トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

ハリアーがマイナーモデルチェンジでC-HRに対抗、SUV人気に便乗

ハリアーの現行型は2013年に発売されたモデルであった。販売4年を迎える今年はビッグマイナーチェンジが予定されており、エクステリアは一新される。同じメーカー内でライバル関係となっているC-HRに対抗するため大胆なフェイスリフトにより、表情を変えてくるだろう。

(写真は現行ハリアー)
ハリアー

ハリアー後期モデルに設定される3列シート7人乗り仕様がミニバンユーザーの受け皿に

後期型ハリアーには、新たな仕様として、3列シート7人乗りモデルの追加ラインアップも予想される。

ハリアー リアコンビネーションランプ

トヨタでは3列シートミニバンのラインアップ再編が進められており、これまでにシエンタ、ノア/ヴォクシー/エスクァイア、アルファード/ヴェルファイアといった3タイプのボディを主軸にニューモデルを展開してきた。これらは何れも、室内スペースを重視するミニバンユーザーに向けて、全高が高く設定されている特徴を持つ。

ハリアー トヨタ

一方で、全高がやや低いウィッシュやアイシスといったモデルはカタログ落ちとなり、次期型が用意されない可能性が高い。これらの客層を引き継ぐモデルとして、SUVベースの3列シート仕様が検討されているというわけである。近年、こういった動きは他メーカーでも例があり、日産がエクストレイルに3列シート車を設定し、マツダはCX-5の3列シート版としてCX-6の導入を計画するなどトレンドとなりつつある。

(写真は8AR-FTS型エンジン)
8AR-FTS型

また、後期型ハリアーでは2.0Lターボ車が導入される噂もあり、レクサスNX200tなどに使われる8AR-FTS型ユニットの搭載が期待される。

後期型ハリアーの発売は、2017年6月頃が想定される。

関連するレポート

[ 2017/02/27 ]
#1 匿名さん2017/02/28(Tue)19:29:32
>アルファード/ヴァンガード

ヴェルファイアだろ
#2 匿名さん2017/02/28(Tue)22:48:43
※1
ヴァンガードの出世物語。
#3 匿名さん2017/03/01(Wed)00:52:03
4代目RAV4には3列シートが無いみたいだから、ロングボディを作らなければ無理でしょ。
#4 匿名2017/03/01(Wed)02:23:02
ハリアー、カッコ悪いなあ。
先代より、ホイールベース短縮し
フロントオーバーハング延長、リアオーバーハング延長したため、
サイドからのデザイン最悪ですな。
ずんぐりむっくりした
チョロQみたい。
#5 匿名さん2017/03/01(Wed)06:25:52
>>1 誤記でした。訂正します。
#6 匿名さん2017/03/01(Wed)15:16:16
エクストレイルの3列シートの真似か?
#7 匿名さん2017/03/01(Wed)22:42:00
SUVがミニバンに見えてくるのは俺だけかな
#8 匿名さん2017/03/02(Thu)11:18:54
ハリアー程度のオーバーハングが受け付けない人は可哀想だな
スバルやアウディ等々、絶対乗れない車種は山ほど出るし
ポルシェやフェラーリの名車たちを見たら発狂しなきゃおかしいもんな
#9 匿名さん2017/03/03(Fri)04:39:00
ハリアー、ダサい。たしかにフロントオーバーハング長いよな。鳥のクチバシみたいで笑える。
#10 匿名さん2017/03/17(Fri)20:02:44
だが、それが良い。
#11 匿名さん2017/03/20(Mon)11:20:31
ハリアー乗ってて恥ずかしくないのかい!。カッコ悪い。ただそれだけ。
#12 匿名さん2017/04/16(Sun)09:44:20
2000ccのクリーンディーゼル車も出して欲しいと思います。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.