car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ポルテ&ラウム後継のコンパクトスライドドア車が7月発売予定

ポルテがフルモデルチェンジ、予約受付は6月開始の見込み

これまで、ポルテ&ラウムの後継車は、2012年の春に発売されるとされてきたが、延期となり現在は2012年7月上旬の発売予定になっている。6月頃からトヨタ系ディラーで予約受付が開始される見込みだ。
新型ポルテのボディサイズは全長3990mm×全幅1690mmと現行のコンパクトカーサイズを維持。全高は高く設定され、ヘッドクリアランスにはLクラスミニバンのような広々とした空間が与えられる。このあたりのコンセプトは、現行ポルテとほぼ同じで、次期モデルにも引き継がれることになる。
今回のフルモデルチェンジで、大きく変わるのはドアの形状だ。助手席側は現行ポルテのような1枚の大きなスライドドアとピラーレス構造が備えられ、後席へのアクセスがしやすいものが採用される。運転席側はオーソドックスな前後別々のヒンジドアの採用になる。これらの新しいドア設定により、日常での使い勝手の向上を目指した。

また、新型ラウム&ポルテのJC08モード燃費は、CVTとアイドリングストップの採用等により22km/L程度が目標になっている。ボディが一回り小さいヴィッツの21.8km/Lと同程度の燃費性能となるのは技術革新と言えるだろう。

新型ポルテ&ラウムはエコカー補助金対象になるのか?

ポルテ&ラウムの後継車は、エコカー減税やエコカー補助金の対象車となる見込みだ。しかし、登録車10万円の補助金の財源が7月末~9月頃には枯渇すると予測されており、受注開始後すぐに予約しても補助金支給対象に間に合うかどうかは微妙なタイミングになる。納車時期と補助金対象については、販売店と詳しく打ち合わせをしておいたほうがいいだろう。

また本記事では、新型ポルテ&ラウムとしたが、車種名として全くの新しい名称が採用される可能性も残されている。現段階ではポルテの車名は継続され、ラウムが消える可能性が高い。

ポルテ
写真は現行ポルテ。新型車の助手席側にはポルテのような大型スライドドアが採用される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

ラウム

ラウム

代表グレード

ラウム

スマイルエディション

発売日

2011年1月

2011年1月

型式

DBA-NCZ20

DBA-NCZ20

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4045

4045

全幅(mm)

1690

1690

全高(mm)

1535

1535

ホイールベース(mm)

2500

2500

トレッド 前(mm)/後(mm)

1455/1430

1455/1430

室内長(mm)

1990

1990

室内幅(mm)

1400

1400

室内高(mm)

1220

1220

車両重量(kg)

1140

1150

エンジン型式

1NZ-FE

1NZ-FE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.7

75.0×84.7

最高出力

109ps(80kW)/6000rpm

109ps(80kW)/6000rpm

最大トルク

14.4kg・m(141N・m)/4200rpm

14.4kg・m(141N・m)/4200rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

45

45

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/55R15 81V

175/65R14 82S

タイヤサイズ(リア)

185/55R15 81V

175/65R14 82S

最小回転半径(m)

4.9

4.9

トランスミッション

4AT

4AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,596,000円

1,659,000円

車名

ラウム

ラウム

代表グレード

ラウム Gパッケージ

ラウム Sパッケージ

発売日

2011年1月

2011年1月

型式

DBA-NCZ20

DBA-NCZ20

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4045

4045

全幅(mm)

1690

1690

全高(mm)

1535

1535

ホイールベース(mm)

2500

2500

トレッド 前(mm)/後(mm)

1455/1430

1455/1430

室内長(mm)

1990

1990

室内幅(mm)

1400

1400

室内高(mm)

1220

1220

車両重量(kg)

1150

1150

エンジン型式

1NZ-FE

1NZ-FE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.7

75.0×84.7

最高出力

109ps(80kW)/6000rpm

109ps(80kW)/6000rpm

最大トルク

14.4kg・m(141N・m)/4200rpm

14.4kg・m(141N・m)/4200rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

45

45

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/55R15 81V

185/55R15 81V

タイヤサイズ(リア)

185/55R15 81V

185/55R15 81V

最小回転半径(m)

4.9

5.5

トランスミッション

4AT

4AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,722,000円

1,806,000円

過去記事(2012/02/03)

ポルテ/ラウムがフルモデルチェンジ、5月発売

ポルテとラウムがフルモデルチェンジ、大部分が共通化される

スライドドア付きのコンパクトカー、ポルテとラウムがフルモデルチェンジする。
従来モデルのポルテとラウムは、ドア形状やボディデザインが異なり、全くの別車種として取り扱われていたが、次期モデルからは車体の大部分は共通化される。
車名としては二種類用意され、ノア&ヴォクシーのような姉妹車種としてラインアップされる。
基本構造は同じものの、フロントまわりのデザインや内装などについては、変更して販売される。

後継モデルの車名は、ポルテの車名はそのまま残り新型ポルテに。
ラウムは新車名に変更されるがその名称は未定だ。

新型ポルテ/ラウム後継車の発売時期は2012年5月が予定されている。
現行ポルテは、現在も販売が続けてられているが、既にラウムは昨年2011年10月を以って販売を終了している。

(写真は、現行ポルテと、既に絶版車となったラウムの最終モデル。)
ポルテ
ラウム

新型ポルテ/ラウム後継車はドア形状が共通化

新型ポルテ/ラウム後継車、従来型との大きな違いは、ドアの形状と枚数。
現行ポルテは、助手席側はピラーレス構造になっており、前席後席を兼用した大型のスライドドア1枚を装備することで、助手席から後席へのアクセスをしやすくしていた。
ただし運転席側は、ヒンジドア1枚しか装備されていない。

一方、ラウムは前席左右ヒンジドアに、後席左右スライドドアという構成。
ラウムも助手席側はピラーレスで、広い開口面積をとることが可能であった。

新型ポルテ/ラウム後継車は、従来型のようなドア構成に違いによる車種の区別は無くなり、共通化される。
新型車は、助手席側は1枚の大型スライドドアで、運転席側はヒンジドアが前後に2枚装備される。
従来型のポルテは運転席側の後席ドアが無いという弱点があったが、新型ポルテはこれを改善したものとなる。

エンジンは1.3Lと1.5Lの二種類がラインアップされる。
トランスミッションについては、現行ポルテは実は4ATという意外にも旧式のものが採用されているのだが、これも新型ではCVTが採用され燃費性能は向上する。
ハイブリッドの設定は無いものの、低燃費車の基本を抑えたメカニズムとなる。
これまで通り低価格でスライドドア付き、コンパクトで室内が広いというコンセプトは変わらない。

ボディサイズは全長3990mm×全幅1690mm×全高1670mmになるとされ、車体価格は140万円程度からと予想されている。

過去記事(2011/11/15)

次期ラウム/ポルテの新型車が2012年春にデビュー

新型のラウムとポルテが4月に発売予定

トヨタのスライドドア付きコンパクトトールワゴン車、ラウムとポルテがフルモデルチェンジして来春デビューする。
コンパクトカーながら、全高の高さからくる広々とした室内で人気となった車種だ。
5ドアのラウム、3ドアのポルテと差別化がされており、どちらもスライドドアを装備しているのが特徴である。

既にラウムは、先月の2011年10月に販売を終了しており、絶版から約半年後に復活することになる。
ポルテは、現在も販売が続いているが、2004年のデビューから7年が経ち、販売台数は減っている。
室内の広さと、使い勝手の良さが魅力のラウムとポルテ。新型車のデビューを待ち望んでいるファンも多いはずだ。

新型ラウム/ポルテ、ユーティリティ性の高さはキープコンセプト

新型のラウムとポルテ、エンジンは1.3Lと1.5Lの2タイプが用意され、現行ラクティスに準じたエンジンとグレード構成になるはずだ。
また、ハイブリッドの設定については発表がないが、ようやくヴィッツ級ハイブリッドとも言われる新型アクアが来年2012年1月にデビューするという状況では、ラウムとポルテへのハイブリッドエンジン投入は、まだまだ先になるのではと考える。

車両価格は140万円程度からと、現行モデルの価格帯は維持される。
ボディサイズは、全長3990mm×全幅1690mmとなり、4m未満の5ナンバーコンパクトサイズはキープコンセプト。
全高は1670mmと従来通り高めに設定され、コンパクトカーながら広々とした客室は新型車も変わらない。

気になるのはドアタイプがどうなるかということ。
5ドアのラウム、3ドアのポルテとこれまで通り、2車種でラインアップされるかどうかについては、今後の発表に注目していきたい。

投入時期は2012年4月。
1.3L、1.5Lクラスのコンパクトなハイトワゴン車は、トヨタではしばらく大きなニュースが無かっただけに、乗り換え需要は多くなると予想する。

過去記事(2011/02/10)

ソリオ,フリード,ポルテ,ラウム/コンパクトスライドドア車の比較

ソリオ、ラウム、ポルテ、フリードのスペック比較

スライドドアを装備したコンパクトカーの比較をしてみた。
現在、スライドドアを装備したコンパクトクラスの車はソリオ、ラウム、ポルテ、フリードの4車種だ。
ソリオは中間グレードのX、ラウムとポルテはベースグレード、フリードは5人乗り仕様のFLEXをグレードとして選んでいる。

メーカー スズキ トヨタ トヨタ ホンダ
車種 ソリオ
三菱・デリカD2
ラウム ポルテ フリード
グレード X ベースグレード 130i FLEX
フロントドア ヒンジドア ヒンジドア 運転席ヒンジ
助手席スライド
ヒンジドア
リアドア 両側スライド 両側スライド なし 両側スライド
電動パワースライド 後席左側 後席左側 助手席側 後席左側
全長(mm) 3710 4045 3990 4215
全幅(mm) 1620 1690 1690 1695
全高(mm) 1765 1532 1720 1715
ホイールベース(mm) 2450 2500 2600 2740
室内長(mm) 2100 1990 2145 1910
室内幅(mm) 1415 1400 1370 1440
室内高(mm) 1345 1220 1390 1265
車体重量(kg) 1030 1140 1090 1270
エンジンタイプ K12B型
4気筒
DOHC
1NZ-FE型
4気筒
DOHC
2NZ-ZE型
4気筒
DOHC
L15A型
4気筒
SOHC
排気量(cc) 1242 1496 1298 1496
10・15モード燃費(km/L) 21.0 16.0 16.4 17.0
JC08モード燃費(km/L) 20.0 16.6
価格 ¥1,509,900 ¥1,596,000 ¥1,396,500 ¥1,763,000
エコカー減税 75% なし なし 75%
トランスミッション CVT 4AT 4AT CVT

スライドドアの比較

ポルテのみがリアハッチを含めた3ドア車で助手席側のみに電動のパワースライドドアを採用している。運転席側から後席のアクセスがしづらいが、小さな子供を乗せる機会の多い人にとっては車道側に子供が飛び出す危険性が低くなり、安全面でメリットに感じるだろう。
ソリオ、ラウム、フリードは後席の左右両側にスライドドアが採用されている。すべて左側のみに電動のパワースライドドアが採用されている。

ピラー

トヨタのラウム、ポルテの二車種は助手席と後席の間はピラーレスとなっている。開口面積をより大きくすることが可能だ。
ソリオ、フリードはピラーを省くことなく、車体剛性を維持させた。

ボディサイズ比較

ソリオは全長が短いだけでなく、全幅も控えめだ。狭い道路や駐車場を多用する場合や、軽自動車から乗り換える人にも扱いやすいボディサイズだ。
ポルテは4m未満のサイズになんとか抑えてきた。なるべく大きな車を運転したくない人にも評価されるだろう。
ラウムとフリードは全長が4mを超えている。ラウムはコンパクトカーとしてまだまだ扱いやすいサイズだ。フリードはコンパクトカーとは言えないかもしれない。
この中ではラウムだけが全高が低い。都市部のタワーパーキングにも問題なく入るし、低い全高は高速巡航時の安定性も魅力だ。
ソリオ、ポルテ、フリードは全高が1700mmを越え、かなりの高さがある。高すぎる全高は横風も受けやすく、高速道路での長時間ドライブには適さない。

室内、荷室比較

ソリオは小さな車体にもかかわらず、車内が広々しているのが第一印象だ。荷室は小さいがリアシートのスライド機構で、ある程度の欠点はカバーできるだろう。
2番目に車体サイズの小さいポルテも広々してる。
ラウムは高さ方向の寸法が短いが窮屈な感じはしない。荷室もそれなりにあり、普段使いで考えた時のバランスがいい。
フリードの大きな車体から生まれるスペースは客室だけでなく荷室にも配分されている。乗車スペースが広々しているだけでなく、この中でもっとも大きな荷室が特徴だ。

ソリオ、ラウム、ポルテ、フリードはこんな人に向いてる

ソリオ

運転が苦手で街乗り中心ならソリオがお奨め。
小さな車体は取り回しがしやすく駐車の簡単にできる。
めったに遠出しないのなら、高い全高も気にならないはずだ。
購入時には姉妹車の三菱・デリカD2も同時に見積りを取るのが基本だ。
ソリオソリオ

ラウム

ラウムは際立った長所はないものの万人にお奨めできる。
客室と荷室配分のバランスがよく不満に感じることが少ないだろう。
子供だけでなく大人の乗車機会が多い人にも向いている。
高速運転も疲れが少なくドライバーにもやさしい。
ラウムラウム

ポルテ

ポルテは小さな子供の乗車が多い人に向いている。
道路側に子供が飛び出す危険も少ないのは購入の動機になるだろう。
助手席スライドドアをひらくとワンアクションでそのまま後席部分まで開いてくれるのも非常に便利だ。
ドア枚数が少ないが、欠点でなくメリットとして利用している。
ポルテポルテ

フリード

フリードは広い荷室を趣味で多用したい人におすすめ。
子供が大きくなり自分でドアの開け閉めができるようになると3ドアのポルテでは不満に感じる場面も出てくるだろう。
独立したリアのスライドドアと広い荷室は少し大きくなった子供と過ごす休日にぴったりだ。
5人乗りで荷室部分に特徴を持たせたフリードスパイクもお薦めできる。
フリードフリード