新型カムリは新開発ハイブリッドシステムで燃費も出力もアップ

新型カムリはハイブリッド専用、304万円~発売

グローバルでは販売台数も多く人気の高いカムリだが、日本では車格の割に大きすぎるボディサイズが欠点とされ、これまでのシリーズでは販売台数を伸ばせていなかった。
日本市場でのカムリ廃止の動きもトヨタ社内ではあったほどだ。
だが、新型のカムリのデビューを受けてこの流れは一転している。
欠点だったと言われるボディサイズはさらに大きくなっている。
にもかかわらず、ハイブリッド専用車種にしたことで車格がなんとなくアップしたのが原因なのか、大き目のセダンを求めるユーザーから注目を集めている。
今回のフルモデルチェンジで、カムリは日本でも商品力のあるクルマに生まれ変わった。

新型カムリ、ハイブリッド専用車という選択

セダン離れが進むが故に、中途半端な仕様のセダンでは売れないという日本市場。
セダンに求めるものは他の市場よりも厳しく、ただ単に経済性や車体のコストパフォーマンスの良さだけでは売れなくなっている。
このため、燃費、走行性能、高級感、すべてのバランスを考えた結果、ハイブリッド専用車となった。
価格は304万円~と、中級ハイブリッドセダンとしてはお得感がある。

新型ハイブリッドエンジン搭載

新型カムリから搭載されることになった、2.5Lの新型エンジン2AR-FXEは、これまでSAIなどで採用されてきた2.4Lのハイブリッドエンジンと比較して燃焼効率がアップしてる。
アトキンソンサイクルとクールEGRを組み合わせて高い燃焼効率を実現したという。
ハイブリッドということで、モーターやバッテリーなどの方にばかり注目が集まってしまうが、燃費向上のためにガソリンエンジンを進化させる必要性はこれまでと変わらない。

バッテリーとトランクルーム

新型カムリのハイブリッド用バッテリーは、コスト重視でニッケル水素バッテリーが採用され、リアシートの後ろに設置される。
そのため、後席を倒しトランクルームを広げる機構は付かない。
これがもし、リチウムイオンバッテリーの採用であれば、前席センターコンソール内にバッテリーが設置し、リアシートを倒してトランクルームを広げることができたのであろうが、プリウスαのような妙に大きなセンターコンソールもセダンの室内ではミスマッチ。現在の仕様が最もベストかと思う。
DC-DCコンバーターを小型化させエンジンルームに移動させる工夫が盛り込まれている。
その結果、広いトランクルームとかなり小さいもののトランクスルー機構が備わっている。

新型カムリの燃費がいい

2.5Lの新型エンジンのおかげで燃費はかなり良くなった印象がある。
比較対象とされるのが同じトヨタのハイブリッドセダンのSAI。
SAIのほうがやや価格帯が上だが、ほぼ同クラスでもありディーラーでも比較の対象となるはず。
10・15モード燃費で比較すると、SAIの23.0km/Lに対し、カムリは26.5km/Lと10%以上向上している。
この26.6km/Lという数値はヴィッツのアイドリングストップ付きモデルと同じ。
中型セダンでありながら、コンパクトカーのヴィッツと同等の燃費性能には驚かされる。
もちろんヴィッツは非ハイブリッドであるから、条件が違い過ぎるのだが、カムリの絶対的な燃費の良さは魅力的だ。

関連するレポート

[ 2011/09/11 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.