プリウスαとフィットシャトル・ハイブリッドの比較

燃費比較

フィットシャトルハイブリッド プリウスα
フィットシャトル・ハイブリッドは10・15モード燃費が30.0km/L、JC08モード燃費が26.0km/L。それに対しプリウスαの10・15モード燃費は31.0km/L、JC08モード燃費は26.2km/L。
わずかにプリウスαの方がカタログ燃費については上回るスペックとなっている。
10・15モード燃費で共に30km/L台の燃費性能となっているが、実燃費ではどれぐらいの数値になるだろうか。
フィットシャトルHVと共通のパワートレインであるフィットハイブリッドは、すでに18.6km/Lの実用燃費が記録されている。
この数値はユーザーの投稿による燃費報告を平均化したものなので、実用燃費としての信憑性は高い。
これに対して、プリウスαのエンジンは現行のプリウスと共通であり、その実用燃費は19.93km/Lとなっている。
実燃費をフィットハイブリッドと比較するとプリウスの方が優れるものの、その差は大きいものではなかった。
どちらもワゴン化することによって、車体重量の面では重くなるので、燃費はこれらよりも悪くなることが想定される。
概ね、フィットシャトル・ハイブリッドで17.5km/L、プリウスαは18.0km/Lぐらいの平均実用燃費になると予想する。

室内比較

根本的に車格が違う2車種ではあるが、その室内の広さを比べてみる。
前席はプリウスαとフィットシャトル・ハイブリッド共に頭上空間が広いのが特徴だ。
僅差でプリウスαの方が高さの寸法に大きさがあるが、フィットシャトル・ハイブリッドも頭上空間に関しては十分余裕のあるレベルだ。
2列目シートは二人がけでは大きな差を感じることはないが、3人がけしたときの快適さはプリウスαの方がワンランク上である。
プリウスαは全幅が広い分、シートサイズもゆったりして余裕がある。さらに床面がフラットなのもセンターシートの快適性をアップさせている。
フィットシャトルHVの2列目に3人座ると窮屈感が否めないし、中央の床面には出っ張りがあり快適とは言えない。
7人乗りタイプのプリウスαの3列目は非常に狭い。頭上空間こそ余裕があるもののニースペースはウィッシュより狭いものだ。

3列目は緊急用シートと考えた方がいい。

ラゲッジルーム比較

絶対容量では車体の大きいプリウスαが有利。ただしその差は大きくはない。
フィットシャトル・ハイブリッドの荷室は、寸法上はプリウスαのそれに及ばないのだが、使い勝手がいいのが特徴だ。
まず、リアハッチの開口高が低いのがフィットシャトルの大きなアドバンテージとなっている。
大きく重い荷物を積載するときに、荷物の持ち上げ高さが低くて済むのは使いやすい。
また、2列目シートを倒した時、よりフラットになるのもフィットシャトル。
センタータンクレイアウトによるユーティリティ性の高さを感じる。
7人乗りの設定のあるプリウスαだが、3列目シートを畳めば大きな荷室が生まれる。

関連するレポート

[ 2011/05/22 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.