car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ジュリア

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

投稿日:

新型ジュリア発売、最上級クアドリフォリオは2.9L V6ターボ搭載で1132万円

FCAジャパンからアルファロメオ新型ジュリアが2017年9月6日に日本発表された。10月14日の発売日がスケジュールされており、以下4つのグレードが用意される。

(写真はアルファロメオ新型ジュリア クアドリフォリオ)
アルファロメオジャパン ジュリア

まずは446万円に設定されたエントリーモデル「ジュリア」は、直4 2.0L ツインターボエンジンの搭載で最高出力200ps、最大トルク33.7kgmのパフォーマンスとなる。そして同パワートレインながらも充実装備のラグジュアリーグレード、「ジュリア スーパー」が543万円の設定となる。

アルファロメオ ジュリア 日本仕様

さらに上級の「ジュリア ヴェローチェ」は前述と同排気量ユニットながらもハイパフォーマンス4WD仕様となっており、最高出力280ps、最大トルク40.8kgmとなる。左ハンドル車のみが用意され597万円の値付け。

(写真は欧州仕様ジュリア クアドリフォリオ)
アルファロメオ ジュリア フランクフルトモーターショー2015 ジュリア フロントグリル

最上級は2.9L V6 ツインターボ搭載の「ジュリア クアドリフォリオ」で最高出力510ps、最大トルク61.2kgm。車両価格は1132万円となる。

アルファロメオ ジュリア シート ジュリア リアシート

日本仕様のトランスミッションは全て8速ATとなる。駆動方式は「ジュリア ヴェローチェ」を除き、FRとなる。

アルファロメオ ジュリア インテリア ジュリア アルファロメオ

アルファロメオ・ジュリアはDセグメント欧州プレミアムセダンの市場で存在感を示せるか

新型ジュリアのボディサイズは全長4645mm×全幅1865mm×全高1435mm、ホイールベースは2820mmとなる。メルセデス・Cクラス、BMW・3シリーズ、アウディ・A4が先行して開拓してきたプレミアムDセグメントセダンのマーケットに参戦することになる。

アルファロメオ ジュリア 発売 ジュリア リアコンビネーションランプ

これまでのアルファロメオのブランドイメージからすれば、Cクラスを選択してきたようなユーザーを振り向かせるには、ラグジュアリーやコンフォートさにおいてミスマッチがあるかもしれない。プレミアムスポーツのイメージが強い3シリーズやA4がより直接的なライバルとなるのではないか。

残念ながら、今秋の東京モーターショー2017には、FCAジャパンが参加表明を出しておらず、アルファロメオを含めたフィアット、アバルト、クライスラー、ジープの各ブランドは出品しない見込みとなっている。ただし、2018年までに日本国内のアルファロメオ正規店舗数を60にまで増やす計画としており、日本市場での躍進には意欲的。新型SUVのステルヴィオについても1年以内の日本発売が約束された。

#1 匿名さん2017/09/14(Thu)14:49:32
東京モーターショーはどんどん規模が縮小するねぇ。普段見ない外車メーカーが少ないとトキメキが減ってしまうよ。

名前(任意)
コメント