car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタのポルテ/スペイドにトヨタセーフティセンスCを装備、6/30改良

ポルテとスペイドが一部改良、セーフティセンスC標準装備でエクステリア変更無し

トヨタのコンパクトワゴン、ポルテとその姉妹車スペイドが2016年6月30日に一部改良を受けることになる。今回の改良の目玉は安全運転支援システムのトヨタセーフティセンスCの装備となる。

(写真は現行ポルテ)
ポルテ

現行型ポルテおよびスペイドは2012年に発売されたモデル。2015年の改良では1.3Lエンジンを廃止し、アイドリングストップ機能付きの1.5Lエンジンに統一されている。

(写真は現行スペイド)
スペイド

ポルテ、スペイドのVグレード廃止、エントリー価格上昇か

今回は普及が進められているトヨタセーフティセンスCが装備されるということで、一層商品力を上げることになる。これによる価格上昇は他車種の例から5万4000円程度が想定されるが、これ以外にもインテリアパーツの変更があるためベース価格のアップはこれ以上になるかもしれない。

グレード構成では、廉価モデルとして163万5709円に設定されていたVグレードが廃止される。エントリーモデルは、現行170万7382円に設定されるXグレードということになり、さらにトヨタセーフティセンスCの装備で176万円程度になることが予想される。

エクステリアでは一部ボディーカラーの変更があるのみで基本的には変わらず。

また、特別仕様車としてポルテFアラモードⅡとスペイドFクイーンⅡが用意される。現行設定されている特別仕様車の続編ということになり、シート柄の変更などが施される。

今回はバンパー/グリルのデザイン変更などを含めたビッグマイナーチェンジとはならず。後期モデル登場は来年以降となりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

ポルテ

ポルテ

代表グレード

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DBA-NSP141

DBA-NSP141

ボディ形状

4ドア ミニバン

4ドア ミニバン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

3995

3995

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1690

1690

ホイールベース(mm)

2600

2600

トレッド 前(mm)/後(mm)

1485/1475

1485/1475

室内長(mm)

2160

2160

室内幅(mm)

1420

1420

室内高(mm)

1380

1380

車両重量(kg)

1160

1170

エンジン型式

2NR-FKE

2NR-FKE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

72.5×90.6

72.5×90.6

最高出力

109ps(80kW)/6000rpm

109ps(80kW)/6000rpm

最大トルク

13.9kg・m(136N・m)/4400rpm

13.9kg・m(136N・m)/4400rpm

圧縮比

13.5

13.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

42

42

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

22.2

22.2

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

175/65R15

175/65R15

タイヤサイズ(リア)

175/65R15

175/65R15

最小回転半径(m)

5.0

5.0

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,828,440円

1,879,200円

車名

ポルテ

ポルテ

代表グレード

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DBA-NSP141

DBA-NSP141

ボディ形状

4ドア ミニバン

4ドア ミニバン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

3995

3995

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1690

1690

ホイールベース(mm)

2600

2600

トレッド 前(mm)/後(mm)

1485/1475

1485/1475

室内長(mm)

2160

2160

室内幅(mm)

1420

1420

室内高(mm)

1380

1380

車両重量(kg)

1180

1170

エンジン型式

2NR-FKE

2NR-FKE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

72.5×90.6

72.5×90.6

最高出力

109ps(80kW)/6000rpm

109ps(80kW)/6000rpm

最大トルク

13.9kg・m(136N・m)/4400rpm

13.9kg・m(136N・m)/4400rpm

圧縮比

13.5

13.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

42

42

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

22.2

22.2

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

175/65R15

175/65R15

タイヤサイズ(リア)

175/65R15

175/65R15

最小回転半径(m)

5.0

5.0

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,890,000円

1,977,480円

過去記事(2015/07/01)

ポルテとスペイドが一部改良、2NR-FKE型アトキンソンサイクルエンジンを採用

トヨタ・ポルテ&スペイドに新エンジンを搭載、JC08モード燃費22.2km/Lへ

トヨタはポルテとその姉妹車スペイドの一部改良を2015年7月1日に実施した。

(写真は新型ポルテ F アラモード ドゥ)
ポルテ

現行モデルのポルテおよびスペイドは2012年7月の発売で、販売からちょうど3年が経過するタイミングとなる。今回の一部改良では、トヨタ新開発エンジンの2NR-FKE型が導入されることになる。

ポルテ F アラモード ドゥ

ポルテ、スペイドに搭載されるアトキンソンサイクル2NR-FKE型エンジン

2NR-FKE型エンジンは、アトキンソンサイクルが採用されているのが特徴となっている。燃費性能においてメリットのあるアトキンソンサイクルは、これまで主にハイブリッド向けエンジンに採用されてきたが、通常の1.5LのNAガソリンエンジンである2NR-FKE型にも採用された。アイドリングストップ機能が標準装備されており、今回のポルテおよびスペイドのJC08モード燃費は最高で22.2km/Lを達成している。

(写真は新型スペイド F クイーン)
スペイド

2NR-FKE型エンジンは既にカローラにも採用されており、今後もトヨタのコンパクトクラスカーへの搭載が広まることが予想される。なお、今回の2NR-FKE型エンジンの採用により、存在意義の薄くなった1.3Lエンジンモデルは廃止となった。

スペイド F クイーン

ただし、2NR-FKE型エンジンは現在のところ4WD化ができていないようで、4WDモデルには従来型エンジンである1NZ-FE型が採用される。

ポルテおよびスペイドの車両価格はFFモデルが163万5709円から、4WDモデルは186万7418円からに設定される。また特別仕様車としてはポルテ F a la mode Deux、スペイド F Queenが用意され、これらの車両価格はいずれもFFが188万4109円、4WDが203万5309円となる。

過去記事(2015/05/31)

ポルテ&スペイドに1.5L新型エンジンを搭載、JC08モード燃費は22.0km/Lへ

ポルテ、スペイドが7月一部改良、2NR-FKE型エンジンの搭載で燃費性能向上

トヨタのコンパクトカー、ポルテとスペイドが2015年7月1日に一部改良を受ける見込みとなった。

(写真は現行ポルテ)
ポルテ

ポルテおよびスペイドは2012年に現行モデルが発売された。フロントデザイン違いの姉妹車種の関係にある両モデルであるが、今回の改良ではトヨタ新開発の1.5Lエンジンが採用され、燃費性能を向上させてくる。

ポルテ トヨタ ポルテ リアコンビネーションランプ

新型ポルテ、新型スペイドに高圧縮比エンジン採用、JC08モード燃費は22.0km/L

この2NR-FKE型エンジンは、アトキンソンサイクル、高圧縮比、アイドリングストップといった主に3つの手法で燃費性能が向上させられている。特に圧縮比は13.5に設定されており、トヨタ版スカイアクティブエンジンとも一部では噂される。

トヨタ ポルテ

2NR-FKE型が先行導入されるカローラでは、アクシオでJC08モード燃費23.4km/Lを達成している。この2NR-FKE型エンジンがポルテ、スペイドに搭載されることで、JC08モード燃費は22.0km/Lとなる見込み。現行ポルテ&スペイドの1.5Lモデル(FF)が19.0km/Lということであったから、15%以上向上することになる。

(写真は現行スペイド)
スペイド トヨタ スペイド

また新型ポルテおよびスペイドは、グレードラインアップが見直され、JC08モード燃費19.6km/Lの1.3Lガソリンエンジンモデルは廃止されることになる。

(写真はカローラに搭載される2NR-FKE型エンジン)
2NR-FKR

トヨタではこれまでハイブリッド化による環境性能の向上が目立っていたわけだが、今後はダウンサイジングターボや高圧縮比エンジンの普及で、低価格モデルの燃費性能アップも注目されることになるだろう。2015年7月9日に発売される新型シエンタでも2NR-FKE型高圧縮比エンジン搭載モデルがラインアップされる予定だ。

過去記事(2012/07/11)

ポルテが7月23日発売、姉妹車スペード価格発表、エコカー補助金の期限迫る

新型ポルテ&スペードが発売、現行モデルより値上げ

大型スライドドア付きコンパクトカーのポルテが2012年7月23日にフルモデルチェンジを迎える。今回からはフェイス違いの姉妹車、スペードの同時デビューもあり、既にトヨタ系ディラーでは予約受付が開始されている。
ポルテ&スペードは、話題性がそれほど高くないファミリーカーではあるものの、実は新型カローラを超える国内販売目標が立てられている。車種ごとの担当ディラーは、ポルテがトヨタ店とトヨペット店、スペードがカローラ店とネッツ店となる。

新型ポルテ&スペードに搭載されるエンジンは、現行ポルテと同じく、1.3Lと1.5Lがラインアップ。今回からCVTが全車装備となる。JC08モード燃費は、1.3Lモデルで19.6km/L、アイドリングストップ付きの1.5L(FF)は20.6km/Lと、現行モデルに比べて大幅な性能アップを果たす。
スペードFF仕様の価格は、ベースグレードの1.3Vが145万円で、これは現行ポルテの130iと比較して5万円以上の値上げとなる。この他、1.3Xが155万円、1.5Xが159万円、1.5YおよびFが164万円、上級グレードの1.5Gが174万円。4WD仕様は、1.5Xが177万円、1.5YおよびFが181万円、1.5Gが191万円となる。新型ポルテもこれに準じた価格となる見込みだ。
ただし、アイドリングストップは1.5L車のみのオプション装備となり、上記の価格には含まれていない。
現行モデルには無かった運転席側のリアドアを追加したことによるコストアップだろうか。新型ポルテ&スペードはやや割高な印象だ。
(写真は現行の旧ポルテ)
ポルテ 2010

新型ポルテ&スペードはエコカー補助金期限に間に合うのか

ポルテ&スペードが発売される7月23日近くはエコカー補助金の申請期限になりそうだ。エコカー補助金の財源は、7月に入ってから週におよそ140億円ペースで消化されており、7月6日時点での残り残高は779億円。新型ポルテ&スペードの購入によるエコカー補助金の給付は、ほぼ絶望的な状況である。既に予約済みで運良く初期生産を手にすることができたごく一部の人達に限り可能性がありそうだ。
既に事業用のエコカー補助金については、申請受付が終了している。

過去記事(2012/06/08)

新型ポルテの姉妹車スペードが発売、7月のフルモデルチェンジ

新型スペード発売、ポルテが7月にフルモデルチェンジ

ポルテがフルモデルチェンジを受けて、2代目モデルへ生まれ変わる。
その発売日が2012年7月23日に予定されている。

新型ポルテの大きな特徴は、運転席側リアドアの追加とCVTの装備。そして、姉妹車のスペードが新型車として加わる。
スペードは、ポルテと基本部分が共通になるが、フロントフェイスのデザインはそれぞれが独自デザインになる。同じトヨタ車のノア&ヴォクシーやアルファード&ヴェルファイアのような二車種体制のラインアップになるということだ。
ポルテはトヨタ店とトヨペット店で、スペードはカローラ店とネッツ店で販売される。

新型ポルテ&スペードの予約受注は6月中旬頃から開始される見込み。最安グレードの価格は144万円程度からと推定されており、現行ポルテと比べて5万円前後の価格アップとなる。ただし、減税と燃費性能の向上によって、現行ポルテよりも経済的になるはずだ。

ポルテは女性とファミリー向け、スペードは男性と若者向け

現行ポルテには右側リアドアが無かったのだが、新型ポルテ&スペードはその部分にヒンジドアが一枚追加される。運転席側はヒンジドア2枚となり、後席へのアクセスが悪かった欠点は改善される。助手席側は現行ポルテと変わらず、1枚の大きなスライドドアの装備となる。
エンジンは、1.3Lと1.5Lの両方が引き続き採用され、それぞれにアイドリングストップの装備が可能になる。
また、トランスミッションとしては、新型CVTが採用される。現行ポルテは、未だに4速ATであるから、これは大きな進歩と言えるだろう。
もちろんエコカー減税対象車になる。ただし、新型ポルテ&スペードの納車がエコカー補助金10万円の支給期間に間に合うかどうかは、タイミング的に少し難しいところだ。特に、アイドリングストップを装備しないモデルは、少し遅れてから生産が開始されるようで、納期まで時間がかかることが予想される。

写真は、間もなく販売終了となる現行ポルテ。
ポルテ 初代モデル
新型ポルテのボディデザインは、旧ポルテのコンセプトを引き継ぎ、丸みを帯びたフェイスになる。姉妹車のスペードはヴォクシー風の男性ウケしやすいフロントマスクになる。

過去記事(2012/05/16)

ポルテ&ラウム後継のコンパクトスライドドア車が7月発売予定

ポルテがフルモデルチェンジ、予約受付は6月開始の見込み

これまで、ポルテ&ラウムの後継車は、2012年の春に発売されるとされてきたが、延期となり現在は2012年7月上旬の発売予定になっている。6月頃からトヨタ系ディラーで予約受付が開始される見込みだ。
新型ポルテのボディサイズは全長3990mm×全幅1690mmと現行のコンパクトカーサイズを維持。全高は高く設定され、ヘッドクリアランスにはLクラスミニバンのような広々とした空間が与えられる。このあたりのコンセプトは、現行ポルテとほぼ同じで、次期モデルにも引き継がれることになる。
今回のフルモデルチェンジで、大きく変わるのはドアの形状だ。助手席側は現行ポルテのような1枚の大きなスライドドアとピラーレス構造が備えられ、後席へのアクセスがしやすいものが採用される。運転席側はオーソドックスな前後別々のヒンジドアの採用になる。これらの新しいドア設定により、日常での使い勝手の向上を目指した。

また、新型ラウム&ポルテのJC08モード燃費は、CVTとアイドリングストップの採用等により22km/L程度が目標になっている。ボディが一回り小さいヴィッツの21.8km/Lと同程度の燃費性能となるのは技術革新と言えるだろう。

新型ポルテ&ラウムはエコカー補助金対象になるのか?

ポルテ&ラウムの後継車は、エコカー減税やエコカー補助金の対象車となる見込みだ。しかし、登録車10万円の補助金の財源が7月末~9月頃には枯渇すると予測されており、受注開始後すぐに予約しても補助金支給対象に間に合うかどうかは微妙なタイミングになる。納車時期と補助金対象については、販売店と詳しく打ち合わせをしておいたほうがいいだろう。

また本記事では、新型ポルテ&ラウムとしたが、車種名として全くの新しい名称が採用される可能性も残されている。現段階ではポルテの車名は継続され、ラウムが消える可能性が高い。

ポルテ
写真は現行ポルテ。新型車の助手席側にはポルテのような大型スライドドアが採用される。

過去記事(2012/02/03)

ポルテ/ラウムがフルモデルチェンジ、5月発売

ポルテとラウムがフルモデルチェンジ、大部分が共通化される

スライドドア付きのコンパクトカー、ポルテとラウムがフルモデルチェンジする。
従来モデルのポルテとラウムは、ドア形状やボディデザインが異なり、全くの別車種として取り扱われていたが、次期モデルからは車体の大部分は共通化される。
車名としては二種類用意され、ノア&ヴォクシーのような姉妹車種としてラインアップされる。
基本構造は同じものの、フロントまわりのデザインや内装などについては、変更して販売される。

後継モデルの車名は、ポルテの車名はそのまま残り新型ポルテに。
ラウムは新車名に変更されるがその名称は未定だ。

新型ポルテ/ラウム後継車の発売時期は2012年5月が予定されている。
現行ポルテは、現在も販売が続けてられているが、既にラウムは昨年2011年10月を以って販売を終了している。

(写真は、現行ポルテと、既に絶版車となったラウムの最終モデル。)
ポルテ
ラウム

新型ポルテ/ラウム後継車はドア形状が共通化

新型ポルテ/ラウム後継車、従来型との大きな違いは、ドアの形状と枚数。
現行ポルテは、助手席側はピラーレス構造になっており、前席後席を兼用した大型のスライドドア1枚を装備することで、助手席から後席へのアクセスをしやすくしていた。
ただし運転席側は、ヒンジドア1枚しか装備されていない。

一方、ラウムは前席左右ヒンジドアに、後席左右スライドドアという構成。
ラウムも助手席側はピラーレスで、広い開口面積をとることが可能であった。

新型ポルテ/ラウム後継車は、従来型のようなドア構成に違いによる車種の区別は無くなり、共通化される。
新型車は、助手席側は1枚の大型スライドドアで、運転席側はヒンジドアが前後に2枚装備される。
従来型のポルテは運転席側の後席ドアが無いという弱点があったが、新型ポルテはこれを改善したものとなる。

エンジンは1.3Lと1.5Lの二種類がラインアップされる。
トランスミッションについては、現行ポルテは実は4ATという意外にも旧式のものが採用されているのだが、これも新型ではCVTが採用され燃費性能は向上する。
ハイブリッドの設定は無いものの、低燃費車の基本を抑えたメカニズムとなる。
これまで通り低価格でスライドドア付き、コンパクトで室内が広いというコンセプトは変わらない。

ボディサイズは全長3990mm×全幅1690mm×全高1670mmになるとされ、車体価格は140万円程度からと予想されている。

過去記事(2011/11/15)

次期ラウム/ポルテの新型車が2012年春にデビュー

新型のラウムとポルテが4月に発売予定

トヨタのスライドドア付きコンパクトトールワゴン車、ラウムとポルテがフルモデルチェンジして来春デビューする。
コンパクトカーながら、全高の高さからくる広々とした室内で人気となった車種だ。
5ドアのラウム、3ドアのポルテと差別化がされており、どちらもスライドドアを装備しているのが特徴である。

既にラウムは、先月の2011年10月に販売を終了しており、絶版から約半年後に復活することになる。
ポルテは、現在も販売が続いているが、2004年のデビューから7年が経ち、販売台数は減っている。
室内の広さと、使い勝手の良さが魅力のラウムとポルテ。新型車のデビューを待ち望んでいるファンも多いはずだ。

新型ラウム/ポルテ、ユーティリティ性の高さはキープコンセプト

新型のラウムとポルテ、エンジンは1.3Lと1.5Lの2タイプが用意され、現行ラクティスに準じたエンジンとグレード構成になるはずだ。
また、ハイブリッドの設定については発表がないが、ようやくヴィッツ級ハイブリッドとも言われる新型アクアが来年2012年1月にデビューするという状況では、ラウムとポルテへのハイブリッドエンジン投入は、まだまだ先になるのではと考える。

車両価格は140万円程度からと、現行モデルの価格帯は維持される。
ボディサイズは、全長3990mm×全幅1690mmとなり、4m未満の5ナンバーコンパクトサイズはキープコンセプト。
全高は1670mmと従来通り高めに設定され、コンパクトカーながら広々とした客室は新型車も変わらない。

気になるのはドアタイプがどうなるかということ。
5ドアのラウム、3ドアのポルテとこれまで通り、2車種でラインアップされるかどうかについては、今後の発表に注目していきたい。

投入時期は2012年4月。
1.3L、1.5Lクラスのコンパクトなハイトワゴン車は、トヨタではしばらく大きなニュースが無かっただけに、乗り換え需要は多くなると予想する。

ソリオ,フリード,ポルテ,ラウム/コンパクトスライドドア車の比較

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先