car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダCX-30正式発売2020年初頭の予測、3種類のエンジンラインナップ

新型CX-30、居住性と取り回しの良いCセグメントクロスオーバー

マツダのCX-30が3月のジュネーブモーターショー2019で初公開されてから話題となっている。2019年秋の東京モーターショーへの出品、そしてこれと近い時期に予約スタート、2020年初頭までには発売されるスケジュールが予想される。

CX-30のボディサイズは全長4395mm✕全幅1795mm✕全高1540mm、ホイールベースは2655mmとなる。他のマツダのモデルとホイールベースを比較すると、CX-3より85mm大きい。CX-5より45mm小さい、というサイズ感である。

大人4人乗車でのツーリングであれば、CX-3では窮屈さを感じざるを得ないレベルでしたが、CX-30ではこれを快適にこなせそう。しかし、CX-5ほどの余裕を感じることはできない。

ただ、取り回しを含めた総合的なニーズとして、コンパクトクロスオーバーSUVの需要がこのサイズ周辺にもあることは、例えば欧州での日産・キャシュカイ、あるいは日本市場でのトヨタCH-Rの販売実績からも実証済み。クロスオーバーに力を入れるマツダが、このクラスに参入するのは当然の流れにも感じる。

CX-30 マツダ

CX-30の曲面パネルはMAZDA3とは異なる新デザイン

CX-30のエクステリアは、新世代商品MAZDA3で示された曲面パネルによる表現を採用。ただしCX-30では曲面パターンが変更されたほか、樹脂フェンダーや大きめのリアスポイラーといったアクセサリーが付けられていることもあり、また新たな表情を見せている。

エンジンラインナップは3種類となる。
2.0Lのガソリンエンジン SKYACTIV-Gは、アシストモーター付きのMハイブリッドを採用。
注目のSCCIを採用した2.0L SKYACTIV-XもMハイブリッドとなる。
そしてディーゼルユニットとして、新世代商品から排気量を1.8Lに設定したSKYACTIV-Dが用意される。

トランスミッションは6速ATと6速MTの両方から選択可能となる見込み。

#1 匿名さん2019/04/11(Thu)02:10:50ID:E4OTc5MmmZ
びみょー
というか、モー秋田
#2 匿名さん2019/04/11(Thu)05:07:33ID:RiNmE2ZWWN
某評論家曰く
ボンネットが長いだけのメーカー
#3 匿名さん2019/04/11(Thu)08:22:31ID:U3MTQxZmjM
「もう飽きた」という声より、統一したデザインによるプランドイメージの確立を優先した結果。欧州で強いマツダなら、当然の選択。
#4 匿名さん2019/04/13(Sat)18:11:48ID:E5ZTFiNjDN
3と4と5を抱えているのに30を出す意味があんまり分からないんだよね・・・
一部には「中国での利権の問題?」で4の名を冠せなかったという話も見聞きしたが。
#5 匿名さん2019/04/17(Wed)16:11:33ID:I5NDQ3MzjM
デザイン飽きたよね ディーゼル欲しいけど、デザイン嫌過ぎて手出せないんですけど
#6 匿名さん2019/04/17(Wed)20:15:51ID:EwYjgyNjjM
欲しい!
おカネさえあれば…
#7 匿名さん2019/04/17(Wed)20:59:23ID:NmNzIwZDDZ
BMW・アウディ・ポルシェ・ボルボ・レンジローバーなどなど
→マツダが「範」とする欧州メーカーでも、特にデザインの統一感が強いブランドだ。
プレミアムブランドを目指すマツダなら、これらブランドの模倣をするのは至極当然だ。
これが理解できない人間は、マツダのターゲットユーザーではないから全く問題なし。
#8 匿名さん2019/04/19(Fri)23:19:07ID:UwNzg5NGDO
CXばかり
RXに力を入れて欲しい

名前(任意)
コメント

過去記事(2019/03/26)

マツダ新型CX-30詳細動画、早ければ2019年内の日本発売予測

新型CX-30がマツダの新世代商品に追加

マツダは今月に開かれたジュネーブモーターショー2019で、新型CX-30を発表した。新開発エンジンのSKYACTIV-Xを搭載し、2019年内の欧州発売、および同時期の日本発売が予想される。

(動画は新型CX-30)

マツダ新世代商品のクロスオーバーは、モデルネームの命名ルールが新しくなった。CX-から始まる接頭辞は変わらずであるが、ナンバーの桁数が増やされた。

CX-30は、欧州Cセグメントクロスオーバー

新型CX-30のボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mm、ホイールベースは2655mmとなる。

マツダではCX-3がラインアップされてきたが、CX-30はこれよりも一回り大きく、居住性が向上している。トヨタ・CH-R、ホンダ・ヴェゼルなど日欧市場向けに各社が力を入れているクラスと直接対抗するモデルとなる。ただし、CX-3の後継車という役割は与えられないようで、引き続きCX-3も販売される。

曲面パネルに周辺の光が映り込むヌメッとした雰囲気はMAZDA3のほうが強く感じられる。CX-30では、他のクロスオーバーSUV車がそうであるようにブラックの樹脂モールが取り付けられている。そのせいか曲面パネルの主張がやや控えめに感じる。

インテリアでは、MAZDA3からスタートした新世代商品の特徴が反映されている。

CX-30

国内向けに搭載されるエンジンは、SKYACTIV-G 2.0L、SKYACTIV-X 2.0L、SKYACTIV-D 1.8Lの3種類が考えられる。駆動方式は4WDだけでなく低価格なFFも用意されるだろう。トランスミッションは6AT/6MTの両方が設定されるはず。

CX-30は秋の東京モーターショー2019での出品後、年内にも発売されると予想される。この時にSKYACTIV-Xエンジンもデビューということになり、これを搭載するCX-30とMAZDA3の同時発売が期待される。

過去記事(2019/03/09)

マツダ新型CX-30発表、ジュネーブモーターショー動画

マツダが新型CX-30をワールドプレミア、CX-3も販売継続

マツダは新型CX-30を開催中のジュネーブモーターショー2019で公開した。インテリア、エンジンルームなど詳細動画は準備中。まずはプレスカンファレンスの様子をご覧ください。アンベールは2:00あたりから。

新型CX-30のボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mm。コンパクトクロスオーバーSUVのカテゴリに属するモデルとなる。パッケージング的にはトヨタのC-HRと近い。

CX-30

CX-30にはSKYACTIV-Xを搭載、後席は少し狭い

CX-30のパワートレインとしてSKYACTIV-Xが搭載されることが予定されている。エンジンルームも公開されており、ボンネットを開けるとSKYACTIV-Xのバッジが貼られたエンジンカバーが姿を現す。

後席はややタイトに感じた。ホイールベースは2655mmとなっており、新世代商品のMAZDA3の2725mmよりも短い。それでも標準的な大人が自然に座り続けられる後席居住性が確保してあり、4人乗車でのツーリングにも対応できそう。従来型CX-3との比較では、後席居住性は大幅に向上している。

CX-30のモデルネームは、CX-3の後継であることを連想させるが、コンパクトに徹したCX-3の商品コンセプトとは実際には差が大きく感じた。さらにCX-3は販売期間はまだ4年しか経っていない。CX-30発売後も、CX-3の販売は継続されるようだ。