car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型エスクード発売、スズキの新型BセグメントSUV、車両価格は212万7600円から

エスクードがフルモデルチェンジ、欧州生産ビターラを日本導入

スズキ・エスクードがフルモデルチェンジされ10月15日に発売日を迎えた。

(写真は新型エスクード)
新型エスクード

新型エスクードは、既に欧州市場でビターラとして販売されているモデルが車名を変えて日本導入されることになる。生産はハンガリーにあるマジャールスズキで行われ、日本に輸入販売される。

新型エスクード インテリア

新型エスクードは1.6Lモデルのみがラインアップ、現行エスクード2.4の販売は継続

新型エスクードに搭載されるエンジンは、直4 1.6Lガソリンが採用された。トランスミッションはマニュアルモードパドルシフト付きの6ATが搭載される。

スズキ エスクード シート

2WDモデルは燃費性能に優れJC08モードで18.2km/Lを達成。4WDモデルはALLGRIPが採用され、JC08モード燃費17.4km/Lとなる。

新型エスクード
車両価格は2WDモデルが212万7600円、4WDモデルが234万3600円からに設定された。

新型エスクードのボディサイズは全長4175mm×全幅1775mm×全高1610mmということで、日産・ジューク、マツダ・CX-3あたりのコンパクトクロスオーバーSUVがライバルとなる。SX-4 S-CROSSよりは一回り小さい。

従来型エスクードの5ドアモデルからは大幅なダウンサイジングということで、2.4Lモデルについては従来型の販売が継続される。

(写真は欧州仕様ビターラ)
エスクード ビターラ ビターラS

新型エスクードの目標販売台数は年間1200台と控えめ。10月30日に一般公開される東京モーターショー2015でも出展されることになるが、海外生産車ということもあり日本でのプロモーション規模は小さくなりそうだ。

#1 匿名さん2019/08/10(Sat)15:29:09ID:k2MDlkYTjN
欧州で販売されているホンモノのクルマ。
日本車の殆どがホンモノのクルマ。
#2 匿名さん2019/09/10(Tue)22:01:12ID:JjZGNlNDDO
次期モデルは初代のオマージュでもいいから、原点回帰して欲しい。

名前(任意)
コメント