car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エクリプスクロス、日本販売不振でもグローバルで好調

三菱自動車エクリプスクロス、海外を中心に売れている

エクリプスクロスは、三菱自動車から2018年3月に発売された久しぶりの新型車である。2018年度上半期(4~9月)の国内販売台数が5171台と発表された。発売から間もないタイミングにもかかわらず月平均で千台を割り込んでおり、国内販売は厳しい状況のようである。そもそもエクリプスクロスの目標販売台数は、控えめの1000台が設定されていたが、この数字すら達成することができていない。

(写真はエクリプスクロス)

一方で、グローバルで見るとエクリプスクロスは人気モデルとして順調な滑り出しである。同期間でのグローバル販売台数は約4万台規模が推計されており、主な輸出先は、欧州、北米、オーストラリア、ニュージーランドといったあたり。海外先進国を中心に売れている。

エクリプスクロス フロントグリル エクリプスクロス バックドア

エクリプスクロスは日本では売りにくいボディサイズ

国内向けエクリプスクロスのパワートレインは、1.5LガソリンターボとCVTの組み合わせのみで、海外向けには2.2Lディーゼルと8速ATも用意されている。最初から日本を販売の主要ターゲットとして考えていないのだろう。

エクリプスクロス 1.5Lターボエンジン エクリプスクロス インテリア

エクリプスクロスの全長は4405mm。国内メーカーでこれと同クラスのクロスオーバーSUVは、エクリプスクロスを除き、現在は日本向けにラインアップされていない。日本では、コンパクトSUVとしては大き過ぎ、中型SUVとしては小さ過ぎる。中途半端なサイズ感で、これまで各メーカーが国内販売を敬遠してきた。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ エクリプスクロス 東京モーターショー2017

エクリプスクロスの車両価格はグレードM(2WD)の253万2600円がエントリーとなる。ちょうどマツダ・CX-5 20S(2WD)が257万400円と近く、競合車種として意識されているだろう。ただ、全長が140mmも大きいCX-5は車格的には完全に上のクラス。エクリプスクロスを日本市場で積極的に売っていくのは、現在の価格設定では難しそうだ。

#29 匿名さん2018/12/14(Fri)08:21:54ID:A2ZjZlZW2Z
COTY チャイナカー
RJC 日本車
#30 匿名さん2018/12/18(Tue)11:06:38ID:Q4ZjUzNjmM
○COTY チャイニーズカー
×COTY チャイナカー
#31 匿名さん2018/12/23(Sun)22:11:54ID:I4YmY0YmDN
COTYのボルボは中国メーカー
#32 匿名さん2018/12/23(Sun)22:42:10ID:M2M2ZiNzTY
レッドのボディーカラーは、なかなか良い感じ。
#33 匿名さん2019/01/02(Wed)13:41:43ID:cwM2ZmODDZ
最近ジワジワと好感度アップしてきた。
#34 匿名さん2019/01/05(Sat)02:28:54ID:E5OTJkNWWY
RJCが本当のカー オブ ザ イヤーですね。COTYは信頼度が低く権威がないからやめたほうがいいのでは。
#35 匿名さん2019/01/05(Sat)04:24:19ID:YyN2YxMTTO
レースやったりするジャーナリストがいるCOTYは、やっぱり走行性能重視な賞。だから、輸入車がイヤーカーになったりするんです
対して、より消費者目線なのがRJC。
軽がイヤーカーに選ばれます。
どちらが良いとか、言えません。
#36 匿名さん2019/01/05(Sat)08:31:44ID:Q0ZWJmZDzM
↑↑↑
軽自動車をバカにしたヤツ。
全国3000万人を超える軽自動車ユーザーに謝罪しろ。
フザケンなよ‼️
#37 匿名さん2019/01/05(Sat)08:39:06ID:YyN2YxMTTO
36へ

35ですが、どうしたんですか?
落ち着きましょうよ!
軽自動車は、日本以外、どこの国にも作れない日本自動車産業の宝でしょ?

しかも、軽自動車はこのサイトで数少ない、アンチ不在のジャンルですよ?
軽をバカにした人、今までいなかったと思います。
#38 匿名さん2019/01/05(Sat)09:22:09ID:NkMTg5YzGY
意味不明のいちゃもんをつける「キレ芸」かまし、しかも「謝罪要求」。
レーダー照射問題で話題のお隣の国と「芸風」が全く一緒。
自身の「出自」は隠せないな。
なぁ?#36よ?
#39 匿名さん2019/01/05(Sat)10:49:23ID:dmOTk0ZjTN
#35
#37
#38
管理人さん、
こういう荒らし目的はアクセス禁止!
#40 匿名さん2019/01/05(Sat)16:37:00ID:YyN2YxMTTO
39
あなたこそ、荒らしじゃないですか!
おかしな投稿は控えてください!
#41 匿名さん2019/01/06(Sun)08:34:27ID:RiYmY1NjmO
#38
なるほど。。確かに。。しつこい、かも。。
#42 匿名さん2019/01/06(Sun)11:10:14ID:ZiZmUzMjmO
COTY委員の中でも採点方法や特定メーカーが続けて受賞することに違和感を感じてる人もいる。
さらに委員の中にいろいろと疑念をもたれている評論家がいることも問題視されている。メーカーとの関係も含めて。腐ったミカンは排除しないと駄目。クルマ以外の部分をあからさまに期待してるようではね。
そういう事が全て世間に知られているから。
評論家の恣意的な賞と消費者目線、どっちが支持されるかは一目瞭然。
#43 匿名さん2019/01/06(Sun)11:44:29ID:A4MDE4MmzM
ネット情報なんて一般人じゃ検証しようがない。
もし接待攻勢が本当なら、トヨタを筆頭とした日本車メーカーが是正すればいいんだし。
実際、日本車メーカーがいくら金を積んでも、実力ある欧州メーカーには太刀打ちできなくなってきてるのが実情。
汚い金には目もくれず『良いモノは絶対的に良い!』しと書ける気骨のあるジャーナリストを応援したい。
#44 匿名さん2019/01/06(Sun)13:27:13ID:FiMjAwZWGZ
#43
>実力ある欧州メーカーには太刀打ちできなくなってきてるのが実情。

↑こういうウソ流すから外車バカ扱いされる。
欧州車メーカーの技術的遅れはメーカー自身も自覚してる。
欧州車が日本車に明らかに遅れているのはいまや常識。
#45 匿名さん2019/01/06(Sun)14:27:27ID:A4MDE4MmzM
44
それがニワカの非常識。。
#46 匿名さん2019/01/06(Sun)19:35:09ID:czNzE0ZTDY
45
でた~w情弱じいさんの口癖w
ニワカ、ガラパゴス、ベンチマークw

評論家のペテンに踊らされてることに気づかないアホw

#47 匿名さん2019/01/07(Mon)03:30:55ID:IxZTAyNDmZ
#44
>欧州車メーカーの技術的遅れはメーカー自身も自覚してる。
>欧州車が日本車に明らかに遅れているのはいまや常識。
流石にそれはないよ
日本車は欧州車に「手が届くところ」までは来てるけど・・・
#48 匿名さん2019/01/07(Mon)08:10:08ID:UyYzJiZmGO
47
それがニワカの非常識。。

#50 匿名さん2019/01/07(Mon)13:55:25ID:E5OGVhZW2O
#49
「欧州車は遅れている。」という事実を突き付けられ、反論できないからって見苦しいなァ!

欧州車は技術的に遅れてるから排ガス偽装した
アメリカ市場から閉め出され、ドイツ政府から1000億円以上の罰金を食らい、WTPL導入で欧州販売激減、HV 作れない、すべて技術レベルが低いから
誰でも知ってる事実!
 

反論できないから誹謗中傷で荒らすだけ!
ホント情けない‼️
#52 匿名さん2019/01/07(Mon)17:37:16ID:I3NDg0Mz2M
↑↑↑↑↑
なんだか,
支離滅裂で意味不明だな・・・・
こういうヤバそうな奴がいると,
誰もレスしなくなる・・・・ 
アク禁にすべきでは・・・┐(´д`)┌
#53 匿名さん2019/01/07(Mon)19:02:42ID:BiODdiY22Z
52
自身の投稿がウソ、デマだったことを白日の下に晒されると、話題を変えようと必死になる
IDをコロコロ変えても同一人物なのは明白、それを他人になすりつけようとしたりする

欧州車に『煽られた』という取るに足らない恨みが、執拗かつ陰湿、粘着質という、アンチ投稿の原動力w

かの国も『恨』(ハン)の感情で行動する民族。

過去レスを読んでみよう
♯5を皮切りに、本ページの半分以上が、同一人物による執拗かつ陰湿、粘着質、異常な欧州車アンチ投稿が続いている
欧州車アンチというキャラ自体が『超レア』なので、とりわけ目立つ
しかもミニバン乗りの分際で
#54 匿名さん2019/01/07(Mon)19:40:03ID:Q0ZGIzOW2M
ここ子供が多そう
免許持ってる?
#55 匿名さん2019/01/07(Mon)22:30:02ID:BiODdiY22Z
52(5も、12も、その他投稿多数)はトヨタのミニバン乗り&アルバイトを公言していたが、あまりにもクルマについて知らなさすぎるな、とは思っていた
しかも、12の投稿で『欧州は国』だと豪語する始末
もしかしたらジジィではなく、未成年かもw
#56 ID:BiODdiY22Zに告ぐ!2019/01/07(Mon)22:43:56ID:lmNGY5MjGM
#55

ID:BiODdiY22Zに告ぐ!

このサイトでオマエを嫌っている人間は一人ではない。
とても多い。
自分に都合良く考えないことだ。

#57 匿名さん2019/01/07(Mon)23:40:29ID:BiODdiY22Z
脅迫の類は通用しない。
#58 匿名さん2019/01/08(Tue)01:40:08ID:c4ZjgxZTTN
無益な争いはサイトの品位を下げるだけです。
同じ人の投稿だと思いますので代表して忠告します。
♯50さんは、欧州車に関する投稿に必ず噛みつきますが、まずその噛みつきを控えてください(やめろ、とまでは言いません)。
あなたが論争の発端を作っている事例が非常に多いため、お伝えしています。
「欧州車が良い(イコール日本車はまたまだ)」と書かれても、あなたの人格が否定されたわけではないでしょう?
あなたが批判する車種を、実際に購入している人もいるのです。自分がされて嫌な事は、しない方が得策です。
#59 匿名さん2019/01/08(Tue)01:52:04ID:c4ZjgxZTTN
♯51さんは、アンチ投稿に対して理路整然と批判をされますが、その内容は好ましいものとは思えません。
特に、的な内容の投稿は控えるべきでしょう。
輸入車推しは、得てして周囲の「やっかみ」をも集めてしまうものです。上から目線の投稿は、反感を買うだけですから、自重すべきです。
また、反論の反論、の繰り返しでは「憎しみの連鎖」を生むだけですから、ここも堪えるべき。
「金持ち、喧嘩せず」を励行されてはいかがでしょうか?
#60 匿名さん2019/01/08(Tue)02:02:04ID:c4ZjgxZTTN
連投となり、申し訳ありません。
このページは「エクリプスクロス』に関する投稿をすべきですが、なぜか流れは、中国、ボルボに飛び火しています。
表現の自由、は、尊重しつつも、あまりにも関連性のない投稿は歓迎されません。
周囲の方が不快に感じない投稿を行うことは、マナーの範疇だと思います。
誹謗中傷をすることなく、批判する際は、何らかの根拠、エビデンスを提示した上で実施することが、テクニックではないでしょうか?
#61 Bystander 2019/01/08(Tue)17:39:35ID:YyNGJiZjWZ
ここで気になることを一つ。
正直いって日本車、欧州車どっちが優れているか、クルマの好き嫌い論争などは小さな事です。過熱していますがネット掲示板でよくあるじゃれ合いに過ぎません。こういうクルマに関する下らない言い争いなど、どうでもよいのです。

問題の本質は、そんなことではなく、レスの応酬の末、感情的になり相手を罵倒しようとヘイトスピーチの書き込みが見られることです。
同じ人物によると思われますが、複数の掲示板に書き込まれています。
社会的に非常にセンシティブな問題であり、放置していてはこのサイトのあり方が問われます。

国際的な摩擦が生じている現在、サイトとしてヘイトスピーチを容認するようでは極めて危険であり、管理上重大なことになる可能性があります。
管理される方は、何が一番問題であるか、問題の本質は何なのかをよく見極めて対応する必要があると思います。
#62 匿名さん2019/01/08(Tue)18:49:57ID:RiNjk2ZT2N
#53=#51=#49はまさにヘイトスピーチ。
管理人のスタンスがなぁ・・・・
こういうヤツ野放し・・
肩入れしたら駄目なんだが。
#63 匿名さん2019/01/08(Tue)21:11:03ID:I4MmM1NTDZ
#62
#58~61にここまで言われてまだ続ける気なの?
欧州車アンチ投稿⇒禁止
中国ヘイトネタ⇒禁止
誹謗中傷⇒禁止
ヒガミ・ネタミ⇒

OK?
#64 匿名さん2019/01/08(Tue)21:18:41ID:RhYjc0OTWY
63
いい加減にしたらどうですか
ひとりで騒いで荒らしても
誰もあなたを支持しないし、あきれているだけです
みんなあなたには辟易しています
もうレスは自重されたらいかがですか
#65 匿名さん2019/01/08(Tue)21:23:06ID:I4MmM1NTDZ
#64=その他多数(同一人物)
我々はネットパトロール隊
『貧乏ミニバン荒らし」の本サイトからオマエを『投稿ブロック』に追い込むまで戦い続ける
#66 匿名さん2019/01/08(Tue)21:26:51ID:RhYjc0OTWY
65
58~61の方々は、あなたのこともいってるんですよ
自分が批判されているのが理解できないのですか
反省したらどうですか
これ以上荒らして迷惑はかけないでください
レスは遠慮してください
#67 匿名さん2019/01/08(Tue)21:28:16ID:I4MmM1NTDZ
#66
 別人
#68 匿名さん2019/01/08(Tue)21:35:32ID:RhYjc0OTWY
66-67
我々ネットパトロール隊って???

あなた一人でしょう 
大丈夫ですか?
もうおやめになったほうがいいですよ
管理人さんも他の人もみんな辟易してるんです
あんまりやりすぎるとアクセス禁止になりますよ
#69 匿名さん2019/01/08(Tue)21:43:24ID:I4MmM1NTDZ
#68
我々ネットパトロール隊の目的
#68のネガティブ投稿排除が目的
#68=#50が手を止めれば、活動を停止
以上
#71 匿名さん2019/01/26(Sat)23:43:42ID:MwYjU2NjzO
あげ
#72 匿名さん2019/01/27(Sun)20:22:42ID:UxM2Q4MzWN
69
ナンだぁwー
(笑)
3歳児か🤣🤣🤣🤣🤣
#73 匿名さん2019/01/27(Sun)20:28:58ID:YxODE5MDGN
#72
実際、オマエが『惨敗、逃走』した
「惨めな負け」で「逃げていった」
ネットパトロール隊の害虫駆除に『容赦』という言葉はないのだ!
#74 匿名さん2019/05/06(Mon)23:17:33ID:EwZTllYzjN
6月 2.2ディーゼルT追加
#75 匿名さん2019/05/09(Thu)23:08:37ID:lhMjI3MTGN
RJC COTYの本領発揮か?
#76 匿名さん2019/05/22(Wed)17:56:59ID:U2YzYxNjjM
RVRのコメントが入力できないので対応お願いします。
#77 匿名さん2019/05/25(Sat)11:56:16ID:A3NDFmOTzO
ボテっと野暮ったく見えても、シルエットはCX-30と非常に近い
#78 南 祐斗2019/05/31(Fri)21:44:53ID:M3YjlkNjmY
いよいよ 2.2 DOHⅭ クリーンディーゼルモデル仕様車が出ます
WLTCモード

名前(任意)
コメント

車名

エクリプスクロス

エクリプスクロス

代表グレード

発売日

2018年12月

2018年12月

型式

DBA-GK1W

DBA-GK1W

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4405

4405

全幅(mm)

1805

1805

全高(mm)

1685

1685

ホイールベース(mm)

2670

2670

トレッド 前(mm)/後(mm)

1545/1545

1545/1545

室内長(mm)

1870

1870

室内幅(mm)

1490

1490

室内高(mm)

1240

1240

車両重量(kg)

1460

1480

エンジン型式

4B40

4B40

シリンダー配列

4気筒

4気筒

排気量(cc)

1498

1498

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.8

75.0×84.8

最高出力

150ps(110kW)/5500rpm

150ps(110kW)/5500rpm

最大トルク

24.5kg・m(240N・m)/2000〜3500rpm

24.5kg・m(240N・m)/2000〜3500rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

63

63

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

15.0

15.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/70R16

225/55R18

タイヤサイズ(リア)

215/70R16

225/55R18

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,539,080円

2,718,360円

車名

エクリプスクロス

エクリプスクロス

代表グレード

ブラックエディション オーディオ非装着車

Gプラスパッケージ

発売日

2018年12月

2018年12月

型式

DBA-GK1W

DBA-GK1W

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4405

4405

全幅(mm)

1805

1805

全高(mm)

1685

1685

ホイールベース(mm)

2670

2670

トレッド 前(mm)/後(mm)

1545/1545

1545/1545

室内長(mm)

1870

1870

室内幅(mm)

1490

1490

室内高(mm)

1240

1240

車両重量(kg)

1480

1480

エンジン型式

4B40

4B40

シリンダー配列

4気筒

4気筒

排気量(cc)

1498

1498

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.8

75.0×84.8

最高出力

150ps(110kW)/5500rpm

150ps(110kW)/5500rpm

最大トルク

24.5kg・m(240N・m)/2000〜3500rpm

24.5kg・m(240N・m)/2000〜3500rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

63

63

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

15.0

15.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/55R18

225/55R18

タイヤサイズ(リア)

225/55R18

225/55R18

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,815,560円

2,891,160円

過去記事(2018/03/04)

三菱自動車・エクリプスクロス発売、1.5Lターボ 253万2600円から

新型エクリプスクロス、三菱から久しぶりのニューモデル

三菱自動車は2018年3月1日にエクリプスクロスを発売した。

(写真はエクリプスクロス、東京モーターショー2017)

新型エクリプスクロスのボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。2010年より販売されてきたRVRの全長4365mmより少し大きい。三菱自動車の販売規模を考えれば、これだけサイズの近いクロスオーバーSUVモデルを今後も長く併売していくことは考えにくいが、現在のところRVRの生産が終わるという話は無い。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ エクリプスクロス 東京モーターショー2017

エクリプスクロスの月間販売目標はわずか1000台、今後PHEV追加の可能性

新型エクリプスクロスのエクステリアは、三菱のファミリーフェイスであるダイナミックシールドが採用される。RVRやアウトランダーでは後付け感もあったダイナミックシールドであるが、エクリプスクロスでは周辺デザインとの整合性も良く、ようやく本物を見た感じがある。

エクリプスクロス フロントグリル エクリプスクロス バックドア

インテリアでは、リアシートに200mmのスライド機構と9分割のリクライニングが装備される。

エクリプスクロス リアシート エクリプスクロス トランク

国内仕様のパワートレインは新開発の1.5L ダウンサイジングターボエンジンとなる。さらにPHEVモデルの導入が検討されているが、発売時期は未定。

エクリプスクロス 1.5Lターボエンジン

車両価格は2WD車が253万2600円~287万9280円に設定され、4WD車は21万6000円高となる。このクラスのクロスオーバーSUVでは、トヨタ・C-HRが人気となっているが価格設定のベンチマークとして、これを相当意識したことが想像できる。

エクリプスクロス シート

発売前先行オーダーとして既に約5000台が確保されていた。昨今のSUVトレンドの中にありながらも、人気は今一つ。三菱ブランド力の低下もあるだろう。月間販売目標は1000台と控えめな数字が示されている。

過去記事(2017/11/28)

エクリプスクロスの日本発売は2018年3月頃、最後の三菱独自開発モデル

三菱新型エクリプスクロス来春発売、C-HRより少し大きいクロスオーバーSUV

エクリプスクロスが今秋開催された東京モーターショー2017で公開され、日本での発売が待たれる段階となった。以前は2017年末から2018年1月あたりの発売日が予想されていたが、これより少し遅れ2018年3月頃のリリースとなりそうである。

(写真はエクリプスクロス)
エクリプスクロス

エクリプスクロスのボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。このクラスで販売が好調なトヨタ・C-HRより僅かに大きなボディサイズとなっており、これは室内の余裕にも反映されている。

エクリプスクロス 東京モーターショー2017 エクリプスクロス リアコンビネーションランプ

エクリプスクロス日本仕様は1.5Lターボの1種類のみ

エクリプスクロス日本仕様に設定されるパワートレインは、1.5LのガソリンターボエンジンとCVTの組み合わせとなる。

エクリプスクロス 1.5Lターボエンジン エクリプスクロス フロントグリル

欧州仕様では2.2Lディーゼルモデルもあり、これは後々追加ラインアップされる可能性もあるが、現時点では日本導入の具体的な計画は無し。PHEVなども用意される見込みはなく、日本仕様は1.5Lターボの1タイプで販売されることになる。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス リアシート

日産との経営統合が進められる三菱自動車であるが、このエクリプスクロスが三菱が独自開発する最後のモデルとなる。

エクリプスクロス トランク エクリプスクロス バックドア

今後はブランドを代表してきたパジェロのようなモデルでさえ、多少は日産の影響を受けることが予想される。特に普及価格帯の次期型モデルには日産車種とのプラットフォーム共用の話もあり、そういった意味でもエクリプスクロスは手軽に買える最後の純三菱車となるかもしれない。

過去記事(2017/07/03)

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

新型エクリプス クロス、RVRも継続で三菱自動車ラインアップがSUV化

三菱自動車から久しぶりのニューモデル、エクリプス クロスが2018年1月に発売される見込みとなっている。

(写真は新型エクリプス クロス、ジュネーブモーターショー2017)
エクリプスクロス フロントグリル

エクリプス クロスに搭載されるエンジンは、2.2Lディーゼルと1.5Lガソリンターボが発表されている。ボディサイズは全長4400mm×全幅1805mm×全高1685mmとなる。全長4295mmのRVRと全長4695mmのアウトランダーの中間にポジショニングされ、クロスオーバーSUVのカテゴリで、さらにもう一台の選択肢が与えられた。

三菱自動車エクリプスクロス エクリプスクロス

エクリプス クロスにRVRが吸収されてしまう可能性も考えられたが、RVRの販売は継続され、さらに次期型の開発も進められている。パジェロを加えた4車種のSUVラインアップを主力商品として、三菱ブランドの再建が図られる。

エクリプスクロス バックドア エクリプスクロス トランク

エクリプス クロス エボリューションが計画中、ランエボのスピリットを引き継ぐ

エクリプス クロスの今後想定されるスケジュールは、10月の東京モーターショー2017を契機に日本市場に向けたプロモーションを本格化させ、年明け2018年早々に発売となるだろう。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス シート

また、エクリプス クロスには上級カスタマイズスポーツのエボリューションが設定される計画で、現在開発が進められている。専用エクステリアだけでなく、1.5Lターボエンジンをベースにしたチューンアップも含まれる。ただしボディタイプがクロスオーバーSUVであるので、スポーツ度は程々といったところか。

過去記事(2017/05/10)

三菱・エクリプスクロスの日本発売は2018年初頭、2.2Lディーゼル搭載

新型エクリプスクロスはRVRより一回り大きい、クロスオーバーSUV

3月のジュネーブモーターショー2017では、三菱自動車から久しぶりのニューモデル、エクリプスクロスが発表されたが、その日本発売が2018年初頭のスケジュールで進められている。

(写真は新型エクリプスクロス、ジュネーブモーターショー2017)
エクリプスクロス

新型エクリプスクロスはクロスオーバーSUVのカテゴリに属するモデルとなる。ボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。三菱のラインアップでは、ホイールベースが同じクロスオーバーSUVとして、全長4295mmのRVRと全長4640mmのアウトランダーがあるが、エクリプスクロスはその間を埋めるボディサイズでラインアップされる。

新型エクリプスクロス日本仕様が東京モーターショーに出展、その後に日本発売

エクリプスクロスのメイン市場は欧州ということになる。ここでの全長4.4mクラスのクロスオーバーSUVといえば、日産・キャシュカイが有力なモデルであり、直接的なライバルとなる。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ 三菱自動車エクリプスクロス

キャシュカイが導入されていない日本市場では、販売が好調なトヨタ・C-HRとボディサイズが近くなる。現状の三菱のブランド力から考えればエクリプスクロスの販売台数はさほど多くなりそうにもない。ただし、エクリプスクロスは2.2Lディーゼルエンジン搭載モデルをラインアップするなどC-HRにはない要素もあり、一部のファンからは支持を得ることになるだろう。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス リアシート

このほか、エクリプスクロスには1.5Lガソリンターボエンジン搭載モデルも用意される見込み。しかし、これは発売が遅れ、初期型には導入されない。

エクリプスクロス フロントグリル

まずは2017年10月の東京モーターショーでエクリプスクロス日本仕様が公開され、2018年の初頭あたりの発売が見込まれる。

過去記事(2017/03/25)

三菱自動車、新型エクリプス クロスの日本販売計画有り、2018年の発売

新型エクリプスクロス、三菱自動車がSUVラインアップを強化

三菱自動車がジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアさせたエクリプスクロスの日本発売は2018年に入ってから実現される見込みとなっている。

(写真は新型エクリプスクロス、ジュネーブモーターショー2017)
エクリプスクロス

エクリプスクロスは、三菱自動車のクロスオーバーSUVとして新たにラインアップされるモデルである。度重なる不祥事により、日本国内における三菱自動車の信頼回復は相当難しいものがありそうだが、海外ではパジェロの実績によるブランドイメージがまだ少しはあるようである。三菱自動車は、このあたりを足掛かりに日産傘下で再生が図られることになり、今後はSUV車への比重を強めていくことが予想される。エクリプスクロスはそんななか発表された新型SUVということになる。

エクリプスクロス フロントグリル エクリプスクロス バックドア

エクリプスクロス日本仕様は1.5Lガソリンターボエンジン搭載で2018年発売

ジュネーブで発表されたことからも、エクリプスクロスのメイン市場は欧州ということになる。欧州向けには2017年内にもデリバリーが始まる見込みとなっており、同市場への販売が優先されることになる。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス シート

ただし、日本向けにも発売が計画されており、欧州から少し遅れながらも2018年に入ってから国内ラインアップに追加される見込みとなっている。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ 三菱自動車エクリプスクロス

エクリプスクロス日本仕様への搭載が予想されるエンジンは、新開発の1.5Lのガソリンターボエンジンとなる。この他、2.2Lディーゼルモデルもジュネーブで発表されていたが、こちらも日本仕様にラインアップされれば、マツダ・CX-5の対抗として存在感を示せそうだ。

過去記事(2017/03/08)

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

三菱自動車エクリプス クロス、全長4.4mクラスの新型クロスオーバーSUV

三菱自動車は開催中のジュネーブモーターショー2017でエクリプス クロスを世界発表した。

(写真は新型エクリプス クロス)
エクリプスクロス

厳しい経営環境のなか車種整理を進めてきた三菱自動車にとって、今回のジュネーブモーターショーは久々の市販型ニューモデル発表の場となった。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ エクリプスクロス トランク

事前情報の通り、新型エクリプス クロスはボディサイズ的にはRVRとアウトランダーの間にポジショニングされるクロスオーバーSUVとなった。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス 内装

エクリプス クロス、シティSUVらしいエクステリアデザイン、スタイリッシュながらも居住性は確保

エクリプスの車名は、かつて三菱自動車が販売していたスポーツクーペから引用している。ルーフラインが後方にかけて下げられるクーペスタイルの要素をクロスオーバーSUVに取り入れる手法が近年トレンドとなっているが、これを三菱自動車のデザインルールと上手く融合させた印象である。

三菱自動車エクリプスクロス

ただし実際のところは、ルーフラインはさほど下がっていないのではないか。逆にサイドのキャラクターラインをしっかり後方にかけて上げることで、クーペスタイル風に見せかけているといったほうが正しいのかもしれない。つまりクーペスタイルとは言いながらもリアシートの居住性は十分に保たれており、ヘッドクリアランスにも余裕があると感じた。

エクリプスクロス シート エクリプスクロス リアシート

フロントデザインは、マイナーモデルチェンジしたRVRやアウトランダーと共通するものであるが、やはり全くの新型車ということもありエクリプス クロスの完成度は高い。

エクリプスクロス フロントグリル エクリプスクロス バックドア

バックは細いコンビネーションランプを境に二段ウィンドウが置かれる。シティSUVらしい近未来的なイメージに仕上げられた。

過去記事(2017/03/04)

新型エクリプスクロスはRVRとボディサイズが近い、新開発1.5Lターボ搭載

新型エクリプスクロスは実質的にはRVR後継モデルである可能性も

三菱自動車は開催が迫るジュネーブモーターショー2017で、新型エクリプス クロスの市販型を発表する予定となっている。その主な仕様が発表された。

(写真はエクリプス クロス)
新型エクリプスクロス

エクリプス クロスのボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。事前の情報でもあった通りRVRとアウトランダーの間を埋めるボディサイズということになるが、むしろRVRの全長4295mmに近い。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ エクリプスクロス 三菱自動車

三菱自動車の販売規模を考慮すれば、ほぼ同クラスのクロスオーバーSUVモデルを今後も2モデル維持していくとは考えにくく、将来的にはRVRはカタログ落ちとなる可能性もあるのではないだろうか。

エクリプスクロス シート エクリプスクロス リアシート

全幅は1.8mを超えており、これは日本市場では大き過ぎる。エクリプス クロスは三菱のブランドイメージが凋落してしまった日本市場よりも、むしろグローバル市場に向けて開発されたモデルであると考える。

エクリプス クロスに三菱自動車新開発のダウンサイジング1.5Lガソリンターボエンジンを搭載

エクリプス クロスのパワートレインは現在二種類が発表されている。まずは、2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジン+8ATによるもので、これがハイパフォーマンスモデルということになるだろう。さらに新開発の1.5Lの直噴ガソリンターボエンジン+CVTも用意され、日本での販売はこちらがメインとなることが予想される。

エクリプスクロス インテリア

発売時期としては2018年初頭の英国発売が公表されている。日本発売もこの時期になることが予想され、2017年秋に開催される東京モーターショーでも大きくプロモーションされ、三菱ブースのメインステージを飾ることになるだろう。

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先