car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱・eKスペース、日産・デイズ ルークスがマイナーモデルチェンジ予定

eKスペースとデイズルークスがマイチェン、三菱自動車燃費不正問題からの販売回復に期待

eKスペースとデイズ ルークスが2016年内にマイナーモデルチェンジを受ける見込みとなった。

(写真は現行eKスペース)
三菱 eKスペース

2014年2月に発売されたeKスペースは、三菱と日産の協業による軽自動車専業会社、NMKV社により提供されるモデルである。実際の開発および製造は三菱自動車が主体となっており、OEMモデルとして日産ブランドからもデイズルークスとして販売される。

(写真はデイズルークス)
日産 デイズ ルークス デイズ ルークス リアコンビネーションランプ

2016年の三菱自動車の燃費不正問題は、燃費データの不正に気付いた日産が三菱自動車を告発したことに始まった。このeKスペース/デイズルークスはその発端となったモデルの一つでもある。

一時は販売が停止となっていたが、その後、JC08モード燃費を定められた方法で測定し表記することで販売を再開している。当初予定していたマイナーモデルチェンジは延期せざるを得なくなったが、2016年12月にも実施される見通しとなった。

eKスペースカスタム後期型はラグジュアリーエクステリア、燃費性能の向上も期待

eKスペースおよびデイズルークスのJC08モード燃費は22.0km/Lが最高となっている。同クラスのライバルモデルを見渡すと、スズキ・スペーシアが32.0km/L、ダイハツ・タントが28.0km/L、ホンダ・N-BOXが25.6km/Lといった状況となっている。今回のマイナーモデルチェンジによりいくらかの向上を期待したいところだ。

(写真は現行eKスペースカスタム)
eKスペースカスタム eKスペース カスタム リアコンビネーションランプ

後期モデルということでエクステリアも新しくなる。特に上級のekスペースカスタムでは大型メッキグリルが採用され、従来のスポーティからラグジュアリーなイメージに切り替わる見込みだ。

#1 匿名さん2016/10/30(Sun)16:55:01
こんばんは!
いよいよeKスペースとデイズルークスも、マイナーチェンジですね!

三菱ではデリカD:5もFMCして欲しいですが、ミニカ(バン含む)をアルト(バン含む)のOEMで復活して欲しいです!
#2 匿名さん2016/10/30(Sun)21:44:11
もう無理でしょ 評判良くないし
#3 匿名さん2016/10/31(Mon)12:44:45
>#2

もう無理だったら、三菱の軽はダイハツとスズキのOEMですね!

スズキからのOEM車では「ミニカ」(アルト)と「ミニキャブ/タウンボックス」(エブリイ/キャリイ)、ダイハツからのOEM車では「eKワゴン」(ムーヴ)と「トッポ」(タント)で、「eKクラッシイ」の場合はムーヴキャンバスのOEM車ですね!
#4 匿名さん2016/10/31(Mon)23:18:50
9月に新車で購入したekスペースの燃費が、10~13km/Lなのですが、こんなものなんですかねえ?

最高で22としても、16くらいはいくもの予想してたのですが…

三菱では購入時には、リッター20を切るくらいですかねえ… と言われましたので
#5 匿名さん2016/11/06(Sun)10:26:03
燃費に関しては利用状況や運転の仕方で左右されるから参考程度に考えた方ががっかりしないよ。どんな車も連続10km以下の走行を繰り返した場合は、燃費は残念な結果になる。軽でもハイブリッドでも、EVなら多少良いかもだけど、充電時間の手間を考えると買わない!

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/04/21)

三菱自動車燃費不正、eKワゴン、eKスペース、デイズ、デイズルークス販売停止

eKシリーズ、デイズシリーズの販売は停止、再開はされるのか?

三菱自動車の軽自動車eKワゴン、eKスペースおよびそのOEMモデルの日産自動車のデイズ、デイズルークスにおける燃費不正が発覚した。現在は両社のいずれのモデルとも販売停止となっており、ウェブサイトの商品ページは閉鎖されている状況だ。燃費不正の対象台数は62万5000台と影響は大きい。

(写真は三菱・eKワゴン)
eKワゴン eKワゴン リアコンビネーションランプ

三菱と日産は軽自動車事業の協業のため、2011年にNMKV社を共同出資により設立。以降、2013年にeKワゴンとデイズ、2014年にeKスペースとデイズルークスを発売し、2016年内にも新たな軽自動車を市場投入する予定であった。

(写真は日産・デイズ)
デイズ デイズ リアコンビネーションランプ

そんな中発覚した燃費不正であるが、これを指摘したのは日産サイドの技術陣であるという。三菱自動車からOEM供給されるモデルの燃費性能が仕様を満たさないことから、原因を調査したところ、シャシーダイナモの抵抗値を意図的に誤ったものを使用し、燃費性能を偽っていたことが明るみとなった。

(写真は三菱・eKスペース)
eKスペースカスタム eKスペース カスタム リアコンビネーションランプ

三菱自動車と日産の軽自動車協業はどうなる?年内のニューモデル発売は中止か?

NMKV社を設立したものの、実際の開発生産は三菱自動車が担っていた。つまり日産は、三菱自動車によって捏造された燃費データに騙されていたことになり、今後のNMKV社の存続および新モデルの発売に影響が出そう。もちろん何より騙されたのはこれらのモデルを購入した消費者ということになり、その補償について注目されることになる。

(写真は日産・デイズルークス)
日産 デイズ ルークス デイズ ルークス リアコンビネーションランプ

また三菱自動車は、登録車を含めた他のモデルについても、今回のケースと同様に誤った測定方法を用いていた疑惑があり、燃費不正の対象モデルがさらに増える可能性がある。

過去記事(2013/12/06)

日産デイズルークス、三菱eKスペースが2014年初頭に発売、スーパーハイト軽ワゴン

デイズルークスとeKスペースが2014年1月にも発売される計画

軽自動車税の見直しが検討されており、増税となる可能性が出てきた。しかし、それでも登録車と比較すれば有利な税制であることから、軽自動車の人気はまだ続きそうである。そんななか日産と三菱の協業によるNMKV社による新型軽自動車が来年2014年初頭にも発売される計画となっている。。

新型eKスペース カスタム

上の写真は三菱・eKスペース カスタム。フロントデザインがデリカD5調のメッキ縦桟グリルが採用されているのが三菱らしい特徴である。トッポ後継車としての役割を果たす。

一方で日産側ではデイズルークス(写真はハイウェイスター)として販売される。既に販売が終了したルークスの後継車となる。ルークスはスズキが生産していたが、このデイズルークスはNMKV社から車体供給を受けることになる。

デイズルークス ハイウェイスター 日産 デイズルークス ハイウェイスター

新技術としてはバッテリーアシストシステムが導入され、燃費性能の向上に貢献することになる。

リアシートは左右セパレートのスライド機構を備える。後席を倒したラゲッジには27インチの自転車が収納可能である。
eKスペース リアシート

(三菱・eKスペース 標準グレード)
三菱 eKスペース eKスペース 内装

日産デイズルークスと三菱eKスペースのライバル車

新型デイズルークス及びeKスペースのライバル車として挙げられるのは、ダイハツ・タント、スズキ・パレット、ホンダ・N-BOXといった全高1.7mを超えるスーパーハイト軽ワゴンら。価格や性能面を含めてこれらライバル車とほぼ拮抗すると思われる。
ただし新型車はブランド力がまだまだ弱い。値引きを含めた実売価格では、ややお得感のある設定を期待したいものである。

eKスペース カスタム Bピラー
ライバルのタントは助手席側ピラーレス構造であるが、デイズルークス&eKスペースはピラー有りの構造となる。

過去記事(2013/10/08)

eKスペース&デイズルークスを予告、日産と三菱がタントのモデルチェンジに対抗

三菱・eKスペースと日産・デイズルークス、NMKVのハイトワゴン型軽自動車

三菱・eKスペースと日産・デイズルークスの画像が2013年10月3日行われたが、この日はダイハツ・タントが約6年ぶりのフルモデルチェンジを行った日でもあった。三菱と日産が合同で立ち上げた軽自動車事業、NMKV社がダイハツへの対抗として、今回の発表を行ったことは明らかだろう。

(写真はeKスペース)
ekスペース

ただし、eKスペース&デイズルークスの燃費性能などを含めた詳細スペックは未発表であった。ただ単に開発が遅れているというよりも、タントを確実に上回るスペックで発売日までに仕上げてくる狙いがあると考える。

(写真はeKスペースカスタム)
ekスペース カスタム

eKスペースとデイズルークスのJC08モード燃費は28km/L超が課題

eKスペース&デイズルークスに採用される装備としては両側スライドドアや後席空調機能のリヤサーキュレーターなどが明らかとなっており、室内が広いだけでなく使い勝手の良いハイトワゴンタイプの軽自動車となりそうだ。

(写真はデイズルークス)
デイズルークス

また、ライバルのタントのJC08モード燃費は28.0km/Lであった。eKスペース&デイズルークスは、この数値を参考に採用される燃費改善策が調整され、28km/Lを上回る燃費性能でデビューすることが予想される。

(写真はデイズルークス ハイウェイスター)
デイズルークス ハイウェイスター

eKスペース&デイズルークスは、2013年11月23日から一般公開される東京モーターショーで参考出品される予定となっており、このとき市販モデルに近い車体が披露されることになるだろう。その後、来年2014年1月にはスペックと価格が決定され、発売開始となる見込み。消費税増税前の駆け込み需要に発売を間に合わせたい考えだ。

過去記事(2013/03/22)

日産・ルークス/三菱・トッポ後継の軽自動車が2013年度内に発売計画

ルークス、トッポはフルモデルチェンジで共通車体に

今年2013年は、日産と三菱自動車の共同出資によって設立された軽自動車専業メーカー、NMKV社が大きく動き出すということで、自動車業界で注目されている。
まずは、日産・オッティおよび三菱・eKワゴンの後継となる軽ワゴン車が2013年6月にも発売される見通し。両車種ともNMKV社によって開発される共通車体で、これまで通り日産、三菱の両ブランドで販売される。

さらに、NMKV社の第二弾として日産・ルークスと三菱・トッポにおける後継車種の開発が進行している。現行トッポは三菱のオリジナル車であるのに対し、現行ルークスはスズキからOEM供給されている旧パレットと共通車体である。よって現行モデルのルークスとトッポは別車体となっているわけだが、これらは次期モデルからNMKV社が開発するOEM車として一本化されることになる。NMKV社としては一先ず、オッティとeKワゴンのフルモデルチェンジに注力していきたいという事情もあり、ルークスとトッポのモデルチェンジ時期は少し先の2014年に入ってからになるが、それでも1-3月中の2013年度内には発売されると考えられる。
車名としては新たなネームが用意される可能性があるが、日産ブランドで1万台、三菱ブランドで5000台規模の月間販売台数を見込んでおり、主力軽自動車の一角が新たに台頭することになるだろう。
(写真は現行ルークス)
ROOX
ルークス

現行ルークスの販売はしばらく継続か?スズキとのOEM関係は?

また、現行ルークスについては、OEM元のパレットが生産停止となったが、一部の仕様を除き販売が継続されている。スズキはパレットの後継車種としてスペーシアを今月2013年3月に発売しており、新たな軽トールワゴンを市場に参入させている。
日産ルークス

過去記事(2011/06/27)

軽自動車で納期の早い車種は?

軽自動車の納期は震災以前の水準に近いところまで回復

東日本大震災により新車の納期の遅れが出ているが、これが回復傾向にある。
特にスズキ、ダイハツの軽自動車はほぼ震災以前の水準で工場が稼動しており、サプライチェーン問題は表面上は回復したかに見える。
ただし、これまでに溜まった受注分の納車があるため、納期は少し遅くなるだろう。

主力のワゴンR、ムーヴはぼほ震災前水準に回復

現在ワゴンRの納期の目安は1ヶ月半。
潤沢な在庫があり即納車とはまではいかないが、車検切れに備えて極端に早く注文しなくても手に入る状況だ。
軽自動車の中では最も早い納期となっている。
ターボエンジン搭載車のスティングレーTは遅れる傾向がある。
ムーヴは2ヶ月ぐらいの納期。
新型で余剰に在庫があったため一部グレードでは即納車も可能だ。

タントは新型エンジンに移行

ダイハツタントは6/6より新型の第二世代KFエンジンにモデルチェンジした。
従来より燃費性能のいいエンジンはムーヴなどと同タイプになる。
この時期のエンジン変更は単なる燃費改善策だけでなく、新型エンジンの方が供給しやすい体制にあることとも関係あるだろう。
今後タントの納期はムーヴの2ヶ月並に縮まる可能性が高い。

法人受注が混み合っているアルト、ミラは少し長めの納期

軽自動車の中での価格の安いアルト、ミラの二車種は法人需要が多く、震災後も絶えず受注が続いている。
生産停止時期に納車できなかった分が累積したままで完全にはき切れておらず、工場の生産が回復した現在も納期は2ヶ月半程度は必要になる。

OEM車の供給は後回しにされている

日産のルークスの納期は4ヶ月と軽自動車の中では納車までに時間が掛かる。
ルークスはスズキパレットのOEM車であるが、パレットの納期はわずか2ヶ月。
OEM車の生産が後回しになっているのが見えてくる。

メーカー 車種 納期
スズキ ワゴンR 1ヶ月半
パレット 2ヶ月
アルト 2ヶ月半
ダイハツ ムーヴ 2ヶ月
タント 3ヶ月
ミラ 2ヶ月半
ホンダ ライフ 3ヶ月
日産 モコ 3ヶ月
ルークス 4ヶ月

過去記事(2011/02/07)

AZワゴン、ワゴンR他、軽トールワゴンOEMまとめ

AZワゴンも見積りを出してみよう

軽トールワゴンの人気が続いている。販売チャンネルが競合するOEM車種は競争が激しく、これを利用すれば、値引きも大きくなる場合がある。
OEM先で販売される車種は、車両本体の大部分はOEM元の車種と同じだ。製造自体もOEM元が行っている。特別な拘りが無いのであれば、両方の見積りを取り、値引き競争させるのが基本だ。ワゴンRを買うなら、AZワゴンも見積りを出してみよう。

OEM先 OEM元 全高[mm]
マツダ AZ-ワゴン スズキ ワゴンR 1640
日産 モコ スズキ MRワゴン 1625
日産 ルークス スズキ パレット 1735
マツダ スクラム スズキ エブリィワゴン 1795
スバル ステラ(予定) ダイハツ ムーヴ 1620
スバル ルクラ ダイハツ タントエグゼ 1730
スバル ディアスワゴン ダイハツ アトレーワゴン 1875

AZ-ワゴン

AZワゴン
AZ-ワゴンはマツダから販売されている。中身はワゴンRと同じだ。
知名度の割には、中古車相場はワゴンRに近い。

モコ

モコは日産から販売されている。OEM車の中では専用設計がやや多い。フロント部分はモコのオリジナルで、MRワゴンとの差別化が大きい。

ルークス

日産ルークスはスズキパレットのOEM車だ。ルークスが上級グレードのハイウェイスターをメインに販売促進しているのに対し、パレットはベースグレードと上級のパレットSW共に力を入れている。

ステラ

ステラはスバルが現在唯一製造する軽自動車だ。四輪独立懸架のサスペンションを装備し、乗り心地とハンドリング性能は軽トールワゴン車の中でも評価が高い。他車と比較し室内がやや狭く、不人気車となっている。今後、ダイハツのムーヴをOEM元として供給を受ける予定で、スバルとしての軽自動車生産は終了する。

ルクラ

スバル・ルクラはダイハツ・タントエグゼのOEM車種だ。人気車タントのスライドドアを廃止したモデルとなる。スライドドア付きのタントのOEM車は現在無い。

ディアスワゴン

スバル・ディアスワゴンはダイハツ・アトレーワゴンのOEM車だ。
スバルはダイハツと軽自動車に関して提携しているが、主力のムーヴ、タントの供給は受けることができていない。

一円でも安い方が得か?

OEM元、OEM先の二車種を競合させて、見積価格が1円でも安い方がお得感がありそうだが、実はそれほど単純ではない。
基本的にOEM先の車種より、OEM元の車種の方が中古車としての市場価値が高い。つまり新車購入の見積りでOEM元、OEM先の見積りが同程度なら、OEM元の車種を買った方が、後々後悔が少なくてすむ。
車として価値がなくなるまで乗り潰すという考えの方なら、1円でも安い方がお得だろう。しかし軽自動車は製造年から長く経過しても市場価値がある。例えばワゴンRは10年落ちでも走行が5~6万キロ程度なら25万円程度で業者間で取引されている。12年落ち8万キロ程度ですら10万円を割る事は少ない。

基本はOEM元車種の方が高価値

OEM元車種の方が中古車価値が高い場合が多いが、これはOEM先の方が販売台数や知名度が高い車種でさえ成り立つ。
一つの例として、日産モコとスズキMRワゴンを考えよう。
モデルチェンジの時期はMRワゴンが先行してデビュー行われる分、MRワゴンにとって有利な販売状況になるが、大部分の期間は日産モコの方が多く売れてきた。中古車の流通量もモコの方が数倍も多い。
こういうOEM先の販売台数の方が大きくなるような人気逆転車種でも、2~3年落ちのカーオークション相場、つまり中古車の卸値はOEM元車種のMRワゴンの方が10万円程度高い。
ただし、AZワゴンに関しては思ったより相場での価値が高い。オリジナルのワゴンRとの差があまり見られなかった。

過去記事(2011/01/19)

ルークス新型ML21S(日産)の評価

日産ルークスML21Sはこんな車

ルークス

日産ルークスはスズキのパレットのOEM車としてデビューした。軽自動車の常識をくつがえす広い室内空間と存在感のあるデザインが特徴で評価が高い。最高の仲間である家族みんなでアクティブでセンスよく、かつリーズナブルにその時々の楽しみを満喫したい。そんなポスト団塊Jr.の若いファミリーをターゲットに開発され、デイリーユースではミニバンのような使いやすさを目指した。

ルークスのアピールポイント

ROOXは軽最大級の室内空間が魅力

ROOXは家族みんながゆったり移動できる快適で広い室内空間が最大の長所だ。広い窓面積は視界が良くて運転がしやすい。さらにリアシートからも開放感のあるフロントウィンドウが見渡せ評判だ。
また広大なラゲッジスペースも魅力の一つだ。リアシートを折りたためば、大人用の27型自転車を立てた状態でしっかり積めてしまう。さらにゴルフバッグが縦に積めるほどの室内高もあり積載能力の評価が高い。

日産らしい存在感のある洗練されたデザイン

ハイウェイスターのグレードが用意されており、一目で日産のミニバンファミリーだとわかるデザインもスタイリッシュだ。
品質感、押し出し感のあるダイナミックなフロントまわりは、エルグランドやセレナの特徴を継承しておりユーザーの満足度が高い。乗る人をワクワクさせる、堂々としたハイウェイスターデザインはオーナーに質の高さや車格を感じさせるダイナミックなエクステリアデザインである。

後席の両側スライドドアは乗り降りも楽々

どんな場所でも子供が簡単に乗り降りできる後席両側スライドドアは、ボタン一つでオート開閉できるパワースライドドアになっており、リモコンで開閉することもできる。
ルークスはステップ高さも低くなっているので小さな子供やお年よりの乗り降りも心配が少ない。

ルークスのドライブフィール

CVTのおかげで大人4名乗車でも軽自動車とは思えないパワー感がある。
ハンドリングは小さな車らしくキビキビ動く印象。足回りは固すぎず尚且つフワフワしていない。
ルークスの軽自動車離れした広い室内と軽快な走りは評価が高い。

信頼性の高いK6Aエンジン

ルークスはワゴンRなどにも使われている3気筒のK6A型DOHCエンジンを採用した。インタークーラーターボエンジンの設定もある。タイミングチェーン採用エンジンでタイミングベルトの交換が不要だ。NAエンジンは可変バルブタイミング機構を採用しており、燃費向上対策もされている。
トランスミッションは全車でCVTとなっており、NAエンジンでも加速感が増し乗りやすくなった。車体価格を考慮するとターボエンジンモデルは割に合わない選択肢となりつつあるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先