car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産新開発のVC-Tエンジンは2018年以降にVQエンジンとリプレイスされる見込み

日産がパリで可変圧縮比ターボエンジンを発表、2.0L VC-TURBO

パリモーターショー2016ではエンジンユニット単体での出展も多く見られた。なかでも注目を集めたのが、インフィニティブースで出展されたVC-Tエンジンである。

(写真はVC-Tエンジン)
VC-TURBO

VC-Tとは、Variable Compression – Turbochargedの略で、可変圧縮比ターボエンジンということになる。可変圧縮比エンジンはサーブによって先行開発されてきた印象があるが、今回、日産により量産レベルにまで仕上げられ、新開発エンジンとして公開された。2018年からの市販車両への搭載が予告されており、同時にパリで出展されたQXスポーツインスピレーションの市販モデル、つまり次期スカイラインクロスオーバーへの搭載が確定的となっている。

VC-ターボエンジン 日産-インフィニティ

VC-Tはスカイラインクロスオーバー、スカイライン、エルグランド、フーガへの搭載が予想される

VC-Tエンジンの圧縮比の変化域は8:1から14:1となっており、マルチリンクシステムの介入により、状況に応じて最適なものが幅広く設定可能となる。

VC-Tエンジン マルチリンク

最も高効率なのは高圧縮比の14:1ということになり、ピストンの上死点および下死点が最もバルブに近いグリーン色で示されるピストン可動域でエンジンが動作する。

VC-Tエンジン 日産-インフィニティ

反対に最も高回転高出力となるのが、低圧縮比のピンクで示されるピストン可動域ということで、上死点と下死点はバルブから離れる。これら高圧縮比から低圧縮比までシームレスに可変となる。なお、いずれの圧縮比においてもピストンの動作距離は変わらず、排気量は一定ということになる。

VC-T 日産-インフィニティ

エンジンスペックは、直4 2.0L ターボで、最高出力200kW(272ps)、最高トルク390Nm(39.8kgfm)ということで、従来のV6 3.5LクラスのVQ型エンジンとのリプレイスが予想される。

こういったエンジンスペックを持つ車種は、欧州市場ではインフィニティで販売されているため同ブランドでの発表となったのだろう。日本向け車種では、前述のスカイラインクロスオーバーの他、スカイライン、エルグランド、フーガあたりがVC-Tエンジンの守備範囲となりそうで、これら日産ブランド車種への搭載が予想される。

#1 匿名さん2018/01/19(Fri)07:00:43
倒産前の最後の一矢
#2 匿名さん2018/01/19(Fri)19:59:55
♯1
日産自動車株式会社様
その節は、弊社への「VC-T」に関する技術供与をお忘れなきよう
Renault S.A.S.(ルノー)
#3 匿名さん2018/01/19(Fri)20:15:01
フランス企業になって、中国とアフリカでバンバン売るのに倒産するわけねーだろ
国内ディーラーはどうなるか知らんが
#4 匿名さん2018/01/19(Fri)21:47:47
日産さん、好き勝手言われてますよ。
#5 匿名さん2018/01/19(Fri)21:50:13
韓国の「大宇自動車」はGMに買収され「GMコリア」となった
日産自動車はどうだろうね
「ルノー」の100%子会社になれば、新型車はバンバンでてきそうだけど
「ルノー日産」とか良いネーミング!
#6 匿名さん2018/01/19(Fri)21:58:10
日産は、ルノー車のライセンス生産を今から検討すべき
古い車種を一掃し、魅力的なラインアップを整備する
軽自動車・ミニバンといった海外に通用しない国内専用モデルは全廃
ブランドをルノーに変更することで国内シェアは「0.1%増」を見込む
#7 匿名さん2018/01/20(Sat)09:13:16
日産ブランドとしては、海外専用だろ、このエンジンは
数年たてば、メガーヌとかカジャーといったルノー車に搭載されて、日本でも乗れるようになるよ
#8 匿名さん2018/01/20(Sat)12:08:01
♯6

日産の国内販売シェアは登録車では5位。軽も含めれば2位。
軽をやめたらどうなるか?

#9 匿名さん2018/01/20(Sat)16:49:51
そもそも日本は、完成車メーカーの数が多すぎる
トヨタ・レクサス・ダイハツ、ホンダ、マツダ、スバル、スズキ、ミツオカで充分
ミツオカも近年はベース車両を、トヨタ、ホンダに変更しつつある
#10 匿名さん2018/01/21(Sun)18:15:47
これだけ複雑な機構だと高回転は苦手そう。まあスポーツエンジンではなさそうだし。勝手な想像。
#11 匿名さん2018/01/24(Wed)13:51:49
それなら現行型ターボは全て高回転が苦手ってことになる
直4の進化と利点は複雑化に耐えることにあるから、そこまで心配せんでも

とはいえ、スカイアクティブーDがアメリカや幾つかの国では全く基準を満たせず売ることすらできない代物だったこと考えると
手放しに新技術に飛びついて、オーナー側の負担は増えたものの、実は環境負荷的にはエゴに過ぎない可能性はあるがな

エゴ自覚して、他車のお陰でエゴカー乗れてることへの感謝さえあるなら、自分のために楽しい車乗っても問題ない
俺の愛する旧車もそう。他のお陰で乗れる車、感謝と遠慮を忘れちゃいけない
#12 匿名さん2018/01/24(Wed)14:42:11
あたかも、マツダの技術力が劣っているような記述が巧妙だな

北米(EPA)のディーゼルエンジンに関する各種規制は世界一厳しいもの
天下のVWが不正に手を染めてまでクリアしようとした事実を忘れてはならない

VWの不祥事で当初予定より遅れたものの、マツダのディーゼルはついに
今年北米で販売が始まる
https://www.mazdausa.com/
既にホームページで販売が予告されている
#13 匿名さん2018/01/24(Wed)19:57:56
マツダが成り上がって悔しいのは、日産オタ、もしくはホンダオタ
図星な!
#14 匿名さん2018/01/24(Wed)20:00:26
あいもかわらず、難解な文章
自己マン、自己マン!
さっしてくださいな!
#15 匿名さん2018/01/25(Thu)10:34:13
うぜー、他のサイトでやれ
#16 匿名さん2018/01/25(Thu)10:34:18
#12
VWダイムラー等のディーゼルが、欧州で見限られる程の詐欺の塊だった事は、前提
マツダはアプローチで圧倒し、欧州と同形式でもトヨタは環境負荷で圧倒
日本はディーゼルでさえ、すぐに追い付き追い越した

だが、ディーゼルであることの根本的物理的問題は、どちらも解決できていない
トヨタは乗用車へのディーゼル搭載を殆ど諦めてしまった
スカイDは低圧縮率で日欧の基準をクリアしたが故に、本来のメンテナンス性を捨て去るしかなかった
メーカー自ら一度に30分以上走行という推奨は本来異様なことだ
米販売不可は厳しい基準に即してなかった部分と共に、車検ない中でアフターケアできる環境が整ってなかった為
日本と同様に数年後に膨れ上がる不具合数が米でも起きたらと危惧した
偉いのは、トヨタとの提携で米でのトヨタディーラーでのスカイDの整備の全面対応を得たこと
これが整っての進出だ

日本各社は高い技術を持ってる
しかし魔法使いではない。乗用車用小型ディーゼルそのものの限界が見えた以上、我々がそれを盲信していたら負担になるだけだ
マツダも既に次を見ている。欧州だけじゃなく日本各社もとっくに切り替えている
#17 匿名さん2018/01/25(Thu)10:47:48
うぜー、他のサイトでやれ
#18 匿名さん2018/02/12(Mon)01:50:37
ノートNISMOに、このエンジン
#19 匿名さん2018/02/12(Mon)01:53:48
残念、縦置きFR用だから、搭載は無理なのよ
#20 匿名さん2018/02/12(Mon)01:55:43
図らずも、「アンチマツダ&アンチ輸入車」のオッサンを発見!
文章が難解過ぎて理解ができない
#21 匿名さん2018/02/17(Sat)06:22:44
vc-t乗りたいな
#22 匿名さん2018/02/23(Fri)11:11:59
このエンジンを搭載した車種が日本で発売されるか心配。

アンチトヨタの逃げ道が日産だったのに、どのメーカーも建前でしか無いEVに日産だけ本気で投資しすぎて他が手抜きになってるから馬鹿だと思う。
日産がダメならホンダやマツダが有るけど、ホンダやマツダっていう名前というか名字が嫌いだし、レクサスのLもそうだけどHとかMをアレンジしたエンブレムもいかにもアジアメーカーって感じでダサいから何とかして欲しい。
テスラは欧米のメーカーでも例外的にイニシャル1文字だけど。
スバルは良さそうなのに、トヨタ系になっちゃったからアンチトヨタにとっては選択肢から外れてしまう。
トヨタ系になったからクルマ造りも良くなったんだろうけど。

結局、アンチトヨタで日産党だった連中は信頼性に不安を抱きながらBMWやVWに走ってしまうのかもしれない。
ルノーではなく。
#23 匿名さん2018/02/23(Fri)11:31:32
ドイツ車に「信頼性に不安が」とか抜かす御仁をここにも発見
無知もはなはだしいですね!
ぷんぷん!\(*`∧´)/ ムッキー!!
#24 匿名さん2018/02/23(Fri)13:56:36
当たり外れ激しいから、当たりを引けば信者化する>独車
ハズレを引いてしまった、本来仲間から労われるべき存在の意見まで拒絶し突き放すようになる

それどころか最近はそういう人を攻撃までするようだ。車がどうかじゃなく、もう本人の器の問題なのでは
#25 匿名さん2018/03/03(Sat)10:06:46
VC-T 国内販売しなかったら、蛇の生殺し状態ですな
#26 匿名さん2018/03/04(Sun)11:32:30
VC-T もっと注目されていいと思うが。
国内販売されない限り駄目か
#27 匿名さん2018/03/05(Mon)05:43:33
S15あたりのクラスが丁度いいのに
計画は頓挫してしまったか

名前(任意)
コメント

過去記事(2015/01/19)

日産・フーガが後期型へマイナーモデルチェンジ、インフィニティエンブレム装着

フーガがビッグマイナーモデルチェンジ、後期型はインフィニティエンブレム

現行フーガは2009年より販売される2代目モデル。今回その後期型へのビッグマイナーチェンジが2015年2月中旬に実施されることが公式発表された。

(写真はインフィニティQ70)
フーガ マイナーモデルチェンジ

後期型フーガは海外向けのインフィニティQ70とエクステリアデザインが共通化され、フロントグリル中央にはインフィニティエンブレムが装着されることになる。

新型フーガ インフィニティQ70 日産フーガ インフィニティQ70

フーガ後期モデルはインフィニティエンブレムを装備、ヘッドランプはスカイライン調

インフィニティエンブレムを付けた日産の国内向け車種としては、この後期型フーガが2例目となる。昨年の2014年には、スカイラインとして海外向けインフィニティQ50の車体がインフィニティエンブレムを付けたまま導入された。今回の新型フーガもこの例にならい、インフィニティQ70のボディがそのまま日産のラインアップに加わることになる。

フーガ インフィニティQ70 日産 フーガ インフィニティQ70 パリモーターショー

フーガ後期型のグリルデザインは上質感と落ち着きを感じる前期型から一転し、スカイライン調のアグレッシブなイメージへと変更されている。ヘッドランプの目付きは鋭くなり、リアコンビネーションランプもスポーティーな雰囲気となった。

フーガ 後期モデル

後期型フーガのティザーサイトが2015年1月29日にオープンする予定となっており、ここではより詳細な情報が公開されるとのことである。

(写真はシーマ)
シーマ 日産シーマ

現行フーガは日産のフラグシップセダンとして2009年にラインアップされた。その後2012年にシーマが復活したことでフラグシップのポジションを譲っている。今回のフーガ後期型はフラグシップの縛りがなくなったことで、日産エンブレムを外しやすくなったという見方もできるかもしれない。

過去記事(2014/12/06)

フーガが間もなく後期型へマイナーモデルチェンジ、インフィニティQ70日本発売

フーガがマイナーチェンジ、後期型はスポーティ路線へデザイン変更

日産の上級セダン、フーガがまもなくマイナーモデルチェンジされる見込みとなった。現行型については、既にオーダー受付が終了されており、日本市場向けモデルも後期型へ移行されることになるだろう。

(写真は新型インフィニティQ70、パリモーターショー2014)
新型フーガ インフィニティQ70

フーガはインフィニティブランドが展開される市場では、Q70として販売されるモデルである。北米および欧州では、既に後期型Q70が公開されており、これによればフロントデザインの印象が大きく変えられることがわかっている。

フーガ 日産 インフィニティQ70 マイナーモデルチェンジ

フロントグリルについては、前期型は上級車らしい貫禄を感じさせるものであったが、後期型はメッシュグリルを採用しスポーティな装いとなった。ヘッドライトはスカイライン調の鋭い目つきとなる。

日産フーガ インフィニティQ70

リアコンビネーションランプやトランクリッドにも変更が加えられ、全体的には走りの良さを強調したスポーティなエクステリアデザインに仕上げられている。

フーガ インフィニティQ70 パリモーターショー

新たな装備としてはプレディクティブフォワードコリジョンワーニング(PFCW)が採用される。これは2台前方の車両の動きを監視することで、より精度の高い前方衝突予測警報を可能としたシステム。既にスカイラインでも先行導入されている。

フーガ後期型はインフィニティエンブレム採用の可能性、インフィニティ車の日本導入

また、フーガ後期型にはインフィニティエンブレムが採用されるのではという噂もあり興味深いところである。

(写真はスカイライン)
スカイライン V37 発売
既にインフィニティQ50が日本市場においてスカイラインの車名で日産ディーラーで販売されているが、これは海外仕様同様にインフィニティエンブレムを付けたままであった。

過去記事(2014/10/09)

欧州版フーガ、インフィニティQ70がマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

フーガ、インフィニティQ70がパリモーターショーでマイチェン

欧州版インフィニティQ70がマイナーモデルチェンジを受けて、パリモーターショー2014で公開された。

(写真は新型インフィニティQ70)
フーガ マイナーモデルチェンジ

インフィニティQ70は、日本市場では日産・フーガとしてラインアップされるモデル。現行モデルは2010年にインフィニティMシリーズとしてデビューし、2012年にインフィニティQ70へと名称変更された経緯がある。実質的には販売4年目にして今回のマイナーモデルチェンジを受けたことになる。

新型フーガ インフィニティQ70 フーガ インフィニティQ70 日産

フーガ日本仕様もインフィニティQ70と同様のフェイスリフトを受けるだろう

新型インフィニティQ70は従来モデルに比べ、スポーティーになったフロントデザインが印象的である。ヘッドライトは目頭が上げられ、日本ではスカイラインとして販売されるインフィニティQ50調となった。フロントグリルは従来モデルではメッキ横桟グリルを採用することでプレミアム感が表現されたが、新型はメッシュタイプへと変更されスポーティーに仕上げられた。フォグランプ形状もブラッシュアップされている。

日産フーガ インフィニティQ70

リアデザインも新しくなった。なかでもリアコンビネーションランプのLED点灯は非常に主張が強く、後ろからも抜群の存在感を示す。

フーガ インフィニティQ70 パリモーターショー

欧州仕様では2.2Lディーゼルもラインアップされる。

新型Q70は、今回はワールドプレミアというわけではなく、2014年4月のニューヨーク国際オートショーで先行してデビューしていた。このパリ発表により、欧州市場のインフィニティQ70もマイナーモデルチェンジを受け、後期モデルに順次移行されることになる。

フーガ 日産 インフィニティQ70 マイナーモデルチェンジ

もちろん日本市場向け車種においてもフーガのマイナーモデルチェンジモデルとして同様のフェイスリフトが盛り込まれることになるだろう。

過去記事(2014/08/28)

フーガのマイナーモデルチェンジが2014年内計画、インフィニティグリル採用か

フーガ後期モデルは、インフィニティQ70のエクステリアデザインと共通化されるのか

現行フーガは2009年に2代目として発売され、今年2014年で販売6年目を迎えるモデル。日産の上級セダンとしてラインアップされるが、特にシーマおよびプレジデントがラインアップから外れた期間は、日産のフラグシップを担ったことでより高級車としての認知がなされるようになった。そんな2代目シーマの後期モデルへのマイナーチェンジが、2014年秋冬にも実施されそうだ。

(写真はインフィニティQ70L)
フーガ ロングホイールベース インフィニティQ70L

既に海外版フーガ、すなわちインフィニティQ70が2014年4月のニューヨーク国際オートショーでマイナーチェンジ発表されていた。日本のフーガ後期モデルのエクステリアデザインもQ70後期モデルに準じたものとなることが予想される。

フーガ後期モデルは、脱フラグシップによりスポーティーなデザインとなる

前述の通り、これまでフラグシップを任されてきた経歴のあるフーガは高級感を優先したデザインが採用されてきたように感じる。ただ2012年のシーマのラインアップ復活により、フーガ後期モデルはフラグシップという縛りが無くなった。インフィニティQ70後期モデルと同じようにスポーティーなメッシュグリルが採用される可能が高いと考える。スカイラインの例でもあるように、日産エンブレムではなく、グリル内のインフィニティエンブレムもそのまま採用されるかもしれない。

インフィニティQ70L フーガ インフィニティQ70L フーガ

ヘッドライトは外形こそ変わらないように見えるが、レンズ内にアイブロウ調の装飾が加わることで目つきは鋭くなる。

フーガ後期 インフィニティQ70L 日産フーガ インフィニティQ70L

リアビューでは、トランクフードのデザイン変更が盛り込まれる。Q70後期モデルではメッキ装飾パーツが大きくなり、リアコンビネーションランプは中央方向に伸ばされることで、アグレッシブなイメージが強くなった。

インフィニティQ70L フーガ ニューヨークモーターショー

今回はあくまでマイナーモデルチェンジということで、基本的なボディラインは変わらない。ただし、ラグジュアリーな雰囲気の丸みを帯びたボディラインが特徴的であった前期型と比較して、後期型は全体としてエッジが効かされた印象を得るだろう。

過去記事(2014/04/20)

北米版フーガ、Infiniti Q70がマイナーチェンジ、後期型はスカイライン顔

フーガ北米仕様がマイナーモデルチェンジ、フロントデザイン変更

インフィニティ ブランドで販売されるQ70シリーズのマイナーモデルチェンジ発表が、4月16日より開催中のニューヨーク国際オートショーで行われた。

(写真はQ70L)
インフィニティQ70L フーガ

Q70シリーズは日本市場では日産ブランドでフーガの車名で販売されている。フーガ日本仕様も順次新型に切り替えられていくことになるだろう。

フーガのロングボディ仕様がInfiniti Q70Lとして北米発表、ハイブリッドは無し

また、これまで中国市場ではインフィニティM35hLとしてQ70と同系統車種のロングボディバージョンが販売されてきた。これがインフィニティQ70Lとして北米にも導入されることが発表された。Q70からホイールベースを150mm延長させ、その多くが後席レッグスペースに充てられた仕様となる。ただし日本市場向けには既にシーマがラインアップしており、このロングボディ版のフーガが日本発売されることは無いだろう。

インフィニティQ70L フーガ
新しくなったQ70の顔つきは、概ねインフィニティQ50として海外販売される日産・スカイラインのデザインルールが取り入れられたと考えている。

日産フーガ インフィニティQ70L

ヘッドライトはデザイン変更されており、鋭い目つきはQ50と共通するものを感じさせる。リアコンビネーションランプはLEDタイプにリニューアルされた。

フーガ後期 インフィニティQ70L

従来型ではシンプルであったフォグランプは、上下2段タイプに変更されている。

フーガ ロングホイールベース インフィニティQ70L

フロントグリルは横桟からメッシュタイプに変更されスポーティな印象が与えられた。

インフィニティQ70L フーガ ニューヨークモーターショー

Q70Lに搭載されるパワートレインはV6 3.7LとV8 5.6Lの2タイプのみの設定となる。Q70あるいはシーマでも設定されたハイブリッド仕様はロングボディ仕様では用意されない。

過去記事(2011/09/22)

フーガのスポーツクーペが計画中/インフィニティM

フーガのクーペ版が2014年に発売計画

日産の上級セダン、フーガのスポーツクーペ版が計画されている。
北米ではインフィニティ Mシリーズに位置するラインアップであるが、これが日本でもフーガクーペとして導入される可能性が高い。
採用されるエンジンについては、日産はダイムラーと提携関係にあることから、メルセデス製V8が候補として考えられてきた。
しかし、ここにきて日産は新型V6エンジンの独自開発に成功。
フーガクーペの上級グレードには排気量3L+ターボ+ハイブリッドという構成が濃厚になってきている。
下級グレードはNAのV6,3Lもあり得るだろう。
フーガクーペの発売は2014年のデビューが計画されている。

日産のクーペラインナップ過密状態に

セダンのフーガのラグジュアリー路線を引き継ぐのがフーガクーペの立ち位置であろうが、そうそう数の出ないクーペ車種が日産ラインアップの中で過密状態になりつつある。
フーガクーペがデビューする2014年頃には、次期フェアレディZもデビュー。
スカイラインクーペはやや遅れるだろうが、2015年あたりにはV37のクーペも出揃うはずだ。
GT-Rを筆頭にフェアレディZ、スカイラインクーペ、フーガクーペと多くの中級~上級クーペのラインアップが出揃うことになる。
もちろんクーペの売れない日本市場ではこれだけの車種を維持するのは不可能で、北米市場あってのラインアップであろうが、過密状態は否めない。
本当に計画通り全てのクーペ車種をデビューさせることができるのかは、今後の世界景気次第といったところか。

メルセデス製V8エンジンの採用も望む

GT-Rを除く車種は、新型VQエンジンがメインになってくるだろう。
自前のエンジンをメインに使うというのは、経営上も当然の流れ。
ただし、新型VQエンジンはNA、ターボ、ハイブリッドとバリエーションが広いものの、すべて同じ系統のV6というのは、ユーザーからすれば面白みがない。
むしろ、一台ぐらいメルセデス製V8エンジンをメインに扱う車種が出たほうが、車種のキャラが立ちやすいのではと考える。
となると、フェアレディZ、スカイラインクーペは日産色が強すぎるので、新型VQをメインとするのが妥当か。
ラグジュアリー路線で歴史が浅いフーガクーペならメルセデス製エンジンの採用も不自然に感じない。

過去記事(2011/08/06)

クラウンとフーガ、高級セダン長所短所の比較

フーガとクラウンのメリットとデメリットを比較

スポーティーなハンドリングが魅力のフーガ

スポーティーなハンドリグを求めるならフーガだが、このクラスのセダンに求めるのは室内の快適さ。スポーツ性能を求めるならフーガよりもレガシィやスカイラインを選ぶべき。
フーガは路面の凹凸を拾い、突き上げ感も残る足回りにセッティングされているため、高級車らしい乗り心地を求めればクラウンの選択になる。

フーガとクラウンどちらがオッサンくさいか?

フーガの外観はスポーティーで若々しさも感じるが、クラウンはいかにもオジサン顔。ただし、操作系はフーガもなかなかオジサンくさい。特にナビ周りがお年寄り向けで、ひらがなで大きく書かれた文字が。この外観と内装のミスマッチが、販売台数で苦戦している原因ではないか。

無難で面白みがないクラウン

フーガはハイオク指定で最小回転半径も少し大きく小回りが利かないなどクラウンに対し性能的にデメリットもあるが、実用性よりも走行フィーリングで満足できるクルマを目指している。コーナリングでの切れ味もいい。
これに対してクラウンは無難で、345万円~の車としては十分快適で申し分がないが、それ以上のものがない。
しかし、それ以上のものを求めないのが、このクラスのセダンを買う客層でもある。

ハイブリッドモデルならクラウンがオススメ

共にハイブリッドモデルをラインアップしているクラウンとフーガであるが、燃費性能はフーガの方が良い。
車両価格はクラウンハイブリッド540万円~、フーガハイブリッド577.5万円~となる。
フーガは価格は高いものの、リチウムイオンバッテリーを採用しているなど贅沢な装備となっている。
一方、クラウンは500万円中盤を超えるハイブリッド車種でありながら、低コストなニッケル水素バッテリーを採用している。
ただし、ハイブリッドシステム全体を見た仕上がりの良さは、プリウスシリーズで実績のあるトヨタの方が上に感じる。
ハイブリッド車はモーターやバッテリーを積載する関係で重量バランスが変わってしまうが、クラウンはこのあたりの技術も熟成が進んでおり操縦安定性がいいのは長所として感じた。
ハイブリッドカーがようやく量産化できた日産とは技術力の差を感じる。

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位

フーガハイブリッド(日産HY51)の口コミ評価

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先