スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

スイスポが今夏デビュー、新開発ハイブリッドパワートレインを搭載

スズキは新型スイフトスポーツを2017年7月に発売する見込みとなっている。

(写真は現行スイフト)
スイフト ジュネーブモーターショー2017

現行スイフトは昨年末のフルモデルチェンジ発表の後、2017年1月より販売がスタートしたばかりのまだ新しいモデル。パワートレインラインアップは、1.2L NA ガソリン、1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボの3種類が用意されている。

スイフト リアコンビネーションランプ スイフト スズキ

そして次なる展開として、ソリオからの流用となる1.2Lストロングハイブリッド搭載モデル、あるいは欧州ビターラで実績のある1.4Lターボ搭載のスイフトスポーツの追加発売が予想されていた。しかし、これらの予想はいずれも正しくなかったという結果となりそうだ。

スイフト インテリア スイフト シート

新開発の1.4Lストロングハイブリッドエンジン搭載のスイフトスポーツが今夏に発売される見込みとなっている。

スイスポは1.4Lストロングハイブリッド搭載、車両価格が高くなりそう

1.4Lストロングハイブリッドはソリオの1.2Lストロングハイブリッドのボアアップ版に位置付けられ、トランスミッションは5速AGSの採用となるだろう。CVTとは異なるダイレクト感と、モーター介入によるスムーズなギアシフトが期待される。さらに4WDの設定も噂されており、新型スイスポは魅力的なホットハッチとなりそうだ。

スイフト

ただし車両価格はネックとなりそう。現行のHYBRILD MLの4WD CVTが177万9840円という値付けであるから、1.4Lストロングハイブリッドとなると200万円程度になることは避けられない。通常版スイフトとしてのラインアップは割高感が強く市販は難しいと考える。新開発1.4Lストロングハイブリッドは、ひとまずはスイスポのみの採用になるのではないか。

関連するレポート

[ 2017/07/09 ]
#1 匿名さん2017/07/11(Tue)00:20:57
確かに今見たらスズキからスイスポのページが消えてた
しかしこの内容で本当に出したら
先代スイスポ買った人大勝利だろ…
#2 匿名さん2017/07/11(Tue)02:25:25
素直にターボ載せてポロGTIと張り合えば良いのに、
と思ってしまう。
スズキなら100万安く作れるでしょ。
#3 匿名さん2017/07/11(Tue)13:43:47
なんか、方向性間違えてない?
スイスポにエコ求めてるユーザーがどれだけいるんだか・・・
#4 a2017/07/11(Tue)15:07:26
え…まじなの?1.4ターボ楽しみで待ってたのに
スズキのことだから、案外予想の斜め上な車を出してくれるかもしれんけど
CR-Zの二番煎じみたいなのはいらないよ?

#5 南 貴仁2017/07/11(Tue)18:17:14
1400ccエンジンのHV仕様が完成したのか
#6 南 貴仁2017/07/11(Tue)18:19:13
1・4Lエンジンのストロングハイブリッドがこのスイスポに乗せるのか
#7 匿名さん2017/07/11(Tue)21:18:54
1.4Lターボとか発想古いだろ
これAGSだし、2ペダルマニュアルシフトの有無とその出来で評価わかれそう
CVTみたいな似非じゃないし、結構スポーツモデルとして面白そうだが
あと、シングルクラッチの時点でやっぱりハイブリッドじゃないとキツイ
#8 a2017/07/12(Wed)11:44:20
今スズキのサイト見たら5AGSのストロングハイブリッドが追加されてたね
#9 匿名さん2017/07/12(Wed)13:13:21
ノーマルスイフトは1.2Lストロングハイブリッドですね
スイスポどうなるんだろ
#10 匿名さん2017/07/12(Wed)17:21:12
誤報
#11 匿名さん2017/07/12(Wed)21:51:31
誤報だな
ストロングハイブリッドをスイスポに結びつけて考えるなんて
センスなさすぎ

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.