car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタがプジョーシトロエングループとOEM提携、円高でハイエースの輸出停止

投稿日:

トヨタがプジョー・シトロエンの商用車を欧州でOEM販売

プジョー308 sedan
(写真はプジョーの主力車種308)
トヨタはプジョー・シトロエン・グループ(PSA)と欧州市場における商用車のOEM提携の締結に至ったことを発表した。これによりトヨタはハイエースの欧州への輸出を停止し、プジョー・エキスパートおよびシトロエン・ジャンピーをベースにしたOEM車を欧州で販売することになる。

トヨタは円高が一段と深刻化するなか、日本からの輸出車種を減らし、現地生産車種を取り入れることで対応する。また、今回のOEM提携はPSAにとってもメリットが大きい。PSAは今月2012年7月に主力工場の閉鎖と8000人規模のリストラを発表しており、欧州危機のさなか経営状態が悪化している。今回の提携合意により、2016年以降の閉鎖が懸念されていたセベルノール工場の操業が維持されることになり、多少なりとも助け舟となった。

トヨタの新型商用車、OEM元車種はエキスパートとジャンピー

トヨタエンブレムを付けたエキスパートおよびジャンピーのOEM車は、年間5000~1万台規模で生産される予定。さらに次期モデルの開発費用などにもトヨタが一部を負担する見込みだ。
(プジョー・エキスパート)
プジョー エキスパート

(シトロエン・ジャンピー)
シトロエン ジャンピー
経営状態は瀕死とも言えるPSAと業務提携を締結したトヨタだが、資本提携については否定。両社の関係はあくまでもエキスパート&ジャンピーのOEM提携に限るとしている。

シトロエンDS4
(写真はシトロエンの主力車種DS4)
308、DS4なんかにトヨタエンブレムが付いて売りだされたら違和感ありだが、商用車ならトヨタエンブレムでもOKか?
円高で日本生産車がどんどん減っていくのは大問題ですが。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント