car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ新型CX-30詳細動画、早ければ2019年内の日本発売予測

新型CX-30がマツダの新世代商品に追加

マツダは今月に開かれたジュネーブモーターショー2019で、新型CX-30を発表した。新開発エンジンのSKYACTIV-Xを搭載し、2019年内の欧州発売、および同時期の日本発売が予想される。

(動画は新型CX-30)

マツダ新世代商品のクロスオーバーは、モデルネームの命名ルールが新しくなった。CX-から始まる接頭辞は変わらずであるが、ナンバーの桁数が増やされた。

CX-30は、欧州Cセグメントクロスオーバー

新型CX-30のボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mm、ホイールベースは2655mmとなる。

マツダではCX-3がラインアップされてきたが、CX-30はこれよりも一回り大きく、居住性が向上している。トヨタ・CH-R、ホンダ・ヴェゼルなど日欧市場向けに各社が力を入れているクラスと直接対抗するモデルとなる。ただし、CX-3の後継車という役割は与えられないようで、引き続きCX-3も販売される。

曲面パネルに周辺の光が映り込むヌメッとした雰囲気はMAZDA3のほうが強く感じられる。CX-30では、他のクロスオーバーSUV車がそうであるようにブラックの樹脂モールが取り付けられている。そのせいか曲面パネルの主張がやや控えめに感じる。

インテリアでは、MAZDA3からスタートした新世代商品の特徴が反映されている。

CX-30

国内向けに搭載されるエンジンは、SKYACTIV-G 2.0L、SKYACTIV-X 2.0L、SKYACTIV-D 1.8Lの3種類が考えられる。駆動方式は4WDだけでなく低価格なFFも用意されるだろう。トランスミッションは6AT/6MTの両方が設定されるはず。

CX-30は秋の東京モーターショー2019での出品後、年内にも発売されると予想される。この時にSKYACTIV-Xエンジンもデビューということになり、これを搭載するCX-30とMAZDA3の同時発売が期待される。

#1 匿名さん2019/03/30(Sat)04:18:17ID:I2NjE5YjWM
新型初期のマツダ車は試作車と知るべき

名前(任意)
コメント