car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

グレイスの販売が好調、ホンダの新型ハイブリッドコンパクトセダン

新型グレイスの先月の登録台数が5138台、いまセダンで最も売れている車種

ホンダの新型ハイブリッドセダン、グレイスが昨年2014年12月1日に発売された。その12月の登録台数が5138台となり、受注が好調であることが数字で裏付けされた。

(写真は新型グレイス)
グレイス

かつての国内の小型車市場では、セダンが定番のボディタイプであったが、前世紀末からそのトレンドはハッチバックへと移り変わり、その間多くのコンパクトセダン車種が絶版となってきた。そんな中、近年になってコンパクトセダンの国内需要がやや持ち直しつつある状況にあり、自動車メーカー各社は新たな車種の投入を企てている。

グレイス キャラクターライン グレイス リアコンビネーションランプ

グレイスはこういった市場環境の中、ホンダが投入した新型車となる。

新型グレイスはフィットより上級志向で別デザイン、ライバルのカローラより好印象

グレイスの車体のベースとなるのは現行フィットで多くのコンポーネントが共通化されている。特に搭載されるパワートレインについては、1.5Lのスポーツハイブリッド i-DCDの1タイプのみで、これは現行フィットハイブリッドに搭載されるものと同タイプとなる。

グレイス ハイブリッド フロントグリル グレイス ハイブリッド リアコンビネーションランプ

フロントデザインは、いかにも最新のホンダ顔であるがフィットとは別物。サイドのキャラクターラインもグレイス専用のデザインが採用されており、一見してフィットよりワンクラス上の車種と感じさせる。

グレイスはホンダ最新の寄居工場で生産される。一方でタイで生産されるアジア新興国向けのシティと共通ボディの関係でもある。

グレイス トランクルーム グレイス リアシート

新型グレイスの税込み車両価格はHYBRID DX FFが195万円から。JC08モード燃費はFFが34.4km/L、4WDが29.4km/Lとなる。

グレイス インテリア

グレイスのライバルはトヨタ・カローラアクシオハイブリッド。エクステリアの印象ではグレイスがより若々しい。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

グレイス

グレイス

代表グレード

LX

ハイブリッドDX

発売日

2019年10月

2019年10月

型式

DBA-GM6

DAA-GM4

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4450

4450

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1475

1475

ホイールベース(mm)

2600

2600

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1470

1480/1470

室内長(mm)

2040

2040

室内幅(mm)

1430

1430

室内高(mm)

1230

1230

車両重量(kg)

1110

1160

エンジン型式

L15B

LEB

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×89.4

73.0×89.4

最高出力

132ps(97kW)/6600rpm

110ps(81kW)/6000rpm

最大トルク

15.8kg・m(155N・m)/4600rpm

13.7kg・m(134N・m)/5000rpm

圧縮比

11.5

13.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

40

40

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

22.0

34.8

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/60R15 84H

185/60R15 84H

タイヤサイズ(リア)

185/60R15 84H

185/60R15 84H

最小回転半径(m)

5.1

5.1

トランスミッション

CVT

7AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,801,800円

2,016,300円

車名

グレイス

グレイス

代表グレード

ハイブリッドLX ホンダセンシング

ハイブリッドLX ホンダセンシング特別仕様車ブラックスタイル

発売日

2019年10月

2019年10月

型式

DAA-GM4

DAA-GM4

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4450

4450

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1475

1475

ホイールベース(mm)

2600

2600

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1470

1480/1470

室内長(mm)

2040

2040

室内幅(mm)

1430

1430

室内高(mm)

1230

1230

車両重量(kg)

1170

1170

エンジン型式

LEB

LEB

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×89.4

73.0×89.4

最高出力

110ps(81kW)/6000rpm

110ps(81kW)/6000rpm

最大トルク

13.7kg・m(134N・m)/5000rpm

13.7kg・m(134N・m)/5000rpm

圧縮比

13.5

13.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

40

40

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

34.8

34.8

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/60R15 84H

185/60R15 84H

タイヤサイズ(リア)

185/60R15 84H

185/60R15 84H

最小回転半径(m)

5.1

5.1

トランスミッション

7AT

7AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,278,100円

2,338,600円

過去記事(2014/11/29)

グレイス車両価格は185万3300円からで予約受付中、2014年12月1日正式発売

新型グレイス予約受付中、フィットがベースの新型コンパクトセダン

ホンダの新型コンパクトセダン、グレイスが2014年12月1日に発売されるスケジュールとなっている。これに先行してホンダでは予約受付がスタートしている。

HONDA グレイス

グレイスは主力のフィットをベースに開発されたセダン車である。海外市場ではシティの車名で販売されるモデルであるが、コンパクトセダンが見直されつつある日本市場に導入されることになった。

ホンダ グレース ハイブリッド

新型グレイスは低価格なハイブリッドセダン、FFだけでなく4WDも用意される

新型グレイスは3グレード設定される。
ベースのDXグレードはFF車が185万3300円、4WD車が214万4000円。
装備が充実したLXグレードはFF車が204万3300円、4WD車が234万3800円。
上級のEXグレードは低速域衝突軽減ブレーキと誤発進抑制機能を統合したシティブレーキアクティブシステムを搭載。FF車が221万円、4WD車が240万8800円となる。
この他に助手席回転シートを装備したモデルも用意され、FF車が212万2200円、4WD車が231万5600円となる。

グレイス インテリア グレイス シート

ライバルのトヨタ・カローラアクシオハイブリッドが198万円からの価格設定であるから、グレイスはこれより10万円以上安く設定されることになる。さらにハイブリッドで4WDが設定されることもアドバンテージとなるだろう。

グレイスハイブリッド ホンダ

グレイスに搭載されるパワートレインは、1.5Lのスポーツハイブリッド i-DCDの1種類のみとなり、ハイブリッド専用モデルとなる。このシステムはフィットハイブリッド及びヴェゼルハイブリッドに搭載されるものと同タイプであるが、当初リコールが相次いでいた。問題は解決済みと見るか、そもそも欠陥のあるシステムと見るかでもグレイスの評価は分かれそうだ。

過去記事(2014/11/05)

グレイス12月1日発売、ホンダがフィット ベースの新型セダンを日本導入

新型グレイス発表、ホンダが新型のコンパクトハイブリッドセダンを発売予定

2014年11月2日、ホンダは新型セダンのグレイスを公式発表した。

グレイス ハイブリッド

エクステリアでは、サイドの深いキャラクターラインがフィットの系統であることを感じさせる。フロントもセダンらしい伸びやかな専用デザインが採用された。

ホンダ グレイス ハイブリッド

新型グレイスのパワートレインは、フィットハイブリッドおよびヴェゼルハイブリッドに搭載される1.5Lのハイブリッドシステム、SPORT HYBRID i-DCDが採用される。通常ガソリンエンジンモデルは設定されず、ハイブリッド専用車ということになる。

グレイスは4WD有り、SPORT HYBRID i-DCD搭載でアクシオハイブリッドを上回るコストパフォーマンス

新型グレイスのグレード構成は標準モデルのDX、装備が充実したLX、上級グレードのEXが設定される。いずれも2WD(FF)に加えて、4WDが用意される。

グレイス インテリア

このクラスのハイブリッドシステムとしては、ホンダの他にトヨタが1.5LのTHSⅡをアクアやカローラハイブリッドとして市販化させているが、2WDのみの設定であった。ホンダのSPORT HYBRID i-DCDは、このクラスのハイブリッドシステムとしてはいち早く4WDを実現しており、新型グレイスでもそのアドバンテージが生かされたラインアップとなった。

ライバルのカローラアクシオハイブリッドはスタート価格198万円で、JC08モード燃費は33.0km/Lとなっている。新型グレイスはこれよりもコストパフォーマンスで上回る必要があり、車両価格180万円程度で33km/Lを上回る燃費性能が予想される。

HONDA グレイス

既に新型グレイスのティザーサイトがオープンされている。

過去記事(2014/10/01)

新型グレース11月2日発売見込み、4WDも設定されるハイブリッドコンパクトセダン

ホンダ新型グレース、1.5L iDCDハイブリッド搭載でまもなくデビュー

ホンダの新型コンパクトセダン、グレースが2014年11月2日に正式発売される見通しとなった。10月中にも予約受付がスタートすると予想される。

ホンダ シティ

ホンダはこれまでインドをはじめとするアジア新興国市場を中心にシティの車名でコンパクトセダンを販売してきた。本モデルからは車名をグレースとして日本でも販売されることになる。

シティ コンパクトセダン ホンダ シティ

一方でホンダは、フィットハイブリッドおよびヴェゼルハイブリッドに搭載される1.5Lのi-DCDハイブリッドパワートレインのリコール対応にここのところ追われきた。そのため新型車投入スケジュールが大幅に乱れていたが、今回ようやくグレースの発売に漕ぎ着けそうだ。

グレース日本仕様には、その問題のあった1.5Lのi-DCDハイブリッドが搭載される。もちろん問題は解決済みで、日本仕様はハイブリッド専用車ということになる。

(写真はフィットハイブリッド)
フィット ハイブリッド

ホンダ・グレースのライバル車はトヨタ・カローラアクシオハイブリッド

このクラスのコンパクトセダンでハイブリッドエンジンを搭載しているのは、トヨタのカローラアクシオとなる。カローラアクシオのハイブリッドモデルは車両価格198万円からの設定となっているが、直接対決となるグレースはこれより安いスタート価格になることが予想される。

(写真はカローラアクシオハイブリッド)
カローラアクシオ ハイブリッド

またカローラアクシオハイブリッドはFFのみの設定であったが、グレースには4WDも設定される見込みで、この辺りがアドバンテージとなりそうだ。

燃費性能は、カローラアクシオハイブリッドがJC08モードで33.0km/Lであった。フィットハイブリッドは同36.4km/Lであり、車体重量が重くなるグレースではほぼ互角になると予想される。

過去記事(2014/07/25)

ホンダ新型グレースの発売は11月頃に延期、フィットとヴェゼルのリコール対応

フィットとヴェゼルのハイブリッドモデルが再びリコール、グレース発売遅れ

ホンダのフィットハイブリッドとヴェゼルハイブリッドに関する新たなリコールが2014年7月10日に発表された。

(写真はフィットハイブリッド)
フィット3

2013年に製品化されたホンダの1.5Lハイブリッド、Sport Hybrid i-DCDはトランスミッション周辺を主とするリコールがこれまでに三度あった。今回の不具合内容は、エンジン制御コンピューターのプログラムに問題があり、モーターからの過大な駆動力で急発進する恐れがあるという。ホンダでは、対策プログラムを書き換えることでリコール対応するとしている。既に44件のトラブル事例があり、うち11件は物損事故を引き起こしている。

(写真はヴェゼルハイブリッド)
新型ヴェゼル

新型グレースの発売は11月頃に延期か、フィットベースのハイブリッドセダン

Sport Hybrid i-DCDに関するリコールは今回で4度目。この対応により、ホンダの新型車投入スケジュールに遅れが出そうである。

(写真は新型シティ、日本車名グレース)
シティ フィットセダン ホンダ シティ

ホンダはフィットベースのセダンとして、新型グレースを2014年9月にも発売させる予定であったが、これは2ヶ月程度遅れ2014年11月頃の発売となる見通しとなった。

シティ 2014 シティ コンパクトセダン

グレースは、既にインド市場でシティの車名でフルモデルチェンジ発表されている。日本市場向けモデルのグレースは1.5LのSport Hybrid i-DCDがパワートレインとして採用される見込みであっただけに今回のリコールの影響は免れない。

また2014年9月に予定されていたフィットの年次改良のスケジュールも11月頃に延期されそうである。

過去記事(2014/07/03)

グレースの発売は2014年9月頃になる、JC08モード燃費33km/L超が目標

グレース(フィットセダン)はハイブリッド専用コンパクトセダン

ホンダの新型セダン、グレースが2014年9月に販売される見込みとなっている。

シティ フィットセダン

グレースは昨年2013年に3代目へフルモデルチェンジしたフィットのプラットフォームをベースに開発された派生車である。ホンダのBセグメントベースのセダンは、これまでアジア新興国を中心にシティの車名で販売されてきた。今回のニューモデルからは日本市場に導入されるということで、国内向けメディアに取り上げられる機会も増えている。

シティ 2014 シティ コンパクトセダン

写真は、2014年1月にインド市場に向けて、新型シティとして発売されたモデル。直4 1.5Lのガソリンとディーゼルの2タイプが用意された。

日本市場向けグレースは、この新型シティとボディが共通化されると考えられている。ただし、日本向けパワートレインについては、直4 1.5Lハイブリッド i-DCDの1タイプのみとされる。

フィット搭載 スポーツ ハイブリッド iDCD

グレースの発売が2014年9月に延期、カローラ超えのJC08モード燃費33km/L以上

新型グレースは、当初2014年4月にも発売される計画であった。しかしフィットおよびヴェゼルに関するi-DCDのリコール問題があり、スケジュールは大幅に延期。グレースは今秋の発売となりそうである。

ホンダ シティ

グレース最大のライバルは、トヨタ・カローラハイブリッドとなるだろう。カローラハイブリッドは2013年に11代目カローラに追加ラインアップされる形で、1.5LのTHSⅡハイブリッド搭載モデルが登場した。そのJC08モード燃費は33.0km/Lであったから、グレースは少なくともこれよりも良い数値が開発の目標となるだろう。

過去記事(2014/04/04)

新型グレース、ホンダ・フィットがベースのコンパクト4ドアセダンの発売日が延期

車名はグレース、小型4ドアセダン シティの日本仕様はハイブリッド専用車で発売

新型フィットがベースの派生車種として、コンパクト4ドアセダンの販売がホンダで計画されている。
その日本発売が更に遅れることになりそうだ。

(写真は新型シティ インド仕様)
ホンダ シティ

新興国市場ではシティの車名でこれまでにもコンパクトセダンが販売されてきた。最近では2013年11月にインドでフルモデルチェンジ発表を受け、その車体は新型フィットをベースに新開発されたものであった。

シティ 2014 シティ コンパクトセダン

そして、本モデルからはハイブリッド専用車として日本市場でも販売される計画となっている。
日本市場ではコンパクトセダンの販売台数が落ち込んでいるが、燃費性能が優れるハイブリッドエンジン搭載ということであれば、シニア世代や法人での需要を中心に販売台数が見込めそうだ。

日本市場でシティの車名は、1980年代の小型3ドアハッチバック車を思い出す人も多いはず。日本仕様には新たな車名としてグレースが与えられる見込みだ。

ホンダ シティ

新型グレースの発売日は6月以降に遅れる見込み、DCT関連リコールの影響

新型グレース日本仕様の生産は埼玉県の寄居工場が担当することになる。昨年2013年に稼働を開始した最新の設備を持つ工場であるが、ここで生産されるフィットハイブリッドおよびヴェゼルハイブリッド向けのトランスミッション、DCTにおいて不具合が見つかった。そのリコール対応で生産計画に変更が生じているようだ。

フィット搭載 スポーツ ハイブリッド iDCD

特に新型グレースは、新型フィットハイブリッドと同タイプのパワートレイン、スポーツハイブリッド i-DCDが採用されるということでその影響は避けられない。当初2014年4月としていた新型グレースの発売計画は5月22日に延期されていたが、さらにこれも間に合わず、その発売日は6月以降となる見通しである。