car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産新開発のVC-Tエンジンは2018年以降にVQエンジンとリプレイスされる見込み

日産がパリで可変圧縮比ターボエンジンを発表、2.0L VC-TURBO

パリモーターショー2016ではエンジンユニット単体での出展も多く見られた。なかでも注目を集めたのが、インフィニティブースで出展されたVC-Tエンジンである。

(写真はVC-Tエンジン)
VC-TURBO

VC-Tとは、Variable Compression – Turbochargedの略で、可変圧縮比ターボエンジンということになる。可変圧縮比エンジンはサーブによって先行開発されてきた印象があるが、今回、日産により量産レベルにまで仕上げられ、新開発エンジンとして公開された。2018年からの市販車両への搭載が予告されており、同時にパリで出展されたQXスポーツインスピレーションの市販モデル、つまり次期スカイラインクロスオーバーへの搭載が確定的となっている。

VC-ターボエンジン 日産-インフィニティ

VC-Tはスカイラインクロスオーバー、スカイライン、エルグランド、フーガへの搭載が予想される

VC-Tエンジンの圧縮比の変化域は8:1から14:1となっており、マルチリンクシステムの介入により、状況に応じて最適なものが幅広く設定可能となる。

VC-Tエンジン マルチリンク

最も高効率なのは高圧縮比の14:1ということになり、ピストンの上死点および下死点が最もバルブに近いグリーン色で示されるピストン可動域でエンジンが動作する。

VC-Tエンジン 日産-インフィニティ

反対に最も高回転高出力となるのが、低圧縮比のピンクで示されるピストン可動域ということで、上死点と下死点はバルブから離れる。これら高圧縮比から低圧縮比までシームレスに可変となる。なお、いずれの圧縮比においてもピストンの動作距離は変わらず、排気量は一定ということになる。

VC-T 日産-インフィニティ

エンジンスペックは、直4 2.0L ターボで、最高出力200kW(272ps)、最高トルク390Nm(39.8kgfm)ということで、従来のV6 3.5LクラスのVQ型エンジンとのリプレイスが予想される。

こういったエンジンスペックを持つ車種は、欧州市場ではインフィニティで販売されているため同ブランドでの発表となったのだろう。日本向け車種では、前述のスカイラインクロスオーバーの他、スカイライン、エルグランド、フーガあたりがVC-Tエンジンの守備範囲となりそうで、これら日産ブランド車種への搭載が予想される。

#1 匿名さん2018/01/19(Fri)07:00:43
倒産前の最後の一矢
#2 匿名さん2018/01/19(Fri)19:59:55
♯1
日産自動車株式会社様
その節は、弊社への「VC-T」に関する技術供与をお忘れなきよう
Renault S.A.S.(ルノー)
#3 匿名さん2018/01/19(Fri)20:15:01
フランス企業になって、中国とアフリカでバンバン売るのに倒産するわけねーだろ
国内ディーラーはどうなるか知らんが
#4 匿名さん2018/01/19(Fri)21:47:47
日産さん、好き勝手言われてますよ。
#5 匿名さん2018/01/19(Fri)21:50:13
韓国の「大宇自動車」はGMに買収され「GMコリア」となった
日産自動車はどうだろうね
「ルノー」の100%子会社になれば、新型車はバンバンでてきそうだけど
「ルノー日産」とか良いネーミング!
#6 匿名さん2018/01/19(Fri)21:58:10
日産は、ルノー車のライセンス生産を今から検討すべき
古い車種を一掃し、魅力的なラインアップを整備する
軽自動車・ミニバンといった海外に通用しない国内専用モデルは全廃
ブランドをルノーに変更することで国内シェアは「0.1%増」を見込む
#7 匿名さん2018/01/20(Sat)09:13:16
日産ブランドとしては、海外専用だろ、このエンジンは
数年たてば、メガーヌとかカジャーといったルノー車に搭載されて、日本でも乗れるようになるよ
#8 匿名さん2018/01/20(Sat)12:08:01
♯6

日産の国内販売シェアは登録車では5位。軽も含めれば2位。
軽をやめたらどうなるか?

#9 匿名さん2018/01/20(Sat)16:49:51
そもそも日本は、完成車メーカーの数が多すぎる
トヨタ・レクサス・ダイハツ、ホンダ、マツダ、スバル、スズキ、ミツオカで充分
ミツオカも近年はベース車両を、トヨタ、ホンダに変更しつつある
#10 匿名さん2018/01/21(Sun)18:15:47
これだけ複雑な機構だと高回転は苦手そう。まあスポーツエンジンではなさそうだし。勝手な想像。
#11 匿名さん2018/01/24(Wed)13:51:49
それなら現行型ターボは全て高回転が苦手ってことになる
直4の進化と利点は複雑化に耐えることにあるから、そこまで心配せんでも

とはいえ、スカイアクティブーDがアメリカや幾つかの国では全く基準を満たせず売ることすらできない代物だったこと考えると
手放しに新技術に飛びついて、オーナー側の負担は増えたものの、実は環境負荷的にはエゴに過ぎない可能性はあるがな

エゴ自覚して、他車のお陰でエゴカー乗れてることへの感謝さえあるなら、自分のために楽しい車乗っても問題ない
俺の愛する旧車もそう。他のお陰で乗れる車、感謝と遠慮を忘れちゃいけない
#12 匿名さん2018/01/24(Wed)14:42:11
あたかも、マツダの技術力が劣っているような記述が巧妙だな

北米(EPA)のディーゼルエンジンに関する各種規制は世界一厳しいもの
天下のVWが不正に手を染めてまでクリアしようとした事実を忘れてはならない

VWの不祥事で当初予定より遅れたものの、マツダのディーゼルはついに
今年北米で販売が始まる
https://www.mazdausa.com/
既にホームページで販売が予告されている
#13 匿名さん2018/01/24(Wed)19:57:56
マツダが成り上がって悔しいのは、日産オタ、もしくはホンダオタ
図星な!
#14 匿名さん2018/01/24(Wed)20:00:26
あいもかわらず、難解な文章
自己マン、自己マン!
さっしてくださいな!
#15 匿名さん2018/01/25(Thu)10:34:13
うぜー、他のサイトでやれ
#16 匿名さん2018/01/25(Thu)10:34:18
#12
VWダイムラー等のディーゼルが、欧州で見限られる程の詐欺の塊だった事は、前提
マツダはアプローチで圧倒し、欧州と同形式でもトヨタは環境負荷で圧倒
日本はディーゼルでさえ、すぐに追い付き追い越した

だが、ディーゼルであることの根本的物理的問題は、どちらも解決できていない
トヨタは乗用車へのディーゼル搭載を殆ど諦めてしまった
スカイDは低圧縮率で日欧の基準をクリアしたが故に、本来のメンテナンス性を捨て去るしかなかった
メーカー自ら一度に30分以上走行という推奨は本来異様なことだ
米販売不可は厳しい基準に即してなかった部分と共に、車検ない中でアフターケアできる環境が整ってなかった為
日本と同様に数年後に膨れ上がる不具合数が米でも起きたらと危惧した
偉いのは、トヨタとの提携で米でのトヨタディーラーでのスカイDの整備の全面対応を得たこと
これが整っての進出だ

日本各社は高い技術を持ってる
しかし魔法使いではない。乗用車用小型ディーゼルそのものの限界が見えた以上、我々がそれを盲信していたら負担になるだけだ
マツダも既に次を見ている。欧州だけじゃなく日本各社もとっくに切り替えている
#17 匿名さん2018/01/25(Thu)10:47:48
うぜー、他のサイトでやれ
#18 匿名さん2018/02/12(Mon)01:50:37
ノートNISMOに、このエンジン
#19 匿名さん2018/02/12(Mon)01:53:48
残念、縦置きFR用だから、搭載は無理なのよ
#20 匿名さん2018/02/12(Mon)01:55:43
図らずも、「アンチマツダ&アンチ輸入車」のオッサンを発見!
文章が難解過ぎて理解ができない
#21 匿名さん2018/02/17(Sat)06:22:44
vc-t乗りたいな

名前(任意)
コメント

日産新開発のVC-Tエンジンは2018年以降にVQエンジンとリプレイスされる見込み

日産・フーガが後期型へマイナーモデルチェンジ、インフィニティエンブレム装着

フーガが間もなく後期型へマイナーモデルチェンジ、インフィニティQ70日本発売

欧州版フーガ、インフィニティQ70がマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

フーガのマイナーモデルチェンジが2014年内計画、インフィニティグリル採用か

北米版フーガ、Infiniti Q70がマイナーチェンジ、後期型はスカイライン顔

フーガのスポーツクーペが計画中/インフィニティM

クラウンとフーガ、高級セダン長所短所の比較

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位

フーガハイブリッド(日産HY51)の口コミ評価