car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱自動車・エクリプスクロス発売、1.5Lターボ 253万2600円から

新型エクリプスクロス、三菱から久しぶりのニューモデル

三菱自動車は2018年3月1日にエクリプスクロスを発売した。

(写真はエクリプスクロス、東京モーターショー2017)

新型エクリプスクロスのボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。2010年より販売されてきたRVRの全長4365mmより少し大きい。三菱自動車の販売規模を考えれば、これだけサイズの近いクロスオーバーSUVモデルを今後も長く併売していくことは考えにくいが、現在のところRVRの生産が終わるという話は無い。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ エクリプスクロス 東京モーターショー2017

エクリプスクロスの月間販売目標はわずか1000台、今後PHEV追加の可能性

新型エクリプスクロスのエクステリアは、三菱のファミリーフェイスであるダイナミックシールドが採用される。RVRやアウトランダーでは後付け感もあったダイナミックシールドであるが、エクリプスクロスでは周辺デザインとの整合性も良く、ようやく本物を見た感じがある。

エクリプスクロス フロントグリル エクリプスクロス バックドア

インテリアでは、リアシートに200mmのスライド機構と9分割のリクライニングが装備される。

エクリプスクロス リアシート エクリプスクロス トランク

国内仕様のパワートレインは新開発の1.5L ダウンサイジングターボエンジンとなる。さらにPHEVモデルの導入が検討されているが、発売時期は未定。

エクリプスクロス 1.5Lターボエンジン

車両価格は2WD車が253万2600円~287万9280円に設定され、4WD車は21万6000円高となる。このクラスのクロスオーバーSUVでは、トヨタ・C-HRが人気となっているが価格設定のベンチマークとして、これを相当意識したことが想像できる。

エクリプスクロス シート

発売前先行オーダーとして既に約5000台が確保されていた。昨今のSUVトレンドの中にありながらも、人気は今一つ。三菱ブランド力の低下もあるだろう。月間販売目標は1000台と控えめな数字が示されている。

#1 匿名さん2018/03/04(Sun)07:15:19
三菱復活の旗振り役となれるか。
#2 匿名さん2018/03/04(Sun)12:27:58
このデザインが気に入ればってだけで
他に特徴はなさそう
残念ながら最初だけ売れて終わりだろうね
RVRもそんな感じだったし
つーかRVRと併売するの…
#3 匿名さん2018/03/04(Sun)20:41:33
クロスと言うだけあって、混じっているな…
いろいろミックス!って感じだな。
アウトランダーで培ったPHEVを推して行けば良いのにな…
#4 匿名さん2018/03/05(Mon)05:35:52
CFはイケてる。
#5 匿名さん2018/03/05(Mon)19:05:27
値引き待ち
200万強ぐらいで買えねーか
#6 匿名さん2018/03/05(Mon)20:17:29
安全装備が微妙すぎる。この価格で売り出すなら全車速追従ACCはついてないとアカンのにない。サイズ違うがCH-Rのターボ車買ったほうがまだマシだろ
#7 匿名さん2018/03/05(Mon)20:37:02
日産にプロパイロット付けてもらえば売れるんじゃね
一台あたり+50万ぐらいで
#8 匿名さん2018/03/06(Tue)13:23:49
>> #6さん
エクリプスクロスのACCは
「センサーを使用して前方車両との相対速度、相対距離を測定し、4段階から任意に設定した車間を保ちながら追従走行します。 前方車両に追従して停止した際は、停止状態を維持します。」
と書かれていたのですが、僕はこれを読んで『全車速追従ACC』だと思ってしまったですが、実際はそうではないのですか? 
#9 匿名さん2018/03/10(Sat)06:50:00
リヤの腰高感が・・・。SUVはこんなもんか。
#10 匿名さん2018/03/18(Sun)17:25:05
シャシーは、8年前に開発されたRVRやアウトランダーと共通。
新開発できなかったところに三菱自の苦境が見て取れる

ただ、海外ではたくさん売れるだろうな
#11 匿名さん2018/03/22(Thu)23:26:41ID:MyYzk5MDmZ
ただのガソリン車だろ何が特徴あるんだよこんなもん造るから無能なんだよな三菱 プラグインハイブリッド4WDなら売れていたろうにアウトランダー以外はカス車だろ
#12 匿名さん2018/03/22(Thu)23:29:14ID:M1ODk5NWzY

カスコメント

名前(任意)
コメント

車名

エクリプスクロス

エクリプスクロス

代表グレード

発売日

2018年3月

2018年3月

型式

DBA-GK1W

DBA-GK1W

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4405

4405

全幅(mm)

1805

1805

全高(mm)

1685

1685

ホイールベース(mm)

2670

2670

トレッド 前(mm)/後(mm)

1545/1545

1545/1545

室内長(mm)

1870

1870

室内幅(mm)

1490

1490

室内高(mm)

1240

1240

車両重量(kg)

1460

1480

エンジン型式

4B40

4B40

シリンダー配列

4気筒

4気筒

排気量(cc)

1498

1498

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.8

75.0×84.8

最高出力

150ps(110kW)/5500rpm

150ps(110kW)/5500rpm

最大トルク

24.5kg・m(240N・m)/2000〜3500rpm

24.5kg・m(240N・m)/2000〜3500rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

63

63

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

15.0

15.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/70R16

225/55R18

タイヤサイズ(リア)

215/70R16

225/55R18

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,532,600円

2,706,480円

車名

エクリプスクロス

代表グレード

Gプラスパッケージ

発売日

2018年3月

型式

DBA-GK1W

ボディ形状

5ドア SUV

乗員定員

5名

全長(mm)

4405

全幅(mm)

1805

全高(mm)

1685

ホイールベース(mm)

2670

トレッド 前(mm)/後(mm)

1545/1545

室内長(mm)

1870

室内幅(mm)

1490

室内高(mm)

1240

車両重量(kg)

1480

エンジン型式

4B40

シリンダー配列

4気筒

排気量(cc)

1498

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.8

最高出力

150ps(110kW)/5500rpm

最大トルク

24.5kg・m(240N・m)/2000〜3500rpm

圧縮比

10.0

過給機

ターボ

燃料タンク容量(L)

63

使用燃料

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

15.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/55R18

タイヤサイズ(リア)

225/55R18

最小回転半径(m)

5.4

トランスミッション

CVT

駆動方式

FF

消費税込み車両価格

2,879,280円

過去記事(2017/11/28)

エクリプスクロスの日本発売は2018年3月頃、最後の三菱独自開発モデル

三菱新型エクリプスクロス来春発売、C-HRより少し大きいクロスオーバーSUV

エクリプスクロスが今秋開催された東京モーターショー2017で公開され、日本での発売が待たれる段階となった。以前は2017年末から2018年1月あたりの発売日が予想されていたが、これより少し遅れ2018年3月頃のリリースとなりそうである。

(写真はエクリプスクロス)
エクリプスクロス

エクリプスクロスのボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。このクラスで販売が好調なトヨタ・C-HRより僅かに大きなボディサイズとなっており、これは室内の余裕にも反映されている。

エクリプスクロス 東京モーターショー2017 エクリプスクロス リアコンビネーションランプ

エクリプスクロス日本仕様は1.5Lターボの1種類のみ

エクリプスクロス日本仕様に設定されるパワートレインは、1.5LのガソリンターボエンジンとCVTの組み合わせとなる。

エクリプスクロス 1.5Lターボエンジン エクリプスクロス フロントグリル

欧州仕様では2.2Lディーゼルモデルもあり、これは後々追加ラインアップされる可能性もあるが、現時点では日本導入の具体的な計画は無し。PHEVなども用意される見込みはなく、日本仕様は1.5Lターボの1タイプで販売されることになる。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス リアシート

日産との経営統合が進められる三菱自動車であるが、このエクリプスクロスが三菱が独自開発する最後のモデルとなる。

エクリプスクロス トランク エクリプスクロス バックドア

今後はブランドを代表してきたパジェロのようなモデルでさえ、多少は日産の影響を受けることが予想される。特に普及価格帯の次期型モデルには日産車種とのプラットフォーム共用の話もあり、そういった意味でもエクリプスクロスは手軽に買える最後の純三菱車となるかもしれない。

過去記事(2017/07/03)

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

新型エクリプス クロス、RVRも継続で三菱自動車ラインアップがSUV化

三菱自動車から久しぶりのニューモデル、エクリプス クロスが2018年1月に発売される見込みとなっている。

(写真は新型エクリプス クロス、ジュネーブモーターショー2017)
エクリプスクロス フロントグリル

エクリプス クロスに搭載されるエンジンは、2.2Lディーゼルと1.5Lガソリンターボが発表されている。ボディサイズは全長4400mm×全幅1805mm×全高1685mmとなる。全長4295mmのRVRと全長4695mmのアウトランダーの中間にポジショニングされ、クロスオーバーSUVのカテゴリで、さらにもう一台の選択肢が与えられた。

三菱自動車エクリプスクロス エクリプスクロス

エクリプス クロスにRVRが吸収されてしまう可能性も考えられたが、RVRの販売は継続され、さらに次期型の開発も進められている。パジェロを加えた4車種のSUVラインアップを主力商品として、三菱ブランドの再建が図られる。

エクリプスクロス バックドア エクリプスクロス トランク

エクリプス クロス エボリューションが計画中、ランエボのスピリットを引き継ぐ

エクリプス クロスの今後想定されるスケジュールは、10月の東京モーターショー2017を契機に日本市場に向けたプロモーションを本格化させ、年明け2018年早々に発売となるだろう。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス シート

また、エクリプス クロスには上級カスタマイズスポーツのエボリューションが設定される計画で、現在開発が進められている。専用エクステリアだけでなく、1.5Lターボエンジンをベースにしたチューンアップも含まれる。ただしボディタイプがクロスオーバーSUVであるので、スポーツ度は程々といったところか。

過去記事(2017/05/10)

三菱・エクリプスクロスの日本発売は2018年初頭、2.2Lディーゼル搭載

新型エクリプスクロスはRVRより一回り大きい、クロスオーバーSUV

3月のジュネーブモーターショー2017では、三菱自動車から久しぶりのニューモデル、エクリプスクロスが発表されたが、その日本発売が2018年初頭のスケジュールで進められている。

(写真は新型エクリプスクロス、ジュネーブモーターショー2017)
エクリプスクロス

新型エクリプスクロスはクロスオーバーSUVのカテゴリに属するモデルとなる。ボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。三菱のラインアップでは、ホイールベースが同じクロスオーバーSUVとして、全長4295mmのRVRと全長4640mmのアウトランダーがあるが、エクリプスクロスはその間を埋めるボディサイズでラインアップされる。

新型エクリプスクロス日本仕様が東京モーターショーに出展、その後に日本発売

エクリプスクロスのメイン市場は欧州ということになる。ここでの全長4.4mクラスのクロスオーバーSUVといえば、日産・キャシュカイが有力なモデルであり、直接的なライバルとなる。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ 三菱自動車エクリプスクロス

キャシュカイが導入されていない日本市場では、販売が好調なトヨタ・C-HRとボディサイズが近くなる。現状の三菱のブランド力から考えればエクリプスクロスの販売台数はさほど多くなりそうにもない。ただし、エクリプスクロスは2.2Lディーゼルエンジン搭載モデルをラインアップするなどC-HRにはない要素もあり、一部のファンからは支持を得ることになるだろう。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス リアシート

このほか、エクリプスクロスには1.5Lガソリンターボエンジン搭載モデルも用意される見込み。しかし、これは発売が遅れ、初期型には導入されない。

エクリプスクロス フロントグリル

まずは2017年10月の東京モーターショーでエクリプスクロス日本仕様が公開され、2018年の初頭あたりの発売が見込まれる。

過去記事(2017/03/25)

三菱自動車、新型エクリプス クロスの日本販売計画有り、2018年の発売

新型エクリプスクロス、三菱自動車がSUVラインアップを強化

三菱自動車がジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアさせたエクリプスクロスの日本発売は2018年に入ってから実現される見込みとなっている。

(写真は新型エクリプスクロス、ジュネーブモーターショー2017)
エクリプスクロス

エクリプスクロスは、三菱自動車のクロスオーバーSUVとして新たにラインアップされるモデルである。度重なる不祥事により、日本国内における三菱自動車の信頼回復は相当難しいものがありそうだが、海外ではパジェロの実績によるブランドイメージがまだ少しはあるようである。三菱自動車は、このあたりを足掛かりに日産傘下で再生が図られることになり、今後はSUV車への比重を強めていくことが予想される。エクリプスクロスはそんななか発表された新型SUVということになる。

エクリプスクロス フロントグリル エクリプスクロス バックドア

エクリプスクロス日本仕様は1.5Lガソリンターボエンジン搭載で2018年発売

ジュネーブで発表されたことからも、エクリプスクロスのメイン市場は欧州ということになる。欧州向けには2017年内にもデリバリーが始まる見込みとなっており、同市場への販売が優先されることになる。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス シート

ただし、日本向けにも発売が計画されており、欧州から少し遅れながらも2018年に入ってから国内ラインアップに追加される見込みとなっている。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ 三菱自動車エクリプスクロス

エクリプスクロス日本仕様への搭載が予想されるエンジンは、新開発の1.5Lのガソリンターボエンジンとなる。この他、2.2Lディーゼルモデルもジュネーブで発表されていたが、こちらも日本仕様にラインアップされれば、マツダ・CX-5の対抗として存在感を示せそうだ。

過去記事(2017/03/08)

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

三菱自動車エクリプス クロス、全長4.4mクラスの新型クロスオーバーSUV

三菱自動車は開催中のジュネーブモーターショー2017でエクリプス クロスを世界発表した。

(写真は新型エクリプス クロス)
エクリプスクロス

厳しい経営環境のなか車種整理を進めてきた三菱自動車にとって、今回のジュネーブモーターショーは久々の市販型ニューモデル発表の場となった。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ エクリプスクロス トランク

事前情報の通り、新型エクリプス クロスはボディサイズ的にはRVRとアウトランダーの間にポジショニングされるクロスオーバーSUVとなった。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス 内装

エクリプス クロス、シティSUVらしいエクステリアデザイン、スタイリッシュながらも居住性は確保

エクリプスの車名は、かつて三菱自動車が販売していたスポーツクーペから引用している。ルーフラインが後方にかけて下げられるクーペスタイルの要素をクロスオーバーSUVに取り入れる手法が近年トレンドとなっているが、これを三菱自動車のデザインルールと上手く融合させた印象である。

三菱自動車エクリプスクロス

ただし実際のところは、ルーフラインはさほど下がっていないのではないか。逆にサイドのキャラクターラインをしっかり後方にかけて上げることで、クーペスタイル風に見せかけているといったほうが正しいのかもしれない。つまりクーペスタイルとは言いながらもリアシートの居住性は十分に保たれており、ヘッドクリアランスにも余裕があると感じた。

エクリプスクロス シート エクリプスクロス リアシート

フロントデザインは、マイナーモデルチェンジしたRVRやアウトランダーと共通するものであるが、やはり全くの新型車ということもありエクリプス クロスの完成度は高い。

エクリプスクロス フロントグリル エクリプスクロス バックドア

バックは細いコンビネーションランプを境に二段ウィンドウが置かれる。シティSUVらしい近未来的なイメージに仕上げられた。

過去記事(2017/03/04)

新型エクリプスクロスはRVRとボディサイズが近い、新開発1.5Lターボ搭載

新型エクリプスクロスは実質的にはRVR後継モデルである可能性も

三菱自動車は開催が迫るジュネーブモーターショー2017で、新型エクリプス クロスの市販型を発表する予定となっている。その主な仕様が発表された。

(写真はエクリプス クロス)
新型エクリプスクロス

エクリプス クロスのボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。事前の情報でもあった通りRVRとアウトランダーの間を埋めるボディサイズということになるが、むしろRVRの全長4295mmに近い。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ エクリプスクロス 三菱自動車

三菱自動車の販売規模を考慮すれば、ほぼ同クラスのクロスオーバーSUVモデルを今後も2モデル維持していくとは考えにくく、将来的にはRVRはカタログ落ちとなる可能性もあるのではないだろうか。

エクリプスクロス シート エクリプスクロス リアシート

全幅は1.8mを超えており、これは日本市場では大き過ぎる。エクリプス クロスは三菱のブランドイメージが凋落してしまった日本市場よりも、むしろグローバル市場に向けて開発されたモデルであると考える。

エクリプス クロスに三菱自動車新開発のダウンサイジング1.5Lガソリンターボエンジンを搭載

エクリプス クロスのパワートレインは現在二種類が発表されている。まずは、2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジン+8ATによるもので、これがハイパフォーマンスモデルということになるだろう。さらに新開発の1.5Lの直噴ガソリンターボエンジン+CVTも用意され、日本での販売はこちらがメインとなることが予想される。

エクリプスクロス インテリア

発売時期としては2018年初頭の英国発売が公表されている。日本発売もこの時期になることが予想され、2017年秋に開催される東京モーターショーでも大きくプロモーションされ、三菱ブースのメインステージを飾ることになるだろう。

過去記事(2017/02/16)

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

新型SUVの車名はエクリプス クロス、旧モデルの車名を復活

三菱自動車はエクリプス クロスと名付けられた新型のクロスオーバーSUVを発売する。3月7日より開催されるジュネーブモーターショー2017で市販型がワールドプレミアされる予定となっている。

(写真はエクリプス クロスのティザー画像)
三菱エクリプス クロス

三菱自動車が新型のクロスオーバーSUVを導入予定であることは、これまでもレポートしてきた。そして、その車名については、商標登録の状況からアスレジャーになるのではと予想されたが、これは大きくはずれた。三菱自動車が1989~2012年の間、販売していたエクリプスの車名が復活採用されることになる。

エクリプスクロス 三菱エクリプス クロス リアコンビネーションランプ

新型エクリプス クロスはクーペSUV、Concept XR-PHEVⅡの市販型

旧車エクリプスは2ドアのスポーツクーペというカテゴリのモデルであった。新型車はクロスオーバーSUVなのでエクリプス クロスということになる。公開されたティザー画像からもわかる通り、リア周辺のルーフが低く絞られており、いわゆるクーペSUVと呼ばれるボディスタイルに仕上がっている。リアのヘッドクリアランスは犠牲となるがサイドからのシルエットはスタイリッシュ。それでも使い勝手が悪くならないようにドア配置は一般的な5ドアハッチバックと同じように置かれている。

三菱エクリプス クロス ティザー エクリプスクロス

サイドにある堀の深いキャラクターラインも特徴的である。バックビューは三菱自動車がこれまでに提案していたConcept XR-PHEVⅡに近いデザインが採用されており、エクリプス クロスはその市販型と考えて良さそうだ。エクリプス クロスのボディサイズはRVR以上、アウトランダー未満になることが予想される。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先