car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタのポルテ/スペイドにトヨタセーフティセンスCを装備、6/30改良

投稿日:

ポルテとスペイドが一部改良、セーフティセンスC標準装備でエクステリア変更無し

トヨタのコンパクトワゴン、ポルテとその姉妹車スペイドが2016年6月30日に一部改良を受けることになる。今回の改良の目玉は安全運転支援システムのトヨタセーフティセンスCの装備となる。

(写真は現行ポルテ)
ポルテ

現行型ポルテおよびスペイドは2012年に発売されたモデル。2015年の改良では1.3Lエンジンを廃止し、アイドリングストップ機能付きの1.5Lエンジンに統一されている。

(写真は現行スペイド)
スペイド

ポルテ、スペイドのVグレード廃止、エントリー価格上昇か

今回は普及が進められているトヨタセーフティセンスCが装備されるということで、一層商品力を上げることになる。これによる価格上昇は他車種の例から5万4000円程度が想定されるが、これ以外にもインテリアパーツの変更があるためベース価格のアップはこれ以上になるかもしれない。

グレード構成では、廉価モデルとして163万5709円に設定されていたVグレードが廃止される。エントリーモデルは、現行170万7382円に設定されるXグレードということになり、さらにトヨタセーフティセンスCの装備で176万円程度になることが予想される。

エクステリアでは一部ボディーカラーの変更があるのみで基本的には変わらず。

また、特別仕様車としてポルテFアラモードⅡとスペイドFクイーンⅡが用意される。現行設定されている特別仕様車の続編ということになり、シート柄の変更などが施される。

今回はバンパー/グリルのデザイン変更などを含めたビッグマイナーチェンジとはならず。後期モデル登場は来年以降となりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

トヨタのポルテ/スペイドにトヨタセーフティセンスCを装備、6/30改良

ポルテとスペイドが一部改良、2NR-FKE型アトキンソンサイクルエンジンを採用

ポルテ&スペイドに1.5L新型エンジンを搭載、JC08モード燃費は22.0km/Lへ

ポルテが7月23日発売、姉妹車スペード価格発表、エコカー補助金の期限迫る

新型ポルテの姉妹車スペードが発売、7月のフルモデルチェンジ

ポルテ&ラウム後継のコンパクトスライドドア車が7月発売予定

ポルテ/ラウムがフルモデルチェンジ、5月発売

次期ラウム/ポルテの新型車が2012年春にデビュー

ソリオ,フリード,ポルテ,ラウム/コンパクトスライドドア車の比較