car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アルトが2014年12月にフルモデルチェンジ予定、アルトエコがハイブリッド化

投稿日:2014/11/20 更新日:

スズキ・アルトが8代目へフルモデルチェンジ、新型プラットフォームを採用

スズキの軽自動車、アルト シリーズが2014年12月にフルモデルチェンジされる計画となっている。2009年から販売される現行アルトは5年間の販売期間を終えて8代目へ移行することになる。

(写真は現行アルトエコ)
アルトエコ2013

まず先行して発売されるのがベーシックモデルのアルトである。プラットフォームが一新されるというから、軽量化など基本性能を向上させた正常進化が期待される。スズキの乗用軽自動車のボトムを支えるモデルとして、コストを重視した低価格なラインアップとなるだろう。

スズキ アルトエコ

アルトエコもモデルチェンジされる、次期型は簡易型ハイブリッドシステムを採用か

そして、遅れて登場するのが燃費スペシャルバージョンのアルトエコである。現行アルトエコは、ダイハツの超低燃費軽自動車のミライースの対抗として、急遽設定されたモデルであった。次期型では十分な開発期間を設けることができたため完成度を上げてきそうである。

アルトエコ 35.0km/L

そのアルトエコに採用される燃費技術は、スズキの持つ最先端のものになることが期待される。つまりワゴンRで既に市販化が実現しているS-エネチャージのシステムの搭載が予想される。S-エネチャージは、短時間のモーターアシスト機能が備わっており、簡易型のハイブリッドシステムに相当する。

(写真はワゴンR)
ワゴンR S-エネチャージ

次期アルトエコはハイブリッド化されることにより、その燃費性能はJC08モードで40km/L程度になることが予想される。

既にネット上に次期アルト シリーズのエクステリア画像が出回っているが、実はこれには期待はずれという声が多数。上級のアルトエコは別エクステリアの可能性もあり得るか。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント