car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期ストリームの発売は2015年まで延期、ホンダの新型3列シートミニバン

ストリーム後継モデルの発売は2015年の年明けになる可能性

ホンダは2014年5月にストリームの販売を終了していた。その後継モデルの登場は2014年秋にもなると予測されていたが、これは大幅に延期される。2014年内の発売は難しく、2015年の年明けにずれ込む可能性が高い。

(写真はジェイド中国仕様)
次期ストリーム ホンダJADE

既に中国市場ではジェイドとして3列シートを装備する新型のコンパクトミニバンがラインアップしているが、これが次期ストリームとして日本市場に導入されることになる。

ストリーム JADE 新型ストリーム

次期ストリームは中国市場のジェイドがベース、ハイブリッドまたは小排気量ターボを搭載

ジェイドのボディサイズは全長4660mm×全幅1775mm×全高1500mm。ホンダではオデッセイの全高が新型から拡大され、低重心ボディよりも居住性を重視した設計へとミニバンのコンセプトが移り変わりつつある。ただし、このストリームについては、従来からの低重心コンセプトが引き継がれる。全高は1.5mに抑えられることでタワーパーキングに対応し、セダンライクなドライブフィールが与えられる。

(写真は1.5L VTECターボ)
VTEC TURBO

ジェイドに搭載されるエンジンは従来型の直4 1.8Lガソリンとなっており、中国市場の事情に合わせたコストの低いものが選ばれている。日本市場向けにこのエンジンを搭載させた新型ストリームが発売されることは考えにくく、フィットやヴェゼルに搭載されている1.5LハイブリッドエンジンのSPORT HYBRID i-DCD、あるいは1.5LのVTECターボの搭載が予想される。

また、ジェイドのシート配列は2列目に左右独立のキャプテンシートが置かれた計6人乗り仕様であった。このあたりも日本市場で売りやすい仕様に改められ、次期ストリームでは2列目をベンチシートとした7人乗り仕様になることが予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

ストリーム

ストリーム

代表グレード

RSZ

RSZ Sパッケージ

発売日

2014年4月

2014年4月

型式

DBA-RN6

DBA-RN6

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

6名

6名

全長(mm)

4570

4570

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1545

1545

ホイールベース(mm)

2740

2740

トレッド 前(mm)/後(mm)

1470/1470

1470/1470

室内長(mm)

2605

2605

室内幅(mm)

1460

1460

室内高(mm)

1250

1250

車両重量(kg)

1390

1390

エンジン型式

R18A

R18A

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1799

1799

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

81.0×87.3

81.0×87.3

最高出力

140ps(103kW)/6300rpm

140ps(103kW)/6300rpm

最大トルク

17.7kg・m(174N・m)/4300rpm

17.7kg・m(174N・m)/4300rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

55

55

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

13.2

13.2

サスペンション(フロント)

マクファーソン式(ストラット式)

マクファーソン式(ストラット式)

サスペンション(リア)

ダブルウイッシュボーン式

ダブルウイッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

205/55R17 91V

205/55R17 91V

タイヤサイズ(リア)

205/55R17 91V

205/55R17 91V

最小回転半径(m)

5.5

5.5

トランスミッション

5AT

5AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,046,858円

2,149,715円

車名

ストリーム

ストリーム

代表グレード

ZS特別仕様車 スポーティエディション

TS

発売日

2011年8月

2010年4月

型式

DBA-RN6

DBA-RN6

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

7名

5名

全長(mm)

4570

4570

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1545

1545

ホイールベース(mm)

2740

2740

トレッド 前(mm)/後(mm)

1470/1470

1470/1470

室内長(mm)

2605

1875

室内幅(mm)

1460

1460

室内高(mm)

1250

1250

車両重量(kg)

1360

1350

エンジン型式

R18A

R18A

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1799

1799

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

81.0×87.3

81.0×87.3

最高出力

140ps(103kW)/6300rpm

140ps(103kW)/6300rpm

最大トルク

17.7kg・m(174N・m)/4300rpm

17.7kg・m(174N・m)/4300rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

55

55

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

13.4

13.4

サスペンション(フロント)

マクファーソン式(ストラット式)

マクファーソン式(ストラット式)

サスペンション(リア)

ダブルウイッシュボーン式

ダブルウイッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

205/65R15 94S

205/65R15 94S

タイヤサイズ(リア)

205/65R15 94S

205/65R15 94S

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

5AT

5AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,030,000円

2,030,000円

過去記事(2014/05/31)

ストリームが2014年5月販売終了、フルモデルチェンジ後継車は10月頃の発売予測

ストリーム次期モデルが秋にデビューされる見込み、ホンダのコンパクトミニバン

ホンダの2代目ストリームの販売が終了した。2006年の発売から2014年5月まで販売期間は約8年間に及んだ。

(写真はホンダ・ストリーム、2代目モデル)
ストリーム 2012

そして、ストリーム後継モデルとされるのが新型ジェイドである。

(写真はストリーム後継モデルの新型ジェイド)
次期ストリーム ホンダJADE ストリーム JADE

新型ジェイドは昨年2013年に中国で先行発表されたモデル。3列シートを装備するミニバンスタイルながらも全高は1500mmと低く抑えられており、コンセプトは従来型ストリームに近い。2列目シートは左右独立2座のキャプテンシートを装備している。

新型ストリーム

ジェイドのボディサイズは全長4660mm×全幅1775mmとなった。このまま日本市場に導入されることになれば、3ナンバー車ということになる。ボディサイズを5ナンバー枠に収められた日本専用モデルが設定される可能性も考えられるが、そうなるとストリームの車名が引き続き使われるかもしれない。

ホンダ新開発のダウンサイズエンジン搭載、

ストリーム後継モデルに搭載されるエンジンとしては、1.5Lのスポーツハイブリッドi-DCDと1.5Lの直噴ターボエンジンの2タイプが候補とされる。

次期ストリーム

前者のハイブリッドエンジンはフィットやヴェゼルで採用されたものと同タイプ。7速DCTの不具合により、ホンダではそのリコール対応に追われていたが、最近になってようやく落ち着きを取り戻している。ストリーム後継モデルの発売スケジュールにも影響を与えていたが、2014年秋の発売には間に合う見通しだ。

VTEC TURBO

そして、1.5Lの直噴ターボエンジンは新開発のダウンサイズターボエンジンとなる。安い車両価格と優れた燃費性能を持つコストパフォーマンスの高いモデルになるのではと注目されている。

過去記事(2014/03/28)

ストリーム後継車ジェイドの量産スケジュール、発売は2014年秋頃の予測

ストリームを引き継ぐのは、中国で先行発売されているジェイド

ホンダの7シーターミニバン、ストリームのフルモデルチェンジが計画されている。

(写真はジェイド中国モデル)
新型ストリーム

次期ストリームは中国市場で先行発売されているジェイドがベースとなる。この手のミニバン車種はブームの終焉により日本市場での販売台数が望めなくなった。ストリーム後継車種は販売の中心を中国市場に移し商品開発が行われ、これまでに2012年の北京で発表されたコンセプトS、さらに2013年の上海で市販型ジェイドのデビューに至っている。

次期ストリーム

ストリーム後継車種は中国同様に車名をジェイドに変えて販売される可能性があるだろう。ちなみにストリームもジェイドもホンダがかつて二輪車の名称として使用していたものである。

ストリーム JADE

ストリーム後継車に搭載されるのは1.5Lハイブリッドと新開発1.5Lガソリンターボ

ジェイド中国仕様に搭載されるパワートレインは直4の1.8Lガソリンエンジンの採用であったが、これは性能よりもコストが重視されていると考える。

次期ストリーム ホンダJADE

ジェイド日本仕様では1.5Lハイブリッドになる見込みで、昨年2013年発売のフィットハイブリッドから搭載がスタートした、ホンダの新開発SPORT HYBRID i-DCDが採用されることになるだろう。ネガティブな部分も書けば、このハイブリッドパワートレインのダイレクトクラッチトランスミッションの出来が良くなく、先月も不具合が認められ3度目のリコールとなったばかりである。今後の改善に期待したいところだ。

フィット搭載 スポーツ ハイブリッド iDCD

ジェイド日本仕様の生産はホンダ狭山製作所で行われる計画で、想定される発売時期は2014年秋となっている。
さらに開発中の1.5Lターボエンジンを搭載したモデルが検討されており、こちらは1年以上遅れての追加投入となりそうだ。

過去記事(2014/01/18)

ストリームのフルモデルチェンジは2014年秋の予測、1.5Lハイブリッド搭載

新型ストリームは2014年秋の発売予測、中国版JADEと車体共用

中国でJADEとして2013年より販売がスタートしているコンパクトミニバンのJADEが、次期ストリームとして2014年秋頃に日本発売される見込みとなっている。

次期ストリーム

写真はJADE。昨年の上海モーターショー2013でワールドプレミアを迎えたモデルである。JADEのボディサイズは全長4660mm×全幅1720mm×全高1500mmであるが、次期ストリーム日本仕様では全幅を1.7未満に抑えた5ナンバーボディもラインアップされる可能性があるだろう。

新型ストリーム

最近のホンダではオデッセイがフルモデルチェンジを果たしたが、新型は居住性が重視されることで1.7m前後の全高となった。ただし、ストリームは次期モデルも全高が1500mmということなので、都市部のタワーパーキングへの入庫が可能となる。

ストリーム JADE

ストリーム次期モデルに搭載されるのは直噴1.5Lハイブリッドシステム

次期ストリームに採用されるエンジンは、まずはJADE中国仕様に搭載されている新開発の1.8Lガソリンユニットとなるだろう。さらに1.5Lハイブリッドも候補となる。

(写真は新型ヴェゼル)
ヴェゼル 東京モーターショー

ホンダの小型車クラスのハイブリッドシステムは、2013年秋の3代目フィットの登場により、従来の1.3Lハイブリッドから、新開発1.5Lハイブリッドへ切り替わった。
さらに、この1.5Lハイブリッドは、東京モーターショー2013で公開されたコンパクトSUVの新型ヴェゼルにおいて、直噴化されることで出力がアップしており、モーターアシストを加えれば2.0Lクラス並の能力を持つ。

次期ストリーム日本仕様は、この直噴1.5Lハイブリッドシステムを搭載したモデルが主力グレードになるだろう。

過去記事(2013/06/15)

中国版ストリーム、JADEが今秋発売予定、新型1.8Lエンジン搭載の可能性

ホンダがストリーム中国仕様JADEの2013年9月発売を発表

ホンダの小型ミニバン、ストリームは2006年のフルモデルチェンジから7年が経過するモデルで、次期モデルへの切り替えが待望される時期に来ている。そして、次期ストリームは中国市場をメインターゲットに開発が進められ、既に2013年4月に開催された上海モーターショーでは、その市販モデルの完成車体が披露されるに至っていた。現地での車名はJADEと名付けられている。
次期ストリーム ホンダJADE
さて今回、そのJADEが2013年9月に発売時期を予定していることが、ホンダの中国現地法人によって公表された。さらに、新型アコードについても同時期に中国市場でデビューされる計画となっている。

次期ストリームは新世代エンジンを搭載

今回の発表では、アースドリームテクノロジーについても言及されており、これによれば中国版ストリームであるJADEには新世代パワートレインが導入されるということである。具体的には1.8Lの新開発ガソリンエンジンの採用になるのではと考える。ただし、ハイブリッドエンジンの採用は見送りになるだろう。ホンダは中国でのハイブリッドエンジンの現地生産を3年後の2016年から開始する計画としており、中国市場での本格導入まではまだ時間がかかりそうである。
ストリーム JADE
もちろん、次期ストリーム日本仕様はハイブリッドシステムが導入されることになる。これについては次期フィットから市販化が始まる1.5Lの次世代IMAハイブリッドの採用になる可能性が高い。さらに1.8Lの通常ガソリンエンジンモデルもラインアップされ、これは中国版JADEに導入される次世代パワートレインと同仕様になるのではと考える。
新型ストリーム
日本でのストリームのフルモデルチェンジ時期は2014年春頃の見込みとなっている。

過去記事(2013/05/20)

次期ストリームはJADEのボディに次世代IMAハイブリッド搭載、2014年発売予測

ストリームのフルモデルチェンジは2014年頃の見込み、JADEのボディが採用

新型ストリーム
2006年に登場した現行ストリームは今年2013年で販売7年を過ぎようとしてる。次期モデルを待望するファンも多そうだが、その発売はあと1年先の2014年頃になるだろう。先月に開催された上海モーターショー2013では、ホンダは新型のグローバルスポーツワゴン、JADEを初公開した。次期ストリームのデザインはこのJADEそのものになることはほぼ間違いないようだ。当然ストリームでは3列シートを装備したミニバンとして販売されることになるだろうが、これまでのストリームでも設定された2列シート仕様も用意されるのではないかと予想する。
次期ストリーム
ストリーム JADE
ホンダの次世代ミニバンラインアップではオデッセイが全高アップを果たし大型化することになった。ストリームについては次期モデルもステーションワゴンに近いボディ形状が継続されることになる。

ストリームには1.5Lの次世代IMAハイブリッドの搭載が濃厚

(写真はコンセプトS)
ストリーム後継 北京モーターショー
JADEの前身となったのが、2012年の北京で公開されたコンセプトSである。コンセプトSのリアハッチにはHYBRIDのエンブレムがあったが、JADEにはHYBRIDの文字はない。中国仕様のJADEはハイブリッド車でないことが確実となったが、コンセプトS時代からハイブリッドエンジンの搭載ありきで開発されていたことは明らかだ。日本仕様の次期ストリームはハイブリッド車ということになるだろう。

(写真は新開発のi-MMD)
アコード プラグインハイブリッド
ホンダは6月発表のアコードハイブリッドにおいて新たなハイブリッドシステムi-MMDを日本デビューさせる。これは2.0Lガソリンエンジン+2モーター式のシステムとなるが、これが次期ストリームに搭載されるかどうかは微妙なところだ。1モーター式のIMAハイブリッドは、今年に予定されているフィットのフルモデルチェンジからバージョンアップし1.5Lに一本化するとされており、このシステムが次期ストリームにも搭載される可能性が高いと考える。

過去記事(2013/04/29)

次期ストリームと噂される新型ミニバン、JADEが上海モーターショー2013で公開

次期ストリームはグローバル展開される、日本仕様はハイブリッド搭載

ホンダは、今月2013年4月開催の上海モーターショーで、新型ミニバンの『JADE』を発表した。
次期ストリーム
ホンダ JADEは、昨年2012年の北京モーターショーで発表された『Concept S』の市販モデルにあたる。Concept Sは次期ストリーム コンセプトとして話題になっていたモデルでもあり、当然今回の新型JADEが次期ストリームとして日本で市販されることが期待されている。
JADE中国仕様に搭載されるエンジンは1.8Lあるいは2.0Lの直4ユニットになる見込みだが、日本仕様の次期ストリームには1.5Lハイブリッドの採用が想定されている。
新型ストリーム

次期ストリームは中国市場がメインターゲット、JADEとして年内販売

今回の上海モーターショーでは、80年代以降生まれの若者をターゲットにしたモデルが多いことが、これまで中国で開催されてきたモーターショーと違いを感じる部分。この新型JADEも北京や上海など都市部の次世代購買層のライフスタイルを反映させたものになっており、これらはグローバルでも通用するクルマ造りに繋がった。
インテリアで特徴的なのは2列目シートが左右独立の二座になっていること。これが日本仕様次期ストリームにも採用されるかどうかは不明だ。

(写真はConcept S)
次期ストリーム
Concept Sは、ドイツデザイン評議会主催の「Automotive Brand Contest 2012 コンセプトカー部門」で受賞されるほど、洗練されたデザインが注目を集めていたのだが、市販モデルのJADEはやや凡庸な印象を持ったのが正直な所。Concept Sにあった先進的な美しさの多くが失われており、全体的なプロポーションは現行ストリームを踏襲したものと感じた。
ストリーム JADE
JADEは中国市場で2013年秋からの発売が予定されている。その後、日本仕様も新型ストリームとして発表、発売となる見込みで、この際グリルデザインなどのディテールはJADEとは異なるデザインが与えられると予想される。

過去記事(2013/03/07)

次期ストリームは世界戦略車、2013年秋に中国で発売計画、日本版はハイブリッド

ストリームのフルモデルチェンジはもう少し先

ホンダのミニバン、ストリームは2006年から現行モデルがデビューし、今年2013年で販売7年目に突入している。モデル末期ということでラインアップはRSZグレードのみに縮小されており、月間数百台程度の販売が続けられている状況だ。フルモデルチェンジが待望される時期にあるのだが、それが実現されるのはまだ少し先になりそうである。まずは、中国でのデビューが予定されている。

(写真は昨年2012年に北京で公開された次期ストリームの前身とされるコンセプトS)
ストリーム2013 コンセプトS
次期ストリーム コンセプトS

次期ストリームの日本仕様はハイブリッドがメイングレードになる

次期ストリームについては、まずは今年2013年秋に中国で先行して発売されるスケジュールが計画されている。これが順調に進んでいるようであれば、来月2013年4月に開催される上海モーターショーで何らかの発表があるかもしれない。この中国仕様に採用されるエンジンは1.8Lまたは2.0Lの現行ストリームに搭載されているタイプの改良版と考えられ、さらに日本仕様では1.5Lハイブリッドが加わる見込みとなっている。
中国で生産される次期ストリームは、ここから世界中に輸出販売され、世界戦略車として位置付けられる。こういった背景もあり次期モデルは全幅1.7mを超える可能性が高く、5ナンバーミニバンという初代モデルからのコンセプトが崩れる可能性が高い。
北京モーターショー ストリーム後継車種
日本仕様については狭山製作所と寄居工場という具体的な生産事業所まで名前があがっていたが、場合によっては中国からの輸入になる可能性を指摘するメディアもある。日本市場向けの次期ストリームはハイブリッドエンジン搭載モデルが主力になる事情があるため、国内生産が維持されるのではと予想する。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先