car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダCX-30正式発売2020年初頭の予測、3種類のエンジンラインナップ

新型CX-30、居住性と取り回しの良いCセグメントクロスオーバー

マツダのCX-30が3月のジュネーブモーターショー2019で初公開されてから話題となっている。2019年秋の東京モーターショーへの出品、そしてこれと近い時期に予約スタート、2020年初頭までには発売されるスケジュールが予想される。

CX-30のボディサイズは全長4395mm✕全幅1795mm✕全高1540mm、ホイールベースは2655mmとなる。他のマツダのモデルとホイールベースを比較すると、CX-3より85mm大きい。CX-5より45mm小さい、というサイズ感である。

大人4人乗車でのツーリングであれば、CX-3では窮屈さを感じざるを得ないレベルでしたが、CX-30ではこれを快適にこなせそう。しかし、CX-5ほどの余裕を感じることはできない。

ただ、取り回しを含めた総合的なニーズとして、コンパクトクロスオーバーSUVの需要がこのサイズ周辺にもあることは、例えば欧州での日産・キャシュカイ、あるいは日本市場でのトヨタCH-Rの販売実績からも実証済み。クロスオーバーに力を入れるマツダが、このクラスに参入するのは当然の流れにも感じる。

CX-30 マツダ

CX-30の曲面パネルはMAZDA3とは異なる新デザイン

CX-30のエクステリアは、新世代商品MAZDA3で示された曲面パネルによる表現を採用。ただしCX-30では曲面パターンが変更されたほか、樹脂フェンダーや大きめのリアスポイラーといったアクセサリーが付けられていることもあり、また新たな表情を見せている。

エンジンラインナップは3種類となる。
2.0Lのガソリンエンジン SKYACTIV-Gは、アシストモーター付きのMハイブリッドを採用。
注目のSCCIを採用した2.0L SKYACTIV-XもMハイブリッドとなる。
そしてディーゼルユニットとして、新世代商品から排気量を1.8Lに設定したSKYACTIV-Dが用意される。

トランスミッションは6速ATと6速MTの両方から選択可能となる見込み。

#1 匿名さん2019/04/11(Thu)02:10:50ID:E4OTc5MmmZ
びみょー
というか、モー秋田
#2 匿名さん2019/04/11(Thu)05:07:33ID:RiNmE2ZWWN
某評論家曰く
ボンネットが長いだけのメーカー
#3 匿名さん2019/04/11(Thu)08:22:31ID:U3MTQxZmjM
「もう飽きた」という声より、統一したデザインによるプランドイメージの確立を優先した結果。欧州で強いマツダなら、当然の選択。
#4 匿名さん2019/04/13(Sat)18:11:48ID:E5ZTFiNjDN
3と4と5を抱えているのに30を出す意味があんまり分からないんだよね・・・
一部には「中国での利権の問題?」で4の名を冠せなかったという話も見聞きしたが。
#5 匿名さん2019/04/17(Wed)16:11:33ID:I5NDQ3MzjM
デザイン飽きたよね ディーゼル欲しいけど、デザイン嫌過ぎて手出せないんですけど
#6 匿名さん2019/04/17(Wed)20:15:51ID:EwYjgyNjjM
欲しい!
おカネさえあれば…
#7 匿名さん2019/04/17(Wed)20:59:23ID:NmNzIwZDDZ
BMW・アウディ・ポルシェ・ボルボ・レンジローバーなどなど
→マツダが「範」とする欧州メーカーでも、特にデザインの統一感が強いブランドだ。
プレミアムブランドを目指すマツダなら、これらブランドの模倣をするのは至極当然だ。
これが理解できない人間は、マツダのターゲットユーザーではないから全く問題なし。
#8 匿名さん2019/04/19(Fri)23:19:07ID:UwNzg5NGDO
CXばかり
RXに力を入れて欲しい
#9 直列12鬼頭2019/09/25(Wed)19:13:38ID:ZiNTQ3MmTY
東モで、マツダ製量産EVが世界初公開される模様。
#10 空冷複列星形24亀頭2019/09/25(Wed)19:58:13ID:FlZjk5NGTN
マツダは今が産みの苦しみでしょう。
色々とネガキャン続ける「ウマシカ」が多いですが、アンチの多さは人気者の証。
気にせずポリシーを貫いてください。

名前(任意)
コメント