car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

トヨタのミドルクラスミニバンがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

トヨタの2Lクラスミニバン、ノア、ヴォクシー、エスクァイアのマイナーモデルチェンジが2017年の初夏あたりに実施される見込みとなっている。前回レポートではエスクァイアはマイナーモデルチェンジ対象に含まれていないということであったが、これも同時発売となり、三姉妹モデルが足並みをそろえて後期型へシフトすることになる。

(写真は現行エスクァイア)
エスクァイア

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが属する2.0Lクラスミニバンの競争は激化、ステップワゴンは脱落

1990年代のミニバンブームは過ぎ去ったものの、比較的室内が広く車両価格も手頃な2.0Lクラスミニバンはファミリー層から人気で、ノア/ヴォクシー/エスクァイアのトヨタ勢のほか日産・セレナ、ホンダ・ステップワゴンが互いにライバル関係となり、しのぎを削ってきた。ただし、現行ステップワゴンについては販売台数が伸び悩んでおり、今はトヨタと日産の二強状態となっている。

(写真は現行ノア)
ノア ミニバン ノア リアコンビネーションランプ

日産は昨年2016年に自動運転技術のプロパイロットをセレナに初導入したことで、これが人気化しており販売台数が好調。さらに2017年夏には新たなパワートレインとして、e-POWERをセレナに導入する予定となっており、燃費面での弱点が補強される見込みだ。

(写真は現行ヴォクシー)
トヨタ ヴォクシー ヴォクシー リアコンビネーションランプ

ノア、ヴォクシー、エスクァイアのマイナーモデルチェンジはこれに対抗する形となる。

(写真は日産・セレナ)
セレナ highway STAR

今後、2.0Lクラスミニバン市場はさらに生き残りが困難になっていくと予想する。クロスオーバーSUVの3列シートモデルがトレンドとなりつつあり、日産・エクストレイルの3列シート版の後を追うように、マツダがCX-6あるいはCX-8なる3列シートモデルを導入予定。トヨタもハリアーに3列シートモデルを設定する見込みとなっている。

#1 匿名さん2017/03/07(Tue)14:11:47
1月
ヴォクシー/ノア/エスクァイア 13198台
セレナ 11179台
ステップワゴン 3380台

2月
ヴォクシー/ノア/エスクァイア 17197台
セレナ 10983台
ステップワゴン 3823台

数値的にもステップワゴンだけ取り残されてるのが明白か

#2 匿名さん2017/03/07(Tue)17:30:43
1月
ヴォクシー/ノア/エスクァイア 13198台
セレナ 11179台
ステップワゴン 3380台

2月
ヴォクシー/ノア/エスクァイア 17197台
セレナ 10983台
ステップワゴン 3823台

数値的にもステップワゴンだけ取り残されてるのが明白か

#3 匿名さん2017/03/10(Fri)16:45:50
ステップワゴンはデザインで劣るが、セレナより加速と燃費はいいらしい。ターボ音はやや気になったが、我慢できる。

名前(任意)
コメント