car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

bB、クー、ラクティス、トレジア統合の後継ワゴンは両側スライドドア装備

投稿日:

bB、クー、ラクティス、トレジアの後継モデルが11月発売、ダイハツが開発

トヨタのbB後継とされてきた新型コンパクトトールワゴン車は、ダイハツの開発生産で準備が進められてきたことはこれまでもレポートしてきた。この新型車はbBの姉妹モデルであるダイハツ・クーの後継だけでなく、トヨタ・ラクティスとスバル・トレジアの後継モデルとしての役目も担うことになる。つまりbB、クー、ラクティス、トレジアの4車種は統合され、ダイハツ、トヨタ、スバルの各々で3つの姉妹モデルとして販売されることになるだろう。正式には2016年11月9日に発表、発売される見込みとなっている。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

大規模なフルモデルチェンジ&ラインアップ再編ということで、従来の車名が継続されず、各ブランドごと新車名で販売される可能性もある。

(写真は現行ラクティス)
ラクティス

bB、クー、ラクティス、トレジアの後継車に搭載されるパワートレインは、ダイハツ新開発のダウンサイジングターボエンジンである直3 1.0L ターボとなる。

ダイハツが生産をすべて担当するOEMモデルということになり、各ブランド合計で月間1万台規模の生産を計画中とのこと。そのうち8割程度がトヨタに配分されるようだ。

また、従来の4モデルはいずれもヒンジドアを採用してきたが、新型車はリア両側スライドドアとなる。このクラスで販売が好調な、スズキ・ソリオと直接対抗するモデルとなる。

(写真は現行ソリオ)
ソリオ ハイブリッド

ソリオの方は、燃費性能の良いストロングハイブリッド版を11月に投入予定ということで、こちらも商品力を上げてくる。軽自動車セグメントではお馴染みのダイハツvsスズキの対決が登録車クラスでも見ることができそうである。

#1 匿名さん2016/09/07(Wed)22:05:07
1.5Lハイブリッド車も出して欲しいと思います。

名前(任意)
コメント

bB、クー、ラクティス、トレジア統合の後継ワゴンは両側スライドドア装備

トヨタ・bB後継モデルが2016年11月発売予定、新型コンパクトトールワゴン

トヨタ・bB、ダイハツ・クーは2016年秋フルモデルチェンジ見込み

ラクティスが2016年内フルモデルチェンジ、1.0Lダウンサイジングターボ搭載

次期bBは新開発の直3 1.0Lターボ搭載で2016年内発売予定、ダイハツ生産

bBのフルモデルチェンジは2016年秋頃、ダイハツが開発生産のOEMモデル

トヨタがbBを一部改良して2014年9月1日発売、ディスチャージライト標準装備

bBの一部改変が2月21日に予定、フルモデルチェンジは延期、JC08モード燃費対応

ソリオ(スズキ)とラクティス、キューブ、bBの比較