car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

C-HRコンセプトをパリモーターショーで発表、デュアリスとヴェゼルに対抗

トヨタは10月2日にプレスデーを迎えるパリモーターショー2014にて、C-HRコンセプトを発表する。

(写真はC-HRコンセプト、ティザー画像)
C-HRコンセプト

C-HRコンセプトは、ハイブリッドパワートレイン搭載のCクロスオーバーセグメント車としている。

欧州市場ではCセグメントサイズのクロスオーバーSUVの需要が高く、これまでにも各自動車メーカーが多くの車種を投入してきた。近年の日系メーカーでは日産によるキャシュカイ(日本名デュアリス)の成功が著しい。ホンダもこれに対抗とするモデルとしてヴェゼルをHR-Vの車名で同ショーにて欧州プレミアさせる予定となっている。

(写真は日産・キャシュカイ欧州仕様)
日産キャシュカイ 日産キャシュカイ欧州仕様

(写真はホンダ・ヴェゼル)
ヴェゼル 東京モーターショー

一方でトヨタはかつてRAV4がこのカテゴリを守備していたが、北米市場の要求に合わせ大型化されてきた。特に最新の4代目RAV4は全長4570mmにも及ぶ。そんな中、C-HRコンセプトはトヨタの新たなCセグメントSUVとしての提案となる。

(写真はRAV4北米仕様)
RAV4 北米仕様 2013 ニューヨーク

市販型C-HRに搭載されるエンジンは、1.8Lハイブリッドと1.2Lガソリンターボの予測

C-HRコンセプトの市販モデルは、次期プリウスとプラットフォームが共通化されると予想されており、搭載されるパワートレインがハイブリッドであることが今回のプレスリリースで明言された。ハイブリッドエンジンの排気量は1.8Lになることが想定される。

また、このハイブリッドエンジンの他に1.2Lターボエンジンも採用される可能性がある。欧州ではハイブリッドよりもコストパフォーマンスが高く実用的であるとの理由で小排気量ターボエンジンが普及している。長年ハイブリッドに傾倒してきたトヨタにとって小排気量ターボは苦手分野でもあるわけだが、その新たなユニットが開発中となっている。

#1 名無しだよ!全員集合!!2017/03/23(Thu)16:55:06
C-HRってなんかニュルブルクリンクみたいな道でテストしていたということで何か、
面白い車ですね。強いて言うならば今年中にはハイブリッド+6MT+4WDと1.2リッターターボにFFを設定して欲しいです。お願いします。

名前(任意)
コメント