car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

クラウン
フーガ

クラウンとフーガ、高級セダン長所短所の比較

投稿日:2011/08/06 更新日:

フーガとクラウンのメリットとデメリットを比較

スポーティーなハンドリングが魅力のフーガ

スポーティーなハンドリグを求めるならフーガだが、このクラスのセダンに求めるのは室内の快適さ。スポーツ性能を求めるならフーガよりもレガシィやスカイラインを選ぶべき。
フーガは路面の凹凸を拾い、突き上げ感も残る足回りにセッティングされているため、高級車らしい乗り心地を求めればクラウンの選択になる。

フーガとクラウンどちらがオッサンくさいか?

フーガの外観はスポーティーで若々しさも感じるが、クラウンはいかにもオジサン顔。ただし、操作系はフーガもなかなかオジサンくさい。特にナビ周りがお年寄り向けで、ひらがなで大きく書かれた文字が。この外観と内装のミスマッチが、販売台数で苦戦している原因ではないか。

無難で面白みがないクラウン

フーガはハイオク指定で最小回転半径も少し大きく小回りが利かないなどクラウンに対し性能的にデメリットもあるが、実用性よりも走行フィーリングで満足できるクルマを目指している。コーナリングでの切れ味もいい。
これに対してクラウンは無難で、345万円~の車としては十分快適で申し分がないが、それ以上のものがない。
しかし、それ以上のものを求めないのが、このクラスのセダンを買う客層でもある。

ハイブリッドモデルならクラウンがオススメ

共にハイブリッドモデルをラインアップしているクラウンとフーガであるが、燃費性能はフーガの方が良い。
車両価格はクラウンハイブリッド540万円~、フーガハイブリッド577.5万円~となる。
フーガは価格は高いものの、リチウムイオンバッテリーを採用しているなど贅沢な装備となっている。
一方、クラウンは500万円中盤を超えるハイブリッド車種でありながら、低コストなニッケル水素バッテリーを採用している。
ただし、ハイブリッドシステム全体を見た仕上がりの良さは、プリウスシリーズで実績のあるトヨタの方が上に感じる。
ハイブリッド車はモーターやバッテリーを積載する関係で重量バランスが変わってしまうが、クラウンはこのあたりの技術も熟成が進んでおり操縦安定性がいいのは長所として感じた。
ハイブリッドカーがようやく量産化できた日産とは技術力の差を感じる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント