car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ルーミー、タンク、トール、ジャスティ発売、新型スライドドア小型ワゴン車

ダイハツ開発生産、ルーミー、タンク、トール、ジャスティがソリオに対抗

トヨタ・ルーミー/タンク、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティの4つの姉妹モデルが2016年11月9日発売された。

(写真はトヨタ・ルーミー)
ルーミー

いずれのモデルもダイハツが開発・生産を行い、自社販売だけでなくトヨタ、スバルへも共通の完成車体がOEM供給されることになる。

ルーミー ボディサイズ

新型トールらのボディサイズは全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mm、ホイールベースは2490mmとなる。ライバルとなるスズキ・ソリオは全長3710mm×全幅1625mm×全高1745mm、ホイールベースは2480mmであり、これをほぼ踏襲している。トールらは全幅がやや拡げられ室内空間に余裕が与えられた印象だ。

(写真はトヨタ・タンク)
タンク タンク インテリア

新型トールは146万3400円から、1.0L NAと新開発1.0Lターボエンジンモデルが用意される

新型トールの車両価格は、消費税込みで146万3400円~185万7600円。上級のカスタムは177万1200~200万8800円に設定された。

(写真はダイハツ・トール)
トール トール リアコンビネーションランプ

OEMモデルについては、トヨタのルーミー/タンクはトールに準じたグレード・価格構成となる。

タンク シート

一方でスバルのジャスティについては廉価グレードが設定されず、衝突回避支援システム スマートアシストⅡが全車標準装備されるなどで、152万8200円~190万4040円。上級のカスタムは194万1840~213万8400円に設定された。

(写真はスバル・ジャスティ)
ジャスティ ジャスティ リアコンビネーションランプ

新開発のダウンサイジングターボエンジンとして、1KR-VET型1.0L直3ターボエンジンが初採用されたのもトピックである。最高出力98ps、最大トルク14.3kgfmというパフォーマンスでFFモデルのみが設定され、同エンジンを搭載するグレードのJC08モード燃費は21.8km/Lとなる。

(新開発1KR-VETエンジン)
1.0L ターボ エンジン ダイハツ

この他1.0L直3NAエンジンも用意され、最高出力69ps、最大トルク9.4kgfm。JC08モード燃費はFFモデルが24.6km/L、4WDモデルが22.0km/Lとなる。

#1 山田2016/11/11(Fri)00:04:49
ソリオが無駄のない優秀なデザインなのだなと強く感じるよ
似せない様にしたのかゴテゴテ感が否めないね

#2 匿名さん2016/11/11(Fri)00:11:55
ノーマルガソリンだと69ps&トルク9.4kgfmと非力そう・・・
ターボモデルだとシエンタGが買えるしデザイン含めちょっと微妙
#3 匿名さん2016/11/11(Fri)10:38:16
カメラでグリルが途切れてるのがダサイ…

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/10/25)

トヨタ・タンク/ルーミー、スバル・ジャスティ、ダイハツ・トール11月9日発売

スライドドア装備コンパクトワゴン、タンク、ルーミー、ジャスティ、トール発売へ

新型コンパクトワゴン車がトヨタ、スバル、ダイハツの各ブランドから発売される。いずれもダイハツが開発、生産を担当し、トヨタとスバルにも車体がOEM供給される。

(写真はトヨタ・bB)
トヨタ bb

新型車は、これまでの3姉妹車トヨタ・bB、スバル・デックス、ダイハツ・COOを実質的に後継するモデルとなる。

トヨタからは販売チャンネルの違いでタンクとルーミーの2モデル、スバルはジャスティ、そして本家のダイハツからはトールとして、計4つの車名が設定される。

いずれのモデルも基本的に同一車体となり、フロントグリルに限り個別のデザインが与えられ差別化される。

従来型の3姉妹車との大きな違いは、リアドアがスライド式となっていることにある。このクラスで販売が好調なスズキ・ソリオを真似たというわけだが、やはり直接的なライバルとしてしのぎを削ることになるだろう。

(写真はソリオハイブリッド)
ソリオ ハイブリッド

タンク、ルーミー、ジャスティ、トールはソリオの対抗モデル、直3 1.0LのNAとターボを設定

タンク、ルーミー、ジャスティ、トールのボディサイズは全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mmということでソリオとほぼ同じ。

パワートレインは直3 1.0L NAガソリンがメインでJC08モード燃費は24.6km/L、車両価格は146万3400円からが予定されている。上級グレードでは直3 1.0L ターボが設定され、こちらは21.8km/Lで180万3600円からとなる。

(写真はスズキの1.2L ストロングハイブリッド)
スズキ ストロングハイブリッドシステム AGS

ライバルのソリオは現行の直4 1.2L NAガソリン、1.2Lマイルドハイブリッドに加えて、1.2Lストロングハイブリッドが2016年11月29日に発売予定となっており、対抗姿勢を強めている。