トヨタの軽自動車ピクシス スペースが発売、ムーヴコンテのOEM

トヨタから初めての軽自動車が発売

トヨタ初の軽自動車としてピクシススペースが発売される。
生産はトヨタ傘下のダイハツが行う、いわゆるOEM車でムーヴコンテのトヨタ版ということになる。
これまでの宣伝やアナウンスが控えめだっとことを考えると、トヨタ独自のキャラクター付けはされない可能性が高く、実質的にはムーヴコンテにトヨタエンブレムを貼りつけただけのものになると予想される。
ピクシススペースの価格は112万円からとなっており、ムーヴコンテのベースグレードLの2WDと同価格。
グレード展開もOEM元車種とほぼ同じになると考えられる。
発売日は2011/9/26となっている。

トヨタの販売サイドでは、これまでマークXやクラウンを購入してきた顧客が高齢化するに伴って、軽自動車などに乗り換えるケースが目立ってきており、販売台数を維持するのが困難になっている。
こういったユーザーからの顧客離れを食い止めるためにも、トヨタ系列の販売店では軽自動車の導入が急がれていた。
ムーヴコンテの他にもハイゼット(軽商用車)などダイハツから計3車種についてOEM車の導入が検討されている。

すべての国内メーカーが軽自動車マーケットに参入

トヨタが軽自動車市場に参入したことで、国内のすべての自動車メーカーから軽自動車が販売されることになる。
ただし、生産しているのは、スズキ、ダイハツ、三菱、ホンダ、スバルのみで、トヨタ、日産、マツダについてはOEM供給を受けての販売のみとなっている。
スバルも軽自動車の生産から撤退しつつあり、現在自社生産している車種はサンバーのみ。
日本では税制上のメリットから軽自動車人気が続いている。
ただし、軽自動車規格は日本国内のみの規格のため、グローバルレベルで見れば販売台数が多いわけではない。
販売するメーカーは多くても、生産面で採算の取れるメーカー・車種は限られており、軽自動車の増税案が浮上する中、今後はさらに淘汰が進みそうだ。

関連するレポート

[ 2011/09/09 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.