car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

東京モーターショーでホンダ新型レジェンドの公開を予想、イメージ一新

ホンダのフラグシップセダン、レジェンドが2017年10月にビッグマイナーチェンジされる予定となっている。

(写真は現行レジェンド)
レジェンド

現行レジェンドは2015年に発売されたモデル。販売期間はまだ2年半程度ではあるが、今回は新デザインを取り入れた大幅フェイスリフトが盛り込まれる可能性があり注目されている。

ホンダ レジェンド インテリア レジェンド 発売

新型レジェンドのフロントデザインは、アキュラTLXに近くなりそう

ホンダが海外向けに展開するプレミアムブランドのアキュラでは、レジェンド級のRLXシリーズ、インスパイア級のTLXシリーズがラインアップされている。これら2モデルはアキュラの上級セダンとして共通のデザインコンセプトが採用されてきたが、TLXシリーズは2017年にモデルチェンジを果たしフロントデザインが大きく変えられたばかりである。

(写真は新型アキュラTLX北米仕様)
アキュラ TLX

新型TLXはフロントのヘキサゴングリル形状が一新された。これはSUVモデルのMDXとも共通するもので、この意匠はRLXを含めたアキュラ全モデルへ波及することが予想される。いかにも北米モデルらしく仕上がっており、日本ウケは厳しいか。

新デザインがまだ公開されていないRLXであるが、これは日本向けレジェンドのビッグマイナーチェンジによって披露されることになるだろう。同時期に開催される東京モーターショーにおいて、ホンダ新型レジェンドとしての出品が予想され、これは北米や中国といったアキュラブランドが展開される地域では、新型RLXとして捉えられることになる。

#1 匿名さん2017/08/03(Thu)13:31:10
TLXのデザイン凄いな、ネットで叩かれまくってるカムリが普通に見えるよ。
#2 匿名さん2017/08/04(Fri)19:49:39
ヘッドライトのジュエルアイ気持ち悪いのよ。
あれ何とかして。普通にしてよ。
#3 匿名さん2017/08/04(Fri)21:35:57
いいクルマのような気はするが、おいくら?この値段出してホンダは無い、NSXは別格として
#4 匿名さん2017/08/05(Sat)12:54:06
実物は結構格好いいんだよな。あんまり見かけないからか、輸入車のような雰囲気がある。
新型でもう少し存在感が出れば欲しいな。

名前(任意)
コメント

車名

レジェンド

レジェンド

代表グレード

ハイブリッド EX

レジェンド

発売日

2019年10月

2015年1月

型式

DAA-KC2

DAA-KC2

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

5030

4995

全幅(mm)

1890

1890

全高(mm)

1480

1480

ホイールベース(mm)

2850

2850

トレッド 前(mm)/後(mm)

1630/1630

1630/1630

室内長(mm)

2080

2080

室内幅(mm)

1540

1540

室内高(mm)

1155

1155

車両重量(kg)

1990

1980

エンジン型式

JNB

シリンダー配列

V型6気筒

V型6気筒

排気量(cc)

3471

3471

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

89.0×93.0

×

最高出力

314ps(231kW)/6500rpm

314ps(231kW)/6500rpm

最大トルク

37.8kg・m(371N・m)/4700rpm

37.8kg・m(371N・m)/4700rpm

圧縮比

11.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

57

57

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.4

16.8

サスペンション(フロント)

ダブルウイッシュボーン式

ダブルウイッシュボーン式

サスペンション(リア)

ウイッシュボーン式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

245/40R19 94Y

245/40R19 94Y

タイヤサイズ(リア)

245/40R19 94Y

245/40R19 94Y

最小回転半径(m)

6.0

5.8

トランスミッション

7AT

7AT

駆動方式

フルタイム4WD

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

7,205,000円

6,800,000円

車名

レジェンド

レジェンド

代表グレード

レジェンド ユーロ S

レジェンド L

発売日

2008年9月

2008年9月

型式

DBA-KB2

DBA-KB2

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4985

4985

全幅(mm)

1845

1845

全高(mm)

1455

1455

ホイールベース(mm)

2800

2800

トレッド 前(mm)/後(mm)

1575/1585

1575/1585

室内長(mm)

2025

2025

室内幅(mm)

1515

1515

室内高(mm)

1185

1185

車両重量(kg)

1830

1840

エンジン型式

J37A

J37A

シリンダー配列

V型6気筒

V型6気筒

排気量(cc)

3664

3664

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

90.0×96.0

90.0×96.0

最高出力

309ps(227kW)/6300rpm

309ps(227kW)/6300rpm

最大トルク

37.7kg・m(370N・m)/5000rpm

37.7kg・m(370N・m)/5000rpm

圧縮比

11.2

11.2

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

73

73

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

8.3

8.3

サスペンション(フロント)

ダブルウイッシュボーン式

ダブルウイッシュボーン式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

245/45R18 96Y

235/50R17 96V

タイヤサイズ(リア)

245/45R18 96Y

235/50R17 96V

最小回転半径(m)

5.8

5.8

トランスミッション

5AT

5AT

駆動方式

フルタイム4WD

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

5,930,000円

6,050,000円

過去記事(2015/02/05)

ホンダ新型レジェンド画像、不具合発覚で発売日は2015年2月20日に延期

ホンダ新型レジェンドが発売延期、約10年ぶりのフルモデルチェンジ

新型レジェンドがホンダのフラグシップセダンとして昨年2014年11月10日にフルモデルチェンジ発表された。

(写真は新型レジェンド)
レジェンド

当初2014年12月15日であった発売予定日は1月22日に延期されていたが、これが2月20日に再度延期された。

レジェンド 新型 レジェンド 発売

発売延期の理由としては複数箇所の問題があるようだ。新型レジェンドは北米市場ではアキュラRLXのネームで先行して販売されているが、まずはそのLEDヘッドライトにおいて不具合が発覚しリコール処理されたばかりであった。

また安全運転支援システムのホンダ センシングにおいても検証項目が新たに発生したとのこと。

レジェンド リアシート ホンダ レジェンド インテリア

さらにデュアルクラッチトランスミッション(DCT)に関する問題も発覚したとされている。ホンダのDCTに関する不具合は、約一年ほど前にフィットハイブリッドおよびヴェゼルハイブリッドにおいてリコールが相次いだことが、まだ記憶に新しい。もちろんレジェンドに搭載されるのは別タイプのパワートレインとなるが、ここでも同様にトラブルがあるとすれば印象は良くないだろう。

新型レジェンドの納車は遅れる、3.5L V6 SPORT HYBRID SH-AWD搭載

新型レジェンドは、前モデルの生産停止から約2年半ぶりの復活ラインアップということもあり、既に1000台近い受注を得ている。

ホンダ レジェンド フロントグリル

3.5L V6 SOHC i-VTEC直噴ガソリンエンジンをメインユニットとし、リアドライブを左右独立のモーター駆動としたSPORT HYBRID SH-AWDを採用。7速DCTユニット内のモーターを含めた3モーター式ハイブリッドとなる。複雑な機構ゆえに生産台数も限られており、今からのオーダーでは納車まで時間がかかりそうだ。

過去記事(2014/09/14)

ホンダ・レジェンド2014年12月に復活か、SPORT HYBRID SH-AWD搭載

次期レジェンドが復活、アキュラRLX SPORT HYBRID SH-AWDが北米販売

ホンダのレジェンドが2014年12月にも復活する見通しとなった。

(写真はアキュラRLX)
RLX

レジェンドはホンダのフラッグシップセダンとして販売されていたが、2012年の販売終了以降は後継モデルの設定が無かった。一方でホンダは北米を中心とする海外市場で高級車ブランドのアキュラを展開しており、そこでは2012年11月に新型RLXとして、かつてのRXを後継する新型セダンが発表された。このRLXこそがレジェンドを後継するモデルとなる。

ホンダ新型レジェンド RLX RLX レジェンド

アキュラRLXは、V6 3.5L SOHC i-VTEC直噴エンジンと6速ATの組み合わせによるFF駆動モデルが先行してデビュー。その後、SPORT HYBRID SH-AWD搭載モデルが2014年8月に追加発売された。レジェンド後継としての日本発売が2年も遅れたのは、このハイブリッドモデルの登場を待っていたというわけだ。

レジェンドに搭載されるのはV6 3モーターハイブリッド システム最高出力382ps

次期レジェンドに搭載されるSPORT HYBRID SH-AWDは、V6 3.5Lの直噴エンジンと1基のモーターアシストがフロントドライブを担当。トランスミッションは7速DCTとなる。リアドライブは左右独立制御される2基のインホイールモーターによって行われる。計3基のモーターによるV6ハイブリッドシステムになり、システム最高出力は377hp(382ps)を誇る。

次期レジェンド アキュラRLX 北米モデル レジェンド アキュラRLX

次期レジェンドの生産はホンダ埼玉製作所で行われる計画となっている。ちなみにアキュラRLX SPORT HYBRID SH-AWDは米国価格で5万9950ドル(日本円換算約643万円)からの車両価格が設定されている。

過去記事(2014/05/29)

ホンダ・レジェンド復活計画、北米アキュラRLXをベースに2014年内の発売予測

ホンダのレジェンドが復活、アキュラRLXをベースに日本発売される見込み

ホンダのレジェンドが、2014年内にフルモデルチェンジを受けて復活する見通しとなっている。

(写真はアキュラRLX、北京モーターショー2014)
RLX

ホンダの日本国内向け現行セダン車で最上級に位置するのは、2013年にフルモデルチェンジデビューしたアコードハイブリッドとなっている。フラグシップセダンとして長年役目を果たしてきたレジェンドは2012年に販売を終えており、これを引き継ぐ後継車種が設定されない状態が続いている。

RLX レジェンド

一方でホンダが北米をメインとする海外市場向け上級ブランドのアキュラでは、日本のレジェンドに対応するフラグシップセダンとしてRLシリーズがラインアップしていた。そしてRLシリーズは2013年のフルモデルチェンジでRLXシリーズと改めている。

レジェンド アキュラRLX

次期レジェンドはこのアキュラRLXをベースにしたモデルとなる。エクステリアおよびインテリアデザインについてもこれら2車種は共通化されると予想される。

ホンダ新型レジェンド RLX

次期レジェンドはSport Hybrid SH-AWDを搭載、トランスミッションは7速DCT

次期レジェンドに搭載されるパワートレインはSport Hybrid SH-AWDと名付けられた3モーター式のハイブリッドシステムとなる。最高出力314ps、最大トルク37.6kgmを発生するV6 3.5LのSOHCエンジンに48psのアシストモーター1基が備わったシステムがフロントドライブを担当する。リアドライブは左右独立制御による37psのモーター2基によって行われ、フロントエンジンからのトルクを伝えるプロペラシャフトは持たない。コーナリング時は後輪の左右トルク配分をコントロールすることで、優れた路面追従性能が与えられる。

また、トランスミッションとしては7速DCTが採用され、素速くスポーティなシフトチェンジが可能となる。

過去記事(2013/05/15)

次期レジェンドは来春発表の見込み、SH-AWD搭載、ボディサイズ大幅拡大

レジェンド後継モデルアキュラRLXが既に北米で販売

ホンダのフラグシップセダン、レジェンドがフルモデルチェンジし、2014年春頃にはラインアップに復活することになりそうだ。
次期レジェンド アキュラRLX
写真はアキュラRLX北米仕様。V6 3.5L直噴ガソリンエンジン搭載で最高出力310ps、最大トルク37.6kgmというスペック。気筒停止システムが採用され、高速巡航時などエンジン負荷の低い局面では3気筒モードに切り替わる。組み合わさるトランスミッションはパドルシフト6ATで、スポーツ、コンフォートの各モードを備える。車両価格は4万8450ドルからで、1ドル101円換算で約489万円ということだ。
レジェンド後継 アキュラRLX
次期レジェンドとして日本に導入されるモデルは北米とは異なり、ハイブリッド専用車となる見込み。駆動方式にはSH-AWDが採用され、後輪における動力配分を左右独立に制御するシステムが採用される。これによりコーナリング時の路面追従性が大幅に向上することが期待され、これは次期NSXにも搭載予定のシステムである。最新の上級パワートレインが標準装備されることから、価格は北米仕様より相当高くなると思われる。
次期レジェンド アキュラRLX 北米モデル

次期レジェンドはボディサイズアップながらも軽量化

新型RLXのボディサイズは全長4982mm×全幅1890mm×全高1465mm、ホイールベースは2850mmで、次期レジェンドについてもほぼ同じになる見込み。これは既に販売停止となった先代レジェンドと比較すると、全長+90mm、全幅+43mm、全高+10mm、ホイールベース+50mmと大幅に拡大したことになる。特にリアシートレッグスペースの拡大は+82mmとなっており、アキュラブランドがこれからシェアを伸ばしていきたい中国市場での需要を意識したものではないかと思われる。日欧ではボディのダウンサイジング化が定着しつつあるが、これとは全く逆のトレンドだ。ただし、車体重量は先代比で50kgのウェイトダウンを達成しており、最新の軽量化技術が導入されている。

過去記事(2012/12/02)

レジェンド後継車のアキュラRLXがロサンゼルスオートショー2012で公開中

北米版次期レジェンド、新型アキュラRLXが発表

2012年11月28日から開催されているロサンゼルスオートショーにて、レジェンド後継車に相当する新型アキュラRLXの量産モデルが公開された。
これまでアキュラRLと名乗ってきた北米ホンダのフラグシップセダンは、今回からアキュラRLXと改名しフルモデルチェンジすることになる。
米国での発売時期は、2013年春頃になると発表されている。
レジェンド 2013
この新型アキュラRLXのエクステリアデザインは、これまで公開されてきたRLXコンセプトを踏襲するものとなっている。
リアコンビネーションランプ内のストップランプはコの字に形どられたLEDのラインでできている。フラグシップのレジェンドに、ホンダの新型軽自動車N ONEに近いアイデンティティが与えられているのも面白いところだ。
レジェンド アキュラRLX

次期レジェンドはSH-AWDのみになる可能性、アキュラRLX先行モデルはFF 3.5L V6

まずは、北米で発売されることになったレジェンド後継車のアキュラRLX。初期モデルで搭載されるエンジンとしては、FFの3.5L 直噴SOHC i-VTEC V型6気筒が採用される。旧モデルのアキュラRLに対し、排気量200ccのダウンサイジングとなるが、燃費性能が優れることはさることながら、出力パフォーマンスについても最高310psと同等以上を確保している。

この他に、後追いで発売されるSH-AWDモデルも注目が高い。電気モーターを内蔵したハイブリッド3.5L V6ユニットに加え、リアには左右独立にコントロールできる電気モーターを配備。高度な後輪制御により路面との追従性を高めたシステムになる。こちらは2013年末頃の発売を目処に準備が進められている。

日本仕様では、次期レジェンドとして販売されることになっており、SH-AWDモデルのみがラインアップする可能性が高いだろう。この日本版新型レジェンドの発売時期は2014年頃とされている。

過去記事(2012/04/05)

次期レジェンドのアキュラRLXコンセプトをホンダが発表

レジェンド後継、新型アキュラRLは2013年発売予定

ホンダは2012年4月6日から15日まで一般公開されるニューヨークオートショーにて、RLXコンセプトを世界初公開した。

このRLXコンセプトは、フルモデルチェンジした新型アキュラRLとして北米市場で市販化される。実質的にはレジェンドの後継車種ということになるが、残念なことに日本ではレジェンドの車名は現行モデルを以ってカタログ落ちする。
レジェンド後継 アキュラRLXコンセプト

レジェンドのSH-AWDは、更に進化

新型アキュラRLは、大きく分けてFFモデルとAWDモデルの2タイプがラインアップされる。
ホンダは、RXLコンセプトの市販化時期について、2013年初頭と発表している。しかし、この時期に発売されるのは、FFモデルのみになる可能性が高い。

FFモデルに搭載されるのは、新開発のV6 3.5Lエンジンで、現行の3.7Lと比較すればダウンサイジングを受けることになる。ただし、直噴化と新型VTEC、さらに気筒休止システムのVCMが採用され、燃費が優れるのはもちろんのこと、最高出力は310psを発揮。現行3.7Lエンジンの309psという出力水準は上回ってくる見込みだ。
次期レジェンド アキュラRL
そして、先行発売のFFモデル以上に注目されているのがAWDモデル。
現行レジェンドに搭載されているSH-AWDをより進化させたものが採用される。左右後輪にそれぞれ独立した電気モーターが備わることで、これまでのSH-AWDシステム以上に繊細な後輪コントロールが可能になる。電気モーターはこの他に、フロントのV6エンジン本体にも装備され、システムトータルとしては、V6 3.5L+フロントモーター+リア2モーターの構成になる。このシステムの最高出力は、370psを超えるものになると発表されている。
つまり、レジェンド後継である次期アキュラRLは、ハイブリッドエンジン搭載ということになる。低速域では後輪駆動力のみを使ったEV走行、アクセルを踏み込めばV6ユニットの力強いトルクが加わり、高速域では後輪のモーターアシストが切り離されるといった制御も行われる。モーター駆動用バッテリーとしては、リチウムイオン電池が採用される。
次期アキュラRLのAWDモデルの発売時期は、FFモデル発売から約1年後の2013年末から2014年初頭あたりになる可能性が高い。