car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ・タンク/ルーミー、スバル・ジャスティ、ダイハツ・トール11月9日発売

スライドドア装備コンパクトワゴン、タンク、ルーミー、ジャスティ、トール発売へ

新型コンパクトワゴン車がトヨタ、スバル、ダイハツの各ブランドから発売される。いずれもダイハツが開発、生産を担当し、トヨタとスバルにも車体がOEM供給される。

(写真はトヨタ・bB)
トヨタ bb

新型車は、これまでの3姉妹車トヨタ・bB、スバル・デックス、ダイハツ・COOを実質的に後継するモデルとなる。

トヨタからは販売チャンネルの違いでタンクとルーミーの2モデル、スバルはジャスティ、そして本家のダイハツからはトールとして、計4つの車名が設定される。

いずれのモデルも基本的に同一車体となり、フロントグリルに限り個別のデザインが与えられ差別化される。

従来型の3姉妹車との大きな違いは、リアドアがスライド式となっていることにある。このクラスで販売が好調なスズキ・ソリオを真似たというわけだが、やはり直接的なライバルとしてしのぎを削ることになるだろう。

(写真はソリオハイブリッド)
ソリオ ハイブリッド

タンク、ルーミー、ジャスティ、トールはソリオの対抗モデル、直3 1.0LのNAとターボを設定

タンク、ルーミー、ジャスティ、トールのボディサイズは全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mmということでソリオとほぼ同じ。

パワートレインは直3 1.0L NAガソリンがメインでJC08モード燃費は24.6km/L、車両価格は146万3400円からが予定されている。上級グレードでは直3 1.0L ターボが設定され、こちらは21.8km/Lで180万3600円からとなる。

(写真はスズキの1.2L ストロングハイブリッド)
スズキ ストロングハイブリッドシステム AGS

ライバルのソリオは現行の直4 1.2L NAガソリン、1.2Lマイルドハイブリッドに加えて、1.2Lストロングハイブリッドが2016年11月29日に発売予定となっており、対抗姿勢を強めている。

#1 匿名さん2016/10/26(Wed)20:26:49
(・∀・)
#2 匿名さん2016/10/28(Fri)13:41:18
こんにちは!
いよいよ11月に、トヨタ/ダイハツ/スバルの新型コンパクトカーが発表されますね!

俺はスバルのコンパクトカーが一番楽しみで、来年のお台場のイベントで展示した時に乗ってみたいです!
#3 南 祐斗2019/10/22(Tue)17:47:49ID:A5MDYyZTzO
来月でデビュー3年目
#4 匿名さん2019/10/22(Tue)23:21:30ID:I2ZTkzNTmM
その情報いらね。

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/09/14)

トヨタ新型ルーミーが11月9日発売予定、bB後継のコンパクトトールワゴン

ダイハツ開発生産の新型車が発売予定、スライドドア装備のソリオ対抗モデル

トヨタ・bB後継のコンパクトトールワゴン車が2016年11月9日に発売される見込みとなっている。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

開発および生産はダイハツが行うことになり、提携関係にあるトヨタ、スバルのブランドからも販売される。中でも販売台数が多くなるトヨタブランドから出される車名はルーミーになるという情報もある。

仮称ルーミーはパッソベース、新開発1.0Lターボエンジン搭載

このルーミーとされる新型車のボディサイズは全長3700mm×全幅1670mm×全高1740mmとなる見込み。リアドアは両側スライド式のコンパクトミニバンのスタイリングで、シート配列は2列5座であるから中は広々。リアシートのスライド幅が大きく設定されるなど、スズキ・ソリオの対抗モデルとしてポジショニングされる。これまでのソリオは有力な直接対抗となるモデルが存在せず一人勝ちであったが、ルーミーの参入でその状況は変わることになる。

(写真はスズキ・ソリオ)
ソリオ ハイブリッド

ルーミーのプラットフォームはダイハツ・ブーンおよびトヨタ・パッソと共通化される。エンジンは直3 1.0L NAに加えて、新開発ダウンサイジングターボエンジンの直3 1.0L ターボを投入予定。駆動方式はターボはFFのみの設定で、NAはパッソ/ブーンと同じくFFと4WDの両方が用意される。

(写真は現行パッソ)
トヨタ パッソ

FF車のJC08モード燃費は、NAが24.6km/L、ターボが21.8km/Lとなる見込み。ダウンサイジングターボエンジンは燃費性能が良いイメージだが、NAもターボも同排気量であれば当然ターボ車の方が悪くなる。