オーリスハイブリッドが4月18日発売、旧式THSⅡ搭載でJC08モード燃費30.4km/L

オーリスハイブリッドがデビュー、先代プリウスの1.8L THSⅡを流用

トヨタ・オーリスにハイブリッドモデルが追加ラインアップされる予定となっている。

(写真はオーリスハイブリッド欧州仕様)
オーリス ハイブリッド

オーリスはフォルクスワーゲン・ゴルフの対抗モデルとして、トヨタが欧州市場をメインに販売するモデルである。これまで日本市場向けには、1.5Lおよび1.8Lの直4 NAガソリンエンジンモデル、そして昨年2015年春には1.2Lガソリンターボモデルを追加し、販売されてきた。そして、今回さらにラインアップに加わるのが、1.8L ハイブリッドモデルとなる。

オーリス ハイブリッド 欧州仕様 オーリス リアコンビネーションランプ

オーリスハイブリッドの他に120T RSパッケージも追加発売

オーリスに搭載されるハイブリッドシステムは、先代型プリウスのパワートレインを流用したものとなる。新型プリウスが発売されてから数ヶ月経過したタイミングで、旧式ハイブリッドの採用ということで違和感があるが、恐らく旧プリウス終了によって発生した余剰生産能力を有効活用したものと想像する。ちなみにオーリスの主力市場の欧州では、先代型オーリスの時代からハイブリッドモデルがラインアップされており、プリウスと並行してCセグメントハッチバックのハイブリッドカーが販売されてきた。

THSⅡ-auris-hybrid 1.8L

オーリスハイブリッドのJC08モード燃費は30.4km/Lで、発売日は2016年4月18日となる見込み。

オーリス フェイスリフト オーリス新デザイン

また1.2Lターボの方は、上級スポーツのオーリス120T RSパッケージが新規設定される見込み。内外装のグレードアップでスポーツイメージの向上を図ったものと考えるが、やはり日本市場ではダウンサイジングターボは人気モデルとなりにくい事情がある。ハイブリッドモデルの追加による販売台数増が期待される。

関連するレポート

[ 2016/04/02 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

RVRにプラグインハイブリッドが追加

スズキ新型スイフトスポーツがデビュー

次期インプレッサ2012年デビュー写真

イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ S-FRコンセプトが東京モーターショー2015でワールドプレミア

マツダ・RX-VISION、ロータリーエンジンSKYACTIV-Rを開発中、RX-9コンセプト

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

スバルXVの日本発売は4月6日、3月ジュネーブモーターショーで市販型公開

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.