car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ・ミラココアが2018年フルモデルチェンジへ、ミライースに続く

次期ミラココアが2017年発売のミライースをベースに開発中

ダイハツの軽自動車、ミラココアのフルモデルチェンジが2018年に実施される見込みとなっている。

(写真はミラココア後期型)
ミラココア ツートンカラー

ミラココアのフルモデルチェンジについて、以前の記事では2016年の予想をしたが、これは実現されなかった。昨年2017年にはベースとなるミライースがフルモデルチェンジを受けており、その新型プラットフォームを流用した派生モデル、ミラココアもいよいよ一新されることになる。

(写真はミラココア中期型)
ミラココア

次期ミラココアは、ミライースの最新プラットフォームとスマートアシストⅢを採用

ミラココアは可愛らしいエクステリアが特徴で、女性から支持されてきたモデル。改めて見てみると、後出しで大ヒットしたスズキのハスラーに似てなくはないか。ただし、スズキはSUVスタイルに仕上げてきたところで、商品コンセプトが異なる。逆に言えば、ミラココアもカラーリングやホイールデザインあたりのちょっとした変更でSUVスタイルにすることも可能なわけで、そうすることで男性客にまで販売ターゲットを拡大することができるのではないか。

(写真はスズキ・ハスラー)
ハスラー

次期ミラココアにSUVスタイルが設定されるかどうかは想像の域に過ぎない。ただし、従来からの女性ファン層を引き継ぐ、可愛らしいキープコンセプトのモデルが用意されるのは間違いないだろう。

(写真はミライース)
ミライース ミライース リアコンビネーションランプ

ミライース譲りの燃費性能と、最新の安全運転支援システムのスマートアシストⅢも装備される見込み。

(写真は次期タント コンセプト)
タント

ダイハツでは、このほかにタントのフルモデルチェンジが2018年内に実施される見込みとなっており、軽自動車セグメントでの活躍が期待される。

#1 匿名さん2018/01/04(Thu)23:17:01
キャストが存在する以上、SUVテイストにはしないだろう
ムーヴキャンバスがあるのに、同一コンセプトのミラココアを続けて出すのは疑問だな
ムーヴキャンバスとの差異化を図るには、背を低め、ヒンジ式のリアドアとする必要があるが、これって今や「売れ筋ではない軽」なんだが、大丈夫だろうか?
#2 匿名さん2018/01/05(Fri)01:38:36
ココアはムーヴキャンバス、もしくはキャストスタイルに吸収されて消滅しそうな気がする
後継車が用意されるにしても、最近のダイハツのやり方なら別車名を使うと思うし
#3 匿名さん2018/01/05(Fri)11:25:06
記事書いた人には申し訳ないが、この記事は誤報となるだろう

営業マンに聞いたが、現行モデルは来月(2月)で生産終了とのこと
そして、次期モデルは存在しない
ムーヴキャンバス・キャスト(スタイル)があるのだから、女性ユーザー重視の車種を3車種も併売する必要性がない
#4 匿名さん2018/01/05(Fri)12:42:08
ココアは1月18日受注終了で、2月生産終了。販売店にはもう通知来とるで。後継もないと言ってた。
#5 匿名さん2018/01/05(Fri)12:55:34
いつも楽しませて貰っているが、この記事はないかな、と
少しでも業界を知っていれば、ココア廃止など予想すらできたはず
たとえはわるいが、クルマに興味を持ち始めた中学生の願望と変わらない
次、頑張って!
いつも期待してるから!
#6 匿名さん2018/01/05(Fri)13:00:21
ココアは1月18日受注終了で、2月生産終了。販売店にはもう通知来とるで。後継もないと言ってた。
#7 匿名さん2018/01/05(Fri)13:37:53
現行スイスポが出る直前の予想記事が大誤報だったのを思い出す
予想でのパワープラントは、1.4Lストロングハイブリッド&5AGS
しかし、実際発売されたスイスポは1.4L直噴ターボ&6MT/6ATだった
こういうのはセンスの問題
#8 匿名さん2018/01/05(Fri)14:35:21
間違いは誰につつ
#9 匿名さん2018/01/05(Fri)14:36:10
間違いはだれに
#10 匿名さん2018/01/06(Sat)00:44:32
♯8・9
「間違いは誰にでもある」と言いたいのかな
その通りだ
2018年は何事にも「寛容」でありたいと思う
#11 匿名さん2018/01/06(Sat)10:03:32
ダイハツって派生車は基本的に1代で終了するよね
2000年代以降で2代目も用意された派生車は
ミラジーノとミライースくらい?
ムーヴラテ、コンテ、ミラココア、タントエグゼ、テリオスルキア
きっとムーヴキャンバスも現行型のみだろうし
#12 匿名さん2018/01/06(Sat)10:42:46
話しが逸れるが、スズキのアルトワークスに対抗するモデルを発売して欲しい。往年のTR-XXの復活を望む!
#13 匿名さん2018/01/06(Sat)13:32:20
ココア終了か
しかし、女子向け派生は出すだろな
手堅く売れる
#14 匿名さん2018/01/06(Sat)14:02:22
♯13
いや出さねーし
ムーヴキャンバスあるし
キャストスタイルあるし
女性向け、3車種も不要
#15 匿名さん2018/01/06(Sat)14:16:42
キャンバスは確か
親と同居する独身女性をターゲットにした車
だった
ココアとコンテを統合してスライドドアにしたのがキャンバスだろう
#16 匿名さん2018/01/06(Sat)14:26:19
ムーヴキャンバス・キャスト(スタイル)があるのだから、女性ユーザー重視の車種を3車種も併売する必要性がない
#17 匿名さん2018/01/07(Sun)12:09:12
ココアが発売された当初、
いずれは「ミラ ココア クール」みたいなカスタム系モデルが追加されるのを期待してた
#18 匿名さん2018/01/07(Sun)13:52:49
コペン以外にスポーツモデル出して貰えないでしょうか、ダイハツさん!
#19 匿名さん2018/01/07(Sun)16:00:29
キャストスポーツではダメなのか?
専用サス・専用エクステリア・16インチタイヤ
7速マニュアルモード&パドルシフト

某サイトでは2019年、ミライースに「ターボ&5MT車」が追加されるという噂が掲載されている
但し、アルトワークスほどのチューンはされていない見込み
これ、買いたいか?
#20 匿名さん2018/01/07(Sun)17:57:51
なんちゃってスポーツはペケ
#21 匿名さん2018/01/07(Sun)18:57:38
じゃあ、諦めな!
#22 匿名さん2018/01/09(Tue)12:34:49
うん。半ば諦めますが、心のどこかで期待しています。
#23 匿名さん2018/01/09(Tue)12:43:42
♯22
今、この手のモデルは軽の市場では需要が少ないから仕方がない
アルトワークスも少量販売だし・・・
ミラのターボ&5MTが、アルトワークス並みの内容であることを祈ろう
#24 2018/04/26(Thu)17:47:46ID:c2NzE2MDDO
でるょ後継
#25 匿名さん2018/04/27(Fri)11:14:56ID:czY2Q1OTjN
でません

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/05/20)

ダイハツ・ミラは2016年9月フルモデルチェンジ予測、ミライースと統合

ミラ、ミライースがフルモデルチェンジ、軽自動車最高燃費が予想される

ダイハツの軽自動車、ミラのフルモデルチェンジが2016年9月にも実施される見込みとなっている。最新の燃費技術が採用され、軽自動車最高燃費でデビューすることになるだろう。

(写真はD-baseコンセプト)
D-base ミライース

ダイハツは東京モーターショー2015でD-baseコンセプトを発表していた。これは次期ミライースを意図したモデルとされ、フルモデルチェンジが迫っていることを予感させるものであった。

D-base ダイハツ ミライース後継コンセプト D-base

ミラの派生モデル、ミラココアも遅れてフルモデルチェンジ

ダイハツの現行ラインアップでは、基本モデルのミラに対し、燃費特化型のミライースと2つのモデルが用意されているが、これらは新型ミラに統合され、最新の燃費技術も新型ミラに採用されることになる。このあたりの関係は一足先にフルモデルチェンジしたライバルのスズキ アルトと廃止されたアルトエコと同様となるだろう。

D-base ダイハツ インテリア ダイハツ 次期ミライース D-base リアシート

高張力鋼板、あるいはコペンで実績のある樹脂パネルの採用などによる大幅な軽量化。そして最新テクノロジーとしては、電磁波によって燃焼効率を高める技術が注目となる。

ミライース D-base ダイハツ

現行モデルの燃費性能は、ミライースが35.2km/L、ライバルのアルトが37.0km/Lということであったから、38km/L程度は確実にクリアし、場合によっては40km/Lもあり得る。

ミライース D-base ダイハツ バックウィンドウ

一方でライバルのアルトはスズキの燃費不正の対象車種であった。ダイハツとしてもここは一気に存在感をアピールしたいところである。

(写真は現行ミラココア)
ミラココア ツートンカラー

派生モデルのミラココアもフルモデルチェンジの準備が進められており、こちらは新型ミラの発売から数ヶ月遅れるものの2016年終盤での発売が予想される。

過去記事(2014/08/26)

ダイハツ・ミラココアがマイナーモデルチェンジ、JC08モード燃費29.0km/Lへ

ミラココア後期型が発売、燃費性能向上と豊富なカラーバリエーション

2014年8月26日、ダイハツのミラココアがマイナーモデルチェンジを受けた。

ミラココア 2014 後期

ミラココアは2009年にデビューし、今年で販売5年目を迎えるモデルとなる。新たなエクステリアデザインが与えられ、後期モデルの販売がスタートした。

ミラココア後期 内装 ブラウン ミラココア後期 内装アイボリー  ミラココア後期 内装ピンクベージュ

フロントバンパーには新デザインが適用され、従来モデルよりも上質感のある造りとなった。カラーバリエーションが増やされたこともアピールポイントとなっており、内装パネルカラー3色とシートカラー3色の組み合わせによる計9パターン。エクステリアカラーはツートーンを含めた15色が用意される。

ミラココア ツートンカラー ミラココア後期 シート

パワートレインにも改良が加えられ、クールドi-EGRおよびCVTサーモコントローラーを採用。JC08モード燃費は従来型26.0km/Lから新型29.0km/Lへ、4WD車は従来型25.6km/Lから新型25.6km/Lへ向上する。最新型ミライースで採用されているダブルジェットインジェクタの採用は見送りとなったが、全車エコカー減税100%対象(免税)となる。

デザイン重視の派生軽自動車、女性はダイハツ・ミラココア、男性はスズキ・ハスラー

ミラココアは、ミラの派生車として生まれたモデル。全高は1530~1560mmとなっており、主力軽ワゴン車の多くが1.6mオーバーとなっている中では、見た目にも少し小さく感じる。同クラスのボディサイズでターゲットを女性ドライバーとしたライバル車としてはスズキ・アルトラパンがある。ただし、最近のトレンドでは全高1665mmのスズキ・ハスラーが対抗となっていそうだ。

ハスラー

上の写真はスズキ・ハスラー。こちらもおしゃれなツートンカラーの設定があり、ヘッドライト形状もミラココアに近いがやや男性向けのイメージに仕上げられている。

過去記事(2012/04/23)

ムーヴコンテ、ミラココアにミライースの超低燃費エンジンを採用

ムーヴコンテとミラココアにイーステクノロジーを採用

ムーヴコンテとミラココアが今月(2012年4月)に行われた改良で、燃費が大幅に改善する。
ダイハツでは、リッター30km/Lを達成したミライースの超低燃費技術を他車種へ展開していくことを進めているが、今回はムーヴコンテとミラココアにその番が回ってきた。

このイーステクノロジーとも呼んでいる低燃費技術は、改良型KF-VEエンジンとCVT、新エコアイドルが主な内容となっている。

ムーヴコンテ、ミラココアはJC08モード燃費26.0km/Lに

今回の改良により、ムーヴコンテの燃費はJC08モードで26.0km/Lを達成。ムーヴコンテは旧モデルからアイドリングストップシステムが採用されていたが、本モデルからは7km以下になるとエンジンが停止する、停車前アイドリングストップ機構を備えた新エコアイドルを搭載している。この他にエンジンとCVTもミライースと共通になる。

(写真は、イーステクノロジーが採用されることになったミラココア)
ミラココア
ミラココアについてもJC08モード燃費は26.0km/Lを達成している。ミラココアはアイドリングストップシステムの搭載が今回が初めてとなるため、旧モデルからの燃費の伸びしろは大きくなった。ミラココアにもミライースと共通のエンジンとCVTが採用される。

また、ムーヴコンテのOEM車種であるトヨタ・ピクシススペースも同様に改良型KF-VE型エンジンとCVT、新エコアイドルの搭載が開始され、JC08モード燃費で26.0km/Lを達成することになる。

過去記事(2011/05/30)

軽自動車燃費ランキング(11位~)

軽自動車の実用燃費、ランキング下位にも人気車が

軽自動車燃費ランキング(1位~5位)
軽自動車燃費ランキング(6位~10位)

実際のドライバーからの報告を元に平均化して算出した実用燃費でランキングしている。

11位:バモス 実用燃費15.69km/L

実用燃費はトランスミッションに5MTを採用したモデルの数値である。
4ATだけでなく3ATを搭載したモデルもあり、オートマチックトランスミッション車であれば、3~4km/L程度の燃費悪化は避けられない。
背の高いワゴン車でもMT車なら燃費は良好だが、CVTの効率の良さには及ばないようだ。

12位:ミラココア 実用燃費15.40km/L

ミラと共通のプラットフォームとエンジン、トランスミッションの組み合わせで、ボディのみ専用設計となる。
ミラはランキング1位の実用燃費19.51km/Lを記録している。
ミラよりもミラココアの方が風の抵抗を受けやすいボディ形状のため、燃費では少し不利のようだ。
それよりも、短距離かつ短時間走行に使われることの多いミラココアに対し、ミラは事業用車として長時間かつ長距離の走行が多いことが実用燃費に差が出た大きな理由だ。

13位:タント/エグゼ 実用燃費15.30km/L

室内の広さは最大級で人気の車種だ。
CVTを採用しているものの大きなボディがマイナスで、軽自動車としての燃費は標準以下。
後席のドア仕様が、タントはスライドドア、タントエグゼはヒンジドアとなっている。

14位:ライフ 実用燃費15.14km/L

コンパクトカー実燃費No1のホンダは、軽自動車の燃費はあまり力をいれていない。
いまどき、CVTを採用していないので、燃費ランキングでは下位。
ライフはハンドリングやブレーキフィールも評判が悪く、不人気車となっている。

15位:ゼスト 実用燃費15.13km/L

デザインはホンダ系のミニバン風にまとまっており、軽ワゴン車の中ではクールな印象だ。
ただし、燃費向上に欠かせないCVTが装備されておらず、従来のトルコンATの採用である。
燃費面では時代遅れな印象。

軽自動車の実燃費ランキング 11位~15位まとめ

ランキング下位には背の高いワゴンタイプの軽自動車がランクしてきた。
そんな中、ホンダの軽自動車の技術的遅れが目立つ。
フィットの燃費を超えてはいけない、社内ルールでもあるのだろうか。

ミラとミラココアの実用燃費の差も興味深い。
ほとんど同じ車体でも、使い方によって燃費は大きく変わる。

過去記事(2011/01/28)

ミラココア新型(ダイハツL675S/L685S)の評価と口コミ

ミラココア
ミラ・ココアはミラの姉妹車としてダイハツから販売されている。西山茉希とウェンツのCMでもおなじみだ。ライバル車はスズキ・ラパンとなる。

かわいい軽が欲しいならミラ・ココア

エクステリアはフィアット500風

ダイハツのミラの姉妹車は、ミラ・ジーノがMINI風のエクステリアだったりと小型欧州車をモチーフにしたデザインが多い。このミラココアはフィアット500を意識したデザインと言えるだろう。残念ながら一部の口コミではパクリなどと批評されている。
自動車ファンやダイハツファンからすれば残念に感じる人もいるだろうが、日本人のほとんどは旧フィアット500を知らないし、外観を気に入ったのなら問題に感じることはないだろう。実際にミラココアの実物を見た感じの印象では、新型のオシャレな軽というのが正直な感想だ。

ミラのかわいい版

ミラココアはその名の通りミラをベースに独自のエクステリアとインテリアを持たせたものだ。丸いライトがかわいく、特にルーフレール付きのココアプラスはオシャレだ。ルーフ無しモデルの全高は1530mmで立体駐車場に入るようになっている。
内装はココアの名前の通り、ゆったり落ち着けるカフェのような空間をめざし開発された。広さも十分でリラックスできる空間で評価が高い。
基本的にはミラと同じ車で、乗り心地、操縦安定性などはミラと同等だ。強めに加速をすれば、すぐに50~60キロに達し、交通の流れに乗りやすい。ブレーキも踏み込みに応じて自然な形で効いてくれる。ブレーキを踏んでも簡単に前のめるようなこともない。
ミラは大人の女性をターゲットにしており、上質さを求める上級志向の顧客にも満足できるように商品開発されている。
一方、ミラココアは免許を取り立ての方や運転になれていない女性でも車に親しみやすいようにと考えられている。特に車庫入れなどの運転のしやすさがアピールポイントだ。

バックモニター付きオプション

ミラココアはバックモニタがルームミラーの中に埋め込まれているオプションを選択する事ができる。シフトレバーをリーバースギアに入れるだけで、ルームミラ左側にリアカメラからの映像が映し出され、車庫入れの苦手なドライバーをサポートする。通常バックモニターとい言えば、ナビのディスプレイに映し出されるものが多いが、ルームミラーに映し出されれば視線移動が少なくて済む。
また、エクストラサイドウィンドーと呼ばれるサイド後方に3つ目の窓が設置された。後方を自分の目で確認しやすいように工夫がされている。

エンジン、トランスミッション

ミラと共通のKF-VE型の3気筒エンジン採用だ。信頼性も高く、購入にあたって問題となる点はないだろう。
現在のモデルはFF、4WDを問わず全てCVTのトランスミッションが採用されており低燃費が期待できる。FF車の10・15モード燃費は23.5km/Lとなっている。
サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット式コイルスプリングで、FF車のリアがトーションビーム式コイルスプリング、4WD車のリアが3リンク式コイルスプリングとなっている。軽自動車としては一般的な装備だ。

ミラココアとライバル車アルトラパンとの比較

アルトラパン
ライバル車、アルトラパン(スズキ)

エクステリア

2009年デビューのミラココアは新しい分、エクステリアもかわいく高評価だ。
一方、アルトラパンは2008年にフルモデルチェンジをしているものの、2002年の初代デビュー以来、キープコンセプトのデザインで新鮮味に欠ける。
ただ、ミラココアのリアからの眺めはミラそのもので面白味がない。リアのデザインはラパンの方がオシャレな印象だ。
どちらも女性向きだが、ミラココアの方がより女性向きで男性は購入を躊躇するだろう。

室内の広さ

全高が2cm高いなど寸法上はミラココアの方が広い。アルトラパンは角張ったデザインであるので、実使用上はほぼ互角と考えていいだろう。
どちらも軽自動車という概念からすれば広いし、大人4人が十分乗ることができる。もちろんムーヴやワゴンRのようなトールワゴンと比較すると広々感では劣る。しかしトールワゴン車よりも低重心なので乗り心地が良く室内は快適だ。
どちらも横幅の狭さはあるもののコンパクトカーに近い感じでリラックスすることができる空間だ。ラパンは全グレードに後席8段階リクライニングが付いているので、この点についてはミラココアが不利だ。

使い勝手

ミラココアは前後のドアが約90度近く開くこともアピールポイントとなっている。乗り降りはもちろん、荷物の出し入れがしやすくなる点は評価に値する。アルトラパンのドアの開閉角度は前が66度、後が80度と一般的だが通常のシーンでは全く不足がない。
運転席まわりの操作系の配置については、ミラココアが不利だ。ハンドル回り以外の手で扱う操作系が少し離れた場所に位置している。特に体の小さな女性がメイン顧客ということを考慮すると、不親切に感じる。
一方、アルトラパンの操作系の配置はシートから体を離すことなく届く位置にあり、理想的と言える。アルトラパンは二代目ということもあり、より熟考して設計されている部分は評価したい。

足回り、ハンドリング、乗り心地を比較

簡単に言えば、運転操作のしやすさ、乗り心地のよさはミラココアは劣っている。ここ数年でスズキは軽自動車メインから普通車への転換を遂げようとしてきているが、そのことがいい意味で軽自動車の開発にも活かされているようだ。ミラもアルトも10年前は大差ない足回りであったが、その後、旧態依然のミラシリーズに対し、アルトシリーズは大きく進化した。
ミラココアのエクステリアに惚れたなら、ミラココアの選択で後悔がないだろう。しかしどちらか迷っているのなら、残念ながらミラココアよりもアルトラパンをオススメする。
ユーザー口コミによる実燃費報告では、燃費性能までもがアルトラパンの方が勝っている。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先