ポルテ&ラウム後継のコンパクトスライドドア車が7月発売予定

ポルテがフルモデルチェンジ、予約受付は6月開始の見込み

これまで、ポルテ&ラウムの後継車は、2012年の春に発売されるとされてきたが、延期となり現在は2012年7月上旬の発売予定になっている。6月頃からトヨタ系ディラーで予約受付が開始される見込みだ。
新型ポルテのボディサイズは全長3990mm×全幅1690mmと現行のコンパクトカーサイズを維持。全高は高く設定され、ヘッドクリアランスにはLクラスミニバンのような広々とした空間が与えられる。このあたりのコンセプトは、現行ポルテとほぼ同じで、次期モデルにも引き継がれることになる。
今回のフルモデルチェンジで、大きく変わるのはドアの形状だ。助手席側は現行ポルテのような1枚の大きなスライドドアとピラーレス構造が備えられ、後席へのアクセスがしやすいものが採用される。運転席側はオーソドックスな前後別々のヒンジドアの採用になる。これらの新しいドア設定により、日常での使い勝手の向上を目指した。

また、新型ラウム&ポルテのJC08モード燃費は、CVTとアイドリングストップの採用等により22km/L程度が目標になっている。ボディが一回り小さいヴィッツの21.8km/Lと同程度の燃費性能となるのは技術革新と言えるだろう。

新型ポルテ&ラウムはエコカー補助金対象になるのか?

ポルテ&ラウムの後継車は、エコカー減税やエコカー補助金の対象車となる見込みだ。しかし、登録車10万円の補助金の財源が7月末~9月頃には枯渇すると予測されており、受注開始後すぐに予約しても補助金支給対象に間に合うかどうかは微妙なタイミングになる。納車時期と補助金対象については、販売店と詳しく打ち合わせをしておいたほうがいいだろう。

また本記事では、新型ポルテ&ラウムとしたが、車種名として全くの新しい名称が採用される可能性も残されている。現段階ではポルテの車名は継続され、ラウムが消える可能性が高い。

ポルテ
写真は現行ポルテ。新型車の助手席側にはポルテのような大型スライドドアが採用される。

関連するレポート

[ 2012/05/16 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

三菱自動車、新型エクリプス クロスの日本販売計画有り、2018年の発売

新型BMW 5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017画像

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.