car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

bB、クー、ラクティス、トレジア統合の後継ワゴンは両側スライドドア装備

bB、クー、ラクティス、トレジアの後継モデルが11月発売、ダイハツが開発

トヨタのbB後継とされてきた新型コンパクトトールワゴン車は、ダイハツの開発生産で準備が進められてきたことはこれまでもレポートしてきた。この新型車はbBの姉妹モデルであるダイハツ・クーの後継だけでなく、トヨタ・ラクティスとスバル・トレジアの後継モデルとしての役目も担うことになる。つまりbB、クー、ラクティス、トレジアの4車種は統合され、ダイハツ、トヨタ、スバルの各々で3つの姉妹モデルとして販売されることになるだろう。正式には2016年11月9日に発表、発売される見込みとなっている。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

大規模なフルモデルチェンジ&ラインアップ再編ということで、従来の車名が継続されず、各ブランドごと新車名で販売される可能性もある。

(写真は現行ラクティス)
ラクティス

bB、クー、ラクティス、トレジアの後継車に搭載されるパワートレインは、ダイハツ新開発のダウンサイジングターボエンジンである直3 1.0L ターボとなる。

ダイハツが生産をすべて担当するOEMモデルということになり、各ブランド合計で月間1万台規模の生産を計画中とのこと。そのうち8割程度がトヨタに配分されるようだ。

また、従来の4モデルはいずれもヒンジドアを採用してきたが、新型車はリア両側スライドドアとなる。このクラスで販売が好調な、スズキ・ソリオと直接対抗するモデルとなる。

(写真は現行ソリオ)
ソリオ ハイブリッド

ソリオの方は、燃費性能の良いストロングハイブリッド版を11月に投入予定ということで、こちらも商品力を上げてくる。軽自動車セグメントではお馴染みのダイハツvsスズキの対決が登録車クラスでも見ることができそうである。

#1 匿名さん2016/09/07(Wed)22:05:07
1.5Lハイブリッド車も出して欲しいと思います。

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/08/07)

トヨタ・bB後継モデルが2016年11月発売予定、新型コンパクトトールワゴン

bB後継モデルが開発中、次期型もダイハツによる開発・生産

トヨタ・bBを後継するコンパクトトールワゴン車の発売が2016年11月に行われる見込みとなった。

(写真は現行bB)
bB トヨタ フロントグリル

現行の2代目bBは2005年にフルモデルチェンジしたモデルで販売期間11年でフルモデルチェンジを受けることになる。開発および生産は現行bBと同じくダイハツが受け持つことになり、車両価格は比較的低価格なところに設定されるはず。発売からしばらくは人気モデルとなることが予想される。

トヨタ bb トヨタ bB 2015

bB後継モデルは新車名の可能性も有りか、2代目モデルの販売は少し落ちた

ただしモデルネームのbBが継続されるかは現段階では微妙なところである。というのも、2000年発売の初代モデルは年間販売台数として9万台に近い数値を記録したが、その後の2代目モデルの販売台数はその半分程度の水準にとどまった。今となってはbBの持つネームバリューもそれほど価値があるとは思えず、この際、初代モデルの成功にしがみつくよりも新車名を導入することでブランドイメージを一新させるのも一つの方法ではないだろうか。

bB後継モデル

さらに本家ダイハツのクーに限っては、完全なマイナー車種でその車名を知る者すら少ない。こちらこそ車名変更が必要だろう。

(写真はスズキ・ソリオ)
ソリオ ハイブリッド

ライバルはスズキ・ソリオあたりとなるが、このソリオがスズキの燃費不正問題にもかかわらず販売が堅調となっている。こういった市場ニーズを考えるとコンパクトトールワゴンのラインアップ継続は必須と考える。

過去記事(2016/04/24)

トヨタ・bB、ダイハツ・クーは2016年秋フルモデルチェンジ見込み

bBが今秋フルモデルチェンジ、トヨタとダイハツのコンパクトワゴン一新

トヨタのコンパクトワゴン車にようやく新型車投入の動きが出てきた。トヨタ・bBと姉妹車のダイハツ・クーの後継モデルに位置づけられ2016年秋にも発売される見込みとなっている。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

次期bBは新型パッソをベースに開発される、直3 1.0Lターボエンジン搭載

トヨタがダイハツを完全子会社するという方針を打ち出したのは2016年1月であった。以前から構築されてきた車両提供によるOEMの関係はより強固となり、今月発売されたトヨタ・パッソおよびダイハツ・ブーンにおいてもダイハツ生産による車両提供が継続されている。

トヨタ bB 2015

そして次の展開となるのが、パッソとブーンのプラットフォームをベースに開発されるコンパクトトールワゴン車。つまり次期bB、次期クーということになる。

bB トヨタ フロントグリル

クーは2013年に販売を打ち切られており、bBについても近々販売終了となる見込み。秋のニューモデル発売までラインアップに穴を開けることになるが、フルモデルチェンジに向けた在庫一掃が始まりつつある。

bB トヨタ バックドア

bB後継モデルに搭載されるのは、新開発の直3 1.0Lガソリンターボエンジンとなる見込み。低価格なエントリーモデルとして1.0L NAガソリンエンジンの設定も予想される。

bB後継モデル

ハイブリッド人気の日本市場ではダウンサイジングターボが売れない。ただし、トヨタが本腰を入れて販売することになれば状況は変わるかもしれない。

また、これまで同クラスのコンパクトワゴンではトヨタ生産のラクティスがあったが、これは車種統合で廃止となり、ダイハツ生産の新型車に統一されることになる。

過去記事(2016/02/03)

ラクティスが2016年内フルモデルチェンジ、1.0Lダウンサイジングターボ搭載

ラクティス後継モデルはスライドドア装備、新開発1.0Lターボエンジン搭載

トヨタのコンパクトトールワゴン、ラクティスのフルモデルチェンジが2016年内にも実施される見込みとなっている。

(写真は現行ラクティス)
ラクティス

ラクティスとbBは車種統合により後継車は新規モデルになる可能性あり

現行ラクティスは2010年より販売される2代目モデルで、既にモデル末期とも言える時期に来ている。最近の販売台数はというと、月販1000台を割り込む月も出てきている状況だ。

ラクティス リアコンビネーションランプ ラクティス 2015

そんな中、トヨタではラクティス後継車に相当するコンパクトトールワゴンモデルが開発中となっている。搭載されるエンジンは新開発の直3 1.0L ガソリンターボの採用が予想される。

ラクティス フロントグリル ラクティス マフラー
直3 1.0Lターボというエンジンは、最近ではスズキが新型を開発しており、まもなく正式発売されるバレーノへの搭載が予定されている。低コストで燃費が良いだけでなく税制メリットもある1.0Lターボは、今後多くの国内メーカーが参入するエンジンタイプとして注目される。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

トヨタがラインアップするコンパクトトールワゴンとしては、もうひとつbBがあった。こちらはラクティスと車種統合されることになる。次期モデルはラクティス、bBのいずれの車名も与えられず、新規モデルになる可能性があるだろう。

(写真はスズキ・ソリオハイブリッド)
ソリオ ハイブリッド

ラクティス後継モデルはスペース重視型のボディながらも3列シート車は設定されず、5人乗り仕様となるのは現行型とコンセプトは同じ。ただし、リアドアはスライドドアとなる見込みだ。つまり、フルモデルチェンジから間もないスズキ・ソリオに直接対抗するモデルに仕上げられるだろう。

過去記事(2015/12/30)

次期bBは新開発の直3 1.0Lターボ搭載で2016年内発売予定、ダイハツ生産

次期bB開発中、ダイハツが生産を担当するOEMモデル、姉妹車COOもあり

ダイハツではトヨタ・bBおよびその姉妹車COOの後継モデルの開発が進められている。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

現行bBは2005年から販売される超ロングセラーモデルとなっている。ただし、売れているかといえばそういうわけでもなく、最近では月販100台に満たない水準に落ち込んでいる。これといった後継モデルもなく、ダイハツ生産によるOEMモデルということもあり、bBはほとんど放置されてきた状況だ。

トヨタ bB 2015

コンパクトワゴン市場はスズキ・ソリオの販売が成功しているように、魅力的な新型車を投入すればしっかり売れるセグメントでもある。他に日産・キューブも販売台数を伸ばしていた時期があった。

bB後継モデル

そんな中フルモデルチェンジされるbBは、パワートレインとして新開発の直3 1.0Lターボエンジンが搭載される予定となっている。

次期bBに新開発の直3 1.0Lターボエンジンを搭載、ホンダの1.0L VTEC-TURBO遅れる

直3 1.0Lのダウンサイジングターボエンジンと言えば、国内ブランドではホンダが1.0LのVTEC-TURBOを技術発表しており、一歩リードしてきた印象があった。ただし、その開発は遅れているようで、1.0L VTEC-TURBOは2016年にフルモデルチェンジが予定されているフリードへの搭載が見込まれていたが、最近ではこのタイミングでの市場投入は難しいとされる。フリードターボはモデル後期から後追いでラインアップされることになるだろう。

一方でトヨタの新型bBターボはモデル初期からの投入が予想されることから2016年にも発売されることになる。1.0Lターボはホンダよりもトヨタが先手を打つことになるだろう。またbBハイブリッドなるモデルも期待したいところだが、ダイハツ生産ということなので実現性は低いかもしれない。あくまで本命は1.0Lターボということになる。

(写真はホンダ1.0L VTEC-TURBO)
1.0L VTEC TURBO

bBのプラットフォームはパッソおよびブーンをベースに開発されることから、スライドドアではなく従来通りヒンジドアの採用が予想される。

過去記事(2015/12/02)

bBのフルモデルチェンジは2016年秋頃、ダイハツが開発生産のOEMモデル

トヨタ・bBの後継モデルが開発中、次期型は新車名採用でイメージ一新か

bB後継モデルが開発中となっている。

(写真は現行bB)
bb

現行の2代目bBは2005年から販売されるロングセラーモデル。姉妹モデルとしてダイハツ・COO、スバル・デックスがあったが、これらはいずれも2013年に販売を終了させている。

bb-side

bBは販売が継続されているとはいえ、2015年に入ってからは月販100台を割り込む月も出てきている。現状の販売台数から考えるとモデル名の継続は難しそう。新車名が与えられ、新たな箱型コンパクトカーとして発売されることになるだろう。

トヨタ bB

bB、COO、デックスの三姉妹車はいずれもダイハツで生産されるモデルであった。そして後継モデルの開発もダイハツによって行われており、ブーンのシャシーがベースとなっている。後継モデルもトヨタ、ダイハツ、スバルの各ブランドでの姉妹車販売が予想される。

bB後継モデルはヒンジドア継続、ダイハツ生産ということでパワートレインは?

bB後継モデルの最大のライバルとなるのはスズキ・ソリオとなる。2015年8月にフルモデルチェンジしたばかりで、スズキの登録車として初めてとなるハイブリッドシステムが採用される。ただし、これはモーター出力の小さなマイルドハイブリッドに相当するものであった。まもなく2016年初頭には、駆動バッテリー容量とモーター出力を向上させ、EV走行が可能なストロングハイブリッド版も追加発売される予定となっている。

bB後継モデルもハイブリッドエンジンの搭載が期待されるが、ダイハツ生産車ということなのでどうだろうか。

(写真はスズキ・ソリオハイブリッド)
ソリオ ハイブリッド ソリオ HYBRID 東京モーターショー2015

ソリオは後席両側スライドドアの装備が人気となっているが、bB後継モデルは従来型bB同様にヒンジドアの採用となるだろう。

bB後継モデルの市販時期は2016年秋頃となる見込みだ。

過去記事(2014/08/09)

トヨタがbBを一部改良して2014年9月1日発売、ディスチャージライト標準装備

トヨタ・bBが一部改良で販売継続、人気薄ながらも販売9年目へ

トヨタが2005年から販売する小型ワゴン車、bBが一部改良を受け2014年9月1日に発売される。

(写真は新型bB Z きらめき)
bB トヨタ

現行bBはパッソ(ブーン)のプラットフォームをベースに開発されたシリーズ2代目モデル。日産・キューブに対抗する車種で、全高1635mmというトールボディのコンパクトカーである。発売当初は先代モデルのコンセプトを踏襲した広い室内空間と、若々しいエクステリアデザインにより若年層を中心に人気となった。ただし、ここ最近の販売台数は2014年4月360台、同5月258台、同6月230台と低迷している。販売期間9年を迎えるモデルということもあり、カタログ落ちも懸念されたが、今回一部改良を受けたとことで、まだしばらく販売が続けられることになる。

(サイドマッドガード、サイドモールテープ)
bB サイドマッドガード、サイドモールテープ

bB改良モデルはVSC、TRC、ディスチャージヘッドライト、LEDクリアランスランプを標準装備

今回のbB改良モデルは、横滑り防止システムのVSC、トラクションコントロールといった安全装置を標準化。また、エクステリアでは、ディスチャージヘッドライトとLEDクリアランスランプが標準装備され、モデル末期のお買い得モデルといった仕上がりだ。

パワートレインや燃費性能に仕様変更は無く、トランスミッションは未だ4ATの採用となる。

bB ディスチャージヘッドライト

bBの価格は、1.3Lエンジン搭載のSグレードが160万5273円から、1.5Lエンジン搭載の最上級グレード煌が193万9091円からとなる。

bBのフルモデルチェンジについての情報は無い。販売台数も少なく車名継続は困難であると考え、次期モデルは用意されないだろう。

過去記事(2013/02/17)

bBの一部改変が2月21日に予定、フルモデルチェンジは延期、JC08モード燃費対応

bBが一部改変で現行モデルの販売が続行、フルモデルチェンジは延期

トヨタ・bBは2005年から8年に渡って販売が続けられているモデル末期車種であり、最近では月間販売で500台を下回る月も出てきている。かつては2013年1月ともされたフルモデルチェンジ時期だが、未だに具体的な情報も伝わってきておらず、次期モデルがあるのかどうかも不明の状況だ。ただし、2013年2月21日に一部改変が行われる予定となっており、しばらく現行モデルの販売が続けられることとなった。

(写真は現行bB)
bB トヨタ

新しくなったbBに大きな変更点はない、煌Gパッケージが追加

bBの主な改変内容は、法規対応すなわちJC08モード燃費の表記であり、これによるとFFの1.3Lエンジン搭載車は15.0km/L、1.5Lエンジン搭載車は14.6km/Lとなる。新たな燃費向上技術が盛り込まれているかどうかは不明だが、これまでと同様にエコカー減税の対象外ということになり、大幅な値引きキャンペーンでも無い限り販売台数の伸びは期待できないだろう。

車体自体の変更点で明らかになっているのは、ヘッドランプのLED化など軽微なもの。フロントグリルのデザイン変更などといった大きなものは含まれない。

また、グレード体系が見直され、エアロパッケージは全て廃止となる。新たな上級グレードとして煌Gパッケージが追加されることになる。
この煌GパッケージはSグレードが172万5000円、Zグレードが182万円となる見込みだ。
エントリーモデルの1.3L FF Sグレードの138万円をはじめとするその他のグレードの価格は据え置きとなる。

ソリオ(スズキ)とラクティス、キューブ、bBの比較

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先