car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フーガが間もなく後期型へマイナーモデルチェンジ、インフィニティQ70日本発売

フーガがマイナーチェンジ、後期型はスポーティ路線へデザイン変更

日産の上級セダン、フーガがまもなくマイナーモデルチェンジされる見込みとなった。現行型については、既にオーダー受付が終了されており、日本市場向けモデルも後期型へ移行されることになるだろう。

(写真は新型インフィニティQ70、パリモーターショー2014)
新型フーガ インフィニティQ70

フーガはインフィニティブランドが展開される市場では、Q70として販売されるモデルである。北米および欧州では、既に後期型Q70が公開されており、これによればフロントデザインの印象が大きく変えられることがわかっている。

フーガ 日産 インフィニティQ70 マイナーモデルチェンジ

フロントグリルについては、前期型は上級車らしい貫禄を感じさせるものであったが、後期型はメッシュグリルを採用しスポーティな装いとなった。ヘッドライトはスカイライン調の鋭い目つきとなる。

日産フーガ インフィニティQ70

リアコンビネーションランプやトランクリッドにも変更が加えられ、全体的には走りの良さを強調したスポーティなエクステリアデザインに仕上げられている。

フーガ インフィニティQ70 パリモーターショー

新たな装備としてはプレディクティブフォワードコリジョンワーニング(PFCW)が採用される。これは2台前方の車両の動きを監視することで、より精度の高い前方衝突予測警報を可能としたシステム。既にスカイラインでも先行導入されている。

フーガ後期型はインフィニティエンブレム採用の可能性、インフィニティ車の日本導入

また、フーガ後期型にはインフィニティエンブレムが採用されるのではという噂もあり興味深いところである。

(写真はスカイライン)
スカイライン V37 発売
既にインフィニティQ50が日本市場においてスカイラインの車名で日産ディーラーで販売されているが、これは海外仕様同様にインフィニティエンブレムを付けたままであった。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2014/10/09)

欧州版フーガ、インフィニティQ70がマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

フーガ、インフィニティQ70がパリモーターショーでマイチェン

欧州版インフィニティQ70がマイナーモデルチェンジを受けて、パリモーターショー2014で公開された。

(写真は新型インフィニティQ70)
フーガ マイナーモデルチェンジ

インフィニティQ70は、日本市場では日産・フーガとしてラインアップされるモデル。現行モデルは2010年にインフィニティMシリーズとしてデビューし、2012年にインフィニティQ70へと名称変更された経緯がある。実質的には販売4年目にして今回のマイナーモデルチェンジを受けたことになる。

新型フーガ インフィニティQ70 フーガ インフィニティQ70 日産

フーガ日本仕様もインフィニティQ70と同様のフェイスリフトを受けるだろう

新型インフィニティQ70は従来モデルに比べ、スポーティーになったフロントデザインが印象的である。ヘッドライトは目頭が上げられ、日本ではスカイラインとして販売されるインフィニティQ50調となった。フロントグリルは従来モデルではメッキ横桟グリルを採用することでプレミアム感が表現されたが、新型はメッシュタイプへと変更されスポーティーに仕上げられた。フォグランプ形状もブラッシュアップされている。

日産フーガ インフィニティQ70

リアデザインも新しくなった。なかでもリアコンビネーションランプのLED点灯は非常に主張が強く、後ろからも抜群の存在感を示す。

フーガ インフィニティQ70 パリモーターショー

欧州仕様では2.2Lディーゼルもラインアップされる。

新型Q70は、今回はワールドプレミアというわけではなく、2014年4月のニューヨーク国際オートショーで先行してデビューしていた。このパリ発表により、欧州市場のインフィニティQ70もマイナーモデルチェンジを受け、後期モデルに順次移行されることになる。

フーガ 日産 インフィニティQ70 マイナーモデルチェンジ

もちろん日本市場向け車種においてもフーガのマイナーモデルチェンジモデルとして同様のフェイスリフトが盛り込まれることになるだろう。

過去記事(2014/08/28)

フーガのマイナーモデルチェンジが2014年内計画、インフィニティグリル採用か

フーガ後期モデルは、インフィニティQ70のエクステリアデザインと共通化されるのか

現行フーガは2009年に2代目として発売され、今年2014年で販売6年目を迎えるモデル。日産の上級セダンとしてラインアップされるが、特にシーマおよびプレジデントがラインアップから外れた期間は、日産のフラグシップを担ったことでより高級車としての認知がなされるようになった。そんな2代目シーマの後期モデルへのマイナーチェンジが、2014年秋冬にも実施されそうだ。

(写真はインフィニティQ70L)
フーガ ロングホイールベース インフィニティQ70L

既に海外版フーガ、すなわちインフィニティQ70が2014年4月のニューヨーク国際オートショーでマイナーチェンジ発表されていた。日本のフーガ後期モデルのエクステリアデザインもQ70後期モデルに準じたものとなることが予想される。

フーガ後期モデルは、脱フラグシップによりスポーティーなデザインとなる

前述の通り、これまでフラグシップを任されてきた経歴のあるフーガは高級感を優先したデザインが採用されてきたように感じる。ただ2012年のシーマのラインアップ復活により、フーガ後期モデルはフラグシップという縛りが無くなった。インフィニティQ70後期モデルと同じようにスポーティーなメッシュグリルが採用される可能が高いと考える。スカイラインの例でもあるように、日産エンブレムではなく、グリル内のインフィニティエンブレムもそのまま採用されるかもしれない。

インフィニティQ70L フーガ インフィニティQ70L フーガ

ヘッドライトは外形こそ変わらないように見えるが、レンズ内にアイブロウ調の装飾が加わることで目つきは鋭くなる。

フーガ後期 インフィニティQ70L 日産フーガ インフィニティQ70L

リアビューでは、トランクフードのデザイン変更が盛り込まれる。Q70後期モデルではメッキ装飾パーツが大きくなり、リアコンビネーションランプは中央方向に伸ばされることで、アグレッシブなイメージが強くなった。

インフィニティQ70L フーガ ニューヨークモーターショー

今回はあくまでマイナーモデルチェンジということで、基本的なボディラインは変わらない。ただし、ラグジュアリーな雰囲気の丸みを帯びたボディラインが特徴的であった前期型と比較して、後期型は全体としてエッジが効かされた印象を得るだろう。

過去記事(2014/04/20)

北米版フーガ、Infiniti Q70がマイナーチェンジ、後期型はスカイライン顔

フーガ北米仕様がマイナーモデルチェンジ、フロントデザイン変更

インフィニティ ブランドで販売されるQ70シリーズのマイナーモデルチェンジ発表が、4月16日より開催中のニューヨーク国際オートショーで行われた。

(写真はQ70L)
インフィニティQ70L フーガ

Q70シリーズは日本市場では日産ブランドでフーガの車名で販売されている。フーガ日本仕様も順次新型に切り替えられていくことになるだろう。

フーガのロングボディ仕様がInfiniti Q70Lとして北米発表、ハイブリッドは無し

また、これまで中国市場ではインフィニティM35hLとしてQ70と同系統車種のロングボディバージョンが販売されてきた。これがインフィニティQ70Lとして北米にも導入されることが発表された。Q70からホイールベースを150mm延長させ、その多くが後席レッグスペースに充てられた仕様となる。ただし日本市場向けには既にシーマがラインアップしており、このロングボディ版のフーガが日本発売されることは無いだろう。

インフィニティQ70L フーガ
新しくなったQ70の顔つきは、概ねインフィニティQ50として海外販売される日産・スカイラインのデザインルールが取り入れられたと考えている。

日産フーガ インフィニティQ70L

ヘッドライトはデザイン変更されており、鋭い目つきはQ50と共通するものを感じさせる。リアコンビネーションランプはLEDタイプにリニューアルされた。

フーガ後期 インフィニティQ70L

従来型ではシンプルであったフォグランプは、上下2段タイプに変更されている。

フーガ ロングホイールベース インフィニティQ70L

フロントグリルは横桟からメッシュタイプに変更されスポーティな印象が与えられた。

インフィニティQ70L フーガ ニューヨークモーターショー

Q70Lに搭載されるパワートレインはV6 3.7LとV8 5.6Lの2タイプのみの設定となる。Q70あるいはシーマでも設定されたハイブリッド仕様はロングボディ仕様では用意されない。

過去記事(2011/09/22)

フーガのスポーツクーペが計画中/インフィニティM

フーガのクーペ版が2014年に発売計画

日産の上級セダン、フーガのスポーツクーペ版が計画されている。
北米ではインフィニティ Mシリーズに位置するラインアップであるが、これが日本でもフーガクーペとして導入される可能性が高い。
採用されるエンジンについては、日産はダイムラーと提携関係にあることから、メルセデス製V8が候補として考えられてきた。
しかし、ここにきて日産は新型V6エンジンの独自開発に成功。
フーガクーペの上級グレードには排気量3L+ターボ+ハイブリッドという構成が濃厚になってきている。
下級グレードはNAのV6,3Lもあり得るだろう。
フーガクーペの発売は2014年のデビューが計画されている。

日産のクーペラインナップ過密状態に

セダンのフーガのラグジュアリー路線を引き継ぐのがフーガクーペの立ち位置であろうが、そうそう数の出ないクーペ車種が日産ラインアップの中で過密状態になりつつある。
フーガクーペがデビューする2014年頃には、次期フェアレディZもデビュー。
スカイラインクーペはやや遅れるだろうが、2015年あたりにはV37のクーペも出揃うはずだ。
GT-Rを筆頭にフェアレディZ、スカイラインクーペ、フーガクーペと多くの中級~上級クーペのラインアップが出揃うことになる。
もちろんクーペの売れない日本市場ではこれだけの車種を維持するのは不可能で、北米市場あってのラインアップであろうが、過密状態は否めない。
本当に計画通り全てのクーペ車種をデビューさせることができるのかは、今後の世界景気次第といったところか。

メルセデス製V8エンジンの採用も望む

GT-Rを除く車種は、新型VQエンジンがメインになってくるだろう。
自前のエンジンをメインに使うというのは、経営上も当然の流れ。
ただし、新型VQエンジンはNA、ターボ、ハイブリッドとバリエーションが広いものの、すべて同じ系統のV6というのは、ユーザーからすれば面白みがない。
むしろ、一台ぐらいメルセデス製V8エンジンをメインに扱う車種が出たほうが、車種のキャラが立ちやすいのではと考える。
となると、フェアレディZ、スカイラインクーペは日産色が強すぎるので、新型VQをメインとするのが妥当か。
ラグジュアリー路線で歴史が浅いフーガクーペならメルセデス製エンジンの採用も不自然に感じない。

過去記事(2011/06/07)

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位

ハイブリッドカー実用燃費ランキング1位~5位
ハイブリッドカー実用燃費ランキング11位~

ランキング6位~10位は上質感のある車種が多い

6位:レクサス CT200h 実燃費16.85km/L

(10・15モードカタログ燃費34.0km/L)
THS系ハイブリッドでプリウスの次に実燃費が良かったのは、レクサスの高級ハッチバックモデルCT200hである。
このクラスになるとドライバーも燃費運転というよりかは、走りを楽しむ走行をしがちだが、それでも低燃費をマークした。
ハンドリング性能も評価が高い。

7位:トヨタ SAI 実燃費14.99km/L

(10・15モードカタログ燃費23.0km/L)
SAIはトヨタブランドでのセダンボディのハイブリッド車である。
セダンのハイブリッドカーはホンダのシビックハイブリッドの方が歴史が長いが、セダンクラスでは車体が大きくより上質感のあるセグメントのSAIが断然人気がある。
THS系ハイブリッドながら2.4Lエンジン搭載でプリウスの1.8Lよりもハイパワーとなっている。

8位:レクサス HS250h 実燃費14.53km/L

(10・15モードカタログ燃費23.0km/L)
SAIと共通のハイブリッドシステムで燃費性能も同等。
レクサスブランドのオーナー層は燃費など気にしないのか、実燃費ではHS250hのほうが劣っていた。
レクサスの中では車体価格、車体サイズ共にお手ごろで人気車種となっている。

9位:日産 フーガハイブリッド 実燃費12.61km/L

(10・15モードカタログ燃費19.0km/L)
日産にハイブリッドカーがラインアップされていることは意外と知られていないが、ちゃんと量産車として販売されている。
リチウムイオン電池を量産ハイブリッドカーとしては初めて採用しており、THS系のニッケル水素電池よりもそのポテンシャルは高い。
THS系でも最近になってリチウムイオン電池を搭載したプリウスα(7人乗り)がデビューしている。

10位:トヨタ エスティマハイブリッド 実燃費12.35km/L

(10・15モードカタログ燃費20.0km/L)
ハイブリッドカーで12.35km/Lという実燃費は、そんなに燃費が良くないのではと思うかもしれないが、ノーマルのエスティマの実燃費は8.63km/Lである。
ざっくりいえば年間12万3500円のガソリン代が8万6300円になるわけだから、ハイブリッド化の低燃費効果は結構ある。
ただし、車体価格の差を相殺するのはかなりの距離を走らないと難しいか。

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位 まとめ

ランキング上位は燃費性能を重視した車種が多かったが、6位~10位は主に上級セダンのハイブリッド車が姿を見せてきた。
元々この手の大きな車は燃費が悪いので、ランキング上位の小型の車種よりもハイブリッド化にする意義は大きい。
大きな車に乗る経済的余裕があるなら是非ともハイブリッドカーをお薦めしたい。