トヨタがルーミー/タンクの発売後一ヶ月受注を発表、オーダー数約3万5千台

トヨタ・ルーミー/タンクの販売が好調、姉妹車合計で4万台を超えている可能性も

ルーミーおよびタンクは新型のコンパクトワゴンとして2016年11月9日に発売されたモデル。その発売から一ヶ月の初期受注が、ルーミー約1万8300台、タンク約1万6700台に達していることが発表された。

(写真はルーミー)
ルーミー

ルーミー/タンクはトヨタグループのなかでも小型車を担当するダイハツによって開発、生産される。ダイハツブランドからもトールの車名で姉妹モデルが設定されており、さらにトヨタと提携関係にあるスバルからもジャスティとしてラインアップされ、合わせると四姉妹モデルという大掛かりな販売体制が敷かれる。

(写真はタンク)
タンク

今回発表されたオーダー数は、販売の大半を占めることになるであろうトヨタブランドのモデルに限られており、ルーミーとタンクの合計で約3万5千台に達するということが判明した。他の2モデルを合わせると推定で4万台を超えるオーダー数が予想される。

(写真はダイハツ・トール)
トール

ルーミー/タンクはソリオの対抗モデルとして設定されたが、パワートレインが弱点

トヨタが従来ラインアップしてきたコンパクトワゴンとしては、ラクティス、bBといったモデルがあったが、これらのリアドアはヒンジ式が採用されてきた。新型ルーミー/タンクでは、リアドアをスライド式とすることで利便性を向上させている。また、全高を高くとり、室内空間が大きく取られたのも特徴の一つである。

(写真はスバル・ジャスティ)
ジャスティ

こういった特徴を持つモデルはスズキ・ソリオがあった。ライバル不在で販売が好調であったソリオの対抗モデルとして、ルーミー/タンク/トール/ジャスティの各モデルが設定された。

(写真はスズキ・ソリオ)
ソリオ ハイブリッド

ソリオのエンジンラインアップは1.2Lガソリン、1.2L マイルドハイブリッド、1.2L ストロングハイブリッドの3タイプ。対するルーミー他は1.0LガソリンエンジンをベースにNAとターボを用意する。

ボディタイプこそ特徴が似ているが、パワートレインではソリオにアドバンテージがありそうだ。

関連するレポート

[ 2016/12/12 ]
#1 匿名さん2016/12/13(Tue)14:09:43
こんにちは!
35000台も越えたんですね!
凄いです!

OEM車で、特にデリカD:2(三菱)とフレアシリーズ(マツダ)は、30000台を越えて欲しいです!
#2 匿名さん2016/12/13(Tue)16:49:37
※1スズ菌さんですか?お仲間です。
#3 匿名さん2016/12/13(Tue)17:49:56
>#2

現在はスズキが製造して、マツダはフレアシリーズとして、三菱はデリカD:2として販売しているOEM車で、特にスズキ MRワゴンを日産へ、モコとしてOEM供給した後、モコが一番売れていましたよ!
#4 ぺぺめめ2016/12/13(Tue)21:15:12
アクアもヴィッツも室内狭いし、シエンタは少し大きいかなと考えるとフィットやノートのような室内の広いコンパクトがトヨタでほしい!となるとこのタンク/ルーミーになるのかもしれない。
#5 南 貴仁2016/12/15(Thu)19:55:34
やはりトヨタはヴィッツベースのコンパクトワゴンの開発が必要だ
#6 南 貴仁2016/12/15(Thu)19:59:01
しかしトヨタだけじゃなくスバルと共同で水平対向エンジン1・3ℓと1・5ℓエンジン搭載のコンパクトカーとコンパクトワゴンの開発するべきだなと思います。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.