car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

メルセデスベンツ新型Aクラス画像、2018年夏のフルモデルチェンジ発売

新型Aクラス、全長、ホイールベースが伸ばされてスポーティに

メルセデスベンツ・Aクラスのフルモデルチェンジが、2018年2月にオランダで行われた。その翌月のジュネーブモーターショーでも新型が出品され、多くのファンが実車に触れることができた。

(写真はメルセデスベンツ新型Aクラス)
Aクラス

新型Aクラスは既に欧州の一部で正式発表を済ませたばかり。日本発売は2018年夏頃になる見込みとなっている。

新型Aクラス、ボディサイズが拡大され車両価格はアップか、400万円前後予想

先代型からボディサイズは拡大され、全長4419×全幅1796×全高1440mm、ホイールベースが2729mmとなり、Cセグメントいっぱいにまで拡大された。キャビン、ラゲッジスペースに余裕が与えられ立派となった。

Aクラス フロントグリル Aクラス ジュネーブモーターショー2018

これに伴い車両価格的にもエントリークラスを卒業している。新型Aクラスは本国ドイツでは3万0231.95ユーロからに設定されており、これはBクラスが約2万6638ユーロ、GLAが約2万8941ユーロ、CLAクーペが約2万9679ユーロといったものよりも高額な価格設定となる。CLAシューティングブレークの約3万0274に近く、すぐ上にはCクラスの約3万1868ユーロが迫るという状況だ。

Aクラス インテリア Aクラス ファブリックシート

メルセデスベンツ日本のラインアップでは、従来型Aクラスに298万円のバーゲンプライスの設定がありエントリーモデルとして目立っている。新型AクラスはCLA並の価格ということであれば400万円前後のスタート価格が予想される。

Aクラス リアシート Aクラス トランク

エクステリアでは、全長、ホイールベースが伸ばされた分、スポーツハッチバックの雰囲気を強めている。ヘッドランプは小さくシンプルとなり、特にスポーティさを感じさせる部分である。

Aクラス メルセデスベンツ

ヘッドランプの押し出し感が抑えられ、小ぶりにシャープとなったのは、この新型Aクラスに限ったことではなく、すぐ隣でワールドプレミアとなったメルセデスAMG-GT 4ドアクーペでも同様の傾向があり、メルセデスの新世代デザインの方向性であると考える。

A180d

エンジンは3種類用意される。A200は、直4 1.4Lガソリンターボの搭載で最高出力163ps、最大トルク25.5kgmのパフォーマンス。A180dは、直4 1.5Lディーゼルで最高出力116ps、最大トルク26.5kgm。上級のA250は、新開発の直4 2.0Lガソリンターボの採用で、最高出力224ps、最大トルク35.7kgmとなる。トランスミッションは欧州向けには一部MT車が設定されるが、これを除き7速DCTが採用される。

#1 匿名さん2018/03/25(Sun)09:26:05ID:c3NWZkZmGO
装備や質感が上がってるとはいえ、欧州車の肥大化と高額化がどんどん進んでいくな
#2 匿名さん2018/03/25(Sun)09:38:57ID:g1MDM4YTWZ
aクラスか
#3 匿名さん2018/03/25(Sun)17:16:26ID:FlMWE0NjTO
来年に登場する次期ゴルフまでは、この車がCセグメントの「ベンチマーク」になるわけですね。
レクサスは全く歯が立たずに撤退、なのでしょうか・・・
日本車のレベルがわかってしまう事象でした。とても残念でしたが、現実を見なければいけません。
#4 匿名さん2018/03/25(Sun)20:05:59ID:VhY2Y0N2WN
いつか、日本車がドイツ車に太刀打ちできる日は来るゆ
絶対来るゆ
今はまだ、土俵下だけど、いつか土俵に上がれる時があるゆ
#5 匿名さん2018/03/25(Sun)20:12:38ID:BkZTg0ZmGY
#3
過大評価もいい加減にしたら。アタマおかしいの?
ゴルフなんて米国ではまったく評価されてないし売れない。
VW天国の中国ですら売れない。
欧州専用のガラパゴスカー。
#6 匿名さん2018/03/25(Sun)21:02:52ID:BhOWM2YTDN
#3
めでたい人だ・・・・・・
#7 匿名さん2018/03/25(Sun)21:35:59ID:g1MDM4YTWZ
この車に、乗り味で日本車が劣ってしまうのは仕方がありません。
投入するコストが違うのですから・・・
しかし、インパネ周辺を始めとした「インフォテイメントシステム」の分野で日本車がここまで欧州のブランドに遅れを取るとは思いませんでした・・・

これでは日本車の良さは「燃費」だけになってしまいます。
心配ですね・・・
#8 匿名さん2018/03/25(Sun)22:32:42ID:BkZTg0ZmGY
#7
>この車に、乗り味で日本車が劣ってしまうのは仕方がありません。

まだ販売もされておらず、
乗ったこともないはずなのに、どうしてわかるのですか。
日本のどの車と比較してるのですか。
ヤリスと比較ですか、ヤリスはこの車の半額以下ですよ。
半額以下であのパフォーマンスならどっちが有利ですか。
あまりにも愚かすぎますよ。
#9 匿名さん2018/03/26(Mon)00:01:21ID:ZmNDYyYjDN
ここは噂通りですね。

ヤリスはヴィッツの海外向けネーミング。たぶんヤリスとオーリスを勘違いしてるのか、単なる書き損じか。

人にからんで来る前に、もう少し車について勉強すべきですね!

#10 匿名さん2018/03/26(Mon)01:38:36ID:BlZWExOTDZ
#7
頭悪い人だ・・・・
#11 匿名さん2018/03/26(Mon)06:47:05ID:YzZmQyOWTZ
ネットで知った薄っぺらな知識で得意になってるバカってW
#12 匿名さん2018/03/26(Mon)20:55:45ID:FlZmIzYjTM
エンジンラインナップだけは本当うらやましいな
日本車は1車種に上級のハイブリッド(ディーゼル)か、低価格NAしかないからな
ハイブリッドもディーゼルもターボも何でも選べるようにしてほしいが
#13 匿名さん2018/03/26(Mon)22:01:40ID:RmNTRiMGTO
全長とホイルベースが延びた分スポーツハッチの雰囲気が…ってホイルベースは短い方がスポーティだと思っていたけどベンツ様ともなると違うんだろうか。後部座席の居住性が微妙なあたりはスポーツハッチらしいかな。
ヘッドライトはアウディに似てるとしか思えないし。いいクルマなんだろうけどぶっちぎりで素晴らしくはない。400万は間違いなく高いよ。
#14 匿名さん2018/03/26(Mon)23:17:17ID:YzZmQyOWTZ
2リッターターボがよさそうだがDCTにコストダウンされてるのが痛い
#15 匿名さん2018/03/27(Tue)17:48:22ID:AyYWI1YWjN
ゴルフとは月とスッポンくらいの差がある出来
VWには、まったく足元にも及ばないクルマ
大衆外車とは大違いのプレミアム感
#16 匿名さん2018/03/28(Wed)12:22:40ID:ZkYThlY2zO
#15は、ホンモノを見分ける優れた審美眼を持っているようだね

>>ゴルフとは月とスッポンくらいの差がある出来
>>VWには、まったく足元にも及ばないクルマ
↑↑↑↑
その通り!
VWゴルフがCセグメントハッチバックの世界的なベンチマークであり、
内外各社の開発目標だからね!
ゴルフが存在するから、Aクラスも1シリーズも後出しされたんだ
#17 匿名さん2018/03/28(Wed)19:51:15ID:JmYWNkZjTM
#16
メルセデスの素晴らしさに圧倒されてオツムのネジがゆるんでる人が大はしゃぎ。春だからねwwwww

高級車メルセデスと大衆車VWじゃ比較にならんでしょ。

幸せでいいね!

#18 匿名さん2018/03/31(Sat)12:23:03ID:Y4MjRiNGjM
バカの一つ覚えのベンチマーク!!!!

メルツェデスことが世界の目標であり、大衆車ごときがベンチマークとは笑止千万wwww!!!!
#19 匿名さん2018/04/01(Sun)09:09:02ID:UyZjhjYjWM
ベンツもBMWもこんな小型車クラス売らんなあかんとは世の中変わったわ。台数稼がにゃあかんのやろ。Cクラスが出た時は子ベンツと馬鹿にされたもんやけど、それ以下の2ボックスやからね。高級ブランドでも厳しいわけやね。
#20 匿名さん2018/04/01(Sun)17:52:48ID:Q0NDBhYmjM
サイズが小さくてもプレアミム感を感じるクルマなら、何の問題も無いよ
エントリーユーザー増やす手法として王道の手段だと思う
#21 匿名さん2018/04/18(Wed)20:29:00ID:Q4MzI3OGTN
独車はベンツに限る。
それ以外のドイツ車はクズ。
これが定説。
#22 匿名さん2018/04/18(Wed)22:06:10ID:g3NjEzOTzN
おっと、これは強烈
#23 匿名さん2018/04/19(Thu)23:25:45ID:EzNDZjM2GM
オレのクルマはベンツ
おーっと、ドイツだからってワーゲンなんかといっしょにしないでくれよ!!!
階級社会の欧州では貴族のベンツと労働者階級のワーゲンとは違うんだ
#24 匿名さん2018/04/22(Sun)20:11:13ID:VhNDkzZj2Y
そだねー!
#25 匿名さん2018/04/22(Sun)21:25:28ID:Q1MzE1MGGM
今やベンツもメイドインチャイナだろ
#26 匿名さん2018/04/23(Mon)14:48:01ID:JjOGI0YjjY
#25
おかしなネガキャンはしないでほしいね。

メルセデスもBMWも天下のVWも、中国の工場では「中国国内向けの車両を生産」している。中国製の自動車の品質が現状イマイチという状況は、各社良く理解いているのだから、そう簡単にブランドに傷つけるマネはしてこないよ。
#27 匿名さん2018/04/23(Mon)16:26:36ID:lhMmIyYmmN
おかしくないネガキャンをしてほしいね。
#28 匿名さん2018/04/23(Mon)16:58:38ID:JjOGI0YjjY
否定的意見

ネガキャン
は違うんで

ネガキャンは不要
#29 匿名さん2018/04/23(Mon)20:50:06ID:I4MzhhMGDO
ゴルフはメキシコ製じゃなかったか、南アフリカ製だっけ?
#30 匿名さん2018/04/23(Mon)21:07:48ID:g3YzIwYmGY
アフガニスタン製でしょ
#31 匿名さん2018/04/24(Tue)08:45:46ID:g5NzdiMTDY
#29 匿名さん2018/04/23(Mon)20:50:06ID:I4MzhhMGDO
ゴルフはメキシコ製じゃなかったか、南アフリカ製だっけ?

そういう考えやめろ。
その考え徹底するなら、ユニクロ着るな。
中国・韓国製の部品を、全て日本製の部品に交換してからクルマに乗れ。
#32 匿名さん2018/04/24(Tue)12:04:58ID:RiZTg3MmDN
製品がよければどこ製でもいいだろ。
堂々とメイドインアフリカとか名乗ればいい。

ディーゼルエンジンみたいに偽装するよりよほどまし。
#33 匿名さん2018/04/24(Tue)12:26:57ID:I0NDM0ZWDM
アフリカではベンツCクラス右ハンドル車を生産している。
#34 匿名さん2018/04/24(Tue)22:46:31ID:A2NjIxODmN
#31 匿名さん2018/04/24(Tue)08:45:46ID:g5NzdiMTDY
その考え徹底するなら、ユニクロ着るな。

同じメイドインチャイナだからって排ガス偽装メーカーと一緒にしたらユニクロに失礼だろ
#35 匿名さん2018/04/25(Wed)18:09:54ID:E1OThjZjzM
#33
その通り
ベンツCクラスの右ハンドル車はアフリカで生産している
#36 匿名さん2018/04/25(Wed)21:47:59ID:ZlMWVmZmjZ
そうだよ
ゴルフも南アフリカ、メキシコ、中国で作ってるわ
メイドインチャイナのゴルフが日本に入ってくるのも時間の問題だろうな
#37 匿名さん2018/04/26(Thu)09:19:51ID:YyOGY3ODDM
日本で走っているベンツCクラスの右ハンドル車はアフリカ製ってか
#38 匿名さん2018/04/26(Thu)21:07:31ID:kwZmJjZTDZ
お笑いのネタみたいな展開で面白くなってきた。
#39 匿名さん2018/04/26(Thu)23:02:40ID:IwNDM2OGDY
中国のネットユーザーのコメント
「俺はフォルクスワーゲンを買って車の修理を覚えた。その後トヨタに代えたら修理の仕方を忘れた」
#40 匿名さん2018/04/26(Thu)23:55:57ID:RiZTc2M2TY
反論側も薄っぺらい薄っぺらい
#41 匿名さん2018/04/26(Thu)23:58:54ID:IwNDM2OGDY
安いモデルは人件費の高いドイツじゃコスト上がるからねー
安物は安いところで作るwwww
#42 匿名さん2018/04/27(Fri)11:18:24ID:llNDYwOWjN
#39#41
上司がに替わったための愚痴

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/02/04)

メルセデスベンツ・Aクラスがフルモデルチェンジ、2018年春からセールス開始

新型Aクラスがアムステルダムで発表、メルセデスの最新デザインルール適用

メルセデスベンツ新型Aクラスがオランダ、アムステルダムにて2018年2月2日にワールドプレミアを迎えた。

(写真は新型Aクラス)
NEW A Class

2012年にデビューした先代モデルから6年ぶりのフルモデルチェンジとなる。Aクラスとしては4代目モデルであるが、ボディタイプがCセグメントハッチバックとなってからは2代目となる。

メルセデスベンツ A クラス Aクラス ワールドプレミア

エクステリアはメルセデスベンツ最新のデザインルールが適用されている。フロントフェイスは最近フルモデルチェンジがあったCLSともイメージが近い。それでもAクラスではプレミアムブランドたる高級感あるいはスポーティさというのは少々控えめ。むしろファニーな表情が表現され、親しみやすく、いい意味でのエントリーモデルらしさがある。

Aクラス 2018

Aクラスのボディサイズは拡大、MBUX、半自動運転技術を採用

新型Aクラスのボディサイズは全長4419mm×全幅1796mm×全高1440mmとなる。全長は現行モデルから+120mm伸ばされており、Cセグメントハッチバックと呼ばれる車種の中では大きな部類である。これに伴いキャビン、ラゲッジのスペースも拡大している。

Aクラス インテリア

インテリアでは横長の2枚のディスプレイによるMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)を採用。メーターパネルなどもここに表示され、音声入力にも対応する。上級モデルに設定されてきた安全運転支援システムが採用され、半自動運転機能も備わる。

新型Aクラス Aクラス リアコンビネーションランプ

メルセデスベンツでは背高いBクラスもフルモデルチェンジの準備が進められており、これも2018年内、おそらく秋のパリモーターショーでのワールドプレミアが予想される。

過去記事(2015/12/03)

メルセデスベンツ・Aクラス×Perfumeのプロモーションで輸入車ナンバーワンへ

Aクラスのマイナーチェンジモデルが日本発表、エクステリア変更は少ない

メルセデスベンツのAクラスがマイナーチェンジを受けて11月26日に日本発表された。

(Aクラス×Perfumeのプロモーション画像)
Aクラス Perfume

2013年から販売される現行型Aクラスは、今年2015年に欧州でフェイスリフトが発表されたばかり。フロントグリルのスリーポインテッドスターを支える左右のバーがAMGを除き1本タイプに統一された。この他LEDパフォーマンスヘッドライトの標準装備化などもあるが、エクステリアの変更はマイナーチェンジと呼ぶには軽微なものである。

(写真は新型Aクラス、フランクフルトモーターショー2015)
Aクラス 2015 Aクラス リアコンビネーションランプ

新型AクラスはPerfumeの新プロモーション、車両価格296万円のゴルフイーター

メルセデスベンツは2015年に入ってから日本での販売台数が好調だ。上半期では、長らく輸入車ナンバーワンであったフォルクスワーゲンを超える勢いの販売実績が話題となった。その後、フォルクスワーゲンは自身の排ガス不正問題により販売が低迷しており、2015年の輸入車販売台数はメルセデスベンツが首位となることが確定的となっている。ここから始まる輸入車ナンバーワンの座を盤石なものとするための重要なモデルが新型Aクラスというわけだ。

NEW A-CLASS 新型Aクラス

新型Aクラスのグレード構成は主に5つに別れており、税込296万円のA 180 Style(受注生産)、326万円のA 180、387万円のA 180 Sports、529万円のA 250 SPORT 4MATIC、713万円のMercedes-AMG A 45 4MATICとラインアップされる。

中でもA 180 Styleは車両価格が200万円台に抑えられた戦略的なモデル。266万円からラインアップされるフォルクスワーゲンのCセグメントハッチバックカー、ゴルフに対抗できる車両価格が与えられている。

(写真はMercedes-AMG A 45 4MATIC)
メルセデスベンツ AMG A 45 4MATIC メルセデスAMG A45 4MTIC

Perfumeを起用したフルモデルチェンジ並に大掛かりなプロモーション「Next Stage with YOU」もスタートしており、新型Aクラスの販売に期待がかかる。

過去記事(2013/05/02)

コンセプトGLA、Aクラス派生のクロスオーバーSUVをメルセデスベンツが発表

コンセプトGLAが上海モーターショー2013でワールドプレミア

先月2013年4月に開催された上海モーターショーで、メルセデスベンツは新型コンパクトSUVである『コンセプトGLA』を初公開した。ボディサイズは全長4383mm×全幅1978mm×全高1579mm。ライバル車としては、BMW X1、アウディ Q3といった欧州プレミアムコンパクトSUV勢があげられ、さらにレクサスやインフィニティといった日系プレミアムブランドもこのセグメントに新型車を投入する計画である。
GLA
GLA コンセプト
メルセデスベンツは新型Aクラスのプラットフォームを用いた小型4ドアクーペ『CLA』を2013年1月のデトロイトモーターショーで発表させたばかりであるが、今回発表されたコンセプトGLAも同じく新型Aクラスの車台を基本としている。
GLA メルセデス・ベンツ

GLA市販モデルも2.0L直4ターボ搭載か、コンパクトでも迫力のエクステリア

コンセプトGLAのパワートレインは、2.0L 直列4気筒のガソリンターボエンジンの採用となった。これはA250シュポルトに搭載されたものと同タイプのエンジンで、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmというスペック。トランスミッションは7速デュアルクラッチで、4マチックと呼ばれるメルセデスベンツが誇る独自の4WDシステムが採用される。
GLA 上海モーターショー
GLA メルセデス・ベンツ 上海モーターショー
コンセプトGLAのエクステリアは小柄な車体ながらもフロントグリルのスリーポインテッドスターの迫力が印象的だ。グラスルーフを装備したモデルの設定も予想される。ディテールはまだコンセプトモデルらしさを残しているが、概ねこのままの姿で市販化されるのではと考えられる。ボンネットのデザインは欧州でクロスオーバーSUV人気の火付け役となった日産・キャシュカイからのインスピレーションか。
GLAの発売時期、価格は未定となっている。

過去記事(2013/04/08)

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

CLA45 AMGがニューヨークモーターショー2013でデビュー

メルセデスベンツが今年2013年のニューヨークモーターショーでワールドプレミアした注目の車が『CLA45 AMG』である。メルセデスベンツは、1月のデトロイトモーターショーで新型「Aクラス」派生の4ドアクーペ『CLA』をデビューさせ、3月のジュネーブモーターショーで新型Aクラスの最高峰ハッチバック『A45 AMG』をデビューさせたばかりだが、今回のニューヨークでは早速そのCLAクラスの頂点に立つCLA45 AMGをデビューさせたという流れになる。
CLA45 AMG
CLA45 AMG ニューヨークモーターショー2013
最近の各高級車ブランドにおいては、コンパクトな4ドアクーペがトレンドとなっている。国内ブランドではレクサスもニューモデル投入を計画しており、このCLA45 AMGはベンチマークモデルとして重要視されることになるだろう。
CLA45 AMG 2013 NY

CLA45 AMGに搭載されるエンジンは2.0L 直4ターボ

メルセデスベンツ CLA45 AMGのエンジンは、A45 AMGと同じ排気量1991ccの直列4気筒直噴ガソリン+ツインスクロールターボチャージャーが採用される。組み合わさるトランスミッションもA45 AMGと同じく7速DCTである。
パフォーマンスは、最高出力が360ps/6000rpm、最大トルクが45.9kgm/2250-5000rpmと、直4 2.0Lターボエンジンとは思えないほどのハイスペックに仕上がっている。0-100km/h加速は4.6秒と小柄なクーペボディとの相性は抜群だ。上のCクラスでは6.2L V型8気筒エンジンを搭載するC63 AMGがあったが、これと比べてもたった0.4秒しか変わらないというスポーツ性能である。
もちろんダウンサイジングターボエンジンならではの燃費性能も魅力の一つであり、欧州複合モード燃費は14.5km/L、CO2排出量は161g/kmを誇る。
CLA45 AMG 2013 メルセデスベンツ
CLA45 AMGと同じパワートレインを持つハッチバックのA45 AMGは若者向けとしていたことからスポーティー感を煽る装飾パーツがフロントのエアインテーク周りなどに装備されていた。このCLA45 AMGについては、装飾は控えめでクールな印象である。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先