car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

グレイス12月1日発売、ホンダがフィット ベースの新型セダンを日本導入

新型グレイス発表、ホンダが新型のコンパクトハイブリッドセダンを発売予定

2014年11月2日、ホンダは新型セダンのグレイスを公式発表した。

グレイス ハイブリッド

エクステリアでは、サイドの深いキャラクターラインがフィットの系統であることを感じさせる。フロントもセダンらしい伸びやかな専用デザインが採用された。

ホンダ グレイス ハイブリッド

新型グレイスのパワートレインは、フィットハイブリッドおよびヴェゼルハイブリッドに搭載される1.5Lのハイブリッドシステム、SPORT HYBRID i-DCDが採用される。通常ガソリンエンジンモデルは設定されず、ハイブリッド専用車ということになる。

グレイスは4WD有り、SPORT HYBRID i-DCD搭載でアクシオハイブリッドを上回るコストパフォーマンス

新型グレイスのグレード構成は標準モデルのDX、装備が充実したLX、上級グレードのEXが設定される。いずれも2WD(FF)に加えて、4WDが用意される。

グレイス インテリア

このクラスのハイブリッドシステムとしては、ホンダの他にトヨタが1.5LのTHSⅡをアクアやカローラハイブリッドとして市販化させているが、2WDのみの設定であった。ホンダのSPORT HYBRID i-DCDは、このクラスのハイブリッドシステムとしてはいち早く4WDを実現しており、新型グレイスでもそのアドバンテージが生かされたラインアップとなった。

ライバルのカローラアクシオハイブリッドはスタート価格198万円で、JC08モード燃費は33.0km/Lとなっている。新型グレイスはこれよりもコストパフォーマンスで上回る必要があり、車両価格180万円程度で33km/Lを上回る燃費性能が予想される。

HONDA グレイス

既に新型グレイスのティザーサイトがオープンされている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント