car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アルファロメオ 4Cが日本発売、240馬力の1750TB搭載で車両価格は783万円から

新型アルファロメオ 4Cが日本デビュー、プレミアム軽量スポーツクーペ発売

アルファロメオの新型ライトウェイトスポーツクーペの4Cが2014年5月27日に日本発表された。

アルファロメオ4C

車両価格はベースモデルの4Cが783万円、100台限定のローンチコントロールを装備した4C launch editionが891万円に設定された。

アルファロメオ4C NYオートショー アルファロメオ 4C リアビュー

アルファロメオ4Cはカーボン&アルミモノコックに1750TBを搭載、0-100km/h加速4.5秒

アルファロメオ4Cのボディサイズは全長3990mm×全幅1870mm×全高1188mm、ホイールベースは2380mm。カーボンファイバー製パッセンジャーセルとアルミ製フレームからなるモノコック、さらにガラス強化樹脂製のボディ外板による軽量化で乾燥重量は950kgとなった。

アルファロメオ 4C カーボンファイバーモノコック アルファロメオ4C ジュネーブ

4Cのパワートレインとしてはジュリエッタのスポーツグレードにも採用されてきた1750TBがミドシップに搭載される。排気量1750ccの直列4気筒ガソリンターボエンジンで、そのパフォーマンスは最高出力240ps、最大トルク35.7kgmに及ぶ。

アルファロメオ 1750TB 4C 1750TB

1750TBと組み合わさるトランスミッションはジュリエッタでは6MTであったが、4Cでは6速デュアルクラッチのアルファTCTが採用された。

アルファロメオ 4C エンジンルーム ラゲッジ

軽量ボディにハイパフォーマンスエンジン、さらに素早いシフトチェンジも与えられ、0-100km/h加速は4.5秒を誇る。

アルファロメオ 4C ホワイト

アルファロメオの現行ラインアップは、この新型4Cの他に従来からのMITOとジュリエッタを合わせると3車種が用意されることになる。さらに2015から2018年にかけて8車種が追加される計画。合計11車種のフルラインナップを目指し開発が進められている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2014/01/19)

アルファロメオ4Cが2月に日本デビュー、1750TBを搭載する軽量MRスポーツカー

新型4Cが日本発売、カーボンモノコックを採用した軽量化ボディが魅力

アルファロメオから超軽量スポーツクーペの4Cが2014年2月に日本発売される見込みとなっている。

アルファロメオ 4C

新型4Cはジュネーブモーターショー2013でワールドプレミアを迎えていたモデル。ボディサイズは全長3989mm×全幅1864mm×全高1183mm、ホイールベースは2380mm。シートは2座を装備する。

新型4Cの最大の魅力は軽量化されたボディにある。

アルファロメオ 4C カーボンファイバーモノコック

写真は新型4Cのシャシー。モノコックはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を素材としており、その単体重量はわずか65kg。フロントとリアにはアルミ製のフレームが加わる。

アルファロメオ 4C ホワイト アルファロメオ4C ジュネーブ

さらに、外板はSMCと呼ばれる繊維強化プラスチックでできている。これは軽量化に貢献するだけでなく、その加工特性の良さから個性的なエクステリアデザインを具現化している。

これらの軽量化により車体重量は軽自動車並の895kgを達成し、その前後重量配分はフロントが38%、リアが62%となる。

4Cのパワートレインは1750TBエンジン、フィアットグループ製6速TCT搭載

アルファロメオ新型4Cのメインユニットは、最高出力240ps、最大トルク35.7kgmを発生する1742ccの直列4気筒直噴ターボエンジンがリアミドシップに搭載される。ジュリエッタに搭載される1750TBと基本を同じとするが、4C専用にアルミニウムパーツを採用するなどで、ここでも約22kgの軽量化を果たした。
トランスミッションは乾式デュアルクラッチの6速TCTとなる。

アルファロメオ 4C ミドシップ アルファロメオ 4C エンジン 1750TB

比較的小さなエンジンの搭載ながらも軽量化されたボディにより、0→100km/h加速は4.5秒というハイパフォーマンス。最高速度は258km/hに達する。

アルファロメオ 4C リアビュー

4Cの車両価格については公式な情報がない。ある並行輸入業者では720万円からの車両価格が設定されている。