トヨタがルーミー/タンクの発売後一ヶ月受注を発表、オーダー数約3万5千台

トヨタ・ルーミー/タンクの販売が好調、姉妹車合計で4万台を超えている可能性も

ルーミーおよびタンクは新型のコンパクトワゴンとして2016年11月9日に発売されたモデル。その発売から一ヶ月の初期受注が、ルーミー約1万8300台、タンク約1万6700台に達していることが発表された。

(写真はルーミー)
ルーミー

ルーミー/タンクはトヨタグループのなかでも小型車を担当するダイハツによって開発、生産される。ダイハツブランドからもトールの車名で姉妹モデルが設定されており、さらにトヨタと提携関係にあるスバルからもジャスティとしてラインアップされ、合わせると四姉妹モデルという大掛かりな販売体制が敷かれる。

(写真はタンク)
タンク

今回発表されたオーダー数は、販売の大半を占めることになるであろうトヨタブランドのモデルに限られており、ルーミーとタンクの合計で約3万5千台に達するということが判明した。他の2モデルを合わせると推定で4万台を超えるオーダー数が予想される。

(写真はダイハツ・トール)
トール

ルーミー/タンクはソリオの対抗モデルとして設定されたが、パワートレインが弱点

トヨタが従来ラインアップしてきたコンパクトワゴンとしては、ラクティス、bBといったモデルがあったが、これらのリアドアはヒンジ式が採用されてきた。新型ルーミー/タンクでは、リアドアをスライド式とすることで利便性を向上させている。また、全高を高くとり、室内空間が大きく取られたのも特徴の一つである。

(写真はスバル・ジャスティ)
ジャスティ

こういった特徴を持つモデルはスズキ・ソリオがあった。ライバル不在で販売が好調であったソリオの対抗モデルとして、ルーミー/タンク/トール/ジャスティの各モデルが設定された。

(写真はスズキ・ソリオ)
ソリオ ハイブリッド

ソリオのエンジンラインアップは1.2Lガソリン、1.2L マイルドハイブリッド、1.2L ストロングハイブリッドの3タイプ。対するルーミー他は1.0LガソリンエンジンをベースにNAとターボを用意する。

ボディタイプこそ特徴が似ているが、パワートレインではソリオにアドバンテージがありそうだ。

関連するレポート

[ 2016/12/12 ]
#1 匿名さん2016/12/13(Tue)14:09:43
こんにちは!
35000台も越えたんですね!
凄いです!

OEM車で、特にデリカD:2(三菱)とフレアシリーズ(マツダ)は、30000台を越えて欲しいです!
#2 匿名さん2016/12/13(Tue)16:49:37
※1スズ菌さんですか?お仲間です。
#3 匿名さん2016/12/13(Tue)17:49:56
>#2

現在はスズキが製造して、マツダはフレアシリーズとして、三菱はデリカD:2として販売しているOEM車で、特にスズキ MRワゴンを日産へ、モコとしてOEM供給した後、モコが一番売れていましたよ!
#4 ぺぺめめ2016/12/13(Tue)21:15:12
アクアもヴィッツも室内狭いし、シエンタは少し大きいかなと考えるとフィットやノートのような室内の広いコンパクトがトヨタでほしい!となるとこのタンク/ルーミーになるのかもしれない。
#5 南 貴仁2016/12/15(Thu)19:55:34
やはりトヨタはヴィッツベースのコンパクトワゴンの開発が必要だ
#6 南 貴仁2016/12/15(Thu)19:59:01
しかしトヨタだけじゃなくスバルと共同で水平対向エンジン1・3ℓと1・5ℓエンジン搭載のコンパクトカーとコンパクトワゴンの開発するべきだなと思います。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

三菱自動車、新型エクリプス クロスの日本販売計画有り、2018年の発売

新型BMW 5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017画像

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.