car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・N-WGNフルモデルチェンジは2019年夏、2代目モデルへ

N-WGN、ホンダの軽自動車の中で2番目の販売実績

ホンダのN-WGNが2019年初夏にフルモデルチェンジを受ける見込みとなっている。

(写真は現行N-WGNカスタム)
N-WGN カスタム
N-WGNはベーシックタイプの軽ワゴンとして現行の初代モデルが2013年に発売された。販売期間5年半を経て2代目モデルへフルモデルチェンジとなる。

ホンダの軽自動車ではトールワゴンタイプのN-BOXが人気となっており、先月2019年1月の販売台数は19192台となった。ホンダの軽自動車の中で、N-WGNはこれに次ぐ販売実績となっている。しかしN-WGNの同月の販売実績は4325台で、N-BOXとの差は大きい。N-WGNの存在感は薄いというのが実情である。それでもデザイン、操縦安定性を含めたバランスが良く軽ワゴン購入候補として外せないモデルの一つでもあった。

(写真は現行N-BOXカスタム)
N-BOX カスタム

現行型N-WGNは3月製造終了へ、次期型はホンダセンシング最新型

新型N-WGNは、2017年にフルモデルチェンジしたN-BOXの新型プラットフォームが採用される。ゴールデンウィークには実質的な販売活動が始まり、現行型は3月で生産が終わる見込み。6月頃の正式発売が想定される。

(写真は三菱新型eKクロス、リーク画像)
eKクロス

自動運転レベル2のホンダセンシングの最新型が装備され、スズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーブを圧倒する商品力に仕上がるだろう。同じカテゴリでは日産・デイズ、三菱・eKワゴンが一足先にフルモデルチェンジを受け、こちらは日産のプロパイロットの技術が導入される見込み。2019年の軽自動車はベーシックワゴンが激戦の年となりそうである。

#1 匿名さん2019/02/26(Tue)00:35:40ID:VlMmIwYmTN
スライドドアを付けて、乗り心地と空力を良くして欲しい
そうすれば、N-BOXから乗り換えたい
#2 #1no2019/02/26(Tue)01:13:44ID:IyYTc4MGTM
背が低いWaGoNに、スライドドアは、おかしい!デザイン的にもムリが有る。別にN-BOXから乗り換えを狙って無い。
#3 匿名さん2019/02/26(Tue)11:09:22ID:I2ZTRmYzWO
スライドドアにしたら、N-WGNの意味なくね?
スライドドアが良いなら、N-BOXで。
#4 匿名さん2019/02/26(Tue)11:42:06ID:VlMmIwYmTN
いや、N-BOXだとAピラーが立っていて空力が悪いし、あのメーターフードより前の空間何の役にもたたないからピラーを寝かせて空力を良くして欲しいんですよね 背の高いハイトワゴンだから横風にも弱いし安定性が悪い、勿論重いから燃費も悪いし 欲しいのは、スライドドアとシートアレンジだけなんですが、スライドドアがN-BOX等のハイトワゴンしかないから仕方なく乗っているというだけであり
#5 匿名さん2019/02/26(Tue)12:27:54ID:U3MjRlMTGN
ハイトワゴンじゃないスライドドアは、ムーブキャンバスがある。
なお、小生N-WGNに乗っているが、横風に弱いし空力が良いとも思わないし、燃費もそれほど優れていない。
気にするならN-ONEくらいの車高
#6 匿名さん2019/02/26(Tue)14:20:42ID:k2MzA3NjjM
軽スライドドア車でやる必要性無いだろそれ。B-MAXでも輸入して勝手に乗っとけや。
#7 (・∀・)2019/02/26(Tue)16:14:50ID:NjMjY4YjDN
(・∀・)
#8 匿名さん2019/02/26(Tue)17:27:28ID:RhMmY5MTTY
しかしまあ、他人の考えを尊重できない奴が多いな。単に個人の願望を言ってるだけなのに全否定するとか。他人の意見を尊重した上で、自分の反対意見を言えばいいのに。自分の考えが絶対正しいとでも思ってるのかな?こういう奴会社にも居るんだよな。
#9 匿名さん2019/02/26(Tue)20:58:15ID:UzYmZkMWGZ
『アンチ欧州』の「迷惑荒らし」が出入り禁止になって、せっかくキレイになったこのサイト。
でも、心無いコメントはなかなか減らないもんだね。
#10 匿名さん2019/02/26(Tue)21:37:35ID:JlMWRmODTY
心無いコメントする奴は、免許さえ持ってない。
#11 匿名さん2019/02/26(Tue)22:09:25ID:U3MWFmOTTN
ホンダは、軽自動車のハイブリッド開発はしてるのかな?それらしい情報は聞かないんだが…
スズキ、ダイハツに追従しないまでも食い下がって欲しいな。
#12 匿名さん2019/02/26(Tue)22:49:52ID:E1ZWFjOGzO
デザインはキープコンセプトで。インテリアも。
#13 匿名さん2019/02/27(Wed)13:12:15ID:k1YzYyZWWY
あのキュルキュルしないマイルドハイブリッドは良いですね
N-WGNには願望を書きましたが、売れていないクルマなので他社にない特徴を取り入れてもいいのではないか
ムーブキャンバスは普通のデザインバリエーションがあると良いですね
次期N-BOXはキープコンセプトでしょうが、マイルドハイブリッドは欲しいし、無駄な空間を無くして空力を重視したデザインにして乗り心地も良くして欲しいですね
ホンダは軽にHVを入れないでN-BOXバブルが終われば、再びホンダの軽はスズキやダイハツに差を広げられてジリ貧になるかもしれません
#14 匿名さん2019/02/27(Wed)17:34:20ID:llMWU4MzGY
欧州車崇拝の基地外クレーマーがアク禁だから落ち着きがあるね。
#15 匿名さん2019/02/27(Wed)22:38:14ID:U3ZTczNDzM
♯9のウソつき!

♯9の書いた欧州アンチ?アンチ欧州の荒らしが♯14

出てくんな!バカ!
#16 匿名さん2019/03/01(Fri)15:41:21ID:VkMTMwNTmO
#9=#15

自演荒らし禁止
#17 匿名さん2019/03/01(Fri)18:25:56ID:lhMmIwN2DZ
16
黙れ!荒らし!
これ以上荒らすと警察に通報するぞ!
#18 匿名さん2019/03/22(Fri)16:49:10ID:A3NWUwZGzM
ekワゴン、デイスは相当やりそう。N-WGN対抗できるか?
ムーヴもそろそろ出てきて欲しい。

名前(任意)
コメント

車名

N−WGN

N−WGN

代表グレード

G特別仕様車 SSパッケージII

G特別仕様車 SSパッケージ

発売日

2018年7月

2017年6月

型式

DBA-JH1

DBA-JH1

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1655

1655

ホイールベース(mm)

2520

2520

トレッド 前(mm)/後(mm)

1305/1305

1305/1305

室内長(mm)

2055

2055

室内幅(mm)

1355

1355

室内高(mm)

1300

1300

車両重量(kg)

830

830

エンジン型式

S07A

S07A

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

64.0×68.2

64.0×68.2

最高出力

58ps(43kW)/7300rpm

58ps(43kW)/7300rpm

最大トルク

6.6kg・m(65N・m)/4700rpm

6.6kg・m(65N・m)/4700rpm

圧縮比

11.8

11.8

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

30

30

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

29.4

29.4

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

タイヤサイズ(リア)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

最小回転半径(m)

4.5

4.5

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,261,000円

1,261,000円

車名

N−WGN

N−WGN

代表グレード

G特別仕様車 SSコンフォートパッケージ

発売日

2017年6月

2016年6月

型式

DBA-JH1

DBA-JH1

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1655

1655

ホイールベース(mm)

2520

2520

トレッド 前(mm)/後(mm)

1305/1305

1305/1305

室内長(mm)

2055

2055

室内幅(mm)

1355

1355

室内高(mm)

1300

1300

車両重量(kg)

830

830

エンジン型式

S07A

S07A

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

64.0×68.2

64.0×68.2

最高出力

58ps(43kW)/7300rpm

58ps(43kW)/7300rpm

最大トルク

6.6kg・m(65N・m)/4700rpm

6.6kg・m(65N・m)/4700rpm

圧縮比

11.8

11.8

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

30

30

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

29.4

29.4

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

タイヤサイズ(リア)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

最小回転半径(m)

4.5

4.5

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,311,000円

1,090,000円

過去記事(2018/11/28)

ホンダ・N-WGNが2019年にフルモデルチェンジ、2代目モデルへ

次期N-WGNは、S07B型エンジンとHonda SENSINGを導入

ホンダの軽自動車、N-WGN(エヌワゴン)が、2019年中盤にフルモデルチェンジを受けて、2代目モデルに切り替わる計画となっている。

(写真はN-WGN カスタム 初期型)
N-WGN カスタム

ホンダが新世代軽自動車としてNシリーズを導入したのが2011年。まずはダイハツ・タントやスズキ・パレットの対抗モデルに相当するN-BOXを発売させ、これが大ヒット作となった。その後、Nシリーズに追加される形で、N-WGNが2013年に発売された。

Nワゴン カスタム Nワゴン カスタム シート

既に、N-BOXの方は2017年にフルモデルチェンジを受けて、2代目モデルとなっており、これも販売が好調。N-BOXは、軽自動車で最も販売台数が多く、ダントツの人気となっている。

(写真はN-BOX カスタム 二代目モデル)
N-BOX カスタム

次期N-WGNは、2代目N-BOXの新しくなったプラットフォームが流用され、軽量高剛性ボディと、S07B型の新世代軽自動車向けエンジンが導入されることになる。そして、安全運転支援システムのHonda SENSINGも標準装備となり、これまでより注目度が上がるだろう。

N-WGNはそこそこ売れた、N-ONEは売れなかったので廃止の可能性

現行N-WGNの販売台数は、N-BOXには及ばないものの、Nシリーズの中では2番目に売れている。また、ライバルとの比較では、ダイハツ・ムーヴやスズキ・ワゴンRの半分程度の販売台数となった。

(写真はN-WGN 初期型)
Nワゴン 2013 Nワゴン 東京モーターショー

地味な存在感のN-WGNではあるが、そこそこに売れたことと、N-BOXのプラットフォーム流用でフルモデルチェンジできるため、次期型が用意されることになる。ちなみにN-ONEは、セールスが良く無かっため、次期型が発売されない可能性が高い。

過去記事(2014/02/02)

ホンダ・N-WGN(エヌ ワゴン)が発売後10週間で5万台を突破、カスタムが好調

新型軽自動車N-WGNが売れている、消費税増税前の特需をホンダが掴む

新型N-WGN(エヌ ワゴン)の初期受注が好調となっている。

Nワゴン カスタム

N-WGNは昨年の東京モーターショー会期中である2013年11月22日に発売された新型軽自動車。その後2014年1月31日の時点での受注台数が5万台を超えたことをホンダは発表した。

Nワゴン custom Nワゴン 2013

受注台数のうち、ノーマルが44%、上級のカスタムが56%という構成比率となっている。価格は高くともグレードの高いモデルの販売が先行しており、このあたりは登録車からの乗り換えユーザーが多くなっていると想像する。

N-WGNはパッケージングの良さが特徴、ホンダの軽自動車が躍進

消費税増税前の駆け込み買いの影響もあったと考えるが、N-WGNが発売後71日間で5万台の販売台数を達成したことは大成功と言えるだろう。

N-WGN エヌワゴン

一方で、前年同月の2013年1月の統計を見ると、N-BOXが軽自動車販売ナンバーワンとなっており、ホンダの新世代軽自動車、Nシリーズの好調が続いている。長らく低迷であったホンダの軽自動車ビジネスは、今やダイハツ、スズキと並ぶ三強の一つにまで成長した。

中でもこのN-WGNは、最もベーシックなタイプの軽ワゴン車として市場投入され、スズキのワゴンRやダイハツのムーヴに対抗するモデルとして期待も高かった。

Nワゴン カスタム シート Nワゴン トランク 収納

N-WGNの燃費性能はJC08モード29.2km/L。クラスをリードするワゴンRより劣るものの、N-WGNはセンタタンクレイアウト採用による後席とラゲッジの使い勝手の良さがアピールポイントとなる。

Nワゴン 傘入れ
リアシート下には傘入れを設定。

Nワゴン ラゲッジ
リアにガソリンタンクが無いので深いラゲッジが実現した。ベビーカーを立てて入れることも可能だ。

過去記事(2013/12/21)

Nワゴンの特徴、発売10日間の初期受注が約1万3千台、ワゴンR、ムーヴ対抗

ホンダ Nワゴンの受注が好調、Nシリーズ2年目にしてベーシック軽ワゴンを投入

ホンダは2年前の2011年から新世代軽自動車としてNシリーズを販売してきた。そんななか先月の11月に東京モーターショー2013で発表、発売されたばかりの最新作、Nワゴン(N-WGN)を紹介する。

(写真はNワゴン カスタム、大阪モーターショー2013)
Nワゴン honda

Nワゴンは日本の新しいベーシック軽ワゴンとして開発が進められた。このベーシック軽ワゴンというのは具体的にはスズキ・ワゴンRとダイハツ・ムーヴといった類の車種を意図していることは想像に難くないが、Nワゴンはこれらライバル車と真正面から競合できる軽自動車に仕上がっていると感じた。

その人気は発売初期受注からも証明されており、発売日の11月22日からわずか10日間で約1万3千台の予約を獲得している。

Nワゴンはセンタータンクレイアウトによるリア周りの完成度が高い

さて、その新型Nワゴンの特徴は、まずはセンタータンクレイアウトによって実現したリア部分の完成度の高さにあると考える。

Nワゴン リアシート

リアシートは非常に広々としており、前後に20cm可動のスライド式でリクライニング機能も備わる。写真は後部座席を一番後ろにスライドさせた状態ではあるものの身長180cmの男性モデルの足元がゆったりとしており、足が組めるほどである。頭上空間にも余裕がある。

Nワゴン ラゲッジ Nワゴン トランク 収納

そしてラゲッジのフロアパネル下には、深いアンダーボックスが用意されており、ベビーカーを立てて入れても後方視界が妨げられることはない。通常多くの車種ではラゲッジ床下付近にガソリンタンクが配置されているが、このNワゴンでは底の深い収納が設定される。

Nワゴン 傘入れ

またリアシートの下には、傘が置けるアンダートレイが用意されているのも特徴の一つ。
床面も低く設定されており、乗り降りのしやすさにも拘ったという。

過去記事(2013/12/02)

ホンダ新型N-WGN画像、JC08モード燃費は29.2km/L、使い勝手の良さで勝負

新型N-WGNの東京モーターショー画像、燃費性能は29.2km/Lに留まる

2013年11月22日に発売したホンダの新型軽自動車、N-WGN(エヌワゴン)が東京モーターショーで出展された。

N-WGN エヌワゴン

N-WGNのフロントデザイン、カスタムの方はオーソドックスな最近のホンダ顔が採用され普通車クラスの上質感が演出された。一方で、ノーマルの方はフロントグリルを囲むメッキフレームやスピンドルグリル風?の造形が取り入れられており、個性的な顔つきとなった。

Nワゴン Nワゴン 2013

N-WGNのボディサイズは、ホンダ新世代軽自動車のNシリーズの中でも2012年より発売されてきたN-ONEに近い。ライバル車は、このN-ONEを含めて、スズキ・ワゴンR、ダイハツ・ムーヴなどといった車種が挙げられる。

Nワゴン 東京モーターショー Nワゴン カスタム

JC08モード燃費については、N-WGNは後発ながらも29.2km/Lとなり、ワゴンRの30.0km/Lに及ぶことができなかった。

新型N-WGNは燃費性能よりも、ユーザーの利便性にこだわった

新型N-WGNの最大の特徴となるのがセンタータンクレイアウトと言ってもいいだろう。他メーカーの多くがリアシート下に燃料タンクを配置しているのに対して、ホンダ勢の新型N-WGNはフロントシート下に燃料タンク配置している。このためリアシートやラゲッジ周りの設計自由度が広がった。N-ONEでもセンタータンクレイアウトが採用されているが、後出しの新型N-WGNは、ただ広いだけでなくユーザービリティの向上にまで発展している。

広々とした後席足元。

Nワゴン 傘入れ

リアシートの下には傘入れを設置。リアシートのスライド幅は200mm。前後シート間隔は最大1100mmが確保される。

Nワゴン ラゲッジルーム

リアシートを折りたたんだ時にはしっかり段差ができる。この段差を減点とする見方もあるかもしれないが、それよりもN-WGNではリアゲート開口部を低くする設計が選択された。
さらにトランクのフロアパネルは開閉可能となっており、アンダーフロアにも荷室が確保されている。

Nワゴン トランク 収納

シンプルにまとまったインパネ周り。

Nワゴン カスタム シート

フロントシートのすわり心地についてもN-ONEから向上させたという。

過去記事(2013/10/25)

N-WGNの画像公開、ライフ後継のホンダ新型軽自動車が東京モーターショーに出展

ホンダN-WGN、東京モーターショー開幕11月20日に発表の軽自動車の画像

N-WGN(エヌ-ワゴン)として、ホンダが東京モーターショー開幕の2013年11月20日に発表する新型軽自動車の画像が公開された。これまでホンダ軽自動車の主力車種であったライフの後継に相当する車種となる。発売は11月22日に予定されている。

(写真はN-WGN)
N-WGN ホンダ

(写真はN-WGN カスタム)
N-WGN カスタム

新型N-WGNはライバル車よりも居住性でアドバンテージ、センタータンクレイアウト採用

ホンダのNシリーズ軽自動車として既に人気のN-BOXは、スペース重視型として室内空間をいかに広くするかがテーマであった。このN-WGNは日常での使いやすさを追求したモデルということで、最も販売台数の出やすい車種となるだろう。ボディサイズから見てもN-WGNの全高は1655mmということで、1780~1800mmのN-BOXより日常での走行安定性にも気を配ったモデルとなる。

ただし、ライバル車の全高を見てみると、ワゴンRが1640mm、ムーヴが1620mmとなっており、N-WGNの全高はわずかながら大きく取られている。さらにホンダ自慢のセンタータンクレイアウトも採用され、ユーザーに対して訴求効果の高い居住性で優位に立ちたいホンダの意図が見える。

また、公開されたN-WGNのエクステリアを見てみると、ベースモデルの方はN-ONEの流れを感じる力の抜けたシンプルな印象である。

(写真はステップワゴン)
ステップワゴン スパーダ 2013

一方で上級モデルのN-WGNカスタムのフロントグリルは、ホンダの主力ミニバンのステップワゴンを連想させるものとなった。

N-WGN両モデルのエクステリアは、いい意味での「普通」が演出され、街に溢れても飽きのこないデザインと感じた。

過去記事(2013/10/16)

N-WGN(Nワゴン)2013年11月発表、ライフ後継軽自動車が東京モーターショー出展

ホンダ新型N-WGNが11月に発表される見込み、次期ライフとして期待されるモデル

ホンダの新世代軽自動車、Nシリーズの販売が好調となっている。現在Nシリーズとしては、N-BOX、N-ONEの2車種がラインアップされているが、2013年11月からは更にN-WGN(ワゴン)を加えた3車種体制となる。
国内市場の軽自動車シフトが進む中、ホンダはNシリーズの投入で着実にシェアを伸ばしてきた。軽自動車市場はこれまでのダイハツ&スズキの二強体制から、ホンダを加えた三強体制に変わりつつある。

Nワゴン

2013年11月の発表が想定される新型N-WGNであるが、実質的には従来車種のライフの後継を担うポジションが与えられる。ただし、N-WGN発表後も従来型のライフの販売はしばらく継続されるようだ。

(写真は従来型ライフ)
ライフ 2012マイナーチェンジ

新型N-WGNは標準型の主力軽ワゴン車、東京モーターショーへの出展が予想される

これまでのN-ONEはプレミアム軽ワゴンという立ち位置で、強いて言うならダイハツ・ミラココアやスズキ・ラパンに対向するモデルであった。そしてN-BOXは居住性重視のトールワゴン軽自動車で、ダイハツ・タントやスズキ・スペーシアの直接的なライバル車であった。
これらに対して、新型N-WGNは標準型の軽ワゴン車と考えられる。ダイハツ・ムーヴやスズキ・ワゴンRに真っ向から勝負するモデルとして販売台数が多くなることが予想される。

(写真はN-ONE)
N ONE ホンダ

ホンダでは新型N-WGNのティザーサイトが既にオープンしており、車体シルエットの画像が公開されている。2013年11月23日から一般公開される東京モーターショーで、この新型N-WGNの完成車体が披露されることになるだろう。