car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ポルテが7月23日発売、姉妹車スペード価格発表、エコカー補助金の期限迫る

新型ポルテ&スペードが発売、現行モデルより値上げ

大型スライドドア付きコンパクトカーのポルテが2012年7月23日にフルモデルチェンジを迎える。今回からはフェイス違いの姉妹車、スペードの同時デビューもあり、既にトヨタ系ディラーでは予約受付が開始されている。
ポルテ&スペードは、話題性がそれほど高くないファミリーカーではあるものの、実は新型カローラを超える国内販売目標が立てられている。車種ごとの担当ディラーは、ポルテがトヨタ店とトヨペット店、スペードがカローラ店とネッツ店となる。

新型ポルテ&スペードに搭載されるエンジンは、現行ポルテと同じく、1.3Lと1.5Lがラインアップ。今回からCVTが全車装備となる。JC08モード燃費は、1.3Lモデルで19.6km/L、アイドリングストップ付きの1.5L(FF)は20.6km/Lと、現行モデルに比べて大幅な性能アップを果たす。
スペードFF仕様の価格は、ベースグレードの1.3Vが145万円で、これは現行ポルテの130iと比較して5万円以上の値上げとなる。この他、1.3Xが155万円、1.5Xが159万円、1.5YおよびFが164万円、上級グレードの1.5Gが174万円。4WD仕様は、1.5Xが177万円、1.5YおよびFが181万円、1.5Gが191万円となる。新型ポルテもこれに準じた価格となる見込みだ。
ただし、アイドリングストップは1.5L車のみのオプション装備となり、上記の価格には含まれていない。
現行モデルには無かった運転席側のリアドアを追加したことによるコストアップだろうか。新型ポルテ&スペードはやや割高な印象だ。
(写真は現行の旧ポルテ)
ポルテ 2010

新型ポルテ&スペードはエコカー補助金期限に間に合うのか

ポルテ&スペードが発売される7月23日近くはエコカー補助金の申請期限になりそうだ。エコカー補助金の財源は、7月に入ってから週におよそ140億円ペースで消化されており、7月6日時点での残り残高は779億円。新型ポルテ&スペードの購入によるエコカー補助金の給付は、ほぼ絶望的な状況である。既に予約済みで運良く初期生産を手にすることができたごく一部の人達に限り可能性がありそうだ。
既に事業用のエコカー補助金については、申請受付が終了している。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント