ルーミー、タンク、トール、ジャスティ発売、新型スライドドア小型ワゴン車

ダイハツ開発生産、ルーミー、タンク、トール、ジャスティがソリオに対抗

トヨタ・ルーミー/タンク、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティの4つの姉妹モデルが2016年11月9日発売された。

(写真はトヨタ・ルーミー)
ルーミー

いずれのモデルもダイハツが開発・生産を行い、自社販売だけでなくトヨタ、スバルへも共通の完成車体がOEM供給されることになる。

ルーミー ボディサイズ

新型トールらのボディサイズは全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mm、ホイールベースは2490mmとなる。ライバルとなるスズキ・ソリオは全長3710mm×全幅1625mm×全高1745mm、ホイールベースは2480mmであり、これをほぼ踏襲している。トールらは全幅がやや拡げられ室内空間に余裕が与えられた印象だ。

(写真はトヨタ・タンク)
タンク タンク インテリア

新型トールは146万3400円から、1.0L NAと新開発1.0Lターボエンジンモデルが用意される

新型トールの車両価格は、消費税込みで146万3400円~185万7600円。上級のカスタムは177万1200~200万8800円に設定された。

(写真はダイハツ・トール)
トール トール リアコンビネーションランプ

OEMモデルについては、トヨタのルーミー/タンクはトールに準じたグレード・価格構成となる。

タンク シート

一方でスバルのジャスティについては廉価グレードが設定されず、衝突回避支援システム スマートアシストⅡが全車標準装備されるなどで、152万8200円~190万4040円。上級のカスタムは194万1840~213万8400円に設定された。

(写真はスバル・ジャスティ)
ジャスティ ジャスティ リアコンビネーションランプ

新開発のダウンサイジングターボエンジンとして、1KR-VET型1.0L直3ターボエンジンが初採用されたのもトピックである。最高出力98ps、最大トルク14.3kgfmというパフォーマンスでFFモデルのみが設定され、同エンジンを搭載するグレードのJC08モード燃費は21.8km/Lとなる。

(新開発1KR-VETエンジン)
1.0L ターボ エンジン ダイハツ

この他1.0L直3NAエンジンも用意され、最高出力69ps、最大トルク9.4kgfm。JC08モード燃費はFFモデルが24.6km/L、4WDモデルが22.0km/Lとなる。

関連するレポート

[ 2016/11/09 ]
#1 山田2016/11/11(Fri)00:04:49
ソリオが無駄のない優秀なデザインなのだなと強く感じるよ
似せない様にしたのかゴテゴテ感が否めないね

#2 匿名さん2016/11/11(Fri)00:11:55
ノーマルガソリンだと69ps&トルク9.4kgfmと非力そう・・・
ターボモデルだとシエンタGが買えるしデザイン含めちょっと微妙
#3 匿名さん2016/11/11(Fri)10:38:16
カメラでグリルが途切れてるのがダサイ…

名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.