car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産新開発のVC-Tエンジンは2018年以降にVQエンジンとリプレイスされる見込み

投稿日:

日産がパリで可変圧縮比ターボエンジンを発表、2.0L VC-TURBO

パリモーターショー2016ではエンジンユニット単体での出展も多く見られた。なかでも注目を集めたのが、インフィニティブースで出展されたVC-Tエンジンである。

(写真はVC-Tエンジン)
VC-TURBO

VC-Tとは、Variable Compression – Turbochargedの略で、可変圧縮比ターボエンジンということになる。可変圧縮比エンジンはサーブによって先行開発されてきた印象があるが、今回、日産により量産レベルにまで仕上げられ、新開発エンジンとして公開された。2018年からの市販車両への搭載が予告されており、同時にパリで出展されたQXスポーツインスピレーションの市販モデル、つまり次期スカイラインクロスオーバーへの搭載が確定的となっている。

VC-ターボエンジン 日産-インフィニティ

VC-Tはスカイラインクロスオーバー、スカイライン、エルグランド、フーガへの搭載が予想される

VC-Tエンジンの圧縮比の変化域は8:1から14:1となっており、マルチリンクシステムの介入により、状況に応じて最適なものが幅広く設定可能となる。

VC-Tエンジン マルチリンク

最も高効率なのは高圧縮比の14:1ということになり、ピストンの上死点および下死点が最もバルブに近いグリーン色で示されるピストン可動域でエンジンが動作する。

VC-Tエンジン 日産-インフィニティ

反対に最も高回転高出力となるのが、低圧縮比のピンクで示されるピストン可動域ということで、上死点と下死点はバルブから離れる。これら高圧縮比から低圧縮比までシームレスに可変となる。なお、いずれの圧縮比においてもピストンの動作距離は変わらず、排気量は一定ということになる。

VC-T 日産-インフィニティ

エンジンスペックは、直4 2.0L ターボで、最高出力200kW(272ps)、最高トルク390Nm(39.8kgfm)ということで、従来のV6 3.5LクラスのVQ型エンジンとのリプレイスが予想される。

こういったエンジンスペックを持つ車種は、欧州市場ではインフィニティで販売されているため同ブランドでの発表となったのだろう。日本向け車種では、前述のスカイラインクロスオーバーの他、スカイライン、エルグランド、フーガあたりがVC-Tエンジンの守備範囲となりそうで、これら日産ブランド車種への搭載が予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

日産新開発のVC-Tエンジンは2018年以降にVQエンジンとリプレイスされる見込み

日産・フーガが後期型へマイナーモデルチェンジ、インフィニティエンブレム装着

フーガが間もなく後期型へマイナーモデルチェンジ、インフィニティQ70日本発売

欧州版フーガ、インフィニティQ70がマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

フーガのマイナーモデルチェンジが2014年内計画、インフィニティグリル採用か

北米版フーガ、Infiniti Q70がマイナーチェンジ、後期型はスカイライン顔

フーガのスポーツクーペが計画中/インフィニティM

クラウンとフーガ、高級セダン長所短所の比較

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位

フーガハイブリッド(日産HY51)の口コミ評価