、258万6600円となる。

1.4Lターボエンジンのスペックは2.0L NAクラスに相当する。これは今秋発売のスイスポにも搭載される予定となっており、スズキで今注目のエンジンユニットとなる。

1.4L ブースタージェットエンジン

24万3000円の価格差は、1.4Lターボエンジンの付加価値もあるが、装備の違いによるものも大きい。SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、6スピーカー、アームレスト機能付コンソールボックス、ステンレス製ペダルプレート、ルーフレールの各装備については、1.4Lターボ車では標準化されている。

エスクードは現行型からラダーフレーム構造が廃止され、モノコック構造に変更されている。全車4WD、6AT搭載といった走行性能でアピールされる部分もあるが、全長4175mmの普通のコンパクトクロスオーバーSUVであることを考えれば、200万円台中盤からの価格帯はちょっと手が出にくいか。

#1 匿名さん2017/08/07(Mon)17:30:17
エスクードがイヴォークでSX4がX5か
#2 匿名さん2017/08/07(Mon)20:16:47
後席狭いな。
全長4.2m弱じゃ小さ過ぎる。
#3 匿名さん2017/08/07(Mon)22:32:40
スズキなら150万でまとめて欲しい案件だろ。
#4 匿名さん2017/08/08(Tue)21:07:24
スズキの車は価格上のスペックが魅力。
これでは価格並みかそれ以下。
フォレスターやエクストレイルの土俵では勝負にならない。
#5 匿名さん2017/08/13(Sun)22:41:23
スズキは発売から1年ぐらいで大幅値下げ

名前(任意)
コメント

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(前編)

新型エスクード発売、スズキの新型BセグメントSUV、車両価格は212万7600円から

スズキがエスクードを10月にフルモデルチェンジ、新車名エスクード ノマド

次期エスクードにフルモデルチェンジ計画有り、欧州ビターラを輸入販売か

次期エスクード発表、スズキが新型ビターラをパリでワールドプレミア

スズキ・ビターラ 次期エスクード発表、10月パリモーターショー2014

次期エスクード開発中、iV-4を悪路走破性に優れたコンパクトSUVとして市販化

次期エスクード2015年発売見込み、フランクフルトのiV-4がデザインコンセプト