car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

グレイスが販売不振、フィット同様のマイナーモデルチェンジを実施

ホンダのコンパクトセダン、グレイスのマイナーモデルチェンジが2017年7月に予定されている。

(写真は新型グレイス)
グレイス フロントグリル

ホンダは新興国市場向けに、フィットをベースに開発したコンパクトセダンのシティを販売してきた。このシティが2014年にフルモデルチェンジを受けて、このタイミングで日本でも車名をグレイスに変えて発売された経緯を持つ。新興国向けのコンパクトセダンを日本導入する動きは、高齢化とともにシニア層のセダン回帰が期待されるなかで起こった。ただし、こうしたセダン回帰は目立って起こっておらず、シニア層はむしろ軽自動車を選択した印象が強い。

グレイス ホンダ

そんななかグレイスの販売は一言に不振とも言える状況となっているが、共通プラットフォームのフィットが2017年6月28日にマイナーモデルチェンジを受けることになっており、これと同様の改良が盛り込まれることになる。

(写真は現行グレイス)
グレイス

新型グレイスはホンダセンシング採用で商品力アップ、燃費性能も改善

新型グレイスは、ミリ波レーダーと単眼カメラによる安全運転支援システムのホンダセンシングの導入が大きな改良点の一つとなる。前述の通り、グレイスはシニア世代を意識した商品であるから、この点は販売の面でもいくらかのメリットとなるはずだ。

(ホンダセンシング)
オデッセイ センシング

またパワートレインはハイブリッドとガソリンともにブラッシュアップがかけられるということで、JC08モード燃費の向上が予想される。足回りにも手が加えられ、セダンならではの乗り心地の良さも改善される。

#1 匿名さん2017/06/01(Thu)14:59:10
販売不振は現行デザインの問題の様な気がするけど。華がなさすぎる。
#2 匿名さん2017/06/01(Thu)17:20:09
プロポーションがミニバンっぽい。アクシオの方がセダンらしい形。
#3 匿名さん2017/06/01(Thu)19:07:36
ホンダの車ってみんな腰高に見えるんだよな
#4 匿名さん2017/06/01(Thu)21:14:26
やはりマニュアルやパドルシフト等出していかないとやな。
#5 匿名さん2017/06/01(Thu)22:03:07
各メーカーの小型セダンって売る気が感じられん
とりあえず年寄り向けにラインナップしておきますって感じ
何か尖ったアピールが無いと見向きもされないよ
懐古趣味的なパイクカー要素を盛り込むとかさ
#6 匿名さん2017/06/02(Fri)01:07:32
マイクロセダンの需要は小さいからな。
今の高齢者は気持ちが若いからコペンのようなモデルが受けているんだよ。
フィットベースの
小型オープンスポーツ  4人乗り
タイで売っているBRVだったけ?
これらを提案したいな。
ps.S1000はどうしたの?
#7 匿名さん2017/06/02(Fri)10:54:20
しらねーよ
#8 匿名さん2017/06/02(Fri)20:28:51
S1000なんて自動車雑誌の妄想だろ
#9 匿名さん2017/06/03(Sat)01:05:25
CRZが廃盤になるから、可能性は0%ではないと思う。
少なくても来年以降だろう…ホンダの計画は見直しも多いし、焦って出してリコールした過去もあるしな。
#10 匿名さん2017/06/03(Sat)12:40:11
街中で見る限り、徐々にタマ数が増えてるように俺には思えたけどな・・・でも現実は売れてないんだな。

俺はジジイじゃないけど、営業車に間違われそうなラティオ、クジラグリルのアクシオは嫌だから、むしろグレイスは貴重な車種と思ってるんだけどなー。
#11 匿名さん2017/06/03(Sat)15:36:04
それでもこのクラスでアクシオに次いで売れてるのはグレイス
・・・と言っても他にはラティオぐらいしかないけど。
カローラもフィールダーとそれぞれ法人販売を別計算としたら、アクシオだけの個人所有台数は似たようなものらしいが。
#12 匿名さん2017/06/03(Sat)19:25:21
ラティオは廃止されました…
次期カローラも日本専用の5ナンバーはなくなると言われてるし
いよいよ5ナンバーセダンは消滅しそう
#13 匿名さん2017/06/04(Sun)10:23:58
なおさらグレイスが貴重になるな。まあ、続けるコトが大事ですよ。
#14 匿名さん2017/06/05(Mon)19:19:47
グリルはデザインがひどいが、後ろから観たフォルムはカッコいいと普通に思っちゃったけどね。ホンダセンシング乗るんなら還暦すぎた親に買ってやろうか真剣に考えてるわ
#15 匿名さん2017/06/10(Sat)16:44:38
※14
親孝行で偉いな
感心するよ
5ナンバー維持して形も結構好きだし(私が欲しい車ではないですけどね)、カローラが3ナンバーになるならこれはしっかり育てていってほしいね
新型シビックセダンも流れるようなデザインで非常にカッコイイですが、300万する3ナンバーセダンが「シビック」の名前では、世のオジサンは見栄もはれないので買われないでしょうね。
日本人がイメージするシティとは全然違うのでグレイスにしたように、日本人がイメージするシビックではないので、セダンに関しては名前をトルネオとかラファーガとかビガーとかイノーヴァとかの中型ミドルセダンの名前を与えるべきだったと思いますね。
いい車だけに名前だけが違和感アリアリで新型シビックは非常に勿体ない。
#16 匿名さん2017/06/11(Sun)00:53:02
えっ!未だカタログ落ちしないんだぁ…
#17 匿名さん2017/06/13(Tue)22:03:30
カタログ落ちされては困る。
貴重な5ナンバーセダンなんだから。

というか、ホンダはセダン部門に力を入れていく方向じゃなかったっけ?
#18 匿名さん2017/06/14(Wed)22:51:08
グレイスは存続してもらわないと!
インサイトの生産終了しているのだからな!
数少ない5ナンバーセダン。
立体駐車場と商用車の味方だぜ!
#19 匿名さん2017/06/17(Sat)00:17:48
そういやアリオン/プレミオもまだ5ナンバーなんだな
でもカローラが3ナンバーになると丸ごと整理されちゃうかな
#20 匿名さん2017/06/18(Sun)11:07:00
現代の化石、とか言われませんように……
#21 匿名さん2017/07/16(Sun)21:54:00
#19
カローラに統合する形でアリオン/プレミオも無くなりそうだね。

時代の流れと言ってしまえばそれまでだが、セダンの選択肢がどんどん少なくなっていくのは個人的にとても寂しい。
#22 匿名さん2018/02/12(Mon)01:43:08
無限GRACEなかなか渋い

名前(任意)
コメント

過去記事(2015/06/19)

ホンダ・グレイスに1.5L NAガソリンエンジンモデルが追加、6月19日発売

ガソリンエンジン搭載のグレイスLXが追加発売、車両価格175万円から

グレイスはホンダが2014年12月に発売したコンパクトセダン。その発売初期モデルとしては1.5L Sport Hybrid i-DCDを搭載するハイブリッド車のみがラインアップされていたが、今回グレイスLXとして1.5Lガソリンエンジン車が追加され、2015年6月19日に発売日を迎えた。

(写真は新型グレイスLX)
グレイス

グレイスLXの車両価格はFF車が175万円、4WD車が196万6000円からに設定される。従来のハイブリッドモデルでは、HYBRID DXのFF車が195万円、4WD車が214万4400円という価格設定であったから、グレイスシリーズのエントリー価格は20万円程度安くなったことになる。またLXとHYBRID LXの価格差は約30万円程度となった。

1.5L i-vtec honda

グレイスLXは1.5Lの直噴i-VTECを搭載で最高出力132ps、ライバルのアクシオに燃費性能で負ける

グレイスLXに搭載されるユニットは、1.5Lの直噴DOHC i-VTECエンジンということで、これはフィット15XLに搭載されるものと同タイプ。最高出力132ps、最大トルク15.8kgmといったスペックとなる。

(グレイス HYBRID)
グレイス グレイス トランクルーム

グレイス ハイブリッドモデルのJC08モード燃費は最高モデルで34.4km/Lということで、5ナンバーサイズのセダンで最高燃費となっている。ただしグレイスLXはハイブリッドシステムを持たないため21.8km/Lにとどまる。

(写真はカローラアクシオ)
カローラアクシオ

一方でグレイスのライバルであるトヨタ・カローラ アクシオは、JC08モード燃費23.4km/Lで価格は1.5X(FF)が158万4655円からの設定となっている。燃費性能も車両価格もアクシオが有利な状況であるが、出力性能は同排気量ながらもグレイスLXが上に設定されている。

過去記事(2015/01/25)

グレイスの販売が好調、ホンダの新型ハイブリッドコンパクトセダン

新型グレイスの先月の登録台数が5138台、いまセダンで最も売れている車種

ホンダの新型ハイブリッドセダン、グレイスが昨年2014年12月1日に発売された。その12月の登録台数が5138台となり、受注が好調であることが数字で裏付けされた。

(写真は新型グレイス)
グレイス

かつての国内の小型車市場では、セダンが定番のボディタイプであったが、前世紀末からそのトレンドはハッチバックへと移り変わり、その間多くのコンパクトセダン車種が絶版となってきた。そんな中、近年になってコンパクトセダンの国内需要がやや持ち直しつつある状況にあり、自動車メーカー各社は新たな車種の投入を企てている。

グレイス キャラクターライン グレイス リアコンビネーションランプ

グレイスはこういった市場環境の中、ホンダが投入した新型車となる。

新型グレイスはフィットより上級志向で別デザイン、ライバルのカローラより好印象

グレイスの車体のベースとなるのは現行フィットで多くのコンポーネントが共通化されている。特に搭載されるパワートレインについては、1.5Lのスポーツハイブリッド i-DCDの1タイプのみで、これは現行フィットハイブリッドに搭載されるものと同タイプとなる。

グレイス ハイブリッド フロントグリル グレイス ハイブリッド リアコンビネーションランプ

フロントデザインは、いかにも最新のホンダ顔であるがフィットとは別物。サイドのキャラクターラインもグレイス専用のデザインが採用されており、一見してフィットよりワンクラス上の車種と感じさせる。

グレイスはホンダ最新の寄居工場で生産される。一方でタイで生産されるアジア新興国向けのシティと共通ボディの関係でもある。

グレイス トランクルーム グレイス リアシート

新型グレイスの税込み車両価格はHYBRID DX FFが195万円から。JC08モード燃費はFFが34.4km/L、4WDが29.4km/Lとなる。

グレイス インテリア

グレイスのライバルはトヨタ・カローラアクシオハイブリッド。エクステリアの印象ではグレイスがより若々しい。

過去記事(2014/11/29)

グレイス車両価格は185万3300円からで予約受付中、2014年12月1日正式発売

新型グレイス予約受付中、フィットがベースの新型コンパクトセダン

ホンダの新型コンパクトセダン、グレイスが2014年12月1日に発売されるスケジュールとなっている。これに先行してホンダでは予約受付がスタートしている。

HONDA グレイス

グレイスは主力のフィットをベースに開発されたセダン車である。海外市場ではシティの車名で販売されるモデルであるが、コンパクトセダンが見直されつつある日本市場に導入されることになった。

ホンダ グレース ハイブリッド

新型グレイスは低価格なハイブリッドセダン、FFだけでなく4WDも用意される

新型グレイスは3グレード設定される。
ベースのDXグレードはFF車が185万3300円、4WD車が214万4000円。
装備が充実したLXグレードはFF車が204万3300円、4WD車が234万3800円。
上級のEXグレードは低速域衝突軽減ブレーキと誤発進抑制機能を統合したシティブレーキアクティブシステムを搭載。FF車が221万円、4WD車が240万8800円となる。
この他に助手席回転シートを装備したモデルも用意され、FF車が212万2200円、4WD車が231万5600円となる。

グレイス インテリア グレイス シート

ライバルのトヨタ・カローラアクシオハイブリッドが198万円からの価格設定であるから、グレイスはこれより10万円以上安く設定されることになる。さらにハイブリッドで4WDが設定されることもアドバンテージとなるだろう。

グレイスハイブリッド ホンダ

グレイスに搭載されるパワートレインは、1.5Lのスポーツハイブリッド i-DCDの1種類のみとなり、ハイブリッド専用モデルとなる。このシステムはフィットハイブリッド及びヴェゼルハイブリッドに搭載されるものと同タイプであるが、当初リコールが相次いでいた。問題は解決済みと見るか、そもそも欠陥のあるシステムと見るかでもグレイスの評価は分かれそうだ。

過去記事(2014/11/05)

グレイス12月1日発売、ホンダがフィット ベースの新型セダンを日本導入

新型グレイス発表、ホンダが新型のコンパクトハイブリッドセダンを発売予定

2014年11月2日、ホンダは新型セダンのグレイスを公式発表した。

グレイス ハイブリッド

エクステリアでは、サイドの深いキャラクターラインがフィットの系統であることを感じさせる。フロントもセダンらしい伸びやかな専用デザインが採用された。

ホンダ グレイス ハイブリッド

新型グレイスのパワートレインは、フィットハイブリッドおよびヴェゼルハイブリッドに搭載される1.5Lのハイブリッドシステム、SPORT HYBRID i-DCDが採用される。通常ガソリンエンジンモデルは設定されず、ハイブリッド専用車ということになる。

グレイスは4WD有り、SPORT HYBRID i-DCD搭載でアクシオハイブリッドを上回るコストパフォーマンス

新型グレイスのグレード構成は標準モデルのDX、装備が充実したLX、上級グレードのEXが設定される。いずれも2WD(FF)に加えて、4WDが用意される。

グレイス インテリア

このクラスのハイブリッドシステムとしては、ホンダの他にトヨタが1.5LのTHSⅡをアクアやカローラハイブリッドとして市販化させているが、2WDのみの設定であった。ホンダのSPORT HYBRID i-DCDは、このクラスのハイブリッドシステムとしてはいち早く4WDを実現しており、新型グレイスでもそのアドバンテージが生かされたラインアップとなった。

ライバルのカローラアクシオハイブリッドはスタート価格198万円で、JC08モード燃費は33.0km/Lとなっている。新型グレイスはこれよりもコストパフォーマンスで上回る必要があり、車両価格180万円程度で33km/Lを上回る燃費性能が予想される。

HONDA グレイス

既に新型グレイスのティザーサイトがオープンされている。

過去記事(2014/10/01)

新型グレース11月2日発売見込み、4WDも設定されるハイブリッドコンパクトセダン

ホンダ新型グレース、1.5L iDCDハイブリッド搭載でまもなくデビュー

ホンダの新型コンパクトセダン、グレースが2014年11月2日に正式発売される見通しとなった。10月中にも予約受付がスタートすると予想される。

ホンダ シティ

ホンダはこれまでインドをはじめとするアジア新興国市場を中心にシティの車名でコンパクトセダンを販売してきた。本モデルからは車名をグレースとして日本でも販売されることになる。

シティ コンパクトセダン ホンダ シティ

一方でホンダは、フィットハイブリッドおよびヴェゼルハイブリッドに搭載される1.5Lのi-DCDハイブリッドパワートレインのリコール対応にここのところ追われきた。そのため新型車投入スケジュールが大幅に乱れていたが、今回ようやくグレースの発売に漕ぎ着けそうだ。

グレース日本仕様には、その問題のあった1.5Lのi-DCDハイブリッドが搭載される。もちろん問題は解決済みで、日本仕様はハイブリッド専用車ということになる。

(写真はフィットハイブリッド)
フィット ハイブリッド

ホンダ・グレースのライバル車はトヨタ・カローラアクシオハイブリッド

このクラスのコンパクトセダンでハイブリッドエンジンを搭載しているのは、トヨタのカローラアクシオとなる。カローラアクシオのハイブリッドモデルは車両価格198万円からの設定となっているが、直接対決となるグレースはこれより安いスタート価格になることが予想される。

(写真はカローラアクシオハイブリッド)
カローラアクシオ ハイブリッド

またカローラアクシオハイブリッドはFFのみの設定であったが、グレースには4WDも設定される見込みで、この辺りがアドバンテージとなりそうだ。

燃費性能は、カローラアクシオハイブリッドがJC08モードで33.0km/Lであった。フィットハイブリッドは同36.4km/Lであり、車体重量が重くなるグレースではほぼ互角になると予想される。

過去記事(2014/07/25)

ホンダ新型グレースの発売は11月頃に延期、フィットとヴェゼルのリコール対応

フィットとヴェゼルのハイブリッドモデルが再びリコール、グレース発売遅れ

ホンダのフィットハイブリッドとヴェゼルハイブリッドに関する新たなリコールが2014年7月10日に発表された。

(写真はフィットハイブリッド)
フィット3

2013年に製品化されたホンダの1.5Lハイブリッド、Sport Hybrid i-DCDはトランスミッション周辺を主とするリコールがこれまでに三度あった。今回の不具合内容は、エンジン制御コンピューターのプログラムに問題があり、モーターからの過大な駆動力で急発進する恐れがあるという。ホンダでは、対策プログラムを書き換えることでリコール対応するとしている。既に44件のトラブル事例があり、うち11件は物損事故を引き起こしている。

(写真はヴェゼルハイブリッド)
新型ヴェゼル

新型グレースの発売は11月頃に延期か、フィットベースのハイブリッドセダン

Sport Hybrid i-DCDに関するリコールは今回で4度目。この対応により、ホンダの新型車投入スケジュールに遅れが出そうである。

(写真は新型シティ、日本車名グレース)
シティ フィットセダン ホンダ シティ

ホンダはフィットベースのセダンとして、新型グレースを2014年9月にも発売させる予定であったが、これは2ヶ月程度遅れ2014年11月頃の発売となる見通しとなった。

シティ 2014 シティ コンパクトセダン

グレースは、既にインド市場でシティの車名でフルモデルチェンジ発表されている。日本市場向けモデルのグレースは1.5LのSport Hybrid i-DCDがパワートレインとして採用される見込みであっただけに今回のリコールの影響は免れない。

また2014年9月に予定されていたフィットの年次改良のスケジュールも11月頃に延期されそうである。

過去記事(2014/07/03)

グレースの発売は2014年9月頃になる、JC08モード燃費33km/L超が目標

グレース(フィットセダン)はハイブリッド専用コンパクトセダン

ホンダの新型セダン、グレースが2014年9月に販売される見込みとなっている。

シティ フィットセダン

グレースは昨年2013年に3代目へフルモデルチェンジしたフィットのプラットフォームをベースに開発された派生車である。ホンダのBセグメントベースのセダンは、これまでアジア新興国を中心にシティの車名で販売されてきた。今回のニューモデルからは日本市場に導入されるということで、国内向けメディアに取り上げられる機会も増えている。

シティ 2014 シティ コンパクトセダン

写真は、2014年1月にインド市場に向けて、新型シティとして発売されたモデル。直4 1.5Lのガソリンとディーゼルの2タイプが用意された。

日本市場向けグレースは、この新型シティとボディが共通化されると考えられている。ただし、日本向けパワートレインについては、直4 1.5Lハイブリッド i-DCDの1タイプのみとされる。

フィット搭載 スポーツ ハイブリッド iDCD

グレースの発売が2014年9月に延期、カローラ超えのJC08モード燃費33km/L以上

新型グレースは、当初2014年4月にも発売される計画であった。しかしフィットおよびヴェゼルに関するi-DCDのリコール問題があり、スケジュールは大幅に延期。グレースは今秋の発売となりそうである。

ホンダ シティ

グレース最大のライバルは、トヨタ・カローラハイブリッドとなるだろう。カローラハイブリッドは2013年に11代目カローラに追加ラインアップされる形で、1.5LのTHSⅡハイブリッド搭載モデルが登場した。そのJC08モード燃費は33.0km/Lであったから、グレースは少なくともこれよりも良い数値が開発の目標となるだろう。

新型グレース、ホンダ・フィットがベースのコンパクト4ドアセダンの発売日が延期

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先