car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

スズキ・エスクードに1.4 ターボ追加、258万6600円から

スズキのクロスオーバーSUV、エスクードに1.4Lターボモデルが2017年7月26日に追加発売された。

(写真は新型エスクード 1.4 ターボ)
エスクード 1.4ターボ

現行の4代目エスクードは2015年10月に日本発売されたモデルであった。初期導入された1.6L NA エンジンモデルに続いての追加ラインアップとなる。

エスクード1.4ターボ シート エスクード 1.4 ターボ インテリア

エスクード 1.4 ターボ、ハイパフォーマンスエンジンと装備の標準化で商品力アップ

エスクードは、ハンガリーのマジャールスズキ生産のものが日本に輸入されている。主力の欧州市場ではビターラの車名でラインアップされており、1.4Lターボ搭載のビターラ Sについても既に導入済みであった。

(写真は欧州ビターラ S、フランクフルトモーターショー2015)
ビターラ S 1.4Lターボエンジン エスクード ビターラ S リアコンビネーションランプ

従来型1.6L NAエンジン搭載車のスペックは最高出力117ps/最大トルク15.4kgfm、JC08モード燃費17.4km/L、消費税込み車両価格は234万3600円であった。新型1.4Lターボ搭載車は、それぞれ136ps/21.4kgfm、16.8km/L、258万6600円となる。

1.4Lターボエンジンのスペックは2.0L NAクラスに相当する。これは今秋発売のスイスポにも搭載される予定となっており、スズキで今注目のエンジンユニットとなる。

1.4L ブースタージェットエンジン

24万3000円の価格差は、1.4Lターボエンジンの付加価値もあるが、装備の違いによるものも大きい。SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、6スピーカー、アームレスト機能付コンソールボックス、ステンレス製ペダルプレート、ルーフレールの各装備については、1.4Lターボ車では標準化されている。

エスクードは現行型からラダーフレーム構造が廃止され、モノコック構造に変更されている。全車4WD、6AT搭載といった走行性能でアピールされる部分もあるが、全長4175mmの普通のコンパクトクロスオーバーSUVであることを考えれば、200万円台中盤からの価格帯はちょっと手が出にくいか。

#1 匿名さん2017/08/07(Mon)17:30:17
エスクードがイヴォークでSX4がX5か
#2 匿名さん2017/08/07(Mon)20:16:47
後席狭いな。
全長4.2m弱じゃ小さ過ぎる。
#3 匿名さん2017/08/07(Mon)22:32:40
スズキなら150万でまとめて欲しい案件だろ。
#4 匿名さん2017/08/08(Tue)21:07:24
スズキの車は価格上のスペックが魅力。
これでは価格並みかそれ以下。
フォレスターやエクストレイルの土俵では勝負にならない。
#5 匿名さん2017/08/13(Sun)22:41:23
スズキは発売から1年ぐらいで大幅値下げ
#6 匿名さん2018/03/02(Fri)16:08:24
初代のコンセプトに立ち戻った方がいい気がする

名前(任意)
コメント

車名

エスクード

エスクード

代表グレード

1.4ターボ

1.6

発売日

2017年7月

2017年7月

型式

CBA-YEA1S

DBA-YE21S

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4175

4175

全幅(mm)

1775

1775

全高(mm)

1610

1610

ホイールベース(mm)

2500

2500

トレッド 前(mm)/後(mm)

1535/1505

1535/1505

室内長(mm)

1960

1960

室内幅(mm)

1480

1480

室内高(mm)

1265

1265

車両重量(kg)

1220

1210

エンジン型式

K14C

M16A

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1371

1586

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×81.9

78.0×83.0

最高出力

136ps(100kW)/5500rpm

117ps(86kW)/6000rpm

最大トルク

21.4kg・m(210N・m)/2100〜4000rpm

15.4kg・m(151N・m)/4400rpm

圧縮比

9.9

11.0

過給機

ターボ

NA

燃料タンク容量(L)

47

47

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.8

17.4

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/55R17 94V

215/55R17 94V

タイヤサイズ(リア)

215/55R17 94V

215/55R17 94V

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

フルタイム4WD

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

2,586,600円

2,343,600円

車名

エスクード

エスクード

代表グレード

ベースグレード

XG

発売日

2017年1月

2014年8月

型式

DBA-YE21S

CBA-TDA4W

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4175

4300

全幅(mm)

1775

1810

全高(mm)

1610

1695

ホイールベース(mm)

2500

2640

トレッド 前(mm)/後(mm)

1535/1505

1540/1560

室内長(mm)

1960

2000

室内幅(mm)

1480

1490

室内高(mm)

1265

1230

車両重量(kg)

1210

1600

エンジン型式

M16A

J24B

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1586

2393

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

78.0×83.0

92.0×90.0

最高出力

117ps(86kW)/6000rpm

166ps(122kW)/6000rpm

最大トルク

15.4kg・m(151N・m)/4400rpm

22.9kg・m(225N・m)/4000rpm

圧縮比

11.0

10.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

47

66

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

17.4

10.6

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/55R17 94V

225/65R17 101H

タイヤサイズ(リア)

215/55R17 94V

225/65R17 101H

最小回転半径(m)

5.2

5.5

トランスミッション

6AT

5MT

駆動方式

フルタイム4WD

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

2,343,600円

2,181,600円

過去記事(2015/10/31)

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(前編)

東京モーターショー2015、マツダ、日産、メルセデスベンツ、ホンダ、スズキ

東京モーターショー2015が10月30日(金)~11月8日(日)の日程で開催中となっている。見逃せない主要モデルをリストアップ。

前編:マツダ、日産、メルセデスベンツ、ホンダ、スズキはこのページ
後編:三菱、レクサス、スバル、ダイハツ、トヨタはリンク先へ

マツダ

まずは西棟1Fの1・2ホールから。マツダではRX-VISIONがメインモデルとなる。RX-8後継のロータリーエンジン搭載モデルを予告するコンセプトカーということで、RX-9としての市販化が待望される。これを見るために東京モーターショーへ訪れたというファンも多いはずだ。

(写真はマツダ・RX-VISION)
マツダ RX-VISION

日産

日産ブースでは、次期ジュークコンセプトとも言われるGRIPZが主力モデルの一つとなる。他に自動運転車のIDSコンセプト、無地インテリアに映像を映し出すTEATRO for DAYZ、ゲームのCONCEPT 2020 VISION GRANTURISMOもあるが、混雑の中あまり時間を割いて見るほどの内容ではないかも。インフィニティQ30やスカイラインクーペが出展されず残念。

(写真は日産・GRIPZ)
日産GRIPZ

(写真は日産・IDSコンセプト)
IDSコンセプト

メルセデスベンツ

長い通路を通り東棟1・2・3ホールへ。メルセデスベンツが東京モーターショー向けにコンセプトカー1台をワールドプレミアさせている。

(写真はメルセデスベンツ・Vision Tokyo)
VISION TOKYO

ホンダ

お隣のホンダでは、燃料電池車CLARITY FUEL CELLの市販モデルがワールドプレミアとなる。NSX、シビックタイプRもそれぞれ市販型が日本初公開となる。

(写真はホンダ・クラリティFUEL CELL)
クラリティ燃料電池車

(写真はホンダ・NSX)
NSX 東京モーターショー2015

(写真はホンダ・シビックタイプR)
シビックタイプR

スズキ

今回のスズキはかなり意欲的。市販型ニューモデルとして、AセグメントクロスオーバーSUVのイグニス、Bセグメントハッチバックのバレーノ、BセグメントクロスオーバーSUVのエスクードを公開。ステージ上にはワールドプレミアのコンセプトカーとして3車種が飾られる。さらに5MTターボのアルトワークスも市販確定ということで見どころ満載となった。

(写真はスズキ・イグニス)
イグニス

(写真はスズキ・バレーノ)
バレーノ

(写真はスズキ・エスクード)
新型エスクード

(写真はスズキ・マイティデッキ コンセプト)
マイティデッキ コンセプト

(写真はスズキ・アルトワークス)
スズキ アルトワークス

通路を挟んで向かいの東棟3・4・5ホールへ(後編:三菱、レクサス、スバル、ダイハツ、トヨタ

過去記事(2015/10/16)

新型エスクード発売、スズキの新型BセグメントSUV、車両価格は212万7600円から

エスクードがフルモデルチェンジ、欧州生産ビターラを日本導入

スズキ・エスクードがフルモデルチェンジされ10月15日に発売日を迎えた。

(写真は新型エスクード)
新型エスクード

新型エスクードは、既に欧州市場でビターラとして販売されているモデルが車名を変えて日本導入されることになる。生産はハンガリーにあるマジャールスズキで行われ、日本に輸入販売される。

新型エスクード インテリア

新型エスクードは1.6Lモデルのみがラインアップ、現行エスクード2.4の販売は継続

新型エスクードに搭載されるエンジンは、直4 1.6Lガソリンが採用された。トランスミッションはマニュアルモードパドルシフト付きの6ATが搭載される。

スズキ エスクード シート

2WDモデルは燃費性能に優れJC08モードで18.2km/Lを達成。4WDモデルはALLGRIPが採用され、JC08モード燃費17.4km/Lとなる。

新型エスクード
車両価格は2WDモデルが212万7600円、4WDモデルが234万3600円からに設定された。

新型エスクードのボディサイズは全長4175mm×全幅1775mm×全高1610mmということで、日産・ジューク、マツダ・CX-3あたりのコンパクトクロスオーバーSUVがライバルとなる。SX-4 S-CROSSよりは一回り小さい。

従来型エスクードの5ドアモデルからは大幅なダウンサイジングということで、2.4Lモデルについては従来型の販売が継続される。

(写真は欧州仕様ビターラ)
エスクード ビターラ ビターラS

新型エスクードの目標販売台数は年間1200台と控えめ。10月30日に一般公開される東京モーターショー2015でも出展されることになるが、海外生産車ということもあり日本でのプロモーション規模は小さくなりそうだ。

過去記事(2015/10/03)

スズキがエスクードを10月にフルモデルチェンジ、新車名エスクード ノマド

エスクードノマドが発売、Bセグメント コンパクトクロスオーバーSUV

エスクードの4代目に向けたフルモデルチェンジが2015年10月に実施される。

(写真はビターラ欧州仕様)
エスクード ビターラ

スズキは2014年10月に開催されたパリモーターショーで新型ビターラを欧州市場に向けて発表していた。このビターラこそが日本で発売されるエスクード後継モデルということになる。車名はエスクード ノマドに改められる。

新型エスクード ビターラ スズキ パリモーターショー2014 スズキ 新型エスクード ビターラ

日本では東京モーターショーが2015年10月30日に一般公開されるスケジュールとなっており、ここで新型エスクードノマドも出展されることになる。

次期エスクード ビターラ インテリア 新型エスクード リアシート

新型エスクードノマドは、従来型エスクードのラダーフレーム構造が廃止され一般的なモノコックボディとなる。クロスオーバーSUVのカテゴリーに分類される車種となり、オフロード性能よりも軽量で燃費性能が優れた都市型SUVのポジションで販売されることになる。

新型エスクード トランク

スズキはエスクードノマド、SX4 S-CROSSの2つのクロスオーバーSUVをラインアップ

スズキのコンパクトクロスオーバーSUVは、既にSX4 S-CROSSがラインアップされる。SX4 S-CROSSは全長4300mmで、ホンダ・ヴェゼル、欧州では日産・キャシュカイあたりがライバルとなっている。エスクード ノマドは全長4175mmとなり、ライバルはマツダ・CX-3、日産・ジュークあたりのBセグメントSUVとなる。

(写真はSX4 S-CROSS)
SX4 Sクロス

トランスミッションは、SX4 S-CROSSがCVTであるのに対し、エスクード ノマドは6ATとなる。4WDシステムのALLGRIPは両モデルで共通だ。

(写真はマツダ・CX-3)
CX-3 マツダ

そしてエンジンについては、SX4 S-CROSSは1.6Lであるが、エスクード ノマドは1.4Lターボが日本仕様として導入される可能性がある。

(写真は日産・ジューク)
新型ジューク ジュネーブ2014

新型エスクード ノマドの生産は日本国内の事業所では行われず、ハンガリー工場からの輸入販売になる。

過去記事(2015/01/15)

次期エスクードにフルモデルチェンジ計画有り、欧州ビターラを輸入販売か

エスクードが2015年の夏頃にフルモデルチェンジの予測、ビターラを国内向けに導入か

スズキのコンパクトSUV、エスクードが2015年夏頃にフルモデルチェンジされる見込みである。

(写真は新型ビターラ、パリモーターショー2014)
エスクード ビターラ フロントグリル

スズキは2014年10月に開催されたパリモーターショーで新型ビターラを発表していた。欧州でのビターラシリーズは日本市場ではエスクードとして販売されてきたモデルである。

新型エスクード ビターラ スズキ パリモーターショー2014 スズキ 新型エスクード ビターラ

新型ビターラはハンガリーのマジャールスズキで生産され、欧州市場から販売がスタートされる。その後、世界各国での販売も予定されている。日本市場については2015年2月の発表が見込まれているSX-4 S-CROSSとの兼ね合いから導入を疑問視する見方もあったが、現段階では次期エスクードとして日本へ導入される可能性は高いと考える。

新型エスクード トランク 次期エスクード ビターラ インテリア

エスクードとして販売される日本仕様もハンガリー生産の輸入モデルとなる見込み。搭載されるエンジンも1.6Lガソリンとなるだろう。

ALL GRIP スズキ

スズキのコンパクトSUVは、エスクードとSX-4 S-CROSSの同時ラインアップとなるか

次期エスクードのボディサイズは全長4175mm×全幅1775mm×全高1610mmとなる。共通プラットフォームとされるSX-4 S-CROSSとキャラクターが近くなるが、こちらのボディサイズは全長4300mm×全幅1765mm×全高1575mmとやや大きい。またオートマチックトランスミッションに関しても、次期エスクードが6ATで、SX-4 S-CROSSがCVTと違いがある。

エスクード ビターラ

SX-4 S-CROSSはスタイリング重視の都市型クロスオーバーSUVで、ホンダ・ヴェゼルやマツダ・CX-3といったCセグメントクロスオーバーSUVと直接的なライバルとなる。一方で、次期エスクードは原点回帰し小型化される。

過去記事(2014/10/05)

次期エスクード発表、スズキが新型ビターラをパリでワールドプレミア

欧州版エスクード、スズキが新型ビターラを発表、iV-4がベース

スズキが4代目となる次期エスクードを10月4日より一般公開されたパリモーターショー2014で公開した。

(写真は新型ビターラ)
エスクード ビターラ

日本市場でエスクードの名で知られるコンパクトSUVは、これまで欧州市場でビターラおよびグランドビターラの車名で販売されてきた。今回発表されたのは、その最新モデルということになる。

エスクード ビターラ フロントグリル エスクード ビターラ リアコンビネーションランプ

次期エスクードとしての日本発売が確実視される、ジューク対抗のBセグメントSUV

新型ビターラのベースとなったコンセプトカーのiV-4は、昨年2013年のフランクフルトモーターショー、そして東京モーターショーでも発表されていた。iV-4と比較すれば、新型ビターラのエクステリアデザインは市販モデルとは言え、垢抜け感が足りないように感じる。

新型エスクード ビターラ スズキ パリモーターショー2014 新型エスクード トランク

新型ビターラのボディサイズは全長4175mm×全幅1775mm×全長1610mmで、エクステリアデザインで評価の高かった日産・ジュークと直接競合することになる。これとの比較では、普通に収まりすぎた新型ビターラのエクステリアデザインは、ややインパクトさに欠ける印象だ。

ALL GRIP スズキ

新型ビターラは本格的4WDのALLGRIPを採用し、他のBセグメントクロスオーバーSUVと差別化が図られる。欧州向けエンジンは、1.6Lのガソリンとディーゼルが設定された。

次期エスクード ビターラ インテリア 新型エスクード リアシート

欧州市場での具体的な計画も明らかとなっており、生産はハンガリーのマジャールスズキが担当し2015年より欧州各国へデリバリーされる見込み。

スズキ 新型エスクード ビターラ

日本市場での販売計画は発表されていないが、コンセプトモデルのiV-4が東京で公開されたことから、日本で発売されることは確実視される。4代目エスクードとして販売されることになるだろう。

過去記事(2014/09/08)

スズキ・ビターラ 次期エスクード発表、10月パリモーターショー2014

ビターラ(日本名エスクード)が2015年フルモデルチェンジ、パリ発表

スズキは2014年10月2日にプレスデーを迎えるパリモーターショーにて、ビターラのフルモデルチェンジ発表を行う予定となっている。

ビターラ

ビターラとは日本国内で販売されるエスクードのかつての欧州名である。現行エスクードは2005年から販売され続けているロングセラーモデル。販売10年を迎える2015年秋頃にはフルモデルチェンジされることが予想され、これに先駆けた市販プロトの公開がパリで行われることになる。

(写真はiV-4、東京モーターショー2013、フランクフルトモーターショー2013)
次期エスクード iV-4

次期エスクードはコンセプトカーiV-4をベースとする、ラダーフレーム構造を採用

次期エスクードのエクステリアデザインは、フランクフルトモーターショー2013で発表されたコンセプトカー、iV-4がベースとなる。iV-4はフランクフルトの後、東京モーターショー2013でも公開され、日本国内でも次期エスクードとして販売されることが確定的となった。

iV-4 スズキ フランクフルトモーターショー2013 iV-4 フランクフルト 2013

iV-4のボディサイズは全長4215mm×全幅1850mm×全高1665mmと、現行エスクードの3ドアモデルと5ドアモデルの中間程度の寸法が設定された。ただしiV-4のドア枚数は5枚となっており、近年の自動車メーカー各社が新型車の投入に力を入れているコンパクトクロスオーバーSUV勢と直接的に競合する仕様となった。

スズキ iv-4 次期エスクード スズキ iV-4 コンセプト エスクード

ちょうどSX4と近いボディサイズとなるわけだが、都市型のクロスオーバーSUVのSX4に対して、エスクードはラダーフレーム構造を取り入れた本格SUVとしてラインアップされることになる。スズキの新世代4WDシステムのALLGRIPも採用される。

(写真はSX4 Sクロス)
SX4 Sクロス

このSX4の他、ボディサイズの近いライバル車としては、日産・ジューク、ホンダ・ヴェゼル。これからの発売分も含めると2015年初頭デビュー予定のマツダ・CX-3。トヨタも2015-2016年あたりに新型車を投入する計画がある。

過去記事(2014/02/28)

次期エスクード開発中、iV-4を悪路走破性に優れたコンパクトSUVとして市販化

エスクードの次期モデルがスズキで開発中の動き、iV-4市販化

スズキではエスクードのフルモデルチェンジに向けた開発が進められている。

(写真はiV-4)
次期エスクード iV-4

昨年のフランクフルトモーターショー2013では、新たなデザインスタディモデルとしてiV-4が初公開され、続く東京モーターショー2013でも出展された。クロスオーバーSUVスタイルのその車体は、市販モデルのSX4 S-Crossとボディサイズが近い。しかしSX4 S-Crossは2013年に欧州発売したばかりで、次期モデルを意図したコンセプトカーが発表される時期ではない。
ボディサイズが小さいながらもiV-4をエスクード後継車と見る動きが発表当初からあった。

スズキ iV-4 コンセプト エスクード

このコンセプトモデルのルールに従うなら次期エスクードはSX4 S-Crossと同じCセグメントクロスオーバーSUVのカテゴリに収まることになる。
欧州市場のニーズに合わせて大型化したSX4 S-Crossに対して、次期エスクードは北米市場のラインアップから外れることで小型化されやすい状況となっている。

スズキ iv-4 次期エスクード

次期エスクードとSX4 S-Crossとの差別化はどうなるのか、CセグメントSUV

(写真はSX4 S-Cross)
SX4 Sクロス

次期エスクードとSX4 S-Crossがスズキブランドの中でどのように差別化されるのか。
SX4 S-Crossは燃費性能やパッケージングといったシティSUVに求められる要素に重きが置かれていた。これに対して次期エスクードはコンパクトサイズながらも、現行モデルと同様に本格的な悪路走破性が与えられ、山間部や降雪地でのニーズに応えた仕様になると考えられる。

iV-4 スズキ フランクフルトモーターショー2013

次期エスクードは2015年頃のデビューが予想される。

次期エスクード2015年発売見込み、フランクフルトのiV-4がデザインコンセプト

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先