car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

軽自動車燃費ランキング(6位~10位)

軽自動車の実用燃費をランキング

軽自動車燃費ランキング(1位~5位)
軽自動車燃費ランキング(11位~)
軽自動車のカタログ燃費ではなく、実際に乗っているオーナーによる実用燃費のランキングです。
6位~10位は人気の背の高いワゴンタイプの軽自動車がランクインしてきた。

6位:ラパン 実用燃費17.32km/L

基本設計は古いが、CVT搭載で燃費を伸ばしている。
全高は低いが、スクウェアなデザインなので、室内は意外と広い。
ベースとなっているのは、スズキアルト。

7位:ムーヴ 実用燃費17.12km/L

10・15モード燃費は27.0km/Lとハイトワゴンタイプの軽自動車では最も燃費がいいが、実燃費ではそこまでの実力はなく、ライバルのワゴンRよりも劣る。
やはり、ワゴンボディは車体重量は増えるし、風の抵抗も受けやすいので、燃費の面では不利になる。
室内の広さを求めるなら、燃費性能とのバランスのいい車種だ。

8位:トッポ 実用燃費16.90km/L

設計が古く10・15モード燃費は21.0km/L。ムーヴと比較して大きな差があるが、実用燃費ではほとんど変わらない。
三菱車は不人気なので中古車は安いし、新車も値引きが期待できる。
経済性を重視するならお薦めの軽ワゴン車となる。

9位:ムーヴコンテ 実用燃費15.92km/L

ムーヴと共通のパワートレーンだが、アイドリングストップは付かない。
ボディサイズが少し大きく、車体重量が少し重いことと、スクウェアなボディ形状は空力特性上デメリット。
ムーヴよりもやや実燃費性能が劣る。

10位:パレット 実用燃費15.72km/L

全高が高く車内は広々。
最近はこういったタイプの軽自動車が特に人気だ。
ライバルのタントと共に売り上げを伸ばしている。
大きく重いボディのため、燃費性能は最高とは言えないが、室内の広さを考えれば十分満足のいくレベルだ。

軽自動車の実用燃費 6位~10位 まとめ

アイドリングストップシステムはコスト高の割りに、実燃費としてはほとんど無意味。
CVTは低燃費効果が高い。
背の高いワゴンタイプが人気だが、全高はなるべく低く車体重量が軽いものが燃費の面ではメリットになる。
コンパクトカーよりも軽自動車は燃費が悪いという声も聞くが、ほぼ同等の燃費性能と言える。
ただし、ターボエンジン車は燃費が悪化する傾向がある。
ある程度の余裕をもった走りを求めるなら、コンパクトカーの選択がお薦め。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

ムーヴコンテ

ムーヴコンテ

代表グレード

L VSII

発売日

2015年4月

2015年4月

型式

DBA-L575S

DBA-L575S

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1655

1655

ホイールベース(mm)

2490

2490

トレッド 前(mm)/後(mm)

1300/1295

1300/1295

室内長(mm)

2000

2000

室内幅(mm)

1335

1335

室内高(mm)

1350

1350

車両重量(kg)

830

830

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

52ps(38kW)/6800rpm

52ps(38kW)/6800rpm

最大トルク

6.1kg・m(60N・m)/5200rpm

6.1kg・m(60N・m)/5200rpm

圧縮比

11.3

11.3

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

27.6

27.6

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

タイヤサイズ(リア)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

最小回転半径(m)

4.5

4.5

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,157,143円

1,231,200円

車名

ムーヴコンテ

ムーヴコンテ

代表グレード

カスタム X

発売日

2015年4月

2015年4月

型式

DBA-L575S

DBA-L575S

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1655

1655

ホイールベース(mm)

2490

2490

トレッド 前(mm)/後(mm)

1300/1295

1300/1295

室内長(mm)

2000

2000

室内幅(mm)

1335

1335

室内高(mm)

1350

1350

車両重量(kg)

840

840

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

52ps(38kW)/6800rpm

52ps(38kW)/6800rpm

最大トルク

6.1kg・m(60N・m)/5200rpm

6.1kg・m(60N・m)/5200rpm

圧縮比

11.3

11.3

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

27.6

27.6

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

タイヤサイズ(リア)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

最小回転半径(m)

4.5

4.5

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,260,000円

1,362,857円

過去記事(2011/03/22)

ムーヴコンテ(ダイハツ)の口コミ評価

ムーヴコンテの特徴

広い室内が長所

ムーヴコンテのスクエアなボディ形状は、室内を広くすることに関してメリットになっている。
普通車からの乗り換えでも、軽自動車であることを感じさせないほど中は広々していて開放感がある。
後席の広さも十分で、大人が長く座っても不満の出るものではない。
乗り心地は軟らかくセッティングされている。運転自体の楽しさは無いが、ソフトな乗り心地は評価が高い。
収納に工夫があり、室内を綺麗に整理整頓することができる。
ただし、トランクの広さに関しては、絶対的な容量が少ない。
リアシートは軽自動車としては、しっかりした作りのものだがスライド機構が備わっておらず、4名乗車時のトランク容量を増やすことはできない。
リアシートを倒して、トランクを広くすることは可能だ。

また、車の本質的な部分とは関係ないが、スピーカーの音質に不満を持っているユーザーが多く、ムーヴコンテの欠点と言えるだろう。
音楽をかけてドライブする人は、どの程度の音質かお気に入りのCDを持参して確認しておいたほうがいい。

広く開くドア

ムーヴコンテはスライドドアではなく、ヒンジドアが採用されている。
大きく開くサイドのドアが特徴になっている。
乗り降りがしやすく、サイドドアからの荷物の出し入れが楽にできる。

室内は静か

軽自動車は室内の騒がしさが気になる所だが、ムーヴコンテに関しては、非常に室内が静かで良く出来ている。
エンジン騒音の遮音がよくできていて、室内は軽自動車とは思えないほど静かで上質な雰囲気が味わえる。
ただし、室外で聞こえる音に関しては、従来の軽自動車並の安っぽい大きめの騒音が響いている。
深夜の住宅街での車庫入れは、場所によっては周囲への配慮が必要だ。

実燃費

ムーヴコンテの実燃費は14~18km/Lぐらいの口コミ報告が多い。
トランスミッションにCVTも採用されおり、軽トールワゴン車としては良好な数値だろう。

メーカー ダイハツ
モデル ムーヴコンテ
グレード X“Special”
メーカー希望小売価格 1,100,000円
年式 2011年
型式 DBA-L575S
駆動方式 FF
全長(mm) 3395
全幅(mm) 1475
全高(mm) 1645
ホイールベース(mm) 2490
室内長(mm) 2000
室内幅(mm) 1335
室内高(mm) 1350
車両重量 850kg
最小回転半径 4.5m
サスペンション前 マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
サスペンション後 トーションビーム式コイルスプリング
エンジン 0.658L
KF-VE型
3気筒
DOHC
トランスミッション CVT
10・15モード燃費 22.0km/L
JC08モード燃費

ムーヴコンテのドライブフィール

運転のしやすさ

ムーヴコンテは四角いボンネットのため見切りが良く、初心者ドライバーでも運転がしやすい。
同じように軽自動車で四角いボディ形状のアルトラパンよりも視界がよく、運転に慣れていないドライバーにもお薦めできる車種だ。

ノンターボでも加速が十分

ムーヴコンテは、カスタムの一部モデルを除き、ノンターボのNAエンジンが採用されている。
KF-VE型3気筒DOHCエンジンは、ダイハツの軽自動車で多く使われており、信頼性も高く低燃費性能に優れたエンジンだ。
トランスミッションにはCVTが採用されており、スムーズな加速が可能になっている。
ダイハツタントでも同じタイプのKF-VE型エンジンとCVTの組み合わせであるが、ムーヴコンテの方が50~100kg程度、車体重量が軽いので、加速性能に余裕がある。
坂道の多い地域だったり、多人数乗車を多用する人でなければ、NAエンジンのモデルで十分だと感じた。

操作系

ムーヴコンテはアクセル、ブレーキ、ハンドルといった運転操作に関わる箇所の動作が軽いのが特徴だ。
これについては、メリットと感じる人と、デメリットと考える人に分かれている。
日常の足としての短距離運転がメインで、力の小さい女性の方からは、軽い操作系は運転が楽で操作しやすいと評価が高い。
少し遠出をしたり、たまには高速道路を走行するような使い方をする男性からは、操作が軽すぎて運転に神経を使うといったマイナス意見が出ている。
車のキャラクターを考えると軽めにセッティングされた操作系は妥当なところだろう。
シフトはコラムシフトになっている。シフト操作はハンドルの後ろから出ているレバーを使って行う。