新型【タント/カスタム/追加ファンクロス】先行予約中、マイナーチェンジいつ?2022年10月3日【軽自動車ダイハツ最新情報】ハイブリッド化はフルモデルチェンジまで延期か、カタログ画像リーク

タント
tanto-funcross

新型タント ファンクロス

新型タント「通常/カスタム/ファンクロス」先行予約中、マイナーチェンジ

ダイハツの主力軽自動車「タント」のマイナーチェンジが2022年10月3日に実施される。8月下旬にスタートしていた先行予約も好調で、2022年内の納車枠がほぼ埋まりつつあるほどとなっている。新たなボディタイプ「ファンクロス」を追加し、インテリアでは9インチディスプレイオーディオの採用、「カスタム」は大幅フェイスリフトを受けて、レクサスのスピンドルグリル調デザインが盛り込まれた。

「タント」のマイナーチェンジ<まとめ>は、次のページ

tanto-19

新型タントの正式な発売日は2022年10月3日となる見込み。自動車の納期が長期化するなか、予約争奪戦がスタートしている。

高精細化した9インチHDディスプレイ

対応しているスマホアプリを大画面で使え、操作しやすく、スマートパノラマパーキングアシスト/パノラマモニター/バックモニターも大画面で表示できる。

tanto-31

音声認識機能

クルマに話しかける音声認識機能で、車両制御やマルチメディアなどの操作が行える。メーター情報、警告音説明、エアコン操作、電話発信準備、Bluetooth®接続、ディスプレイオーディオ操作など。

tanto-30

ワイヤレス接続対応のApple CarPlay

USB接続不要のワイヤレス接続によるApple CarPlayに対応し、ディスプレイオーディオがさらに便利に。接続ケーブル不要ですっきり快適にスマホのさまざまな機能にアクセスできる。

新型タント ファンクロス(FUNCROSS)追加、派生クロスオーバーSUV追加でウェイクの後継を担う

tanto-funcross-2

タントのマイナーチェンジでは、新たなボディスタイルとして、新型タント ファンクロス(FUNCROSS)、ファンクロス ターボが追加発売される。

tanto-funcross

ダイハツの軽自動車ラインアップでは、スライドドア装備で全高1,835mmの広大なキャビンを特徴とするウェイクが、2022年8月11日に生産終了となる。

ウェイク

生産終了となるウェイク

新型タント ファンクロスは、このカタログ落ちとなるウェイクのポジションを引き継ぐことになる。

スペーシアギア

スズキ スペーシアギア

新型タント ファンクロスは、クロスオーバーSUVテイストのエクステリアが与えられ、スズキ・スペーシアギアと直接対抗する車種となる。

新型タント、<全ボディカラーの一覧>は、次のページ

新型タントカスタムはマイナーチェンジでエクステリアに新デザインを採用

tanto-custom

新型タントカスタムは、マイナーチェンジではフロントフェイスに新デザインが採用されイメージが一新される。

tanto-custom-2

左右ヘッドランプを繋ぐラインは水平基調が強まり、シンプルで力強い印象を与える。グリルは大型で末広がりのメッキフレームで装飾される。オラオラ系ミニバンの顔付きに仕上げられた。

タントカスタム フロントグリル

従来型タントカスタム

新型タント、マイナーチェンジ版のカタログがリーク

tanto-leak-01

既にカタログがリークしており、フェイスリフトを受けた新エクステリアを確認することができる。マイナーチェンジ相当の改良ということになるだろう。

tanto-leak-03

一方で、現行型タント標準車は初代モデル回帰の横長ヘッドランプユニットを特徴としてきたが、これは変更が無い見込み。現行型タントは2019年7月に発売された4代目モデルで販売4年目に入るタイミングとなっている。

タント

現行型タント

今回のマイナーチェンジに備えた販売調整のため、従来型タントの受注は一時的にオーダーストップとなっている。

タントのマイナーチェンジでは電動パーキングブレーキ標準装備グレードが増える、スマートアシストも拡充へ

タントは軽自動車セグメントの中でも特に人気のボディタイプであるスーパートール軽ワゴンであることからも、従来通り約6年というモデルサイクルのペースが維持されるだろう。

タントカスタム リアコンビネーションランプ

販売期間3年を過ぎた2022年10月の一部改良では、新デザインのエクステリアのほか、装備面でも安全運転支援システムのスマートアシスト搭載車のさらなる拡充が予想される。

2021年秋の一部改良から採用がスタートした、電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドにより、特に高速道路渋滞時におけるアダプティブクルーズコントロールの利便性が向上していた。2022年秋の一部改良では、電動パーキングブレーキが標準装備となるグレードが、XグレードやNAエンジン搭載車にも拡大する。ただし、低価格なLグレード系統には、引き続き足踏み式パーキングブレーキが採用されることで、値上り幅が抑えられる。

タントのハイブリッド化はいつ?軽自動車版「e-SMART HYBRID」が導入される時期

2022年10月のタントのマイナーモデルチェンジで期待されるもののなかには、新開発の軽自動車向けe-SMART HYBRID搭載車の追加があった。ハイブリッド車の追加発売が待望されているわけだが、これは見送りとなった。

ROCKY  Premium ver

ROCKY Premium ver. 東京オートサロン2022

ダイハツは、2021年11月に新開発のシリーズ式ハイブリッド、e-SMART HYBRIDを小型SUVのロッキーに搭載させ発売した。これには発電エンジンの排気量が660cc未満の軽自動車版があることが予告されていた。

e SMART HYBRID

e-SMART HYBRIDは、軽自動車のなかでも特に車体重量が大きいタントへの搭載が期待されているが、最初の採用車種は2023年頃にフルモデルチェンジ発売されるミライースかムーヴの次期型になることが予想される。

ミライース

現行ミライース

タントにe-SMART HYBRIDが搭載されるのは、2022年秋のマイナーモデルチェンジのタイミングではなく、2025年頃が想定されるフルモデルチェンジ時となる可能性があり、まだしばらくは待たされることになりそうだ。

ムーヴカスタム リアコンビネーションランプ

現行ムーヴ カスタム

軽自動車の電動化は進行する、タント ハイブリッドの登場時期にEVを投入予定

ダイハツの軽自動車は、スズキが採用してきたISG方式のマイルドハイブリッドを使わない方針を取ってきており、これまで電動化が遅れていた。軽自動車向けe-SMART HYBRIDの導入により、ようやく電動化が前進することになる。

ハイゼットカーゴハイブリッド

ハイゼットカーゴハイブリッド

例外的に、2005年発売のハイゼットカーゴ・ハイブリッドがあったが、車両価格と燃費性能のバランスが良いとは言えず、大きなセールスに結びつけることができなかった。

またダイハツの軽自動車のEV化については、EVプラットフォームをスズキと共同開発することを発表している。その市販化タイミングは2025年頃になる見込みで、これはタントハイブリッドの登場時期と近くなりそう。

sakura-face

ライバルの日産&三菱は2022年5月20日に軽自動車EVを発表した。さらにホンダも2024年の軽自動車EVの発売を予告している。軽自動車のEV導入時期については、ダイハツとスズキは少しタイミングが遅れることになる。

タントが2021年秋の一部改良でコーナリングトレースアシストを標準装備、スーパートールワゴンの走行安定性を向上
タントが一部改良で電動パーキングブレーキを装備
2022/3/6更新【タントの2021年の一部改良】電動パーキングブレーキを装備

タイトルとURLをコピーしました