エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

スズキ・エスクードに1.4 ターボ追加、258万6600円から

スズキのクロスオーバーSUV、エスクードに1.4Lターボモデルが2017年7月26日に追加発売された。

(写真は新型エスクード 1.4 ターボ)
エスクード 1.4ターボ

現行の4代目エスクードは2015年10月に日本発売されたモデルであった。初期導入された1.6L NA エンジンモデルに続いての追加ラインアップとなる。

エスクード1.4ターボ シート エスクード 1.4 ターボ インテリア

エスクード 1.4 ターボ、ハイパフォーマンスエンジンと装備の標準化で商品力アップ

エスクードは、ハンガリーのマジャールスズキ生産のものが日本に輸入されている。主力の欧州市場ではビターラの車名でラインアップされており、1.4Lターボ搭載のビターラ Sについても既に導入済みであった。

(写真は欧州ビターラ S、フランクフルトモーターショー2015)
ビターラ S 1.4Lターボエンジン エスクード ビターラ S リアコンビネーションランプ

従来型1.6L NAエンジン搭載車のスペックは最高出力117ps/最大トルク15.4kgfm、JC08モード燃費17.4km/L、消費税込み車両価格は234万3600円であった。新型1.4Lターボ搭載車は、それぞれ136ps/21.4kgfm、16.8km/L、258万6600円となる。

1.4Lターボエンジンのスペックは2.0L NAクラスに相当する。これは今秋発売のスイスポにも搭載される予定となっており、スズキで今注目のエンジンユニットとなる。

1.4L ブースタージェットエンジン

24万3000円の価格差は、1.4Lターボエンジンの付加価値もあるが、装備の違いによるものも大きい。SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、6スピーカー、アームレスト機能付コンソールボックス、ステンレス製ペダルプレート、ルーフレールの各装備については、1.4Lターボ車では標準化されている。

エスクードは現行型からラダーフレーム構造が廃止され、モノコック構造に変更されている。全車4WD、6AT搭載といった走行性能でアピールされる部分もあるが、全長4175mmの普通のコンパクトクロスオーバーSUVであることを考えれば、200万円台中盤からの価格帯はちょっと手が出にくいか。

関連するレポート

[ 2017/08/05 ]
#1 匿名さん2017/08/07(Mon)17:30:17
エスクードがイヴォークでSX4がX5か
#2 匿名さん2017/08/07(Mon)20:16:47
後席狭いな。
全長4.2m弱じゃ小さ過ぎる。
#3 匿名さん2017/08/07(Mon)22:32:40
スズキなら150万でまとめて欲しい案件だろ。
#4 匿名さん2017/08/08(Tue)21:07:24
スズキの車は価格上のスペックが魅力。
これでは価格並みかそれ以下。
フォレスターやエクストレイルの土俵では勝負にならない。
#5 匿名さん2017/08/13(Sun)22:41:23
スズキは発売から1年ぐらいで大幅値下げ

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.