car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

プレミオとアリオンがマイナーモデルチェンジ、セーフティセンスC標準装備

アリオンとプレミオのビッグマイチェンが6月に予定、エクステリア大幅変更

トヨタのアリオンとプレミオがマイナーモデルチェンジを受けることは前回のレポートでもお伝えした通り。その日程として2016年6月13日が予定されている。

(写真は現行アリオン)
アリオン

アリオンおよびプレミオはエクステリア違いの姉妹車の関係にあり、現行モデルは2007年の発売であった。今夏のマイナーモデルチェンジを受け、販売期間がさらに延長されることになる。

アリオン フロントグリル アリオン リアコンビネーションランプ

新型プレミオ、新型アリオンは2.0Lモデルが廃止、トヨタセーフティセンスC標準装備

プレミオとアリオンはマイナーモデルチェンジにより、販売台数の少ない2.0Lモデルは廃止となる。このクラスのセダンは加速性能よりも燃費性能が重視される傾向にあることから、FF車は1.5Lモデルと1.8Lモデル、4WD車は1.8Lモデルに絞られることになる。

アリオン 2015

エクステリアに関しては大幅な変更を受ける見込み。アリオン、プレミオともにベースが古いモデルだけに、ここは力を入れて刷新されることになる。

(写真は現行プレミオ)
プレミオ プレミオ リアコンビネーションランプ

また、最新の安全運転支援システムとして、トヨタセーフティセンスCが標準装備される。アリオンとプレミオの客層は比較的年齢層が高いだけに、これはアピールポイントなるだろう。

プレミオ フロントグリル プレミオ 2015

国内市場においてセダン車種の販売が低迷する中ではあるが、トヨタはFFのC-Dセグメントセダンとしてプレミオとアリオンの2モデルのラインアップを維持してきた。ただし、他モデルのように5~7年でフルモデルチェンジというわけにはいかないようである。フルモデルチェンジはさらに数年後となり、次期型はハイブリッドエンジンの搭載が期待される。

#1 南 祐斗2019/09/11(Wed)16:48:19ID:dhMGM2ZTWO
2020年 生産終了
#2 匿名さん2019/09/11(Wed)19:36:07ID:ZmODgxNTTY
3年半前の時点で次期モデルが無いことは想定できたはず。
#3 匿名さん2019/09/11(Wed)20:24:57ID:E5NmNmYzDM
日本でしか販売しないガラパゴスカーは不要(軽は除く。必要。)
欧州で販売しないクルマは、信用できない。
#4 匿名さん2019/09/11(Wed)22:36:17ID:E5NmNmYzDM
日本でしか販売しないガラパゴスカーは不要(軽は除く。必要。)
欧州で販売しないクルマは、信用できない。
#5 南 祐斗2019/09/18(Wed)21:46:06ID:I1YWQ3MTGO
12月 (一部仕様車改良) TSSは全てのグレードを標準装備化へ
アリオンとプレミオ共に

名前(任意)
コメント