car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

キャシュカイがマイナーモデルチェンジ、ジュネーブモーターショー画像

日産はスイスで開催中のジュネーブモーターショー2017で、クロスオーバーSUVのキャシュカイのマイナーモデルチェンジ発表を行った。

(写真は新型キャシュカイ)
キャシュカイ プロパイロット

キャシュカイは、かつての初代型が日本でもデュアリスの車名で販売されていたが、2014年のフルモデルチェンジ以降は日本での販売を終了させている。日本での販売は芳しくなかったモデルではあるが、欧州では近年最も販売台数の多いクロスオーバーSUVとしてのポジションを築いてきた。

キャシュカイ ジュネーブモーターショー キャシュカイ プロパイロット リアコンビネーションランプ

キャシュカイの今回のマイナーモデルチェンジでは、大幅フェイスリフトのほか、自動運転技術のプロパイロットが欧州初導入されるということで話題となっている。

キャシュカイの新型Vモーショングリルは、次期ジューク、エクストレイルにも採用か

新しくなった後期型キャシュカイのフロントフェイスは、Vモーショングリルを強調するようにグリルライン下部が拡大。ナンバープレートもグリル内に収まる形となった。前期型ではヘッドランプ間がVモーショングリルを挟みほぼ一直線に並んだデザインであったが、後期型ではよりクロスオーバーSUVらしく迫力ある造形となった。

キャシュカイ 日産 キャシュカイ

この新フロントデザインの流れは、昨年2016年にデビューした欧州マイクラでも採用されており、日産ブランドの多くのモデルに波及する可能性があるだろう。

キャシュカイ フロントグリル キャシュカイ バックドア

キャシュカイは欧州市場に最適化されたモデルで、やはり日本市場で販売される可能性は低い。その販売枠はジュークとエクストレイルで補われることになる。そのジュークが間もなくフルモデルチェンジとなる見込みで、今回のジュネーブショーでの新型発表が期待されたがこれは実現されなかった。

#1 匿名さん2017/03/18(Sat)18:58:49
日本市場はエクストレイルで我慢しろ >日産幹部より
#2 匿名さん2017/03/19(Sun)14:42:09
>>1
まあ、エクストレイルと変わんないよね。
#3 匿名さん2018/05/02(Wed)16:40:13ID:ZkOThmNTWM
欧州はコンンパクト主流だからキッシュカイ人気が高い

名前(任意)
コメント

車名

デュアリス

デュアリス

代表グレード

20G

20GアーバンブラックレザーII

発売日

2013年7月

2013年7月

型式

DBA-KJ10

DBA-KJ10

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4315

4315

全幅(mm)

1780

1780

全高(mm)

1615

1615

ホイールベース(mm)

2630

2630

トレッド 前(mm)/後(mm)

1540/1550

1540/1550

室内長(mm)

1845

1845

室内幅(mm)

1470

1470

室内高(mm)

1225

1225

車両重量(kg)

1440

1440

エンジン型式

MR20DE

MR20DE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1997

1997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

84.0×90.1

84.0×90.1

最高出力

137ps(101kW)/5200rpm

137ps(101kW)/5200rpm

最大トルク

20.4kg・m(200N・m)/4400rpm

20.4kg・m(200N・m)/4400rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

65

65

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

13.0

13.0

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/60R17 96H

215/55R18

タイヤサイズ(リア)

215/60R17 96H

215/55R18

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,370,900円

2,570,400円

車名

デュアリス

デュアリス

代表グレード

20G FOUR

20G FOURアーバンブラックレザーII

発売日

2013年7月

2013年7月

型式

DBA-KNJ10

DBA-KNJ10

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4315

4315

全幅(mm)

1780

1780

全高(mm)

1615

1615

ホイールベース(mm)

2630

2630

トレッド 前(mm)/後(mm)

1540/1550

1540/1550

室内長(mm)

1845

1845

室内幅(mm)

1470

1470

室内高(mm)

1225

1225

車両重量(kg)

1520

1520

エンジン型式

MR20DE

MR20DE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1997

1997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

84.0×90.1

84.0×90.1

最高出力

137ps(101kW)/5200rpm

137ps(101kW)/5200rpm

最大トルク

20.4kg・m(200N・m)/4400rpm

20.4kg・m(200N・m)/4400rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

65

65

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

11.8

11.8

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/60R17 96H

215/55R18

タイヤサイズ(リア)

215/60R17 96H

215/55R18

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

フルタイム4WD

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

2,577,750円

2,777,250円

過去記事(2017/03/01)

日産欧州キャシュカイにプロパイロットを採用、ジュネーブ発表か

欧州キャシュカイがマイナーモデルチェンジでプロパイロットを採用の可能性

日産は3月7日の開幕が迫るジュネーブモーターショー2017で、キャシュカイのマイナーモデルチェンジを発表する見込みとなっている。

(写真はキャシュカイ プレミアム コンセプト、ジュネーブモーターショー2016)
キャシュカイ プレミアムコンセプト

欧州市場をメインに販売されるキャシュカイは、デュアリスの車名で日本販売されていた時期もあったが2014年に販売を終了している。以降、フルモデルチェンジを受けた現行の2代目モデルは日本では販売されていない。ただし、今回のマイナーモデルチェンジで、自動運転技術のプロパイロットが欧州市場で初導入される可能性が高く注目される。

キャシュカイ プレミアム コンセプト geneva キャシュカイ プレミアム コンセプト 日産

後期型キャシュカイの新エクステリアも期待、次期ジューク発表の可能性も

プロパイロットは日本市場向けにはセレナに搭載されることで先行導入されているが、まだ開発途上な部分も多く、今後の発展が期待されるところである。その開発ロードマップとしては、現状の高速道路の単線走行から、2018年には車線変更が可能となり、2020年には一般道における自動運転が目標となっている。

(写真はセレナ)
セレナ highway STAR

日本のセレナはプロパイロットの導入により販売台数を大幅に伸ばすことに成功した。欧州キャシュカイも同様に人気化する可能性があるだろう。

また、現行キャシュカイの販売期間として3年が過ぎるタイミングでもあるので、フェイスリフトも実施される見込みだ。

(写真は次期ジュークとされるGRIPZコンセプト)
次期ジューク Vモーショングリル

日産は、今回のジュネーブモーターショーでクロスオーバーSUVのカテゴリをメインにいくらかの発表を行う計画でいる。キャシュカイのマイナーモデルチェンジのほか、次期ジュークのワールドプレミアも期待したいところであるが、今のところ公式な情報は無い。ジュークも2017年夏頃のフルモデルチェンジ発売が見込まれており、今回のタイミングで発表される可能性も捨てきれない。

過去記事(2014/01/25)

デュアリス日本仕様は販売終了セール、次期モデルは欧州のみで日本販売は無し

デュアリスの販売がまもなく終了、在庫販売のみで新規生産は停止

デュアリス日本仕様の販売が2014年1-2月にも終了する見込みとなった。
デュアリスは2007年に販売が開始されたモデル。既に2013年11月に国内生産を終了しており、ディーラーでは在庫一掃セールが行われている。

デュアリス

デュアリス次期モデルは欧州で新型キャシュカイとしてデビュー、日本販売なし

デュアリスは欧州ではキャシュカイとして販売されているが、2013年11月にはフルモデルチェンジを果たしていた。日本向けラインアップでは新型エクストレイルと統合されるため、次期デュアリスは販売されないことになる。

新型キャシュカイ デュアリス キャシュカイ 2013

上の写真は新型キャシュカイ欧州仕様である。都市型クロスオーバーSUVらしいエクステリアデザインは前モデルからキープコンセプト。日本では販売されない。

エクストレイル エクストレイル 大阪モーターショー

上の写真は新型エクストレイル。2013年9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアを迎え、その後日本でも東京モーターショーで一般公開された。3列シートモデルの追加でミニバン需要にも対応したことで注目度は高い。

エクステリアデザインは歴代エクストレイルのクロカン調から、シティSUVへとイメージチェンジしており、近年のSUVデザインのトレンドに追従した。むしろデュアリスの後継車として相応しい外観となったわけだが、日本市場でより高い知名度、ブランド力を持つエクストレイルシリーズとして販売される。

デュアリス

さて、今回のようなシリーズが終了する車種は、大幅に値下げして販売されてきたことが多い。デュアリスは今から新車として買うには古い車種となるが、値引き度合いによってはお買い得と感じるユーザーも多いはずだ。

過去記事(2013/11/12)

新型キャシュカイ欧州発表、日本版デュアリスは無し、エクストレイルと統合

デュアリスのフルモデルチェンジは無し、欧州のみ新型キャシュカイ発表

日産は新型キャシュカイ欧州仕様を発表した。英国サンダーランド工場で生産され発売は2014年2月になる見込みだ。

新型キャシュカイ デュアリス

キャシュカイ フルモデルチェンジ

キャシュカイとは日本ではデュアリスの車名でラインアップするクロスオーバーSUVシリーズ。日本仕様は2007年の初期モデルから変わらぬフロントマスクで6年に渡り販売が継続されてきた。一方メイン市場とされる欧州では、後期モデルでフロントデザインをリニューアル、さらに今回2代目へとフルモデルチェンジを果たすことになった。

キャシュカイ 2013 新型キャシュカイ 内装 デュアリス

新型キャシュカイとデザインの近い新型エクストレイル

新型キャシュカイの画像および動画を見る限り、そのエクステリアデザインは2013年9月のフランクフルトで発表された新型エクストレイルに近い。そして、この新型キャシュカイが日本市場向けにデュアリスとして販売されることは無いとされており、日本向けラインアップはエクストレイルに統合される見込みである。
プラットフォームについては両車種とも日産とルノーが共同開発したコモン・モジュール・ファミリー(CMF)を採用しており、新型キャシュカイと新型エクストレイルの共通性は高い。

(写真は新型エクストレイル)
新型エクストレイル フランクフルト

しかし、ボディサイズを比較してみると、新型キャシュカイと新型エクストレイルは差が大きい。従来型キャシュカイに対して49mmの延長とする新型キャシュカイの全長は4379mm。これに対し新型エクストレイルは4640mmということで、その差は26cm程度もある。

もちろん、初代デュアリス日本版の初期モデルがそうであったように英国サンダーランド工場からの輸入販売も期待したいが、この2代目モデルについてはその可能性は低いと考える。

過去記事(2013/09/04)

次期デュアリスがフランクフルトモーターショー2013で発表、日産の新型SUV

デュアリスのフルモデルチェンジか?新型SUVがフランクフルトモーターショーで発表

次期キャシュカイ(日本名デュアリス)と思われる新型SUVのワールドプレミアが、2013年9月10日より開催されるフランクフルトモーターショーで行われる見込みとなった。日産はその予告として、ヘッドライト周辺のエクステリア画像1枚を公開した。
次期デュアリス
“production model”とされたこのモデルはコンセプトカーではなく、市販車ということになる。先月の8月22日には、米国日産によって次期ローグの発表を9月10日に行うという予告があったが、その時に公開された画像と全く同じである。つまり北米の次期ローグと欧州の次期デュアリスと思われるこの新型SUVは、共通ボディとなる可能性が高く、ワールドプレミアのタイミングも同じということになる。

ちなみに従来型のローグとキャシュカイは、内装部分を中心とする幾らかの部分が共通化されていたが、フロントデザインが異なるうえ、ローグのボディサイズは大型化されていた。
(写真はローグ、2013年3月ニューヨーク)
ローグ

(写真はキャシュカイ、2013年3月ジュネーブ)
キャシュカイ デュアリス

(写真はデュアリス、2013年1月横浜)
デュアリス

次期デュアリスは次期エクストレイルとして日本市場にも導入される

従来型デュアリスは日本市場でも販売されたが、次期モデルについての導入計画は聞いていない。これは次期エクストレイルと次期デュアリスがほとんどが共通ボディとなるためと予想する。ただし、今回の世界同時発表に次期エクストレイルが含まれなかったことから、外観についてはキャシュカイ&ローグとは異なるオリジナルデザインが採用される可能性があるだろう。

(次期キャシュカイと次期エクストレイルの前身とされるハイクロスコンセプト)
次期エクストレイル ハイクロスコンセプト
日本向け次期エクストレイルについても2013年11月の東京モーターショーでのワールドプレミアが予測されている。

過去記事(2013/06/28)

デュアリスが生産終了、フルモデルチェンジは欧州のみで日本導入の可能性は低い

デュアリスの九州工場での生産が終了、後継モデル無し

日産九州工場で行われている国内向けデュアリスの生産が近々終了する見込みとなった。
(写真は現行デュアリス)
デュアリス
日産ではデュアリスのフルモデルチェンジに向けての開発が最終段階となっている。2014年3月に開催されるジュネーブモーターショーでは次期デュアリスのデビューが予測されており、早ければ2013年9月のフランクフルトモーターショーでも何らかの発表があるだろう。ただし、この次期デュアリスについての動きは、あくまで欧州市場に向けてのものであって、日本市場に導入される予定は今のところ無い。日本向けデュアリスは現行モデルの生産終了によって、近い将来のラインアップから外れることになる。
(写真は現行欧州仕様デュアリス。欧州後期モデルの新型フロントマスクは日本に導入されなかった。)
キャシュカイ デュアリス

デュアリスの実質的な後継車は新型エクストレイル

一方で、2013年11月の東京モーターショーでは、日産が新たなクロスオーバーSUVを発表するとされているが、これは次期エクストレイルである可能性が強まった。
次期デュアリスと次期エクストレイル、さらに北米市場向けのローグを加えた3車種は、プラットフォームが共通化され、各市場に最適化されたクロスオーバーSUVとしてラインアップされることになる。
(写真は現行ローグ、北米モデル)
ローグ
これらはハイブリッドエンジンが搭載される見込みで、その仕様は直4 2.0L+1モーター2クラッチ式となることが予想される。日産は既に北米向けパスファインダーあるいはインフィニティQX60において直4 2.5Lスーパーチャージャーの1モーター2クラッチ式ハイブリッドを市販化しているが、これの2.0L NA版ということになるだろう。
(写真は日産が新開発した、スーパーチャージャー付き直4 2.5L 1モーター2クラッチ式ハイブリッドシステム)
直4 2.5L スーパーチャージャー ハイブリッド

過去記事(2013/05/10)

次期エクストレイルかデュアリスか?日産の新型SUVが東京モーターショー公開予測

ハイクロスコンセプトはエクストレイル、デュアリスのどちらなのか?

日産は、昨年2012年のジュネーブモーターショーで公開したハイクロスコンセプトの市販モデルを今秋にも発表する見込みとなっている。11月に開催が予定されている東京モーターショー2013では、この日産の新型SUVについての大掛かりなプロモーションが行われるだろう。
次期デュアリス
問題はこの新型SUVが、次期エクストレイルになるのか、あるいは次期デュアリスになるのかである。ハイクロスコンセプトのエクステリアデザインを見る限りクロスオーバースタイルの都市型SUVという印象が強いため次期デュアリスになるのではと考えるが、厳密には現行エクストレイルもモノコックボディからなるクロスオーバーSUVであり、ハイクロスコンセプトが次期エクストレイルであるという意見も根強い。ただし、エクストレイルはスタイリング的にはクロカン調でハイクロスコンセプトとは大きく異るイメージを持っている。
そんな中、車種の統合というのも可能性の一つとして考えられるのではないだろうか。現行デュアリスは欧州では別名キャシュカイとして人気モデルとなったが、日本でのデュアリスとしての販売はあまり芳しくなかった。確定的なことは言えないが、キャシュカイとして販売された地域では次期キャシュカイとして、デュアリスとして販売された地域では次期エクストレイルとして導入されるのもありえる話ではないだろうか。

日産はこの他にも数種類のSUVコンセプトを提案中。
レゾナンス(次期ムラーノ?)
次期ムラーノ、レゾナンス

TeRRA・テラ
テラ 2012パリ

次期エクストレイルor次期デュアリスへの搭載が予想される1モーター2クラッチ式ハイブリッド

ハイクロスコンセプトの市販モデルについて、日本仕様での搭載が予想されるエンジンは、2.5L NAのガソリンユニットがあげられる。初期モデルからは難しいかもしれないが2.0Lハイブリッドも導入される可能性が高い。日産の2.0Lハイブリッドと言えばセレナハイブリッドに搭載されているS-HYBRIDを思い出させるが、これはアイドリングストップ用のスターターモーターを強化した簡易的なものであった。次期エクストレイルあるいは次期デュアリスに搭載されるのは、これとは異なる新開発の1モーター2クラッチ式ハイブリッドシステムになる見込みだ。
また、現行キャシュカイでは1.6Lがメインとなっている欧州仕様は、次期モデルでは1.2Lのダウンサイジングターボも検討されている。

過去記事(2013/01/21)

デュアリスがフルモデルチェンジでハイブリッド化の可能性、2013年夏発売見込み

デュアリス後継車の発売は2013年夏になる見込み

デュアリスのフルモデルチェンジが今年2013年夏頃に行われる見込みだ。日産はハイクロスコンセプトと名付けた次期デュアリスのコンセプトカーを2012年のジュネーブモーターショーで公開しており、そのフルモデルチェンジが近いことを予告していた。その後もデュアリス後継車の開発は順調に進んでいるようで、2014年頃と予測されていた発売時期は大幅に前倒しされたことになる。
(写真はハイクロスコンセプト)
次期デュアリス
デュアリス 2013
ハイクロスコンセプトで提示された前衛的なエクステリアデザインが次期デュアリスでまず注目されるポイントだろう。さらに、これに搭載されるパワートレインも興味深いものになりそうである。

(写真は現行デュアリス)
デュアリス

次期デュアリスに新型2.0Lハイブリッド搭載の噂

デュアリス欧州仕様(キャシュカイ)では小排気量ターボエンジンを搭載したバージョンが出ると考えられているが、日本仕様では2.0Lハイブリッドになる可能性が高いとされている。
現在、日産が市販化したハイブリッドシステムは2タイプある。フーガハイブリッド及びシーマに搭載されている1モーター2クラッチ式のV6 3.5L フルハイブリッドシステムと、S-HYBRIDと名付けられたセレナで採用されている2.0Lの簡易型ハイブリッドシステムである。さらに、次期ティアナから搭載が始まる直4 2.5L フルハイブリッドシステムも加わることになるだろう。
次期デュアリスはこれらとは異なる新開発の2.0L ハイブリッドシステムになる見込みだ。恐らくコンポーネンツの大部分は次期ティアナのハイブリッドシステムと共通化されるだろうが、同じ2.0LエンジンでもセレナハイブリッドのS-HYBRIDとは違う本格的なハイブリッドシステムになるのではと期待されている。

(写真は現行キャシュカイ欧州仕様)
キャシュカイ
欧州仕様では3列シート7人乗りのロングボディも設定されるが、日本仕様は現行デュアリス同様に5人乗りのショートボディのみの設定になるだろう。

デュアリスが2014年にフルモデルチェンジ、1.2Lターボ搭載

次期デュアリスの3列シート版か?日産がハイクロスコンセプトを発表

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先