クラウンとフーガ、高級セダン長所短所の比較

フーガとクラウンのメリットとデメリットを比較

スポーティーなハンドリングが魅力のフーガ

スポーティーなハンドリグを求めるならフーガだが、このクラスのセダンに求めるのは室内の快適さ。スポーツ性能を求めるならフーガよりもレガシィやスカイラインを選ぶべき。
フーガは路面の凹凸を拾い、突き上げ感も残る足回りにセッティングされているため、高級車らしい乗り心地を求めればクラウンの選択になる。

フーガとクラウンどちらがオッサンくさいか?

フーガの外観はスポーティーで若々しさも感じるが、クラウンはいかにもオジサン顔。ただし、操作系はフーガもなかなかオジサンくさい。特にナビ周りがお年寄り向けで、ひらがなで大きく書かれた文字が。この外観と内装のミスマッチが、販売台数で苦戦している原因ではないか。

無難で面白みがないクラウン

フーガはハイオク指定で最小回転半径も少し大きく小回りが利かないなどクラウンに対し性能的にデメリットもあるが、実用性よりも走行フィーリングで満足できるクルマを目指している。コーナリングでの切れ味もいい。
これに対してクラウンは無難で、345万円~の車としては十分快適で申し分がないが、それ以上のものがない。
しかし、それ以上のものを求めないのが、このクラスのセダンを買う客層でもある。

ハイブリッドモデルならクラウンがオススメ

共にハイブリッドモデルをラインアップしているクラウンとフーガであるが、燃費性能はフーガの方が良い。
車両価格はクラウンハイブリッド540万円~、フーガハイブリッド577.5万円~となる。
フーガは価格は高いものの、リチウムイオンバッテリーを採用しているなど贅沢な装備となっている。
一方、クラウンは500万円中盤を超えるハイブリッド車種でありながら、低コストなニッケル水素バッテリーを採用している。
ただし、ハイブリッドシステム全体を見た仕上がりの良さは、プリウスシリーズで実績のあるトヨタの方が上に感じる。
ハイブリッド車はモーターやバッテリーを積載する関係で重量バランスが変わってしまうが、クラウンはこのあたりの技術も熟成が進んでおり操縦安定性がいいのは長所として感じた。
ハイブリッドカーがようやく量産化できた日産とは技術力の差を感じる。

関連するレポート

[ 2011/08/06 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.