car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキも燃費不正、ほぼ全車種が対象、JC08モード燃費変更なしで販売継続

スズキ国内販売モデルのほぼ全てが不正の対象、鈴木修会長ら謝罪

スズキは、JC08モード燃費表記が法令で定められた方法で算出したものではなかったとして、2016年5月18日に謝罪をした。

スズキ

対象車種は登録車ではソリオ、イグニス、バレーノ、SX4 S-CROSS、スイフト、エスクード2.4、エスクード、ジムニーシエラ。軽自動車では、アルト、アルト ラパン、ワゴンR、ハスラー、スペーシア、エブリイ、キャリイ、ジムニーとなる。これらは、他社から車体供給されるOEMモデルを除く全ての国内向け車種ということになる。

ソリオ ハイブリッド

JC08モード燃費に変わりは無しで従来通り販売は継続、業績への影響は限定的か

いわゆるカタログ燃費と呼ばれるJC08モード燃費は、走行時に車体が受ける空気抵抗を主とする走行抵抗を差し引いて求められる。この走行抵抗は、テスト走行から得られる実測値であることが法令によって定められている。しかしスズキでは、開発時に使用していた各パーツごとの抵抗値より導き出されたもので、実測値が使われていなかった。

ワゴンR 2015

この理由としては、テストコースが風の影響を受けやすい場所にあり、実測で走行抵抗を出すのが困難であったとしている。

スズキが不正な手段で出した走行抵抗は、燃費性能を実際よりも良く見せようとした意図はなく、実測値ではないものの実測値とほぼ変わりがないとしている。このためJC08モード燃費の表記に変更はなく、販売も従来通り続けるとのこと。

今後は防風壁の設置などでテストコースを改良し、法令通りの測定方法を実施するとしている。

バレーノ ジュネーブ2016

また、海外向け車種については、JC08モードとは異なる現地の指定された燃費表記となるため影響がないとした。スズキのビジネスは、今やインド市場など海外が主力となっているから、株主などに向けてこのあたりも強調された。

#1 トトロ2016/06/01(Wed)05:45:22
今年の4月末からソリオに乗り換えました。
jco燃費は、実際には2割〜3割減が実走行燃費だと、ネットで調べていたのですが、
上記の数字よりは3〜4km多い結果が出ています
カタログ23.8km/L☞実走行燃費19.8km/Lでした。
3年前に購入した、エブリイワゴンの燃費には腹立たしさを覚えていますが
#2 匿名さん2018/03/25(Sun)23:50:37ID:k3NTBmMGWZ
すっかり影が薄くなった感
#3 匿名さん2018/03/25(Sun)23:55:36ID:QzZWFkMzjO
VWに惨めに捨てられてしまった
スズキにしては超痛手
#4 匿名さん2018/03/26(Mon)14:57:42ID:Y3ZmVjZDzN
XBEEに持ってかれてしまったか

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/04/16)

スズキ新型イグニス、目標を何とか上回る販売台数、マイルドハイブリッド搭載

イグニスの初期販売が目標を達成、AセグメントSUVは日本市場で生き残れるか?

新型イグニスはスズキが2月に発売したAセグメントのクロスオーバーSUV。その販売台数のデータが上がってきており、2016年2月は2089台、同3月は2215台となった。

(写真は新型イグニス、東京モーターショー2015)
イグニス

新型イグニスはグローバル車種ではあるが、昨年の東京モーターショーでワールドプレミアされただけあって、日本も主力市場の一つとして考えられたモデルである。インドから逆輸入販売されるバレーノと違い、イグニスは国産車となっている。

スズキ新型イグニス スズキ イグニス

ただし、その販売台数は月間2000台を上回る水準となった。発売初期については、ひとまず目標の1500台を達成したものの、今後もこのレベルを維持できるかは非常に疑問だ。これまであまり手がつけられていなかったジャンルの車種だけに苦戦を強いられることが予想される。

イグニス インテリア

新型イグニスはマイルドハイブリッド搭載、Aセグメント車としては割高な価格設定

イグニスは全車ハイブリッドの設定になっていることもポイントの一つである。ただし、マイルドハイブリッドであることからJC08モード燃費は28.8km/Lと控えめ。今月4月に発売されたAセグメントのトヨタ・パッソが1.0L NAエンジン搭載で28.0km/Lであるから、これと大差ない状況となっている。

イグニス トランクルーム イグニス リアシート

また、ハイブリッドシステム搭載による高めの車両価格も購入のハードルとなっているだろう。138万2400円からというイグニスの車両価格は、パッソの115万0200円と比較しても割高感が否めない。今後、低価格な1.0Lモデルが追加発売してくれれば、販売のテコ入れとなりそうだが。

過去記事(2016/01/22)

スズキが新型イグニスの車両価格とスペックを発表、ハイブリッド専用SUV

イグニスは138万2400円からのハイブリッドSUV、2月正式発売

スズキの新型イグニスが2月18日に発売日を迎える予定となり正式に発表された。

(写真は新型イグニス、東京モーターショー2015)
イグニス イグニス スズキ

新型イグニスは昨年秋に開催された東京モーターショー2015で出品されていたモデル。そのボディサイズは全長3700mm×全幅1660mm×全高1595mm、ホイールベースは2435mmということで、AセグメントのクロスオーバーSUVに属する車種となる。

スズキ イグニス スズキ新型イグニス

イグニスはマイルドハイブリッド搭載、JC08モード燃費は28.8km/L

新型イグニスに搭載されるパワートレインは直4 1.2Lの簡易型ハイブリッドシステムのみが設定され、ハイブリッド専用車ということになる。エンジンの最高出力は91ps、最大トルクは12.0kgfm、そしてモーターの最高出力は3.1psと小さい。つまりソリオハイブリッドと同タイプのシステムということになる。トランスミッションとしてはCVTが採用される。

イグニス 東京モーターショー2015 イグニス インテリア

イグニスのJC08モード燃費はFF車で28.8km/L、4WD車で25.4km/Lを達成する。グレードはHYBRID MG、HYBRID MX、HYBRID MZの3種類。車両価格は138万2400円からとなる。

イグニス リアシート イグニス トランクルーム

Aセグメントカーということで車内は狭い。しかし、おしゃれなクロスオーバーSUVでハイブリッドエンジン搭載。そして安い車両価格が設定された。さらにステレオカメラ式の安全運転支援システムの装備も可能ということでトータルでは非常に魅力的な商品に仕上げてきた印象だ。なぜこれをBセグメントでやってくれなかったのかと改めて思うが、インドや東欧地域での販売も考慮するとこれがベストなサイズなのだろう。

過去記事(2016/01/03)

スズキ新型イグニスに早くも派生車、ウォーターアクティビティーコンセプト

イグニス ウォーターアクティビティーコンセプトの発表で、SUVイメージを強調

昨年の東京モーターショー2015で発表されたスズキの新型イグニスに早くも派生コンセプトモデルが登場することになった。2016年1月15日~17日に開催される東京オートサロン2016でイグニス ウォーターアクティビティーコンセプトの出品が予告されている。

(写真はイグニス ウォーターアクティビティーコンセプト)
イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト

イグニスはコンパクトクロスオーバーSUVのカテゴリに位置付けられるモデル。まさにウォーターアクティビティーコンセプトのような使い方を想定していたファンもきっといるだろう。そういった意味では意外性は少ないのだが、発売前ということで正攻法でプロモーションをかけてきた印象である。内装カラーはオレンジとカーキということで、市販化されれば人気色となりそうだ。

(写真は新型イグニス)
イグニス スズキ イグニス

新型イグニスが軽自動車勢に勝つには、バーゲンプライスが必要

新型イグニスについては、現在のところ発売日も車両価格も未定となっている。東京モーターショーでの発表以降、イグニスの大ヒットを予想する声もあるが、車両価格が相当安く設定されない限りセールスの成功は難しいのではないだろうか。イグニスはあくまでもAセグメントカーであり、すく下に税制優遇の大きい軽自動車勢がいるとなれば分が悪い。スズキはイグニスを国内生産する計画でいるが、むしろBセグメントのバレーノを国内生産し、イグニスはインド生産でもよかったのではないかとも思える。

(写真はバレーノ)
スズキ バレーノ

東京オートサロンでは、スズキはこの他にハスラー ラフロードスタイル、アルト ワークス GPの2モデルを出品予定となっている。

(写真はハスラー ラフロードスタイル)
ハスラー ラフロードスタイル

(写真はアルト ワークス GP)
アルトワークスGP

過去記事(2015/12/14)

スズキ新型イグニスの発売は2016年1月、AセグメントクロスオーバーSUV

スズキ・イグニスが発売予定、スイフト後継は別モデルが開発中

スズキ新型イグニスが2016年1月に発売される見込みとなっている。

(写真は新型イグニス、東京モーターショー2015)
イグニス

イグニスは新型の小型クロスオーバーSUVとして、既に市販型が東京モーターショー2015で発表されていた。

イグニス 東京モーターショー2015 イグニス スズキ

全長3700mm×全幅1660mm×全高1595mm、ホイールベースは2435mmといったコンパクトなボディサイズが与えられ、AセグメントクロスオーバーSUVのカテゴリにポジショニングされる。

スズキ イグニス イグニス トランクルーム

新型イグニスはスイフトとボディサイズが近いことからスイフトの後継モデルという見方もあった。しかしこれは誤りで、スイフトは2016年内のフルモデルチェンジが計画されており、このイグニスとは別に次期モデルが開発中となっている。スズキの全長4m未満の登録車は、イグニス、ソリオ、スイフト、バレーノの4車種がニューモデルとしてラインアップされることになる。

イグニス インテリア イグニス リアシート

新型イグニスは日本生産モデル、ライバルは同じスズキのハスラー

新型イグニスの前身となるiM-4コンセプトは2015年のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされており、イグニスは欧州でも販売されることになる。そういったことからイグニスはハンガリーのマジャールスズキからの輸入販売になるかと思いきや、日本市場向けのイグニスは国内生産になるとのこと。静岡県の相良工場で製造され、日本市場で積極的に販売されることになるだろう。

ハスラー

軽自動車と競合するAセグメントというカテゴリは販売台数を伸ばすのが難しい。スズキは軽SUVとしてハスラーの販売が好調となっており、イグニスのライバルとなりそうだ。

過去記事(2015/11/05)

スズキ新型イグニスがワールドプレミア、東京モーターショー2015画像

新型イグニス、スズキがAセグメントクロスオーバーSUVを市場投入

スズキは新型イグニス市販型のワールドプレミアを東京モーターショー2015で行った。

(写真は新型イグニス)
イグニス

新型イグニスはAセグメントクラスのクロスオーバーSUV。2015年3月に開催されたジュネーブモーターショーでは、新型イグニスの前身となるiM-4コンセプトが発表されていたが、早くも市販型の公開に至った。

イグニス 東京モーターショー2015 スズキ イグニス

新型イグニスのボディサイズは全長3700mm×全幅1660mm×全高1595mm、ホイールベースは2435mmとなった。小型車を中心にラインアップするスズキでは、この新型イグニスとボディサイズが近い車種が複数存在する。比較されやすいのが全長3850mmのスイフト、全長3995mmの新型バレーノであるが、新型イグニスは最も全長が短いだけでなく全幅も小さく、小回りが効く設計となっている。

スズキ新型イグニス イグニス インテリア

新型イグニスは小さなボディながらも全高は高く設定され、居住性が確保されている。クロスオーバーSUVモデルということで180mmの最低地上高が与えられている。

イグニス トランクルーム イグニス リアシート

やはりAセグメントカーだけあってラゲッジの寸法は小さい。リアシートは可倒式かつスライド式となっており、いくらかの調節は可能だ。

イグニスは国内生産車種、リーズナブルな価格で販売台数が多くなることが期待される

新型イグニスは日本で生産される。バレーノがインドのマルチスズキ、SX4 S-CROSSがハンガリーのマジャールスズキと海外工場からの輸入販売が増えてきているスズキのラインアップであるが、このイグニスに関しては国内生産。ゆえに国内市場で競争力を持った価格設定が与えられ販売台数が多くなることが見込まれる。

(写真はバレーノ)
スズキ バレーノ

また、新型イグニスおよび新型バレーノの登場により、2010年デビューの現行スイフトの販売が終了するのではとも予想されたが、スイフトの販売はしばらく継続されるとのこと。

(写真はスイフト)
スイフト

今回の東京モーターショー2015でも現行スイフトが出展された。

過去記事(2015/10/31)

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(前編)

東京モーターショー2015、マツダ、日産、メルセデスベンツ、ホンダ、スズキ

東京モーターショー2015が10月30日(金)~11月8日(日)の日程で開催中となっている。見逃せない主要モデルをリストアップ。

前編:マツダ、日産、メルセデスベンツ、ホンダ、スズキはこのページ
後編:三菱、レクサス、スバル、ダイハツ、トヨタはリンク先へ

マツダ

まずは西棟1Fの1・2ホールから。マツダではRX-VISIONがメインモデルとなる。RX-8後継のロータリーエンジン搭載モデルを予告するコンセプトカーということで、RX-9としての市販化が待望される。これを見るために東京モーターショーへ訪れたというファンも多いはずだ。

(写真はマツダ・RX-VISION)
マツダ RX-VISION

日産

日産ブースでは、次期ジュークコンセプトとも言われるGRIPZが主力モデルの一つとなる。他に自動運転車のIDSコンセプト、無地インテリアに映像を映し出すTEATRO for DAYZ、ゲームのCONCEPT 2020 VISION GRANTURISMOもあるが、混雑の中あまり時間を割いて見るほどの内容ではないかも。インフィニティQ30やスカイラインクーペが出展されず残念。

(写真は日産・GRIPZ)
日産GRIPZ

(写真は日産・IDSコンセプト)
IDSコンセプト

メルセデスベンツ

長い通路を通り東棟1・2・3ホールへ。メルセデスベンツが東京モーターショー向けにコンセプトカー1台をワールドプレミアさせている。

(写真はメルセデスベンツ・Vision Tokyo)
VISION TOKYO

ホンダ

お隣のホンダでは、燃料電池車CLARITY FUEL CELLの市販モデルがワールドプレミアとなる。NSX、シビックタイプRもそれぞれ市販型が日本初公開となる。

(写真はホンダ・クラリティFUEL CELL)
クラリティ燃料電池車

(写真はホンダ・NSX)
NSX 東京モーターショー2015

(写真はホンダ・シビックタイプR)
シビックタイプR

スズキ

今回のスズキはかなり意欲的。市販型ニューモデルとして、AセグメントクロスオーバーSUVのイグニス、Bセグメントハッチバックのバレーノ、BセグメントクロスオーバーSUVのエスクードを公開。ステージ上にはワールドプレミアのコンセプトカーとして3車種が飾られる。さらに5MTターボのアルトワークスも市販確定ということで見どころ満載となった。

(写真はスズキ・イグニス)
イグニス

(写真はスズキ・バレーノ)
バレーノ

(写真はスズキ・エスクード)
新型エスクード

(写真はスズキ・マイティデッキ コンセプト)
マイティデッキ コンセプト

(写真はスズキ・アルトワークス)
スズキ アルトワークス

通路を挟んで向かいの東棟3・4・5ホールへ(後編:三菱、レクサス、スバル、ダイハツ、トヨタ

過去記事(2015/10/09)

新型イグニス IGNIS、スズキiM-4市販型が東京モーターショーで発表予定

新型イグニス、スズキがAセグメントSUVを日本発売予定、iM-4コンセプト市販化

新型イグニス(IGNIS)が東京モーターショー2015で発表される。スズキはiM-4コンセプトを3月に開催されたジュネーブモーターショー2015で欧州市場に向けて発表していた。新型イグニスはこのiM-4コンセプトの市販型ということになる。

(写真はiM-4コンセプト、ジュネーブモーターショー2015)
iM-4 コンセプト 新型イグニス

新型イグニスの前身となるiM-4コンセプトはAセグメントサイズのクロスオーバーSUVであった。

iM-4 新型イグニス ヘッドライト iM-4 コンセプト スズキ 新型イグニス

フロントデザインはコンパクトカーらしく愛嬌のある表情が与えれているが、リアビューはアルトターボRSのようなスポーティーな仕上がりとなっている。

スズキ iM-4 コンセプト 新型イグニス

新型イグニスは次期エスクードとハスラーの間にポジショニングされる

スズキのコンパクトクロスオーバーSUVは、CセグメントのSX4-CROSSがラインアップされており、さらにBセグメントの欧州ビターラがエスクード ノマドとして日本発売される見込みとなっている。さらに下には軽自動車のハスラーが置かれている。

(写真は欧州ビターラ、エスクード ノマド)
エスクード ビターラ

次期エスクードとハスラーの間となるAセグメントSUVのポジションに新型イグニスが追加されることになる。

(写真はハスラー)
ハスラークーペ コンセプト

新型イグニスは新型ソリオの最新プラットフォームがベースとなる。搭載されるエンジンは2タイプが予想され、まずは1.2Lのデュアルジエット、そして1.2Lハイブリッドもラインアップされるだろう。

iM-4 コンセプト 新型イグニス

新型イグニスの発売時期は2016年秋頃が予想される。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先