car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期スイフトは2016年後半発売、バレーノの3気筒ターボエンジンを採用

次期スイフトに1.0Lブースタージェットエンジン搭載モデル有り

スズキはスイフトのフルモデルチェンジを2016年後半に計画している。そして、次期スイフトに搭載されるパワートレインの一つに1.0L 直3ガソリンターボエンジンが採用されることになりそうだ。

(写真は現行スイフト)
スイフト

スズキはコンパクトハッチバックの新型バレーノを2016年の早い時期に日本発売する見込みとなっている。バレーノは欧州市場およびインド市場がメインとなるモデルであり、日本仕様はインド生産モデルが輸入販売されることになる。

(写真は新型バレーノ)
スズキ バレーノ バレーノ リアコンビネーションランプ

バレーノ日本仕様は、新開発の直3 1.0L ブースタージェットエンジンが搭載される予定となっている。そして、このダウンサイジングターボエンジンが次期スイフトにも採用されることになる。

次期スイフト、フィットターボで国内Bセグメントハッチは1.0Lターボが主役の時代に

1.0Lターボ搭載の次期スイフトのライバルとなるのは、ホンダが近いうちに発売するであろう1.0L VTEC-TURBOを搭載するフィットターボが挙げられる。ただしフィットターボは現行型からのパワートレイン選択肢が増やされる形での販売になるため、フルモデルチェンジとなる次期スイフトよりインパクトが小さいだろう。

(写真は現行ホンダ・フィットハイブリッド)
フィット ハイブリッド

これまで小排気量ガソリンエンジン+過給器といった方法による環境対策エンジン搭載の国産コンパクトカーとしては日産・ノートがあったが、こちらは1.2Lエンジンということで税区分は一つ上。1.0Lターボを搭載する次期スイフトは税制上でもメリットが大きいことになる。

(写真は現行日産・ノート)
日産ノート 2013

次期スイフトに採用されるパワートレインは、この1.0Lターボの他に1.2Lハイブリッド+CVTのマイルドハイブリッド、1.2L+AGSのストロングハイブリッドもラインアップされ、3つのパワートレインを軸としたグレード構成が予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント