ポルテ/ラウムがフルモデルチェンジ、5月発売

ポルテとラウムがフルモデルチェンジ、大部分が共通化される

スライドドア付きのコンパクトカー、ポルテとラウムがフルモデルチェンジする。
従来モデルのポルテとラウムは、ドア形状やボディデザインが異なり、全くの別車種として取り扱われていたが、次期モデルからは車体の大部分は共通化される。
車名としては二種類用意され、ノア&ヴォクシーのような姉妹車種としてラインアップされる。
基本構造は同じものの、フロントまわりのデザインや内装などについては、変更して販売される。

後継モデルの車名は、ポルテの車名はそのまま残り新型ポルテに。
ラウムは新車名に変更されるがその名称は未定だ。

新型ポルテ/ラウム後継車の発売時期は2012年5月が予定されている。
現行ポルテは、現在も販売が続けてられているが、既にラウムは昨年2011年10月を以って販売を終了している。

(写真は、現行ポルテと、既に絶版車となったラウムの最終モデル。)
ポルテ
ラウム

新型ポルテ/ラウム後継車はドア形状が共通化

新型ポルテ/ラウム後継車、従来型との大きな違いは、ドアの形状と枚数。
現行ポルテは、助手席側はピラーレス構造になっており、前席後席を兼用した大型のスライドドア1枚を装備することで、助手席から後席へのアクセスをしやすくしていた。
ただし運転席側は、ヒンジドア1枚しか装備されていない。

一方、ラウムは前席左右ヒンジドアに、後席左右スライドドアという構成。
ラウムも助手席側はピラーレスで、広い開口面積をとることが可能であった。

新型ポルテ/ラウム後継車は、従来型のようなドア構成に違いによる車種の区別は無くなり、共通化される。
新型車は、助手席側は1枚の大型スライドドアで、運転席側はヒンジドアが前後に2枚装備される。
従来型のポルテは運転席側の後席ドアが無いという弱点があったが、新型ポルテはこれを改善したものとなる。

エンジンは1.3Lと1.5Lの二種類がラインアップされる。
トランスミッションについては、現行ポルテは実は4ATという意外にも旧式のものが採用されているのだが、これも新型ではCVTが採用され燃費性能は向上する。
ハイブリッドの設定は無いものの、低燃費車の基本を抑えたメカニズムとなる。
これまで通り低価格でスライドドア付き、コンパクトで室内が広いというコンセプトは変わらない。

ボディサイズは全長3990mm×全幅1690mm×全高1670mmになるとされ、車体価格は140万円程度からと予想されている。

関連するレポート

[ 2012/02/03 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

RVRにプラグインハイブリッドが追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.